ネタに詰まったので…

テーマ:
どうも、木崎です。

最近、Gに頻繁に遭遇する以外に特別なイベントが特に無いので、ブログのネタに詰まりました…💦
ので、演じてみたい憧れについて書いてみようと思います。

ボクは、主に悪役を多く演じていきたいと思っています。
それは、表現者を本気で目指すと決めた時からずっと変わらない考えです。
もちろん、色んな役を経験してみたいとも思ってますが、悪役を演じてみたいと思うのは、ボクの生い立ちの影響だと思ってます。

もちろん作品やキャラクターにもよりますが、悪役って、元々は凄くいい奴だったりするんです。
その愛や想いを裏切られたり、大切な人の命を奪われたり傷付けられたりして、絶望して、悪に染まったりします。

そこで思い出すのが学生時代の事です。
ボクには幼稚園から小学校まで喧嘩友達だった男の子が居ました。
大人になってから知りましたが彼は母子家庭で、幼稚園の時に編入して来て、当時では珍しく髪を染めたりしていたのもあって輪に入れず、他の園児に暴力を振るったりしていたようです。
彼は、小学生の時も中学生の時も、教師からは問題視されていました。
しかし、中学生の時にボクがイジメを受け、担任にも見捨てられ不登校になった時、唯一味方をしてくれたのは、他クラスだったのにわざわざ家に来てくれた、喧嘩友達だった彼でした。

その出来事が、恐らくボクの一番最初の転機で、その時の価値観がボクの根源にあるのだと思っています。

それが、ボクの悪役に拘る理由の1つです。

結局暗めな話になってしまいましたね…💦

次回までにネタ見つけておきます!!😅
AD