出所:「我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量に関する調査研究結果 (平成21年度)―情報流通インデックスの計量― 」平成23年8月  情報通信政策研究所調査研究部


大島です。今日もきずなメールは34の自治体で、約3万2000人の読者に読んでいただいています。きずなメール事業では、自治体の子育て応援メール事業としてやることが多いので、「自治体が市民に届けたい情報をどうしたら届けられるか。市民のSOSに応えられる事業を自治体はたくさんやっている。それをSOSな状況の市民にどうしたら目にしてもらえるか」 ということを日頃考えてばかりいます。
 

上は総務省発表の「情報インデックス」。日本で流通している情報量を調査したものです。これによると、日本で流通している情報量である「流通情報量」の増加率は、インターネットの場合、調査している9年間でなんと、約700倍! 一方、実際に消費されている情報はせいぜい3倍しか増えていません。


つまり僕らは歴史上、かつてない大量の情報にさらされて日々を暮らしているのです。

 

こんな状況を個人レベルで見た場合、どんなことが起こっているか? たとえば昔、この調査の最初の期間である平成13年(2001年)だと、こんなイメージ。下図のオレンジ色の顔の大きさは「人間一人が受け取れる情報量」と思ってください。

 


 

この頃だと、自治体がウェブサイト作っても、けっこう見に来てくれました。「情報発信」として機能していました。では今は? こんな感じ。

 

 

 

流通情報量は700倍に増加し、さらに増え続けています。でも目、耳、脳の容量など、人間一人が受け取れて対応できる情報量は、限られています。つまり皆、自分のスマホに目と耳を奪われている状態です。


情報発信は2つに大別できます。必要な人が、自分で探して情報を得る「プル型」。紙なら配架してあるチラシ、ネットなら検索して飛んでくるウェブサイトがわかりやい例です。もう一つが「プッシュ型」。最初に受け取りに同意したら、あとは自動的に手元に届くタイプです。紙なら手紙や新聞、ネットならメールやLINEが代表的です

 

何がいいたいかというと、情報流通量が激増して皆スマホに目を耳を奪われているような状況では、

 

「プル型」の情報発信は瀕死の状態。届けたい情報は、「プッシュ型」でしか届かない時代

 

ということです。

 

 

*    *    *    *

 

 

さらにいうと、すでに「プッシュ型ですら届かない時代」にまで来ていると思います。

 

「プッシュ型」は、こちら一方的にプッシュしても、相手が受け取りに同意してくれないと拒否されるのが難しいところ。これを情報の「受け手」の立場から整理すると、

 

・自分の知りたいこと=とにかく検索して探す。

・プッシュ型=信頼とか自分がOK出した人だけ、プッシュ型で送っていいよ。

 

だから、流通情報量が700倍になって目と耳の奪いあいになっている今、始まっているのは

 

情報にも人格が求められている。情報の擬人化

 

ではないでしょうか。

 

プッシュ型で送るとき、送る側が自分本位だと簡単に見抜かれしまう。送り手として選ばれるためには、「中身」や「姿勢」が問われるようになったようです。

 

これを人間関係に例えると、たとえば「わーわーわーわー聞いて聞いて!という人と日々のコミュニケーションはけっこうつらい。いつも空気みたいにいて、いざというときにも逃げ出さずにそばにいてくれる人がいい」ということのようで、まさに夫婦や恋人のような感じでして…汗 とまれ、情報あるいはメディアも「擬人化」されているのです。いわゆる「インフルエンサー」とはこういうことではないでしょうか。

 

最後に少しだけ手前味噌ですが、「きずなメール」はコンテンツだけでなく、その届け方や、VisionMissionまでも含めた総合的な事業活動として従来にない形で展開しているのは、まさにこうした状況や時代の流れに形造られたといえそうです。「送り手」の世界観が問われる時代。大変ですが楽しくもあるので、活動を見守っていただければ幸いです。

 


 

 

AD

 

読書の備忘です。

 

著者の谷口智彦氏は、安倍首相の「戦後70年談話」の原稿を書いた人です。

 

僕はこの談話で、他国の批判をかわしながら、踏み込んだ歴史観を示すというアクロバットに成功しているように感じました。また世界がかなり、似たような歴史観を共有しているなのだとも感じました。グローバル化ですね。

 

翻訳されて中国や韓国でも読まれただろうけど、大きな反論はなく、結果的に文化の異なる多くの人々に橋をかける形になっていると感じました。「内容がない」という批判もあるけど、無味乾燥でもないし、何かひとつ通った軸のようなものがあります。Amazonで検索したらすぐ出てくるので、悔しいけどAmazonって凄いですね。

 

著書は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授としての講義をベースとしたもの。人気の講義だそうです。以下備忘。

 

・終戦後、日本での共産主義は、今の僕らが思うより存在感があったらしい。そういえば戦前のヨーロッパもそんな感じだったと、ドラッカーの自伝に書いてあった。

 

・高校時代、黒板にラテン語を書く社会の先生がいて「ゲルマン」というあだ名でした。そのゲルマンが「西洋史はギリシャとローマとキリスト教を軸にしたらわかりやすい」といっていて、年をとるにつれて確かにその通りだと思います。そして同書は、戦後史で同じような「ふたつの軸」を教えてくれました。

 

■ブレトン・ウッズ体制(1944年)

米ドルを基軸とした金兌換による固定為替相場制ができた。

 

■ニクソンショック(1971年)

ニクソン大統領が、米ドルの金兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた。これにより変動相場制に移行。

 

このふたつで、米ドルが世界の基軸通貨になった、基軸通貨を決済する言語が世界の標準語になったと。

 

・ソ連崩壊について「ソ連には、例えば自国通貨建ての国債を大量に発行し、それを日本の生命保険会社に買わせて資金調達するといった、米国なら容易にできたことが全くできなかった」。これができなければ結果的に国民から搾り取るしかないので崩壊した、と。国債の運用って、こういう意味があったんですね。

 

・米国はドルでサウジアラビアの石油を買う。その代金は、サウジアラビア王族のニューヨークの銀行口座に入金されて、サウジアラビアにはもどらない。王族はニューヨークで買い物をする。石油はサウジアラビアから届くけど、ドルは米国内でぐるぐる回っている。不思議。基軸通貨って凄い。

 

著者はちょっと極端な親米に見えるかもしれませんが、それなりに説得力がある親米でした。

 

AD

こんにちは、スタッフのオノヘレです。

今年度の団体のテーマに「伝える力の強化」というのがあります。


その1つとして、団体のWebサイトをリニューアルすることになりました!

そして先日、第1回の打合せを実施しました~!!

 

 

参加者は団体から3名。左から、

アルバイトスタッフで、他には理学療法士もしている高橋。

代表大島。オノヘレ。

 

そして写真の一番右側にいらっしゃるのが、

今回一緒にWebサイトをリニューアルしてくださる

サイカンパニー平田さんです!

 

サイカンパニーさんは、NPOのWebサイトの制作実績が豊富で、

そしてどれもカッコいいですラブ

 

カッコいいと書いてしまうとなんだか平凡な表現になってしまいますが。

代表の大島が平田さんに伝えた言葉は

 

  女性がメイクで自分の魅力に気づくのと同じように、

   デザインの力で僕たちの力を引き出してほしい。

 

というものでした。

 

こういう言葉を引き出す力が数々の制作実績にあるんだと思うとともに、

それに対して「はい」と当たり前に受け止める平田さんを、とても頼もしく

感じました。

 

今の私達には「ああしたい」「こうしたい」がたくさんあります。

 

例えば、出来上がったWebサイトには、団体スタッフの一人

のようになって欲しいという思いがあります。

 

これは、「インターネットから団体のWebサイトに来てくださった方が、

知りたい情報、欲しい情報をサイトから入手できるようにしたい!」

という意味です。

 

他にもあれもこれもそれもどれもたくさんあります。

 

こういった、やりたい事はたくさんあるけど色々素人な私たちを

プロとしてサポートしてくださることを、とても心強く思っています。

 

ということで、第1回は、やりたい事をガガガ~っとお伝えしました。

次回は、それをサイトマップにするとどうなるか?というお話をします。

 

こんな感じで、これからも少しずつ、Webサイトリニューアルの

状況もお伝えしていけたらと思います。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

AD

 

 

【奈義レポ:11月号 その①】~町民参加型にパワーアップ中~編

今年6月から「なぎっこきずなメール」の配信が始まった岡山県奈義町では、配信原稿の作成にも町民が参加する「町民参加型メール事業」の実現へ向けて動き出しました!

来年度は団体と一緒に配信メッセージづくりを担っていただくことを予定し、この秋町民を対象とした「ママ記者講座」を開催。上の写真はそのチラシの一部です。

明日の<第1回>には町内から約10名ほどが集まって下さるということで(う、嬉しい!!!)、当日へむけて最後の準備にも熱が入ります!
現地からのレポートもお楽しみに^^
(スタッフ井上)

 

 (きずなメールLINE全国版の画像 ↓友だち追加で登録できます)

 

友だち追加

 

 

大島です。今日も約3万5000人の方にきずなメールが届いています。

 

10月からLINE社が地方自治体の「LINE@」アカウントの無償化を始めました。

 

【LINE】店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」が 10月上旬に機能とサービスをアップデート

 

こんな試みも始まっています。

 

【コーポレート】LINE、長野県と「LINEを利用した子どものいじめ・自殺対策に関する連携協定」を締結

 

応援したい。率直にそう思えました。

 

昔からLINE社には、他のIT企業、コミニケーションメディアと異なる空気を感じていました。TwitterFBでは超有名な同社執行役員、田端信太郎氏の著書を読んだからです。

 

 

僕はこの本から「いろいろ事情はあっても、メディアはまず信頼が出発点だよね」というメッセージを受け取り励まされ、「きずなメールの方向は間違っていない」と支えてもらった一冊です。今をときめくIT企業に、正面から力強く「信頼」を語る人がいるのは、新鮮な驚きでした。

 

どんなモノもサービスも、大きく広がった時は、「公共」のMission=社会的な使命が出てきます。それにどれだけ敏感でいられるか。利益性と公共性をどう両立させるか。これはNPOでも企業でも同じ、違うのは軸足の置き方だけ。

 

例えば同社の、こんな取り組み。

 

LINE「無料出張授業」に依頼が殺到する理由

 

子を持つ親でもある僕から見ても、「ちゃんとしているな」と思えます。加えて、長野県の取り組みなど。手本にしたいです。

 

LINEは、コミュニケーションの新しい形です。すでに僕らもスタンプを普通に使っています。「LINE外し」など、新しいゆえの課題は山積みでしょうが、同時に新しい価値も生み出していくことは間違いないでしょう。

 

LINESNSではなく「件名のないメール」

LINESNSに分類する人がいますが、違います。同社のウェブサイトに、こう書かれています。

 

現在、世界では1億人以上、日本国内では国民の約3人に1人が利用しています。 SNSとは違い、誰でも見られる場所につぶやきや日記を投稿するようなサービスではなく、従来の電話やメールと同じようなことができるアプリだと考えてください。つまり、LINEは、見知らぬ人ではなく、家族や友達など、すでに知っている人とのコミュニケーションをするためのアプリです。

『LINE 安心安全ガイド』より

さらに前出・田端氏は、インタビューでこう述べています。

それに比べて、LINEは件名がない。だから用件がなくても、やり取りすること自体が目的になって、若い人同士だと最後の方はスタンプの送り合いとかになったりするじゃないですか。傍目から見たら、何なのかはわからないんだけど、当人たちはそれでおもしろかったりして、イルカのコミュニケーションじゃないけど、言語を超えたコミュニケーションが成立していると言えなくもないわけじゃないですか。

『田端信太郎氏が語る、スマホ全盛期の今、マーケターが持つべきユーザー接点の考え方 ?田端信太郎さん MARKETERS CAMP TOKYO vol.6』より


 

つまりLINEは「件名のないメール」。

スパム(迷惑メール)がほとんどなく、速い!

今のところメールと同じく最強の【プッシュ型】情報発信ツール。
しかもすでに多くの人が使っています。とくに子育て世代は。
LINE@を自治体が使う場合は、導入費用ゼロ!

 

僕らが自治体の子育て支援/母子保健部門に情報発信の手段としてLINEを勧めるのは、こうした理由によります。

 

LINEの情報発信に「きずなメール」のコンテンツを絡めると、「情報発信」の機能を満たした上に、乳幼児虐待予防の可能性を秘めたツールにもなります。


きずなメールが、乳幼児虐待予防に役立つ可能性について。

 

ただ自治体がLINEで「きずなメール」を配信する場合、LINE@の「Messaging API」というメニューが必要で、ここはまだ有料で、年間388000円がかかります。残念。。。とはいえ、これもやがて無償化されることに期待しつつ、LINEの可能性をウォッチしていきます。

 

 

(参考情報)

※「きずなメールLINE全国版」(お試し版)http://www.kizunamail.com/zenkoku  のブロック率、10/19現在約16%。実質ほぼ毎日プッシュされるのでアクティブ率(WAU)は最低でも84%といえます。

 

 (関連記事)

「LINEで子育て支援」の時代が到来。

自治体の「子育てアプリ」について