愛国易者の徒然日記

■保守派草莽日本人の立場から、政治、思想、無駄話、易経、易占やら、思い付いた事を徒然なるままに書きなぐります。
■「頑張れ日本!全国行動委員会」会員。


テーマ:



昨日、易占に念力は必要なのかを確認する為の実験占を行いました。


つまり筮筒から筮竹を取って占的を念じ、筮竹を捌き、数を数える一連の流れの中で、筮者の念力は得卦に影響するのかという問題を実験して確かめてみようという事です。



しっかり念力を込めると解りやすい卦が出るという人がいます。


前にも少し触れましたが、私はこの説はそれほど信じてはいませんでした。


その理由は、易占の本を読んで、見よう見真似でおっかなびっくり占ってみた初心者でも結構当たり、ちゃんと応卦が出ているようですので、念力は大して問題にはならないだろうと。


私の知り合いの女性もマーフィー博士の易占いの本を読んで、自分で易占をしてみた事があって、「実際良く当たってましたよ」という体験談を聞いたことがあります。


また、占機を感じた時、車のナンバーやその辺にある数字やら時刻から卦を出したり、白蛾の響通伝や梅花心易のような無筮立卦では、そもそも卦を得る時に込めるべき念力などどこにも必要としないという理由もあります。


また、パソコンで乱数を利用してクリックひとつで自動的に卦を出すサイトがあります。


私はそれらを試そうとは思いませんが、利用した人の話を聞くとそれほど評判は悪くないようです。


こちらは人間の代わりに機械が筮竹を捌いてくれるのと同じですから、念力も何も関係ありません。


クリックする瞬間は人の指なので、その瞬間は人間の精神作用が及ぶ余地はありますが。


スマホのアプリにも易占のアプリがあって、やはり自動的に卦を出してくれるそうですが、これもパソコンの易占サイトと同じです。





私の思いとしては、占的という問いを発した時、偶然に何らかの数を得る事に意味があるのであって、念力はさほど関係ないだろうと思っていたわけです。


お堂を丸ごと念力で浮かして、岩壁に投げ入れた投げ入れ堂の縁起に出てくる役行者のような、スーパー念力人間が卦を出しても、難解な得卦を得ることはあるはずで、念力が強ければ単純化された、解りやす~い卦が得られるわけではなかろうというのも理由のひとつです。


例えば射覆で、

「箱の中に掛け軸がある。何の絵が描いてあるか当ててみよ」

と問題を出して、答えは龍が天高く飛んでいる絵だとします。


これをもし役行者が筮したら、笑えるほど解りやすく乾為天の五爻、「飛龍天に在り」でも出るのかと言う話です。


そんなことはまずないで・・・いや、待てよ・・・。


役行者ならやるかもしれないな・・・。

うん。あのお爺さんなら余裕でやるに違いない。

呵々!!









まあ、真面目に筮を執れば真剣に向かうから、神妙になって自動的に念力も入るだろうし、特別に青筋立てて筮竹を捌かなくても良いんじゃないかと思っていたわけです。


それでも私は意味があろうとなかろうと、念力を込めてやるのが既にスタイルになっているので、どのみち関係ない話だし、そんなことをわざわざ実験してみるのも何だか馬鹿馬鹿しかったので、今まで特に確認してみるつもりもありませんでした。


それでもたまたま思い立ったので、ちょっと試してみようかと実験してみたわけです。


実験方法はすぐに結果の判明することを占的だけはっきり決め、後は特に何も考えず、リラックスして手だけ動かして筮するだけです。


つまり気の抜けた流れ作業的な立卦です。


検証する占が少ないと偶中もあるので、数問筮してみました。


後はこれでも応卦を得てちゃんと的中するのかどうかです。


もっと沢山実験占を繰り返すべきなのですが、結果は大体判明しました。


これにより、私の幾つかあった仮説はひとつが崩壊し、ひとつは疑問が残り、ひとつはどうやら正しい事が解りました。


まだまだ実験を重ねないと本当のところは断言するに足りませんが、感覚的に手応えはありました。


やはり、実験はしてみるもんです。







実験そのものは簡単なので、実占家の人は自分で確認してみると良いと思います。


思い込みや暗示の元になるといけないので、私の得た実験結果はここには書かないでおきます。




念力を込めて筮すると解りやすい卦を得られるのか?


それとも、偶然得られる数に意義を見出だし、念力を抜いた気の抜けた立卦でも普通に解りやすい卦が得られるのか?


それとも、念力を抜くと答えがぼやけて解りにくい卦や間違った卦を得るのか?




言うまでもないことですが、実験する時は直ぐに答えが解る問題、かつ単純な問題を占的にする事をお勧めします。


また、今回私はあまり多く占いませんでしたが、1~2問程度では当然、偶然的中している卦や、偶然解りやすい卦やその逆にも出くわす事がありますので、手応えを得るまでなるべく沢山筮してみる事をお勧めします。




ベテランの人には当然このような実験は時間の無駄かもしれませんが。


呵々!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード