痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』







テーマ:

リウマチと不妊で来院されていた方から、

妊娠することができましたと、電話がありました。

 

わざわざ、電話で報告していただいて嬉しいですね。

 

 

 

当院を受診されたのが今から2年前の2014年の5月でした。

リウマチは2010年に確定。

2012年より妊娠希望ということで、生物学的製剤のエンブレムを開始。

 

途中、症状は安定し痛み止めも必要がなく過ごしていましたが、

パートの仕事での無理もあって、2013年より手関節、足関節に痛みが出現し

体調もすぐれない状態が続いていました。

 

 

2014年の1月からは、エンブレムを週に2回に増やし、

痛み止めとステロイドを2ミリを服用をするが、症状は悪化するばかりでした。

 

そのような状態で悩んでいる時に、たまたま当院のブログを見つけ、

腑に落ちることが多い内容で、来院を決めたとのことでした。

 

 

 

片道電車で1時間半以上かかりましたが、

よく来ていただけました。

 

 

関節は、かなり腫れた状態でした。

歩くのも立つのも辛かったと思います。

 

 

当院では初診時には、血液検査のデーターと薬の用紙か手帳を

持ってきてもらっています。

 

 

血液検査のデーターを見て、驚きました。

なぜか、CRPのデーターが載っていないのです。

MMP-3のみが記載されていました。

 

また、関節の腫れも痛みも強いので、

関節破壊を疑われるのですが、レントゲンも最初の頃に1回撮っただけ。

 

それから撮っていませんでした。

 

 

 

医者も色々な人がいますが、少しひどすぎます。

この患者さん自身、主治医に不信感も感じていたので、

病院を変えるようにアドバイスしました。

 

 

別の病院に変えたら、ここの先生にも,

 

「CRPを出していない血液検査はおかしい」

「レントゲンもこの状態で撮影していないのはおかしい」

 

と言われました。

 

 

 

数日後、血液検査をすると

 

CRP 3,20

 

という結果でした。

そりゃ、微熱も続き、体もシンドイわけです。

 

その後、病院でもステロイド5ミリ、セレコッスも増えました。

最初の1ヶ月は週に1回の鍼治療。

鍼治療をして痛みと腫れが少しづつ軽減。

 

来院2ヶ月後には、2週間に1回の鍼治療に変更。

家でできることをしていただきました。

(リウマチ体操、お灸)

 

 

 

来院2ヶ月後の検査では、

 

CRP 0,16

RF  474

 

手足の関節の腫れと痛みほとんどなくなり、

医師からも状態がよくなっていると言われました。

 

来院3ヶ月後には、CRP 0,03 

ステロイドも5ミリから2、5ミリに減薬。

 

鍼治療は症状も落ち着いているので、

月に1回に。

 

 

 

初診から1年6ヶ月後には、

CRP 0、02

RF 227

MMP-3 50,7

 

医師も大丈夫とのこと。

 

 

 

CRPが高いと妊娠ができにくくなります。

リウマチで妊娠を希望されている方は、まずは、

リウマチの状態をよくする必要があります。

 

また、MTX(メトトレキサート、リウマトレックス、メトレート)

を妊娠を希望されている方は飲むことができないため、

生物学的製剤の使用になります。

 

 

遠方ということもあり、月に1回の鍼治療になりましたが、

この方は、こちらがアドバイスしたことをしっかり行ってくれ、

また、こちらのアドアイスも素直に聞いてくれたのが、

リウマチがよくなった理由の1つではないかと思います。

 

 

薬が効きにくい、効かない方は、

体が薬が効かない状態、体質になっている場合が多いので、

これを鍼治療で整えることで、リウマチの薬が効きやすい

状態になります。

 

 

また、リウマチがよくなれば不妊の鍼治療も行っていきます。

 

 

電話でよくなった報告はうれしいです。

わざわざありがとうございます!

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in

 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、「体温を上げれば免疫は上がる」というこを信じている患者さんとの話。

この方は、身体の体温が下がらないように、とても気にされていました。

 

そのため、体温を上げるための様々な機器も購入されています。

朝と夜には、お風呂に入り、身体を温めているとのこと。

 

 

 

私も以前は体を温めれば、病気は治りやすくなり、

癌にもなりにくいと信じていました。

 

10年ほど前に、私も某自然療法系の団体に入会し、

 

「体温を上げれば免疫は上がる」

「爪もみで自己治癒能力が上がる」

 

ということを信じていた時期もありましたが、

色々な経験や某団体の治療のあいまいさに、

 「? ? ?」が出てきたので、4年前に退会しました。

 

確かに温めることは悪いことではありません。

また、癌細胞は熱に弱いという話もあるので、

温めることで、癌に打ち勝つ力をつけることができるかもしれません。

 

 

リウマチも、身体を温めるサプリメントやら、

遠赤外線だとか、入浴剤だとか本当に様々なものがあります。

 

宣伝の文章を読むと、薬事法を巧みにすり抜けた文書が並んでいます。

(薬事法では、〜効く、治るは書けない)

 

「遠赤外線で免疫力アップ」

「温めて自然治癒能力を上げて、リウマチ完治」

などなど。

 

 

これ等の物、別に身体に悪いものではないのだけれども、

温めるだけで、免疫力が本当に上がり自然治癒能力がでるのか?

 

『 温める → 自然治癒能力アップ、免疫力アップ 』

『 自己治癒能力アップ、リウマチが治る 』

 

これらのことを、ネットなどで見ることが多いですが、

ホンマかいな!?

 

 

免疫系は本当に複雑です。

温めるだけで、免疫のバランスは整えることはできません。

 

 

私がよく読んでいる医師のブログからの抜粋です

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=19108

 

以下 転載

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「体温を上げると免疫力がアップする」はニセ医学の芳ばしい香りがプンプン!!

「◯◯すると免疫力が上がる」とか「××すれば免疫力が上がり万病が治る」的なフレーズがサイト、あるいは新聞の書籍広告でよく見かけますよね。人体の免疫システムはそれはそれは不思議なものであり、現在知られている免疫の構造はほんの極々一部なのです。天文学の研究者が広い広い宇宙を相手に日々の研究を行っているのと同様に、医学研究者も人体の免疫システムの研究の努力を続けています、でもわかっているのはほんの一部。

 

 

冷えると、全身の血流が悪くなり、肩こりや便秘などさまざまな影響があるほか、免疫力も低下してしまいます。体内のあらゆる生命活動にかかわる「酵素」は体温と関係が深く、酵素が最も活発に働く体温は36.5~37℃と言われています。ところが、体温が1℃低下するだけで酵素の働きは半分になり、その結果として、免疫力は30%も低下すると言われています。

 

◉つまり体温が1度低下すると免疫力が30パーセント低下する

ということが記載されています。でも、本当に体温が1度下がると免疫力って下がるんでしょうか?免疫力が30パーセント下がることをどのような実験方法で測定したのでしょうか?速攻で某製薬会社に電凸しました!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=19108

転載終了

 

 

 

この医師、この怪しげな宣伝を出している某会社に凸電しました。

かなり面白い内容が書かれていますので、一度、見てみてください。

 

 

私の院に来られる方の中には、薬を使わず、治療をしてきた方も多いです。

 

 

ありがとう、ありがとうと言えば、リウマチがよくなる、

腸を揉めばリウマチがよくなる

ラジウムでリウマチがよくなる

遠赤外線でリウマチがよくなる

 

別にこれらのことをやってみてもいいのですが、

これらのことだけで、

免疫のバランス整うことはありません。

 

 

この手の宣伝は、「ほんわり、優しい」文章と書かれ

ホームページ、ブログも温かい感じでデザインされています。

 

その巧みな宣伝に流されないように。

 

 

 

免疫システムは複雑です。

そんなに簡単に整うものではありません。

 

西洋医学の薬なしで、リウマチをよくすることはできません。

 

これらの書籍をこの半年間読んできましたが、

免疫系、学べば学ぶほど分からなくなってきます。

 

奥が深い分野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上にあげた書籍は、科学を一般向けに書いたブルーバックスシリーズですが、

内容は簡単ではありませんが、興味がある方は一読を。

 

 

「温めれば免疫が治る」系の本は多いですが、

これらの多くの本は、読んですぐにわかる内容で書かれているため、

薄っぺらい内容になります。

 

温めれば、自己治癒能力が上がり

リウマチがよくなるなど書いている人の中には、

これらの書籍のみしか読んでいない人も多いはずです。

 

 

 

多く人は、努力せず、簡単に知識を得たいものです。

 

本当のことを書こうとすれば、

どうしても専門的な話は避けることはできません。

 

また、多くの人は簡単に努力せずに病気、リウマチを治したいものです。

しかし、そんなに簡単に治すことはできません。

 

ある程度、リウマチを治すには時間はかかりますが、

早い時期からちゃんと、スタンダード治療を取り入れた治療を行えば、

昔と違って、「リウマチは治る病気だ」とも言われています。

 

変な偏った情報に流されないでください。

 

 

ha3

 

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in

 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「本当にどうしょうかと思いました」

「まさか生物学的製剤が効かないとは思いませんでした」

 

「このまま、関節が変形し寝たきりになると思いました」

 

 

 

リウトレックス(メトレート)を飲めば、

誰でも効くと思っている人は多い。

また、生物学的製剤も使えば誰でも大きな効果が出ると考えている人は多い。

 

生物学的製剤は、⒋万円、5万円かかる薬です。

(もちろん保険診療で、自己負担がこの額です)

 

しかし、これらの薬を飲んでも関節の腫れや痛みが取れない人の

来院は多いです。

 

 

 

例えば、リウマトレックスを使えば誰でも

関節の腫れを抑えられると思っていたら、それは違います。

(メトレート、メトトレキサート、リウマトレックスは同じ薬)

 

30代女性。生物学的製剤、レミケード、オレンシア、シンポニー、ヒミュラ、エンブレムを

使用しているけど、膝の関節の腫れが取れなくて歩行困難な方。

 

40代女性。すべての生物学的製剤を使うが、手の関節、足首の関節が破壊し

仕事が休みの日には寝たきり状態の方。

 

 

薬は飲めば、すべての人に同じように効果がでるものではありません。

効果を最大限に発揮させるには、薬が効きやすい体作りが必要です。

 

薬が効かなかった方が、

鍼灸治療をスタートすると一気に効き出す人は多いです。

 

 

これは、薬が効くために必要な体に変わるからです。

 

リウマチによる猛烈な関節の破壊や腫れを防ぐことは、

鍼灸にはできません。

 

同じように、漢方でも食事療法でもこれは無理なことです。

 

よく、漢方や鍼灸だけでリウマチが治ったという人を

ネットを見ているといますが、それは勝手に治るリウマチです。

 

リウマチを発症した人の1割は勝手に何もしなくても治る人がいるのです。

 

 

 

本当にリウマチが、漢方、鍼灸、食事で治るなら江戸時代あたりには

すべてのリウマチで苦しむ人はいなくなっているはずです。

 

 

鍼灸の効果をどんどん世間に知ってもらわないといけませんね。

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!



にほんブログ村

 

 

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック

 

_______________________________

 

 

in

 

1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)

 

 

 

 

 


医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

 

 

idou2 idou1

 

 

 

 

i112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。