痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 


テーマ:

『欠けている足りないものは音を立てるが、満ち足りたものは全く静か』  ブッダ



多くの人は、調子がいい時ほど何もしません。

あれほど、食事療法や生活に気をつけていた人でも、
症状がよくなれば、悪かった時のことをすっかり忘れてしまいます。

それが人間だと思います。

しかし、いい状態の時のケアが一番重要です。
悪くなってからでは遅いし、よくなるまで時間もかかってしまいます。




先日、13年間リウマチを患っていた方が、劇的に回復しました。

当院に来院されたのは、2013年の10月。
階段を使うのは手すりを使いながらの状態。
普通の道を歩くのも痛みで歩行困難。

生物学的製剤も、シムジア、シンポニー、レミケード、エンブレルと使用。
最初は効いていたけど、どれも、だんだん効かなくなってきたとのこと。

また、膝の痛みにはステロイド注射を医者から回数はできないと言われながらも、
頼み込んで、何かも打ってきた結果、効かなくなってしまいました。

そして、薬だけの治療に限界を感じた時に、たまたま当院のサイトを見つけて、
治療に来てくれました。


多くの人がそうですが、医者の出す薬さえ飲んでいれば、
よくなると考えている方は多い。

私の院に来られる方で医療関係の仕事をされている方に
薬剤師や身内に医者がいる方、看護師などが来院されます。

これは、一般の人よりも西洋医学の限界点と守備範囲を知っているからです。

生物学的製剤を使用している方で、薬が効いている方は、
高価(4万~5万)な薬でもあるので、
当然使用すれば効果はあると思いがちですが、
効かない人はいくらでもいます。


また、最初は効きましたが、だんだん効かなくなってくる方もいます。

満ち足りた静かな時こそ、とても重要です。

この時に、薬だけにたよらず、統合的な治療をすることで、
少ない薬の量で改善に向かいます。

音が鳴り出した時には、改善に時間がかかるのです。



(初診時)

30代 女性 Aさん

CRP 1,49  MMP-3  607,2 
MTX(メトレート)12ミリ(6錠)  プレドニン 10ミリ

この状態で効かなかったので、生物学的製剤を5回目の変更。
今回はアクテムラに。


アクテムラの変更と鍼灸治療3回の結果
CRP 0,01  MMP-3 151,9


鍼灸治療のこうかよりも、アクテムラの効果が大きいかと思います。


その後、週1回の治療を続けていって、膝の痛みは幾分か軽減し、
歩行も以前よりは楽になりましたが、完全には腫れは取れず・・・


2014年の4月は CRP 0,01  MMP-3 311,8
MMP-3は100~300の間を行ったりきたり。


2014年の4月から、治療に来なくなる。



2014年11月5日に再来院。
仕事も忙しくなったとのことと、状態もよくなってきたので、
来れなかったとのこと。

この時は、CRP,MMP-3は正常値になっていました。
MTX(メトレート) 6ミリ 3錠
ただしAST ALT(肝臓の数値)が上昇

肝臓の数値がよくないので、MTX中止を検討中。

MTXを12月上旬に中止し、鍼治療で対応。



鍼治療をすることで、自律神経が安定し、新陳代謝機能が上がり、
解毒効果は上がります。

肝臓の機能も安定に向かいます。

以前のブログにも書きましたが、リウマチの場合、
いかに、交感神経を下げるかがポイントです。

抗リウマチ薬は免疫を下げる薬です。
免疫を下げるということが、どういうことかをしっかり理解してください。

__________________

しつこいですが、理解されていない方がいますので再度、説明します。

u


今日も電話で「 鍼灸がリウマチになぜ効くのか? 」
との問い合わせがありました。

3人の方から問い合わせがあり、
2人の方は来院することになり、
しっかり理解されているようでした。

しかし、もう一人の方が、
色々とできるだけ分かりやすく説明するが、いまいち伝わりません。

そもそも、リウマチの薬がどのようなもので、
どのようなリスクがあるのかまったく理解されていないのでした。

鍼灸で薬の副作用の軽減ができる、
関節の動き、関節の動きの維持ができるなど話しました。

抗リウマチ薬の何が問題か知らなければ、トンチンカンに終わります。

免疫を下げることがどう意味か?どういうリスクがあるのか?
MTXがリウマチはリウマチを治す治す薬ではなく、
関節の破壊を抑える薬ということは知っておくべきです。

今日の電話での問い合わせの方は、色々説明しましたが、
はやく電話を切りたそうで、また考えて電話するとのこと。

たぶん、電話はないでしょう。
このパターンの方は来ないです。

私の説明不足かもしれませんが・・・



リウマトレックス・メトレート・メトトレキサート
この3つは同じ薬ということを理解してください。
MTXといいます。

免疫を下げるとどうなるのか?


・新代謝の低下

・寒がりになる(以前は寒がりでないのに)

・傷口が治りにくい

・風邪に引きやすい

・風邪をひいても熱がでない



熱がでないからいいのではありません。
熱は風邪のウイルスをやっつけているのです。
免疫を下げているので、風邪ウイルスを攻撃できなくて、
風邪が長期化、肺炎の原因になります。


お年寄りや入院されている方が肺炎になったりするのは、
熱を出す力がないほど、体力がないので体内に熱がこもり、
肺炎になるのです。

体力がある子供や若い方がドバッと熱が上がるのは、
熱が出るための体力があるからです。

熱は免疫力です。
その免疫力が自分の関節を攻撃しているのがリウマチです。

だから、免疫を下げる薬を出されているわけです。



・あざが残りやすい

・蚊に刺されても治りにくい、痕が残る

・打撲、捻挫が治りにくい

・内出血しやすい

・口内炎になりやすい

・髪の毛が抜けやすい



免疫を下げるということはこういうことです。
理解は必要です。

____________________


ちょっと、長くなったので、30代女性の症例の続きは次回。
今週中に書きます。

結論を書けば、歩行が楽になり、この女性の親御さんも驚くほど
回復しました。 後ろから見た歩く姿が、普通とのことです。

この姿を見たのは、何年かぶりだそうです。

ここまで回復するには、ポイントがあります。
それを次回書きます。



治療の問い合わせの方が、あまりにも理解されていないので、
こういう方が、鍼治療を誤解するのだと思い、つい長くなりました。


自分の病気には興味をもち、しっかり薬やリウマチの知識は持つべきです。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村


治療についてのご質問はこちらまで
TEL 06-6170-9671

メールはこちらを クリック






AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

氣よし鍼灸院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。