痛みとリウマチ専門鍼灸院のブログ 

薬だけに頼らずにリウマチ自然治療 痛みを鍼灸治療で改善を目指す鍼灸治療院です。
リウマチ克服への自己治癒能力アップ。
リウマチと痛みを自然療法と東洋医学・鍼灸治療で克服

JR新大阪駅から2駅 御堂筋線江坂駅から徒歩2分 

JR新大阪駅から5分 御堂筋線 江坂 駅前徒歩2分

リウマチ 線維筋痛症 不妊症 頭痛 めまい 耳鳴り 

メニエール病 癌の痛み うつ病 パニックス障害




の得意な鍼灸治療院です。






〒564-0051


 大阪府吹田市豊津町1-14サンマンション江坂407号


お問合わせ 06-6170-9671




関西医療大学と明治東洋医学院で、


鍼灸免許取得者、先生方へのへの講演活動を行いました。





  




業界最大の専門誌「医道の日本」から取材も受けました。



創刊されて70年以上経つ鍼灸治療の老舗雑誌 

「医道の日本」誌 2016年 4月号リウマチ特集に 論文掲載




idou ra1


 idou ra2 idou ra3





サイト名をクリックで専門サイトに移動します


・ リウマチ専門サイト 

・氣よし鍼灸院のメインサイト






鍼灸業界に入り、見習い期間から数えて21年が経ちました。

鍼灸整骨院での見習いの後、約10年間、

医療法人系病院で勤務し、東洋医学・リハビリ科の主任を経験しました。



20年経った時にはじめて、分かることも多いです。


しかし20年経ちましたが、まだまだだと、感じます。

治療の学びに終わりはありません。


来院された方へは、新しい考えの鍼灸治療を行っていきます。


『知識は日々、更新中です』






NEW !
テーマ:
痛みについての知識を持つことは大切なことです。

私の鍼灸院では、来院のたびに、
患者には痛みについて説明しています。

こちらの話を聞いてくれ、痛みの知識を持った人ほど、
リウマチがよくなっているケースが多い。

なぜ、痛みがでているのかが分かれば、痛みは軽減します。

痛みについて、知識がなければ、不安感も大きくなり、
痛みを強く感じるようになります。


最近、梅雨ため、雨が降ることも多いので、先週あたりから、
痛みが少し強く感じるようになった方が目立ちます。


ここで、もう一度、雨の日や湿度が高い日に、
なぜ痛みが出やすいのかを理解しておきましょう。



雨が降っている時よりも、降る前のほうが
痛みを強く感じる人が多いように感じます。

では、なぜ起きるのでしょうか?


天気が悪くなり、気圧が下がると雨が降り出します。
気圧が下がると、耳の中のセンサーがそれを感知します。

このセンサーを、内耳といいます。

センサーである内耳が気圧の低下を感知し、それを視床下部を通じ、
自律神経の交感神経の活動を高めます。


交感神経の活動が高くなれば、ノルアドレナリンが分秘され、
痛みを感じる神経を刺激します。

また、血管も収縮させるため、血液の流れが悪くなります。


普通の状態なら、雨が降りそうな状態で、気圧の低下が起きても、
痛みを感じることはありませんが、リウマチにより神経損傷や、
炎症があれば、気圧の変化で痛みを感じやすくなります。



すべてのリウマチの方が、雨の降る前に痛みがでるわけではありません。

関節の破壊状態、炎症の状態、
リウマチの進行状態によって痛みの状態は変わります。

CRP(炎症反応)が高い人ほど痛みは出やすいと理解しておいてください。



こういう体の仕組みを、知っているのと、知らないのとでは、
やはり、不安感は違ってきます。


知らなければ、悪化しているんじゃないのか?と悩みます。

知っていれば、「あ、気圧の低下が原因かな、また落ち着くでしょ。」
と安心することができます。



血液の検査のデーターがよい人は、客観的な判断ができます。
数値がよければ、天気が原因だと理解でき、いちいち悩まなくてすみます。



あと、交感神経の亢進は、生理前(黄体期)でもなります。
30代~40代の方に、多いのが生理前のリウマチの痛みです。

血管が収縮するので、体はむくみます。
体に水分をため込むため、同じくむくみます。

体に栄養をため込むため、
濃いもの、甘い物が食べたくなるのはこのためです。

そんな状態が続けば、リウマチの痛みは強くなって当然です。
だって、関節の動き、悪くなりますよね。

「生理前にリウマチの痛みが強くなる!?」
「婦人科の医者に聞いてくれ!」

こういうことを言う医者が時々いますが、
基礎医学、神経生理学をもう一度、勉強した方がいいですよ。

専門分野ばかりで考えていたら、リウマチの痛みは理解することはできませんよ。



雨の降る前や、生理前の交感神経が高まることでの痛みは、
鍼灸治療が効果的です。

薬に自律神経(交感神経)の調節はできません。

自律神経を整える、交感神経の高まりを下げることは、
西洋医学よりも、鍼治療のほうが優れています。

ここがいつも僕が言う、「医学の守備範囲」です

西洋医学が得意な部分もあれば、
東洋医学、鍼治療が得意なことがあります。


関節の破壊を抑えるのは薬です。
これは、東洋医学、漢方や鍼治療でできません。

しかし、自律神経を整えて、気圧の低下の痛みを和らげ、
軽減させることができるのは、
鍼治療の方が、薬よりも優れていますし、確実に上です。


こういう時期だからこそ、メトトレキサート(メトレート、リウマトレックス)や、
生物学的製剤にだけに、頼らずに総合的な治療を考えて、
鍼治療も取り入れるといいんですが。

一度、検討してもいいと思いますよ。




7月24日(日)のリウマチ克服セミナーは、
このような痛みの話もします。
詳しくこちらをクリック ← ← 

kaiji


島根県の出雲市からもセミナー参加の問い合わせ。
メールの返信は、明日の朝にします。

今日は、ブログを読んで来院したいと問い合わせが4人。
遠方では、岐阜県、宮城県からも問い合わせ。

ありがたいですね。

最近、遠方の方からの問い合わせが増えました。

山口県や広島県、名古屋市からも来ていただき、
本当にありがとうございます。


遠方の方で、来院していただいた方には、
フォローさせていただいています。


鍼治療に対して、疑問や不信感をお持ちの方は、
まずは、リウマチ克服セミナーに参加してみてはいかがでしょうか?

かなり分かりやすくお話しします。

無理に治療への強制などは、一切しません。
ご自身のご判断にお任せしています。

一度、ご検討を。
詳しくこちらをクリック ← ← 


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック


_______________________________



1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112






































AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、ある患者との会話から、
「今まで聞いた話で一番納得がいく説明です」と言われました。


この話の内容というのは、食事の話。

よく、砂糖、油、添加物、化学調味料がダメだとか、
精製された白い物(砂糖、塩、白米)は健康によくないという話を聞きます。

実際、リウマチが自然療法、自己治癒能力で治るんだと、書いてある
ブログ等にこのようなことが書いてあることがあります。

内容を信じて、頑張っている人も実際にいます。


しかし、本当にこれらのものが体に悪いのであれば、
江戸時代の方が今より長生きしていたんじゃないでしょうか?


昔なんか、添加物、化学調味は一切なし。

油もなし、砂糖は一部の特権階級は食べることができたが、
一般庶民は食べることはできません。

野菜は、すべて無農薬、有機栽培のものしか食べません。
精製された物も食べない、五穀米のような雑穀が主な食事です。

最近よく聞く重金属を含んだ食材は危険だというが、
昔は今より格段に摂取することは少ないはずです。


あと、今より水も空気も何十倍も綺麗です。
飲み水は、毎日天然水しか飲みません。

テレビもパソコンもないわけなので、電磁波の心配もない。
寝るのも、電気がないので今より早く寝て、早起き。

かなり規則正しい生活です。


これらのことを考えると、江戸時代の方が健康的なんじゃないか?
病気もしないわけなので、今よりも長生きなはずです。


しかし、江戸時代の平均寿命は30歳です。

これは、乳児死亡率が高いので、平均値がどうしても
年齢が下がりますが、それでも今より寿命は低いはずです。

なんだか、ツジツマが合いませんよね。



現代人の方が、江戸時代の人間より長く生きれるようになったのは、
栄養状態がいいのと、医薬品の発達です。

そういう科学の発展を使えばいいのに、
なぜか、退化して昔に戻ってしまう人が自然療法がよいとばかり
主張する人が目立ちますね。



急ぎで東京に用事がある人が、
歩いて東京に行きますか?

飛行機、新幹線などで行きますよね。


添加物がどうとか、云々かんぬん、言う人って、
急いでいるのに、東京まで歩いて行こうとしているんじゃないのか?


誤解がないように、別に「添加物や化学調味料をガンガン食べろ」
とは言っていませんよ。

もう少し、「時計の針を現在にもどしませんか?」と
言っているだけです。


リウマチに限らず、どんな病気でも言えることですが、
状態によっては、食事や自然療法だけでは治りません。

薬と自然療法、食事をうまくミックスすることが大切です。



マクドナルドのハンバーガーが大好きな人が、
添加物、油、肉、なしの生活は、逆にストレスが溜まって、
自然治癒能力は発動はしません。


またには、体に悪くても、心から美味しいと思うものを食べた方が、
自然治癒能力が出ます。


昔の戻るのも、ほどほどして、
科学の進歩を利用しながら、リウマチ治療はしたほうがいいです。

もちろん、薬だけに偏ってもよくなりませんよ。




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック


_______________________________



1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112

















AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、新規の方でリウマチと診断されながらも薬を拒否した結果、
症状が悪化した方の来院が続きます。


「変形した関節は再生します」


こういうことが書かれていたホームページや
ブログの内容を信じてしまい症状は悪化です。


手の指はすべて曲がっているけど、サプリを飲み、自然食品を食べ、
体を温めれば、関節が変形していても
再生されて元にもどると思っていたそうです。


ra



この状態がもし、元に戻るならば奇跡です。
それか、ノーベル賞ものです。

確かにある程度、破壊された関節は再生します。


私の院でも鍼灸治療と薬を併用し、血液検査のデーターも安定して、
圧痛反応もなく、見た目にも腫れがない状態が1年ほど続いた方が
レントゲンを撮って確認すると破壊されていた関節が再生されていたケースは
結構多いです。

しかし、関節が破壊されて曲がってしまった指の関節が
元のようにまっすぐな状態にもどることはありません。




こういうことを書いてあるサイトも、
どの状態の関節がどう再生すると書いていないことが多いので、
詐欺みたいなもんです。


その他、上部頚椎を調整すればリウマチがよくなるとか、
甘いものを止めろとか、水を2リットル飲めとか
まったくいい加減でデタラメな情報がオンパレードです。

ちなみに、水を2リットル飲めという考えは欧米の考えです。
日本のように高温多湿な地域でやると、体にはよくありません。

水分は普通に喉が乾いたら飲めばいいのです。
無理をして飲む必要はないのです。

自然療法系は、その土地の気候や風土が関係します。
なんでも、欧米のマネをする必要はありません。


その他、腫れて痛みが出て、階段の上り下りもできない状態になっているのに、

「好転反応です」


と言われて信じた結果が膝の関節破壊です。
もう、元には戻りません。



好転反応って、ある意味、便利な言葉です。

「腫れはよくなっている治癒反応です」

「信じてください」と、リウマチの患者にトンデモ系のアドバイスは、
いったい、どう責任をとるのでしょうか?

また、我々の鍼灸業界でも、いわゆる気を整える治療で、
使う鍼は2、3本、鍼治療だけでリウマチが治るから大丈夫と言われたが、
もちろん鍼治療だけではよくなるはずもなく、
膝が曲がったままになった26歳の女性がいました。

泣いていた姿が忘れられません。




リウマチのそもそもの原因は、
滑膜の中で炎症性情報伝達分子のインターロイキン6が
過剰に分泌されていることが、はじまりです。

これによって、滑膜に本来必要でない多くの血管ができていきます。
こうしてできた血管が滑膜を大きくさせる原因です。
この血管から酵素や栄養分を吸収して滑膜は成長と肥大を続けます。

血流に乗ってやってきた、マクロファージなどの大量の免疫細胞は、
滑膜の内部に入り、インターロイキン6の刺激を受けて、骨を破壊させる
細胞に変えてしまいます。


食事やサプリでこの過剰分泌を止めることはできません。
いくらプラス思考になろうが無理なことです。

もちろん、鍼灸治療でもインターロイキン6の過剰分泌を止めることはできません。
この働きを止めることができるのは、メトトレキサートや生物学的製剤です。

しかし、逆に薬にできなくて、鍼灸にしかできないことがあります。
それは自律神経の安定化、関節の可動域を維持、筋萎縮の予防です。


患者には、鍼灸でできることと、
出来ないことを伝えていきたいものです。

医学には守備範囲があります。

それを乗り越えたことは、ペテン師みたいなことです。




第五回、「薬を否定せず、鍼灸治療も使ってリウマチ克服セミナー」
参加ご希望の方は、こちらに詳しく内容を書いています。

こちらをクリック  ← ←

in



─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ブログランキングに登録しています。
下の 「 リウマチ 」 ボタン押していただけると励みになります!


にほんブログ村

● リウマチ専門サイト  ← クリック
● 氣よし鍼灸院 メインサイト ← クリック


_______________________________



1938年創刊の老舗 鍼灸治療雑誌「医道の日本」誌編集部から
執筆の依頼があり論文を投稿しました。
(2016年 4月号に掲載)



医道の日本社から取材を受けて
「医道の日本」 専門治療院特集号 2015年 10月号 掲載

idou2 idou1

i112



AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。