痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』







テーマ:
「ステロイドを使いたくない」、という方がいます。

「ステロイド」の副作用は詳しく分からないけど、
とにかく、「怖い薬」とよく聞くから使いたくないらしい。


以前にも書きましたが、
もう一度、書きます。

ステロイドは自体には問題はないけど、
使い方を間違えば問題がある薬です。



包丁が悪いという人は、いますか?

野菜を切ったり、魚をさばいたりすることができる料理をする上で、
なくてはならない道具です。

しかし、使い方によっては人を殺傷することもできる道具にもなります。


口に入れる物で考えれば、塩もそうです。
人間が、生きて行く上で塩はなくてはならないものです。

しかし、取り過ぎはいけませんね。

理屈は同じです。何でも使い方です。


間違った使い方をすれば、悪いものになり、
正しく使用すれば、いいものになります。



●ステロイドを使わずに、痛みを我慢する方が危ない



「ステロイドを使わずに、痛みを我慢すること」

           と

「ステロイドを使って、一時的ではあるが痛みを抑える」



これ、どちらが、いいと思いますか?
自然治癒能力、自己回復能力が発揮するのはどちらと思いますか?

正解は、ステロイドのを使うことです。


痛みを我慢することは、痛みを記憶することになるからです。
我慢すると、脳が長期記憶を起して、痛みが慢性化になってしまいます。

多く方は、手の指、手首、膝、足首などの関節が痛いと思っていると思いますが、
「痛み」そのものは、「脳」で感じています。

慢性痛の中には、脊髄で記憶された痛みがあり、痛みが続けば、
痛みを脳が記憶してしまい、いつも痛みを感じている状態になるのです。



「リウマチの薬は怖い薬だから使いたくない」

「漢方でリウマチを治したい」

「サプリでリウマチを治したい」



こういう方から、時々、問い合わせがありますが、
これは危険なことです。


痛みを記憶(長期記憶)することになるからです。


3ヶ月以上の痛みや生活に支障がでるほどの痛みが続いたら、
まずは、医師に相談してください。

そして、ステロイドを処方されたら、ちゃんと飲んでください。


● ストロイドは痛みを抑えているだけ、鍼で治す作業を


ステロイドは、痛みには効果がありますが、
これに頼ってばかりでは、いつか効かなくなります。

来院患者さんの中で、メトトレキサート(リウマトレックス)
を使用しているけど、痛みがまったくとれないという方がおられました。

メトトレキサートは、関節の変形を抑える薬で痛みには効果がありません。

そのため、ロキソニンやセレコックスなどの痛み止をだされていましたが、
これも効いていなかったので、
主治医に相談して関節に注射をしてもらうようにアドバイスしました。


医師に頼んで、膝の関節に注射をしてもらうようにアドバイスをし、
痛みがある膝の関節にステロイドを注射してもらいました。

次の日には、痛みがなくなりました。

痛みがなくなったので、大丈夫なんだと安心され、
その後、鍼治療の受けなくなりました。

数週間たってから、また鍼治療に来られましたが、
また、ステロイドを打つ前に戻ってしまいました。



ステロイドを打つ前に、

「ステロイドは一時的に痛みを止めているだけです」
「鍼治療で治すことも同時にしないといけません」

ということを説明したのですが、理解していただけませんでした。
痛みがとれたことで、もう治ったと思ったようです。



痛みが取れたら、今度は治す作業をしないといけません。

関節の動きをよくするために鍼治療をして、筋肉の緊張を取ること、
自律神経を安定させ、交感神経を下げる必要があります。


薬は一時的に症状を抑えているだけです。

鍼治療を同時に行うことで、
少ない薬の量で効きやすい体に整えることができます。

一番、関節の破壊がすすむ3年の間、鍼治療も取り入れていけば、
寛解も十分可能なことです。


これもいつも言っていますが、偏らないように。


次回も痛みの話をします

_______________________________


1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112



─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック
























AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、来院された患者さんと、森田療法の話しで盛り上がりました。

この方は、ある過去の出来事が、今まだに自分自身、納得できていません。
また、それがトラウマ的なものになっていました。

以前から、「心の仕組み」など心理学的な話しに興味があったようなので、
色々と心理学的なアドバイスをしていました。

ご自身でも何とかしたいということで、私の心理カウンセリングの師匠、衛藤先生の
日本メンタルヘルス協会の基礎講座を受講され、心理学をご自身で学ばれ、
このたび、基礎講座を終了されました。


日本メンタルヘルス協会の基礎講座は、7年前に受講し基礎講座を終えてからは、
研究コースも受講し、より深く心理学、心理カウンセリングを学びました。


動画は、私の心理学の師匠の衛藤先生です。

衛藤先生の講座は、「笑い」「涙」ありの楽しい講座です。






日本メンタルヘルス協会で、心理学を学んでから、
ケン・ウィルバーのインテグラル理論に進み、哲学も勉強するようになりました。


もともと、心理学は哲学から派生した学問なため、哲学にも興味がわいたのも、
当然なことかもしれませんね。



日本メンタルヘルス協会の講座を終えてからは、ケン・ウィルバーの
インテグラル理論を学び、日本トランスパーソナル学会にも入会しました。


私の世界観が大きく変わった、ケン・ウィルバーの動画です。

話していることは、宇宙とか出てきて、スピ系の話しに聞こえますが、
いたって、硬派な理論的な話です。 (変な宗教じゃありませんので)






さて、話しがそれましたが、私も大好きな「森田療法」

森田療法のいいところは、神経症の人だけではなく、
学校、会社での人間関係の悩み、会社での問題の対処の仕方、
家族、社会とのかかわり、
その他、生活の中で起きる様々な出来事に対処するために非常に役立ちます。


私は、鍼灸治療以外にも
森田療法とインテグラル理論の考えを取り入れています。


「森田療法」と「従来からの西洋の心理療法」では、決定的な違いがあります。

西洋の心理療法は、神経症者が心の中の「不安や葛藤」を分析して、
それを「異物」として、排除するように考えますが、
森田療法では、神経症の不安や葛藤と日常人の不安や葛藤が連続と考えます。

つまり、その不安や葛藤をいくら除去しようと考えても、
異常ではないものなのだから、取ろうとしても無駄と考えます。

不安や葛藤を作る、心理的メカニズムは異常ではなく、
人間に最初から備わっているものと考えます。


100人の前で、はじめて話しをする機会があったとします。
ここで、緊張することは、いけないことなのでしょうか?

緊張せずに、話さないといけないのでしょうか?

森田療法的には、「緊張して当たり前!」 と考えます。

100人を前にして何も緊張しない人の方が、おかしいのです。


緊張して当たり前、それが人間です。
だから、緊張している自分を認めるのです。

絶対にやってはいけないのは、手に「人」という字を書いて、
食べるということです。

これは、緊張している自分自身を否定することになります。


だから、100人の前で話す時には、森田療法では、
「あるがまま」の自分を認めればいいのです。

「今日は大勢の前で話すことははじめてなので、緊張しています。
分かりにくいところがあれば、何でも質問してください」

こう言えばいいだけです。

緊張している自分を隠すことはないのです。



ネットの情報を見ているリウマチをよくする方法として、
「プラス思考になろう!」というものがあります。

リウマチがよくなることをイメージだとか、
落ち込んではいけない、悩んではいけないとか。


私、これ大っきらいです。

すみません、はっきり言ってしまいました。
やっていた人がいたら、先にあやまっておきます(笑)

なんか、現実から目をそらしてるようで、
なんだか違和感を感じます。

痛みがある時、悲しんで当たり前、
悩んで当たり前、辛くて当たり前です。


そんな「痛いの、痛いの飛んでいけ~」的はことをしていると、
現実とのギャップで余計に痛みはでます。


痛みは腫れがでている現状をしっかり受け入れて、
今必要なことをしていけばいいのです。



私の鍼灸院に来て頂いている方には、
必ず血液検査のデーターの見方を覚えてもらっています。
CRPやMMP-3は最低限知っておくべきです。

数値の意味を知らないで、
リウマチが怖い、薬を飲みたくないというのは、
筋違いな話です。


数値が知っていることで、客観的に今の状態がわかります。

もし、CRPの数値がいいのであれば、痛みが出ても、
それほど悩むことはないくなるはずです。


「痛いけど、血液検査のデータがいいし大丈夫」
「リウマチが進行していれば、2、3日で痛みが治るわけがない」

痛みを受け入れて、正しい知識があれば、
それほど悩むこともありません。



そんなわけで、リウマチについての正しい知識を持ってもらうために
前回のリウマチセミナー「患者力」に続いて、
7月24日に、リウマチセミナーを行います。

場所は、まだ決定していませんが、
たぶん、いつも開催している場所と同じところになる予定です。


今回は、「痛みと心」「リウマチとメンタル」
という感じの内容になる予定です。

そして、鍼灸治療をすると、なぜ、メンタル面によいのか、
そういう話になると思います。

心や感情とリウマチの関係の話は、医者ではなかなかできない話です。
今回、感情と痛み、心とリウマチの話を中心にお話しします

また、ブログで今月中にお知らせします。



_______________________________


1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112



─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック














AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今から10年ほど前、月に1~2回ほど座禅会に参加していました。

ここの禅寺は、家から徒歩10分ほどのところにあります。

当時、まだ上の子供が幼稚園に行く前ぐらいの頃に、
子供と散歩をしていて、たまたま見つけました。


そして、これも偶然なのですが、私が担当していた患者のお寺さんと、
禅寺の和尚が、とても仲の良い友人だということも判明し、
仏教会主催の講演会の後に、一緒に飲みに行ったりしました。

余談ですが、仏教会主催の講演会に参加した時、宗派関係なしだったため、
坊主頭の人が、スーツ着て大勢集まると、
なんだか、怖い人の会合のように見えました(笑)




ところで、私の家は、禅宗ではありません。
しかし、この座禅会は、宗派問わず誰でも参加できる会でした。

ここの禅寺の和尚は、寺の近くにある教会に日曜日は、礼拝に行っていました。
また、逆に、教会から牧師さんが、座禅会に参加していたり、なかなかユニークな会でした。


べつに宗派とか、信仰しているもの何でもよいわけです。
重要なことは、「日々の感謝」、そして、信仰心です。

神さんでも、仏さんでも、自然でも宇宙でもなんでもいいのですが、
信仰心を持つことは重要なことだと思います。


座禅会は、約1時間です。

座禅も、別に足を組む必要はありません。
足が悪い人は、椅子に座って座禅会に参加してもOKです。
また、横になって寝た状態でもよいのです。

重要な事は、何も考えない状態、ただ座るだけでいいのです。
西洋哲学用語で言うと「エポケー(思考停止)」のようなものでしょうか。



座禅会は30分ごとに休憩がありましたが、30分間目を閉じて、
何も考えないようにするって、かなりしんどいことです。
家で1人なら絶対しません。


「空」の状態は分かりませんでしたが、
思考停止状態ということを自分では作れないので、
いい経験でした。


ここから、仏教関係の本を読むようになりました。



動画は、私の参加していた座禅会ではありませんが、
これに近い感じで座禅をしていました。






毎回、座禅会の後に、和尚の講和がすごく面白かった。
私が特に好きな話しで、こういう話しがあります。



風になびく旗を見ながら、二人の僧が言い争っていた。

「これは旗が動いているのだ」
「いや違う。風が動いているのだ」

 そこに通りかかった慧能がいった。

「旗が動くのでも、風が動くのでもない。あなたたちの心が動いているのだ」


人間、自分の価値観や考えで物事を判断しがちです。

「リウマチには、このサプリメント」
「~の食事をすればリウマチにいい」

また、薬しか信じない人。


特定の価値観で物事を見るのではなく、
色々な角度、方向から見る必要があるんじゃないでしょうか?

凝り固まった頭で考えてばかりいると、

「自然療法こそ、正しい!」
「リウマチの薬は危険、だから薬なしでリウマチ治療!」

こういう考えに陥っていきます。

柔軟な考えを持っておかないと、心はあっちに行き、
こっちに行き、ふらふらすることになります。


視点を固定したいことです。

自分の物差しで物事を考えないように。


座禅会に参加した禅寺の和尚のお父様が書かれた本です。
日本仏教がわかる本―仏教を学ぶ/大法輪閣
¥1,512
Amazon.co.jp


_______________________________


1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112



─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。