痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』







テーマ:

「先生の写真を私のブログにアップしてもいいですか?」

 

こう言ったのは、なんと90歳の当院の患者さんのTさん。

この方、1人で電車に乗って私の鍼治療を受けに来てくれています。

 

話し方もハキハキとしていて、とても元気な方です。

 

 

数年前から関節リウマチを発病されていて、ネットでリウマチについて

調べている時に、当院を見つけたという。

 

治療の問い合わせは、メールでありました。

この年代ではかなり珍しいと思います。

 

 

CRPとMMP-3の数値は高いですが、

関節リウマチの特徴的な症状である、痛みや腫れは、ほぼありません。

 

リウマチは年をとればとるほど、症状はあまり出てこない方が多い。

なぜなら、免疫系の病なため、年齢を重ねるごとに免疫が弱るためです。

 

やはり、30代、40代の方のリウマチが一番、進行が早いですね。

 

 

 

 

さて、Tさんがは、ご自身で開設されているブログがこちら。

今回、私のことを書いていただけました。

 

そのブログのアドレスがこちら ↓ ↓ クリック

http://yasuko386.jp/blog-entry-202.html

 

 

 

 

Tさんは旧満州国の奉天の生まれで、終戦時は青島でむかえたそうです。

 

私は、明治、大正、終戦までの昭和史が大好きなので、

いつも当時のことを質問しています。

 

本当に勉強になります。

 

特にアジア号が青かったのには驚きました。 ↓↓ クリック

http://yasuko386.jp/blog-entry-204.html

(あじあ号の写真が掲載されています)

 

 

 

 

白黒の映像しかありませんからね。

 

 

満州の奉天。

 

突然、原野にこんな綺麗な町ができるわけですから、すごいですね。

 

 

 

 

歴史に「もしも」はありませんが、満州国が今も残っていれば、

面白いことになっていたと思います。

 

公用語が日本語の国がもう一つあることになりますから。

あじあ号は、乗ってみたかったな。

 

 

治療のお問い合わせはこちらまで。

電話 06−6170−9671

 

 

 

 

 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
薬を使わずに、リウマチを治したいという人からの
治療の問い合わせが、時々あります。
 
 
リウマトレックス(メトトレキサート)を処方されたが、
薬を使わずに、漢方やサプリメント剤、食事療法だけで
リウマチを治したいといいます。
 
 
中には、痛みで生活に支障が出ているにもかかわらず、
プレドニン(ステロイド)や痛み止めの薬もまったく飲まないで、
痛みに毎日耐えながら、通勤し同僚には、リウマチということを隠して
仕事をしていたという人もいました。
 
 
なぜ、そのような考えになってしまったのでしょうか?
 
 
きっかけとして多いのが、
 
「薬は一生飲まないといけない」
「リウマチは治らない、上手に付き合っていきましょう」
 
このようなことを医者から言われて、
西洋医学で治らないなら、他の方法を試そうと考えたようです。
 
 
医師の中には、
 
「リウマトレックスは一生飲む薬ではない」
「昔と違ってリウマチは治る病気になった」
「薬を飲まないようにすることは十分可能です」
 
このように言う医師もいますが、
あまりいないのが、現状です。
 
 
 
「リウマチは治らない」
こう言われれば、誰でも不安になります。
そこで、ネットを使って「リウマチが治る方法」を探し出すのです。
 
探しているうちに、
「自然治癒でリウマチを治す」
「自己治癒能力を使い、リウマチを治す」
 
「私は薬を使わずにリウマチを治しました」
というサイトを見つけて、その方法を試し出します。
 
 
ここで、気をつけていただきたいことは、
リウマチの1割は、何もしなくても勝手に治るものがあるということです。
 
薬を使わずに、リウマチを治したという人は、
もしかしたら、勝手に治るリウマチだった可能性もあるということです。
 
 
リウマチの治療が、なぜ難しいと言われるかというと、
100人のリウマチの人いれば、100パターンのリウマチがあるからだ。
 
 
サプリメントや漢方だけでリウマチが治ったという人がいれば、
それは、そういうリウマチだったということです。
 
多くの人は、薬が必要なリウマチだということは知っておいた方がいい。
 
 
 
ネットで飛び交う情報の中には、高額なサプリや
医学の国家資格を何も取得していないのに、
高額なセミナーを行い、リウマチが自然療法で治るという情報を
流している人もいますが、そういうものは信じない方がいいです。
 
 
素人意見ほど、怖いものはありません。
基礎的な医学知識がない人ほど、無茶を言うものです。
 
何も知らないからこそ、言える話ですね。
 
人生にも影響する体の健康のことを、
一般書籍から仕入れた情報だけで、判断して、垂れ流すのって、どうなんでしょうか?
 
無知ほど怖いものはありません。
 
 
 
 
 
治療の問い合わせ 
電話 06−6170−9671
気よし鍼灸院
 
 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 
 
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
12日の日曜日は、「訪問鍼灸・マッサージ友の会」を主催されている
有地先生からの依頼で、リウマチの鍼灸治療のセミナーを開催させていただきました。
 
 
 
会場となった場所が、鍼灸・柔整学校なため
今回、ここの学生さんは参加費が無料なため、数名の学生さんが、
国家試験前にもかかわらず、参加してくれました。
 
また、新幹線で、横浜からも来てくれた先生もおられました。
 
 
 
今回、訪問鍼灸でも使える内容を話して欲しいという要望もあったので、
正直、どんな内容を話すかでかなり悩みました。
 
昼の1時から夕方の5時まで。
4時間の長丁場、リウマチ座学、実技。
 
結局、資料作りに2週間、実技内容のチェックで前日の祝日を
まるまる使うことになってしまった。
 
 
 
リウマチ治療の基礎の基礎ということで話すことに決めていたので、
血液検査のデータの読み方、リウマチの薬の話、
鍼灸でできること、できること、できないことを中心に資料を作成しました。
 
 
以前、東大病院の粕谷先生と関西医療大学でリウマチについて
講演を行った時に、「先生は鍼灸師では珍しい方ですよ」と言われました。
 
ついつい、鍼灸師は鍼だけで治そうとします。
また、西洋薬の否定もします。
そのため、リウマチの薬は使うなと、いう人も時々いるのです。
 
 
僕の場合、守備範囲を明確にしています。
鍼でできなことはあるし、薬でできないこともあります。
 
例えば、リウマチの場合なら、進行期の猛烈は関節破壊と炎症を鍼だけで、
漢方だけで止めることは、できません。
 
ここは、薬、メトトレキサート、生物学的製剤を使わないといけません。
 
そういう鍼灸治療の守備範囲、乗り越えてはいけないラインを説明します。
 
 
 
 
 
そして、実技です。
 
 
こんな感じで行いました。
 
 
スマホでの撮影をOKにしたので、みなさん実技を録画していました。
 
僕の治療は、誰でもできること、再現性です。
 
神業、仙人みたいな技、治療をまったく目指していません。
そんなもの、もう医学ではないと考えています。
 
ちゃんと学べば、誰でもできるリウマチ治療を話させていただきました。
 
 
 
 
セミナー後、学生の方から、こういう感想をいただきました。
 
「今まで、色々な勉強会に参加してきましたが、はじめて腑に落ちました」
「鍼灸で何でも治るという先生ばかりで、ホントかな!?と思う勉強会が
多かったですが、鍼灸でできないこと、できることを言った先生は、初めてです。 」
 
こういう感想の声は今回、多かったです。
 
「鍼灸だけで、リウマチは治らない」
「こういう時は、鍼灸に頼らず、薬をすすめるべきだ」
こういうことを聞けたことが目から鱗でした。
 
僕にとっては、当たり前の話なのですが、
この業界では、珍しいようです。
 
セミナーの全体的な感想もなかなかよかったようです
 
 
この会では、今まで開催したセミナーの中で、質問が一番多かったようです。
時間をかけて、わかりやすく話す内容にしたので、
みなさん理解していただけたようです。
 
でなきゃ、質問もでませんから。
 
 
 
 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。