痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』







テーマ:

今日は母校で行われる、『専門臨床研修会』に参加してきました。

 

 

 

 

今回は、《糖尿病性末梢神経障害に対する鍼治療》というもの。

 

この勉強会、卒業後の臨床勉強会で、

今まで年に1回の開催でしたが、今年は、全4回。

 

前回は、『痛み』がテーマのトリガーポイント治療でした、

次回は、不妊鍼灸です。

 

 

毎回、学術的な論文、データをもとに、

最新の鍼灸治療を教えていただいています。

 

 

一般の方は、「ツボ」が治療の重要なポイントだと考えがちですが、

ツボに治療のポイントを狙いますが、どちらかと言えば、

解剖学、現代医学を元にした治療になります。

 

 

 

今回のテーマは、糖尿病の神経痛。

 

糖尿病の方は、手や足の痺れや痛みを持っている方が多いです。

特に、足の裏にチクチクした痛みや痺れ、

砂利の上を歩いている違和感などの症状がでます。

 

それに対しての、鍼治療のアプローチです。

 

今まで、病院勤務時代から、このような方には、

私が勉強会で学んんだやり方で対応していましたが、

今回学んんだやり方は、論文もでている、とても効果的なやり方です。

 

 

講義を聞いているうちに、もしかしたら『抗癌剤の副作用』に対しても

効果があるんでは?と思っていたら、やっぱり!!

 

使えます!!

 

 

・ 抗癌剤の副作用に、鍼は効きます

 

 

癌の科学療法、つまり抗癌剤を使用すると、

足や手に何とも言えないしびれがでてきます。

 

おもな症状は以下

 

《 末梢神経障害 》
・手足の痛みやしびれ
・感覚の麻痺
・手足の運動障害

 

 

これは、「タキソール」(パクリタキセル)と言われる薬による

副作用です。

乳癌、卵巣癌、胃癌、子宮体癌などによく使用される薬です。

 

 

この薬を使用すると手や足の指先にしびれが出てきます。

 

小林麻央さんも、この薬の副作用で苦しめられたことが、

ブログに書かれていました。

 

この抗癌剤の副作用に対して西洋医学では、「リリカ」を出します。

あとは、メチコバール、ビタミンB12です。

 

 

「リリカ」を服用すれば、指先のしびれが取れるのであれば、

続けられるのですが、思うような効果が出ず、

癌患者の半分以上は、副作用も強くでるため

飲みたくないと思っているとのことです。

 

 

この抗癌剤の副作用による、末梢神経障害に鍼治療がとても有効的です。

実際、大学病院で行っているところもあります。

 

海外の論文にも効果があると、発表されています。

 

 

 

今回の研修では2人1組のペアを組んで、お互い鍼治療をしました。

自分が鍼を受ける側になってわかったのは、「これは効く」という

実感を感じました。

 

 

今まで、私が行ってきたやり方よりも、抜群に効果がでます。

 

この抗癌剤の副作用によるしびれ(末梢神経障害)の鍼治療の

通院回数は、週に1回で7回受けていただくことになります

(データからの通院回数)

 

 

抗癌剤を受ける前から、末梢神経障害への鍼治療を行えば、

副作用が非常に効果が高いです。

 

 

 

時々、サプリでも自然療法でも、『癌に効く』ということを

大体的にアピールしている人もいますが、

鍼治療で癌が治ることはありません。

 

ただし、癌に打ち勝つ力、自己回復能力の手助けはできますし、

抗癌剤の副作用による、手足の指先のしびれには効果が期待できます。

 

 

年明けには、乳癌の術後の鍼治療を頼まれている方がおられます。

 

早速、今回、学んだ治療を行い、副作用を軽減し癌に打ち勝つ力を

つけてあげたいと思いました。

 

 

 

もし、抗癌剤の副作用で苦しんでいる方せで、リリカを服用しているけど、

まったく効かないという方で、鍼治療を試してみようと考えている方は、

一度電話いただければと、思います。

 

電話 06−6170−9671

 

メールでの問い合わせ

http://www.kiyoshi-itami.com/contact/

 

 

母校の治療室では、新聞に阪大で抗癌剤の副作用を鍼で軽減という

記事が掲載されてから、問い合わせが多いそうです。

 

 

鍼治療効きますよ。

 

 

 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in
 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

コラーゲンを食べれば、お肌がプルンプル書かれたものをよく目にします。

これは本当なのでしょうか?

 

以前から、効かないと思っていました。

 

たんぱく質を食べれば分解され、アミノ酸になり

コラーゲンが作られるわけなんで、別にコラーゲン食べなくても

体内でできるものです。

 

これを、もっと患者さんたちに分かりやすく説明できないかと考えていたら、

たまたま聞いたラジオで、

生物学者の福岡伸一先生が分かりやすく説明していました。

 

 

 

 

コラーゲンは細胞と細胞のクッションです。

また、骨と骨との潤滑剤にもなります。

 

とても重要なものですが、外からダイレクトにコラーゲンを摂取しても

足りないところを補うことなんかありません。

 

例えば、肌に張りがないと感じて、張りを取り戻すために、

コラーゲンを食べれば、足りない部分を補ってくれるのであれば、

 

髪の毛が薄い人が、髪の毛を食べれば、

髪が薄い部分を補ってくれるのかといえば、そんなこと起きませんよね。

 

 

コラーゲンを食べて、お肌プルンプルンになるということは、

それと同じことなのです。

 

これを、『 気のせい食品 』と言います。

 

 

 

 

福岡先生、うまい! いいこと言います。

 

 

よくよく考えれば、そういうことです。

 

 

 

グルコサミン、コンドロイチンも膝が痛い人が飲んでいる人は、

多いように思いますが、これも同じで効果はありません。

 

理屈は、同じことです。

足りない部分をダイレクトに補うことはありません。

 

また、膝の軟骨がそもそもの痛みの原因ではありません。

靱帯や筋肉が痛みを感じているわけなので、

グルコサミン摂っても効果は望めません。

 

 

 

ちなみに、美容でコラーゲンクリームで顔をマッサージしても、

コラーゲンが体の中に入ることはありません。

 

皮膚の下には、サランラップのような薄い膜があるため、

体内には入ることは出来ません。

 

 

もし、コラーゲンが入るのであれば、

メイク落としの洗顔石鹸も入ってきますし、

泥水を顔にかければ、それも皮膚に入ってきます。

 

コラーゲンだけを選別し皮膚の下に吸収するという

器用なことなどできません。

 

 

人間の体は、そんな危険な構造にはできていません。

 

 

サプリメント、いろいろありますが、

気をつけて購入してください。

 

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in

 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リウマチになった時、多くの方はネットや本で情報を集めますが、

「客観的視点」に基づいて情報を集めなければ、偏った情報にながされてしまいます。

 

最近読んだ本で、これは、どんな病気でも同じことなんじゃないのかな?

と思った本です。

 

 

 

 

 

著者は、IT会社の経営者ですが、

40歳で脳腫瘍

42歳で白血病

 

5年生存率は10%と医者に言われました。

 

 

しかし、自分でネットと使い、脳腫瘍の手術方法を調べ、

海外の医学論文も単語を辞書で調べていきました。

 

病院の見分け方、正しい情報の見分け方も書かれています。

 

著者は癌ですが、情報の探し方や医者とのコミニケーションの取り方は、

どんな病でも同じことが言えます。

 

ちょっと抜粋します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2回の闘病を通じて、いろいろな先生がいろいろな患者さんと接する様子を

見てきた中で、気づいたことがあります。

 

それは、患者自身がどれだけ自分の病気の情報を主体的に収集しているかで、

医師の対応も変わってくるのではないかということです。

 

もとろん医師と患者との間には、絶対に超えられない情報格差が存在します。

でも患者も患者なりに情報収集する必要があります。

 

「この患者さんは自分の病気のことをよく勉強しているな。

こちらもしっかり対応しよう」

 

と医師に感じさせることが、信頼関係構築の第一歩のように思います。

 

 

そして、自分で勉強した知識に基づき、分からないことを医師に質問し、

やり取りし、最善の治療をともにみ見い出していくことが大切です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私の院では、患者さんたちには、「最低限、血液検査の見方は知っておいてください」

と、説明しています。

 

リウマチでもどんな病気でも言えることですが、

自分の病の最低限の知識は持っておくべきです。

 

 

 たとえば、あえて、「先生、今回、CRP下がりましたか?」

と聞くだけでも、医者の対応は変わります。

 

 

説明したくても、患者が

どのくらいリウマチの知識を持っているのかは分かりません。

 

もし、CRPやMMP-3 というキーワードを言うだけで、

医者に対して、「知っているよ」という意志表示になります。

 

実際、こういう対応に変えただけで、

ちゃんと医者が説明をしてくれるようになったと、

言う、患者もいます。

 

 

その他、気になった抜粋

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ 闘病ブログや匿名掲示板には要注意

 

 

一般の方が匿名で情報を投稿しているブログや掲示板は、ネガティヴな情報も

少なくありません。治療の苦痛や、予後に対する不安、また周囲に対する愚痴

などを吐き出す場になっているケースも見受けられます。

 

患者さんが治療前や治療中にこうしたネガティブな情報に触れると、

まさにネガティブな影響を受けてしまいます。

できるだけ触れない方がよいと思います。

 

また、匿名での投稿ということもあり、そもそも情報の信頼性にも

疑問符がつく場合があります。

掲示板を覗くと、匿名ならではの無責任で乱暴な投稿も目立ちます。

 

ここで重要なのは、治療の経過や予後は、病気のタイプやグレード、

そしてどの病院でどんな治療を受けたかなどによって、

まったく異なってくるということです。

 

もちろんそれまでの病歴、年齢、治療開始時の健康状態どども関係します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

よく見るのは、「薬の副作用」についての記事です。

 

MTXで気分が悪くなった話など、読むと薬は危険で怖いものだと思い、

使用することを止めてしまう人も多いです。

 

MTXの副作用は、個人差がありますし、

既往歴(過去の病歴、手術など)も影響しますので、

あくまで、その人自身の個人的な体験だということを理解しておいた方がいいです。

 

治療に前向きな人、読んできて元気になるブログならいいと思います。

ただ、偏った情報ばかりのものは、流した方がいいですね。

 

 

ほかにも、代替医療との付き合い方も書かれています。

こちらも、読んでいて納得です。

 

 

「○○でリウマチが治った」 というキャッチコピーにも騙されないように。

本当に効果があるなら、エビデンスがでています。

 

1か0かで白黒はっきりするものではありません。

 

すべてに効果があるものはないのです。

 

できるだけ、エビデンスを参考にした治療を受けた方がいいですね。

 

 

最後に、看護師さんを名前で呼んだ方がいいという内容は、そのとうりだと思います。

 

癌の場合だと、入院生活が長くなるので、

今後の対応は変わってくるはずです。

 

世の中、現実的からかけ離れた、ファンタジーのような話の方が、

人気がありますが、こういう現実的な本の方が、参考になります。

 

さすが、IT会社の社長の本です。

上手く、まとまっている本です。

 

癌の方以外にも、おすすめです。

 

 

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in

 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。