痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 


テーマ:

● あなたの症状の相談・質問にお答えします 関節リウマチの悩み 2


昨日の続きです。

リウマチの悩みにお答えしました。

個人名、商品名や****にさしていただきました。


===================


(*肺炎と診断されたのが7/22です。)
 
・お悩みの内容、相談などをお書き下さい。


肺炎後の手足の痛みが尋常ではなく、

1~2週間は寝たきりに近い状態でした。


>> 動いてなかったので、筋肉の緊張状態と筋力低下もあったかもしれません。


1か月以上病休です。今でも歩行が困難です。

時間だけはたっぷりあったのでネットで色々検索し、

それこそ自然療法で治った!というところに魅せられ、

本当に自然療法・東洋医学で治すつもりになりました。


>>実際は、自然療法だけでリウマチを治すことは難しことです。

治る人もいますが、極わずかです。

そういう方は、治るリウマチだった可能性があります。

(全体の10%のリウマチは医学的に治ります)


また、自然療法、東洋医学だけでリウマチが治るのなら

とっくの昔にリウマチの人はいないはずです。

戦前、江戸時代にリウマチの人はいました。


そこに載っていたお茶やサプリもとりあえず買ってはみました。

>> ****のお茶だと思いますが・・・

サプリは***ですか? 


地元に****の人がいたという治療センターを見つけ通ってみました。

最初は詰めて来なさいと言われ、歩行困難にも関わらす頑張って通いましたが、

途中で疑問に思い始めました。


>> **** ではないでしょうか?

****のことは知っています。

薬を否定して自然療法を選んだ結果、悪化した人が非常に多いです。

当院にも多く来院されます。


鍼灸は行きつけの治療院があるので初めてではありません。

名古屋なのでこの状態では行けないから地元の治療センターに行ったまでです。


>>名古屋なら知り合いの先生がいるので紹介はできます。


その治療センターではお灸はやけどを作るようなやり方をしました

水ぶくれができました。え?です。

そして、針が痛いんです。


>お灸で火傷を作る方法は、打膿灸(だのうきゅう)というものです。

現在、鍼の学校ではやってはいけないと教えています。

私が鍼灸学校に通っていた20年前でも、やめろと習いました。

感染症が怖いからです。


火傷ができると白血球が増えて、組織の再生により免疫力や

血液の流れがよくなるので、今でもやっている先生はいるようです。


大阪でもそういう先生いますが、薬を否定して火傷を作った結果、

多くの方が悪化して関節が動かなくなっています。

ちなみに、ここから当院に来る人は多いです。


また。痛い鍼はリウマチの場合、オススメしません。

筑波科学技術短期大学の西條一止先生は、

リウマチの東洋医学的アプローチを30年以上研究しています。


西條先生はできるだけ痛くないやり方で、

深く刺すのはやめたほうがいいと話しています。

痛みが強く、強刺激では交感神経が亢進し、

痛みの悪化、腫れの悪化になると話しています。


しかし、鍼にも色々なやり方があるので、

その先生はいいと思い治療しているんでしょう。



今まで針で痛いと思ったことなどありません。

それで不信感が募り行くのをやめました。

その後はとりあえずちゃんと薬を飲み、お茶も飲み、

腹式呼吸し、自分でお灸をしています。
(治療院の先生にこの場所にお灸するようにと言われた所にしていす)


>> 腹式呼吸よりもマインドフルネス療法をオススメします。

腹式呼吸よりもより、実践的です。


アメリカでは痛みで悩んでいる人には医療機関でも取り入れてられています。

こちらを行うことで痛みのコントロールができています。


そして、より実践的で根拠もあります。

分かりやすく言うと、瞑想になります。

本もでていますので、1冊読んでみるといいですよ。


このままでは復帰できないので、とりあえず西洋医学で・・・

調子が戻ってきたら東洋医学でいこうと決心したところで先生のブログを見つけました。
 
西洋医学と東洋医学、一緒にやったらプラスマイナス0にならないか?

と気になってしましたが、

先生のブログを読んで気が楽になりました。


>>ここは詳しく私のブログに書いています。

読んでくれてありがとうございます。



ただ、足の腫れも半分はむくみだと言われ、

足をあげて寝ると朝は腫れがひいていますし、

午後は歩くのも多少楽にはなりましたが、

生物学的製剤の治療を来月から・・・

という方向になっています。


>>午後に痛みが無くなるのは、血液の流れの改善と

筋肉が柔らかくなるためです。

血の流れを改善すればよくなってきます。

また、ホルモンも影響していると思います。


当院の同じ年代の方(50才前後)が同じ症状です。

みなさん、改善し車いす、杖なしで歩行が可能な状態になっていますよ。



整形外科の先生には

「いつかやめれると思わない方がいい」と言われました。

私としては、始める気にはなっていますが

1年も続けてやるつもりは最初からありません。


>> 症状にもよりますが、1年は短いと思います。

生物学的製剤は。医師によって言うことが違うという印象があります。

「一生飲め」という医師。

「よくなれば飲まなくていい」という医師。

実際、やめるタイミングが難しい薬です。

まだ、最近の薬ですからデーターも少ないのが現状だと思います。


生物学的製剤をする時は、一生飲みたくない と話しておくといいです。

それか、リウマトレックスを増やすかになります。


 
今後鍼灸も気功も続けても、

生物学的製剤を使うとやめられなくならないか・・・と心配です。

レミケードを考えていたので薬の感覚が8週間あるので、どうかなとは思うのですが。


>> まだ、データーは多い薬です。

しかし、リウマトレックスとの併用になります。

 
長々と申し訳ありません。
 
よろしくお願いいたします。
 
T.N 

==================


鍼治療は低刺激が望ましいです。

心理的な面、例えば、痛み、今後の状態への不安、肺炎はの恐れ、

これらの内面からの作用での悪化で、自律神経のバランスが乱れ、

交感神経の亢進が起きて、血液の流れが悪くなり、

身体は緊張状態だと思われます。


CRPが低いので、炎症性の痛みというわけではないようです。

ホルモン低下による関節のこわばり、自律神経の影響が大きそうです。


年齢面からも女性ホルモンの影響で関節の痛みは起きます。

これは読売新聞の記事で先週、ブログに書きました。


医師は自分の専門で考えるために、ホルモンの影響と話しても聞いてはくれません。


まずは、身体の緊張を下げて、薬が効きやすい身体づくりが必要です。

そうすれば薬の副作用は軽減できます。


詳しい薬のアドバイスは法律的にはできませんが、

まずは、リウマトレックスでも問題はないと思います。


鍼治療はできるだけ信頼できる先生と納得できる治療を選んだ方がいですよ。

いやいやだと、リウマチは悪化します。

 
_______________________________



アドバイスは、以上になります。


足の調子がよくなって来たら、受診したいとメールに書かれていました。

その時まで、お待ちしています。



いつまで続けるか分かりません。

あなたの痛み、症状の悩みにお答えします。

無料です。 

興味がある人は今すぐ! こちらをクリック

(アメブロ内の記事に飛びます)

------------------------------------------------------------------------------------

ブログランキングに登録しています。
下の「リウマチ」ボタン押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


痛みと心の関係をメルマガにて発信中です。
merumagamerumaga 

ぜひご登録を。

治療についてのご質問はこちらまで
TEL 06-6170-9671

メールはこちらを クリック


痛みと難病サイト http://www.kiyoshi-itami.com/

身体と心の痛みメルマガ http://www.mag2.com/m/0001607068.html

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

氣よし鍼灸院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。