痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』







テーマ:

以前から購入を検討していた、

レーザー治療器の『スーパーライザー』を導入しました。

 

 

 

『スーパーライザー』は組織深達性の高い波長帯の近赤外線を

スポット状に高出力照射する近赤外線照射のレーザー治療器です。

 

 

近赤外線照射の効果はペインクリニックはじめ各科で認められ、

いま医療現場で大きな注目を集めています。

 

 

導入の目的は、星状神経節のブロックを行うためです。

 

今から、5年前ほど前に参加した、

当時、私の母校でもある、

明治東洋医学院の鍼灸学科長安藤文紀先生の

卒後鍼灸講座に参加したことがきっかけでした。

 

その時の講座内容は、

『 星状神経節ブロックと星状神経節刺鍼頚部交感神経幹近傍刺鍼 』

というもの。

 

 

星状神経節刺鍼 頚部交感神経幹近傍刺鍼

というものは、私が学生の時には、実技の授業で習いましたが、

今ではリスク的なこともあり、教員養成科以外では、

教えていないそうです。

 

 

そもそも星状神経節ブロックというのは、ペインクリニックで主に行われています。

 

この星状神経節ブロックは、強力な治療効果を持つ交感神経ブロックですが、

合併症なく確実な効果を得て施術できる施設が少ないこともあり、

世間的にはまだまだ知られていません。

 

また、星状神経節の位置は喉の近くにあり、そこに注射を行うため、

嫌がる患者も多いというのもあると思います。

 

 

 

 

星状神経節ブロックの適応症


l)有痛性疾患
①片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、非定形顔
面痛、症候性三叉神経痛


②頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、頚肩
腕症候群、胸郭出口症候群、幻肢痛、閉塞
性動脈硬化症、レイノー病


③帯状庖疹、帯状抱疹後神経痛、がん性癖痛


2)無痛性症候群
顔面麻揮、突発性難聴、鼻アレルギー、
手箪多汗症など

 

 

 

リウマチの場合であれば、薬を服用しているが

思うような効果が出ない方、炎症による猛烈な痛みで

脳内のセロトニンも低下して痛みの閾値が低下している人には、

星状神経節ブロックは個人的には効果が期待できるじゃないかと

考えています。

 

 

本当に様々な疾患に効果が期待できるわけですが、

結局、自律神経の交感神経に抑制をかける治療なので、

自律神経が関係した病気が多いといくことにもなります。

 

 

 

卒後臨床研修で星状神経に安全に鍼をするやり方を学びましたが、

やはり、喉のあたり鍼をすることに対して抵抗感がある人も多いので、

私の院では行っていませんでした。

 

しかし、とてもパワフルな効果が期待できるので、

どうすれば、みんなやってくれるのかと考えていた時に、

 

 

不妊鍼灸ネットワークの研修会で、スーパーライザーに出会いました。

 

代表の中村先生の院では鍼灸とスーパーライザーを併用して

不妊治療や突発性難聴などの治療に取り入れられています。

 

「おおお!! これだ!」

 

スーパーライザーは以前から知っていましたが、

主に整形的な使い方しか知りませんでしたが、

星状神経節にも使えるとは考えていませんでした。

 

そこそこ高い機械なのですが、

悩みに悩んで、購入を決断。

 

 

鍼灸治療とスーパーライザーの併用治療を行っています。

 

 

 

10分ほど照射しています。

 

写真の方は、リウマチで当院を受診されて、4年になります。

通院して、最初の数ヶ月は月に何回か来ていただきましたが、

もう、3年以上はリウマチの症状はでていません。

 

リウマチの薬も飲んでいません。

 

腸腰筋の痛みもあるので、そこにも照射です。

 

 

 

写真では見えませんが、鍼も併用しています。

ただし、星状神経には鍼は行いません。

 

スーパーライザーのみの治療は行っていません。

 

希望の方は、事前の予約が必要です。

金額も鍼灸治療にプラス500円かかります。

 

 

スーパーライザー、不妊治療を行う病院でも取り入れられています。

 

当院でも、妊娠を希望されている関節リウマチの方、

リウマチがよくなり、不妊治療をはじめられた方たち4名に、

スーパーライザーと鍼治療の併用治療をスタートさせています。

 

不妊鍼灸の場合、鍼治療だけよりも、

レーザー治療のスーパーライザーを併用した方が、

効果は確実に高いです。

 

不妊でお悩みの方にもオススメします。

 

 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「動いてはいけない」

「幼稚園の子供の送り迎えは、誰かに頼みなさい」

「買い物にも行くな、宅配サービスで食材を注文しなさい」

 

「外出せず、家でじっとしていなさい」

 

こう主治医に言われた方が来院された。

 

 

 

生物学的製剤を使用し、リウマトレックスはマックスの量を服用し

ステロイドも服用しているが、効果がなく、

リウマチの痛みが取れず、手首の関節は腫れて、

膝は炎症、腫脹して水が溜まっている。

 

 

 

通常、生物学的製剤を使用すれば、リウマチはよくなると思われがちですが、

まったく効果がでないという方は、けっこう多い。

 

「私は、生物学的製剤、リウマトレックスが効かない体質なんです」

こう思う方もいると思います。

 

この場合、なぜ、薬が効かなくなっているのかを考えなければいけません。

 

 

 

使用されている薬は以下

 

MTX (メトトレキサート、リウマトレックス、メトレート) 16㎎(8錠)

プレドニン 8㎎

生物学的製剤 ヒミュラ

 

 

通常、これほど薬を使用すれば、なんらかの効果を期待できるのですが、

ほどんど効果を感じないといいます。

 

そこで主治医は、薬が効かな原因は、患者の生活習慣に問題があると思い、

 

「動くな、外出するな、じっとしていろ」 となったわけです。

 

幼稚園のお子さんがいるのに、家でじっとしていろというのは、

どうなんでしょうね。

 

現実的に無理なことを言っても、仕方がないと思うのですがね。

 

 

来院時の状態です。

 

RF 205

CRP 2,33

MMP-3 275,3

 

 

数値の割には、それほど腫れは強くないので、

私は、逆に動かすように指導しました。

 

家でじっとしていれば、関節の動きは余計に悪くなります。

動かさなければ、関節が固まり、可動域の制限も起こります。

 

鍼治療で、自律神経を整えて、関節の周りの筋肉や靭帯を和らげる治療を行い、

自分でできる関節運動を指導。

 

そして、膝の水も抜いてもらい、ステロイド注射をしてもらうよう話をしました。

 

 

私は鍼灸師ですが、薬は否定しません。

 

薬を何でも否定する針灸の先生が時々おられますが、

医学には守備範囲があると考えています。

 

針灸治療が効かない症状もありますし、

薬などの西洋医学ではどうしょうもないことも当然あります。

 

 

 

さて、膝の水を抜き、ストロイド注射を主治医にお願いするが、

 

「水は家でじっとしていれば、薬が効き、腫れもよくなり自然になくなる」

「ステロイドは、関節を溶かす」

 

こう言って、やってくれませんでした。

 

 

確かに、ストロイド注射を何回もするのは、いけませんが、

3か月の間に、1回、2回程度なら問題はありません。

また、膝関節のような大きな関節が、数回のステロイド注射で、

溶けることもありません。

 

むしろ、長い期間、膝の水を抜かずに置いておく方が危険なことです。

MTXも服用しているわけですから、なおさらです。

 

 

鍼治療をしてから、歩けるようにもなったし、

家族も驚くほど、自由に動けるようになったのですが、

あと、一歩よくなりません。

 

また、痛みも軽減し、症状も軽減したのにも関わらず、

血液検査のデーターがよくありません。

 

これには、ちゃんと理由があります。

 

 

鍼治療スタート後のデーター

 

・RF 17,8

・CRP 4,27

・MMP-3 253,4

 

CRPが 2,17 → 4,27

 

これではっきりしたことは、リウマトレックスやステロイド、

生物学的製剤が効かない原因は、間違いなく膝関節の水です。

 

 

日常生活での活動は、確実によくなっているのに、

数値が高いのは、膝が腫れと水で詰まった状態だからです。

 

 

通常は、活動量が増えているので、膝の血液の流れがよくなるのですが、

膝の水も血液の循環改善とともに流れていくのですが、

よくならないということは、かなり膝の中の状態が悪いということです。

 

 

他に個人病院を探してもらい、できるだけ早く膝の水を抜いてもらうように

アドバイスしましたら、その日のうちに整形外科でリウマチ専門の病院を探して、

行ったところ、

 

 

そこの整形外科医の医師は、

 

「こんなん、おいていたら、イカンやろ!!」

「水抜かな、腐るで!」

 

そう言って、膝の水を抜いて、ステロイド注射をしてくれました。

抜いた膝の水を見せてもらったそうですが、

かなり濁った色をしていたとのことです。

 

 

 

『膝の水は抜かない方がいい』

こいう医者もいるのですが、

 

確かに、水を抜いても、根本的に膝の炎症が取れない限り、

また水は溜まります。

 

しかし、数ヶ月にわたって、水をそのままにしておくのは、

よくないことです。

 

 

 

 

膝の水を抜いてくれた個人開業医の整形外科の医師は、

 

「こんなん、抜かなあかんやろ、基礎的なことやで」

 

と、言っていたそうですが、リウマチ専門医の多くは、

内科医が多いので患者が膝が痛いと言っても、

膝を触って腫れや水が溜まっているかの確認、

関節の動きなどを診る医者は少ないような気がします。

 

膝の状態は、整形外科医の方がしっかり診てくれることが多いです。

 

 

患者からすれば、当然痛い「膝」をしっかり診てくれると思いがちですが、

リウマチ専門の医者は、「膝」という部分で診るのではなく、

「免疫のシステムに異常がでた状態」という全体で診ていきます。

 

診る視点が違うのです。

 

 

他の患者からも、

 

「手首が痛い、足首が痛いと言っても、リウマチだから仕方がないよね」

 

と、言われ、痛み腫れている関節を触りもしなかったと、

言っていた方もいました。

 

 

血液検査のデーターだけで診ていてもリウマチはよくならないと思います。

また、「免疫の病気」という色眼鏡で診察をしていても、

いけないんではないでしょうか?

 

色眼鏡を変えて、違う視点から診察する必要もあるんじゃないかと思います。

 

 

つづく

 

c

 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■ 2017年がスタート

 

 

みなさま、あけましておめでとうございます。

 

 

年末から、バタバタで更新ができず、

久しぶりのブログになってしまいました。

 

 

昨年の年末は、初めての生落語を見にいきました。

 

落語は、子供の時から笑点を見る程度でしたが、

昨年の秋頃から急に落語が好きなり、

はじめて落語を見るなら、やっぱり一流を見たいよね、

ということで、選んだのは、立川談春の独演会、イン、フェステバルホール。

 

 

 

 

立川談春師匠はドラマの「下町ロケット」の殿村さん役で有名でしたね。

 

なかなかチケットが取れにくい落語家で有名な

1700人分のチケットはソールドアウト。

 

 

先行予約販売で購入したので、1階席をゲット。

談春師匠の顔の表情も見えるぐらいのいい席でした。

 

 

 

 

 

別にB'zのファンではないけど、稲葉さん、いいこと言ってはるわ〜

「立川談志・談春 親子会を見たら、あまりにもロックだった」

 

そう、あれはロックです、ロックンロールです。

意味がわからないと思いますが、納得。

 

 

 

そんな年末を過ごして、新年。

 

 

昨年は、自分の中では、葛藤の年。

別の言い方をすれば、地固の年でしょうか。

 

 

今年で、この業界に入り23年が経ちました。

右も左も分からない、20代はじめ、

京都の東山区にある某鍼灸整骨院で丁稚奉公からスタート。

(当時は、本当に丁稚奉公のようなシステムがありました)

 

その後、医療法人系の病院に勤務し、上司がすべて医師という環境の下、

東洋医学・リハビリ科の主任にもなり、

約10年間勤務した後、独立して8年が経過。

 

 

鍼灸治療に関しては、ある程度できるのですが、

もう少し踏み込んで、現代医学的に説明して、

何がどのように効果があるのかを、こだわりすぎて、

学習の視野が、本来自分がやりたいことから外れた感じがありました。

 

 

■ 今まで自分が好きだった学び、やりたかったこと

 

 

 

今まで、哲学、心理学を学んできました。

哲学では、ヴィトゲンシュタインに出会って物事の考え方が変わりました。

 

 

 

心理学の分野では、ケン・ウィルバーと出会い、

世界の見方が変わり、多くの視点で見るようになりました。

 

 

 

 

昨年、一昨年と、こちらの勉強はしていませんでしたが、

また、本を読み直したいと思います。

 

 

 

特に、ケン・ウィルバーのインテグラル理論に出会ってからは、

私自身の治療の考え方が大きく変わりました。

 

例えば、「リウマチ」 という病の原因を考える際には、

ウィルバーの4象限で診ていく必要があると考えています。

 

4象限思考については、こちらを参考に。

http://integraljapan.net/words/aqal.htm

 

 

家庭の雰囲気(左下)、メンタル(左上)

家庭環境(右下)、 治療行為(右上)の

要素も欠かすことはできません。

 

 

往々にして薬や手術などの西洋医学のみの治療は

4象限では、右上象限(治療行為)だけになります。

 

薬や手術は確かに大切ですが、

世間で流布している「西洋医学絶対」というのは間違いです。

 

西洋医学的なアプローチよりも鍼灸治療の方が、

優れている部分はいくらでもあります。

 

 

 

なぜ、リウマチになったのか? 

患者が置かれている立場や環境、

そして、体の変化(更年期、過去の病歴)、心理状況などなど、

これらも考えていく必要があります。

 

 

 

こんなことを色々と考えたお正月でした。

 

自分しかできない治療スタイル、

これは、一人一人の鍼灸師で違います。

 

基本的な、医学知識を身につけて、

そして、自分がやりたいこと、

伝えたいことにを学びなおしです。

 

 

■ 2月は講演会の依頼があり、考えたこと

 

 

今年は、2月に鍼灸師、学生向けに講演の依頼がありました。

http://www.kokuchpro.com/event/0a03d89b9d99e5cde76d72a69738b761/

 

 

リウマチ治療を専門的に行っている鍼灸院は、

全国的に見てもほとんどないのが、現状です。

 

ホームページや看板にリウマチの鍼灸治療を行っていると書いていますが、

血液検査のデータを無視して、経絡などの東洋医学にこだわりすぎて、

悪化させているケースをたくさん診てきました。

 

私は昔から意識してきた治療は再現性です。

つまり、誰がやってもできる治療スタイルです。

 

鍼灸業界は、とても曖昧です。

仙人のような名人の技がもてはやされています。

 

学生時代から、そこに疑問を感じていました。

 

 

また、80年ほど前に書かれた鍼灸治療の本を読むのはいいことなのですが、

未だに、その80年前の治療方法を有難がって患者に使用している

鍼灸師もいるのが現状です。

 

鍼灸治療の分野も、科学的な研究が進み、

論文も多く出されています。

 

そういうデータを無視した治療はどうかと思います。

 

私が行っている鍼灸治療は何も特殊なことをしていません。

いたって、シンプルです。

 

仙人技でもありません。

 

現代医学を踏まえた治療だと思います。

 

というわけで、正しい情報の診方、診断方法などの

私が臨床で行っていることを伝えればと思います。

 

 

1月は講演の資料作りです。

まずは、ここからスタートです。

 

 

  ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________


 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。