新垣 清のオフィシャルブログ

新垣清が自らの経験と考えに基づいて「思想・文化」、そして「政治・世界情勢」を語ります!

 本ブログは、「思想・文化」、「政治・世界情勢」の事柄に関してです。

 沖縄空手道無想会、ならびに武道武術空手関係の情報は、ブログをご覧ください。

無想会空手のブログ」

http://blogs.yahoo.co.jp/musokaikarate

NEW !
テーマ:

 「東洋経済オンライン」というMSNに載っている記事に、

 「『「ヒラリー支持者』」が急増している4つの要因 共和党員が続々とトランプから離れている」

 っというものがあり、その中の小題である

 「2016年の選挙は米国の歴史の変曲点になる」

 っと記されたのが、今回の本ブログの題です。

 でもブログの題に?マークがついているのは、わたくしがつけたものです。

 なぜなら、今回の選挙は米国の変曲点にはなるはずが無いからです。

 唯一その可能性があるのは、

 共和党のトランプ候補が、大統領に選ばれてしまった時です。

 わたくしは

 「アメリカの共和党は、空中分解する可能性がある」

 っと常々述べてきました。

 さらに今回の選挙は、結果がわたくしの予想通りならば

 アメリカ国内の

 「在庫整理」でしかない~!

 っと思っています。

 アメリカ国内におけるパラダイム・シフトは、

 八年前にアメリカ国民が、

 オバマ氏を大統領に選んだ時点で始まっており、

 その四年後の再選によって、そのシフトの継続の承認を得たということなのです。

 今は、そのパラダイムシフトに不満を持つ層の

 「ガス抜き選挙」に過ぎないとの、

 わたくしの意見は始終一貫して変わりません。

 歴史を俯瞰してみると・・・、

 国にも文明にもその命運あるいは、運命というものが存在するのではないか?!

 っと思えることがあります。

 アメリカというユーラシア大陸から両大洋で隔てられ、

 移民で成立した国が、世界的に「一人勝ちをするためには、

 この選挙において、トランプ氏が勝ということはあり得ません。

 そして、もしトランプ氏がわたくしの予想を裏切って勝利したとしても、

 それはアメリカの国運における躓きの一つにしかすぎないのだ!

 っという強さをアメリカは保持しています。

 そのような国を太平洋を隔てているとは言え、隣国としている日本は、

 余程性根を据えて、アメリカの国運を見て行かなければ、

 戦前と同じ間違いを犯してしまいます。

 その性根の据え方が、今非常に重要になっているのでしょう。

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 共和党のアメリカ大統領候補として、

 泡沫候補であると思われていた

 (っとは言っても、わたくしはまだそう思っていますが・・・)

 トランプ氏が選ばれました。

 するとオバマ大統領小米国主義(筆者の造語)や、

 現代のアメリカの実情を理解していない、日本の一部の保守層などでは、

 「ホラ見たことか・・・、アメリカでもナショナリズムが勃興している」

 と語り始めています。

 すなわち現在のアメリカは、

 従来の開かれたアメリカとは、逆の方向へ向かっている

 または、向かおうとしている。

 っと、思っているのです。

 そして、このアメリカの政策変更を奇貨(?)として、

 日本の政治を、非常に偏った方向へ導こうとしているように感じます。

 あのですねえ・・・。

 これは、我が日本国の国益に直結する問題なので

 非常に率直に記しますが、

 アメリカは、今、(従来思われている?)ナショナリズムとは、

 まったく反対の方向へ進もうとしているのですよ。

 いや、「自由と平等」がアメリカのナショナル・アイデンティティならば・・・、

 アメリカは、国家の根源に立ち戻るという意味での、

 ナショナリズムなのですよ。

 すなわちアメリカの保守の代表のように日本では捉えられている

 トランプ氏はWASP(ワイト・アングロ・サクソン・プロテスタントが、

 アメリカ建国の理念である、

 「自由と平等」によって、自らの立場が侵されることへの

 不満の捌け口にしか過ぎないのです。

 ですから、アメリカにおいては日本では、リベラルと思われている人々が、

 本来ならアメリカ建国の理念を実現しようとする

 ナショナリストの立場にある。

 とも言うことが出来るのです。

 この非常に興味深い、「二律背反」とも言えるアメリカ社会の現象を

 明確に捉えなければ、日本の外交にとって一番重要である

 対アメリカ、そしてそれを反映した国内政治を、取り間違えてしまいます。

 それは第二次世界大戦前の日本が犯した、

 日本史上最大の過失と同じ結果を招いてしまいます。

 そのために大袈裟かもしれませんし、

 かつ直截すぎるかもしれませんが・・・、

 チャンと書き示していこうと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本の憲法「我々が書いた」…米副大統領
 
 っとのバイデン米国副大統領の発言が、

 ヒラリー氏の支援集会でなされたとの、ニュースがあります。

 これは、共和党候補のトランプ氏の外交オンチ、または国防オンチさを、

 批判するためになされた発言です。

 しかし、前々回のブログの

「天皇陛下のお言葉」  

 っという題で記した、

 コロンビア大学(だった?)の歴史学の女性教授も、

 NPR(アメリカの公共ラジオ)で、再三にわたって

 日本憲法はアメリカ人が与えたものである。

 っという要旨の発言をしていました。

 どこか、アメリカのリベラルの底流に、反トランプへの戦略の一つとして、

 日本の安保タダ乗り論に対しての反論、

 または(安保)擁護論が存在するのではないか?

 っというのが、ここ昨今のわたくしの感じです。

 これは、このブログで再三述べているいるように

 武道家としての、わたくしの皮膚感覚で得た感触にしかすぎませんが・・・、

 必ず当たるはずです(笑)。

 さらにわたくしは、このブログでも再三述べていますが、

 憲法改正論者では無く、

 新憲法論者です。

 
日本人は、日本人による、日本人のための憲法を、

 自らの手で記すべきなのです。

 しかし・・・、

 と次に続く言葉は、いつかチャンとしたカタチで述べる心算です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は、日本時間の八月十五日です。

 日本がポツダム宣言を受け入れて、第二次世界大戦において

 降伏した日です。

 この8:15という日付、あるいは数字は、

 奇しくも

 広島に原爆が投下された八月六日の

 午前八時十五分と同じ数字です。

 テニアンから来飛してきた一機のB29が広島へ

 人類史上初の原爆を投下します。

 これは 「戦争犯罪」 であると、一部の日本人は言いますが・・・。

 わたくしはアメリカ軍による広島、長崎への原爆投下は

 「戦争犯罪(WAR CRIME)では無く、

 人類の 「原罪(SIN)」 である。

 と思っています。

 なぜなら、あの当時、もし日本軍が原爆を開発していたならば・・・、

 日本軍は躊躇なく、アメリカへ原爆投下を試みたはずだからです。

 そして当時の日本人は、狂喜したと思います。

 アメリカ人を相手に原爆投下の是非を語る際に、

 この「SIN」のコンセプトで原爆投下を説明すると、

 どんなにアメリカ万歳のアメリカ人でも、

 痛恨の表情を浮かべますし・・・、

 わたくしも、それ以上は語りません(語れない)。

 この原爆投下や、日本の第二次世界大戦への開戦と、終戦への始末を

 このいブログで自分の思いをチャンと記して行こうと思っています。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 天皇陛下が8月8日に
 
 自らのお言葉で、現在のご心境を語られました。

 わたくしとしては、退位に関して予想はしていたものの、

 これほど率直に、語られるとは予想外でした。

 今日(アメリカ山岳時間8月9日)のNPR(アメリカの公共ラジオ)でも

 コロンビア大学だったかの歴史の教授が、この事柄に関して

 インタビューを受けて見解を語っていました。

 天皇、

 あるいは天皇制(これは1930年代のコミンテルの用語?)に関しては、

 日本国民それぞれの思いや、意見はあるでしょう。

 しかし、これほどの人物を国の象徴としてきた日本国は、

 そして日本国民は、

 世界に誇ってよいのではないか?!

 っと思っています。

 安っぽい愛国心や、

 下手な民族(至上)主義的な考えで天皇を捉えるのでは無く。

 これからの日本国と、日本国民の安寧のための天皇というものを、

 新たに考えていく時期にきているのだと痛感させられました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。