STARS LIFE ☆ Ameblo

清瀬 航輝 のブログです

国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン

テーマ:
 

 
 
 
 季節には、必ず終わりが来ます。恋にも、愛にも、そして、命にも。形あるもの、ないもの、みないつかは消えて無くなるのです。
 
 今年の夏が終わっても、また来年も、再来年も、どうせ同じように夏は来るよと、そう誰かが気安めに言ったところで、違うのです。
 
 果たして、季節の気まぐれと、人は誰しも、その想いを片付けられるものでしょうか。たとえ愛しい人が、もう逢えない夜にまぎれて消えたとしても、その人を一杯のカクテルにかきまぜて、熱い心のまま一気に飲み干せられるものでしょうか。
 
 夏が終わり、時に「君は1000%」と信じた季節の最期に、そっとピリオドを打てるだけの、無情な自分になれるというのでしょうか。
 
 カルロストシキとオメガトライブは、早かれ遅かれ終わりが確約され、始めから割り切られたグループだったのだろうと思います。それでも彼らは、彼らなりの音楽を歌い続けたし、夢も想いも振り撒いた。
 
 けれども終わりの時には、そのまま去って行った。5年余りの歳月も、その間に歌われ続けた「君は1000%」も、今は聴くことが出来ない。物語を「Endless Summer」と言い残して。
 
 かたや、西城秀樹の「エンドレス・サマー」を思い浮かべる。発売された当時の、「夜のヒットスタジオ」での素晴らしい歌唱映像が、私の知る限りで2種類ある。
 
 この曲は、私が生まれる(1980年07月31日)10日前に、シングル盤で発売された(1980年07月21日)。その歌詞の中で、愛の行方をおそれる彼女が、「このまま貝になりたい」と告げ、それに彼氏が、「今年の夏は終わらない」と言い放つ。
 
 そういう世界に、甘い夢を持つことがある。いつまでも終わらない夏であってもらいたいと。けれども、このシングル盤のB面に収録された「涙のスローモーション」の歌詞が、むしろ私自身の内心に触れる。「愛は人を裏切る」し、裏切られた私自身も、別の人を裏切る。
 
 私の両親も、3歳だった私を裏切った。そうしたことは夏に限らず、また季節を問わず、この世界では無数の愛が、人を裏切る。かくして物語は終わる。もう2度と再び、叩かれないドアの、その余韻だけを残して。
 
 もう、あまりあれこれと言いたくはないし、いつかは終わらなければ、とは思っていた。昨年09月19日、「安保法」や「平和安全法制」と称される、私から言わせれば「戦争法」が、国会で法案として可決・成立されてから、ちょうど11日後で1年となる。
 
 止められなかった心の傷を清算するのに、こうして約1年近くもかかった。そして、私自身の心の夏も、既に終わったのだ。この「Endless Summer」を、そろそろ閉じようと思う。
 
 私は真剣に闘った自負がある。けれども、みんなは果たしてどうだったのか。傍観者や野次の側に居た人々に、恨み節を吐くつもりもない。
 
 君を1000%だと思っていた。私は本気で思っていたし、信じていたし、だから小さな勇気も、或いは小さな涙も、私なりの仕方ではあったけど、5年半(或いは7年)近くも、この物語として散りばめ続けてきた。
 
 この誘いは、この試みは、この思いは、この温もりは、いつまでも続くものではないし、もうドアを叩き続けることに、本音としては諦めてしまいそうなんだ。
 
 また私は、少し進化もしつつ、私のまま再び帰って来る。ひとまず今は、ただ静かに眠っていたいんだ。いつしか1000%を信じきれなくなった、その私が放つ戯言。強い眠気が、スローモーションで、この場から私を引き離そうとする今。さっき飲んだ薬が効いてきた。
 
 思えば、長い夏風邪だった。36年もの病である。そして今頃になって、ようやく風邪薬が効き始めた。私の「Endless Summer」に、更なる眠気が重なる。だから、もうおやすみの手前あたり。
 
 だから最後に、もう一度だけ、そのドアを叩かせて。銀の涙はそのままに、かつての僕が信じた、本当に1000%だった君へ。僕だけの1000%、そう僕だけの。
 
 目を閉じた「Endless Summer」の、波と風の音。甘い夢と、それから苦い嘘にも、みんなこの微笑みでしか、心にして返せない。これでもこれから、僕は新しい場所で、新しい方法を以って、色々と頑張ってみるから。僕なりの1000%を以って。
 
 いつか戻って来る日まで。どうぞお元気で。今までをありがとう。さようなら。
 
 でも本当は、本心では信じてみたいのです。ヒデキが歌った、あの「エンドレス・サマー」の世界を。決して終わることのない、永遠の夏の愛を。
 
[ 2016.09.08 / 清瀬 航輝 ]

 
 

1986年05月01日 発売
作詞 : 有川 正沙子 作曲 : 和泉 常寛 編曲 : 新川 博
 
 
 

 
 
 

1987年02月04日 発売
作詞 : 藤田 浩一、カルロス トシキ 作曲 : 和泉 常寛 編曲 : 新川 博
 
 
 

1987年06月21日 発売
作詞 : 売野 雅勇 作曲 : 和泉 常寛 編曲 : 新川 博
 
 
 

1987年07月15日 発売
作詞 : 売野 雅勇 作曲 : 和泉 常寛 編曲 : 新川 博
 
 
 

1987年11月18日 発売
作詞 : 売野 雅勇 作曲 : 和泉 常寛 編曲 : 新川 博
 
 
 

 
 
$MusiCafe
AD

テーマ:
 

 
 
 
 テレビを捨てて1ヶ月余り。映像撮影の活動を辞めて約半月。2016年の夏が過ぎ、季節も日常も、生活も人生も、そして自分も、少しずつ移ろい始めています。
 
 先日、部屋の片付けをしていたら、したたか埃を吸い込んでしまい、それが元で、遅い夏風邪をひいていました。
 
 その苦しみから、ようやく抜け出しつつあった今日、また懲りもせずに、部屋の片付けをしていました。
 
 色々なものを、過去からの忘れ物として手に取るにつけ、これまでの5年余りが、まるで何も無かったかのような、そんな錯覚をしたり、何とも不思議なものです。
 
 積もりに積もった埃から、様々な時の欠片たちを見つめつつ、しかし乍ら、それらは幻影でもなければ夢想でもない、紛れもない私自身の生きた世界、その塵積でした。
 
 そうした数々を目一杯に吸い込み、激しく咳をしむせた、今日のこの片付けが、きっと明日につながると、そう信じています。いえ、私は確信しています。
 
 きれいごとを言うつもりはありませんが、先々月の7月31日(すなわち私の36歳の誕生日)に、苦い悔し涙を飲んだ、あの日のこと、信じていたものに裏切られたという、あの挫折を、そのままにしておけるほど、私は無力でもなければ、弱くもありません。
 
 たったひとりきりの誕生日まで奪われた者として、それを奪った奴らのことを、私は生涯、決して忘れはしない。
 
 そして一言、この一言を、胸の奥深くに刻み、これからの日々を、別の次元から生きるつもりでいます。
 
「I shall return」
 
 それは「will」などではなく、あくまで「shall」として。
 
 私は、また同じ場所に、甘ったるい「希望」ではなく、揺るぎない「確信」として、必ず戻って来ます。この奪われた良心を取り戻すために。私自身の進化を以って。
 
 最後に繰り返します。持ち得る限りの怒りを全て込めて。
 
「I shall return」(アベ政治を許さない)
  
[ 2016.09.07 / 清瀬 航輝 ]

 
 
$MusiCafe
AD

テーマ:
 

 
 
 
 ゲゲゲの鬼太郎、らんま1/2、悪神英雄伝ワタル、勇者エクスカイザー、太陽の勇者ファイバード、鉄人28号FX、無責任艦長タイラー、など沢山のアニメ作品を、子供の頃に視て育ちました。その中のいくつかの主題歌を、久し振りに聴いてみました。懐かしいものですね。かたや現代。子供に夢を抱かせてくれるアニメやヒーローが、果たしてどこにあるというのでしょうか。つまり、かつての私たちは、実に良い時代に生まれ育ったのですね。やはり恵まれていたのだと思います。
 
[ 2016.09.06 / 清瀬 航輝 ]

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
$MusiCafe
AD

テーマ:
 

 
 
 
 優しくなれればいい。信じてみるのもいい。はぐれた日も、笑えない日も。そう、きっと。
 
 本当は、疲れた自分に背を向けたり、夢や幻に想い甘えたって良いし、苦しみや辛さを忘れたって良い。
 
 この窓辺に、風の日も、雨の日も、自分のまま生きていればいい。想うだけ愛すればいい。
 
 記憶の中に残る温もりを、想い出せばいい。ただ想うだけでもいい。きっと、それが幸せの地図。きっと、それが魂の理由。きっと、それが私を救う。
 
 いつか、想い出して下さい。どこかで、想い出して下さい。
 
 幸せを見つけるために。涙を拭うために。濡れる日も、凍える夜も、震える朝も、どんな日でも。いつの日か、想い出して下さい。
 
 きっと。
 
[ 2016.09.02 / 清瀬 航輝 ]

 
 

歌 / サンドイッチ
作詞 / 中村 ブン
作曲 / 三木 たかし
 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 
 この夏の疲れが重なり、9月に入って不意の夏風邪にかかり、ついでに心まで弱りつつ、季節のうつろいを過ごした。
 
 それでも、私の心は、いつもの表情に素顔を隠し乍ら、寝込んでいても日常の日々をこなしていた。
 
 けれども、ささやかな歌声に誘われ、ひとたび心の扉を緩めれば、抑えていた涙も堰を切って溢れ出る。
 
 思い出だとか、記憶だとか、残像だとか、或いは、優しさだとか、温もりだとか、恋だとか、愛だとか、何だとかの日々の欠片が、半分のぼせて枕に沈む私を、感傷の夢想へと誘う。
 
 こうしてまた夏が終わり、やがて秋も終わり、冬も、次の春も、そして再び、夏と別れて、一体以って何の意味や価値があるというのだろうか。
 
 生かしてもらっている。生きない選択も出来ずに、幸福な感傷を生きている。
 
 この命に、明日は振り向いてくれるだろうか。
 
 いや、違う。昨日までも、明日からも、何も違いはない。昨日までが古い訳でもなければ、明日からが新しい訳でもない。永遠の今日という日は、それがいつであれ、何も変わらない。
 
 昨日の私も、明日の私も、本当は何も変わらない。私は、変わることの出来ない私でしかない。
 
 だから、たとえ誰に頼んだところで、新しい私も、古い私も、どこにもいない。今日、今この瞬間の私でさえ、古さも新しさもない、たったひとりの私でしかいられない。
 
 私は私。そして、私が愛する人も、いつまでも永遠のまま。ただ、ひとり想い続けていられるだけで、ひととき胸苦しい今を生きることが出来る。
 
 それだけでいいと思う。永遠に一緒なのだから。いくら季節が変わっても。たとえ、私の明日が終わっていても。たとえ、愛する人が消えたとしても。
 
 きっと、このまま静かに終われるはず。仮眠のまま、この傷口を抱いて。
 
[ 2016.09.02 / 清瀬 航輝 ]

 
 

 
 

歌 / わらべ
作詞 / 荒木 とよひさ
作曲 / 三木 たかし
 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 
 昨夜、NHK教育テレビ「バリバラ」が、同時間帯の日テレ(日本テレビ)「24時間テレビ 愛は地球を救う」に対抗し、先鋭的な番組を放送した件について、テレビを愛するも今月1日にNHKとの受信契約を解除、およびテレビ受像機を捨てた者の立場から、厳しい意見を述べます。
 
 NHKこそが障害者を利用、そして差別するという、「ニセ正義」の当事者です。NHKは障害者を「総合テレビ」から排除し、「教育テレビ」での出演に限定するという「差別」を、公共放送として即刻やめるべきです。でなければNHKに正義を語る資格はありません。
 
 厳しい言い方かも知れませんが、誰かが言わなければ、これからもNHKは、自分たちのことを「正義」とのたまう勘違い思考のまま、ひとりよがりの障害者差別を続けてしまいます。
 
[ 2016.08.29 / 清瀬 航輝 ]

 
 

録音 : 2016年08月29日(月)
MC : 清瀬 航輝 [ http://kiyose-kouki.jimdo.com ]
 
(C) STARS LIFE All Rights Reserved.
 
【お知らせ】 今後は STARS LIFE ☆ YouTube [ http://youtube.com/starslife2011 ] 、Channel K [ http://youtube.com/channelk2014 ] 、Channel K ☆ NEO [ http://youtube.com/channelk2013 ] の各チャンネル、それぞれに独自の情報を発信しますので、ぜひチャンネル登録をお願いし­­ます。 [ 2015年12月10日 / 清瀬 航輝 ]
 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 
 やはりメディアというものは、精神的な部分での役割を、少なからず社会において担っていると思います。
 
 その意味でメディアは、社会的良心を体現している必要があるでしょうし、ですからメディアが腐敗してしまえば、それは即ち、この日本社会そのものが腐敗していることを表す、まさに時代の鏡であると言えます。
 
 つまりは私なりの方法で、メディアを本来的な役割の部分で体現したいと考えています。
 
 いつの時代にも、情を報じるメディアというのは必要です。それを合理的・経済的な観点から切り捨ててきたというのが、これまで4半世紀も日本社会が続けてきたことだったのではないかと、メディアを、とりわけテレビを愛してきた者としては、そう実感をする次第です。
 
[ 2016.08.26 / 清瀬 航輝 ]

 
 

録音 : 2016年08月26日(金)
MC : 清瀬 航輝 [ http://kiyose-kouki.jimdo.com ]
 
(C) STARS LIFE All Rights Reserved.
 
【お知らせ】 今後は STARS LIFE ☆ YouTube [ http://youtube.com/starslife2011 ] 、Channel K [ http://youtube.com/channelk2014 ] 、Channel K ☆ NEO [ http://youtube.com/channelk2013 ] の各チャンネル、それぞれに独自の情報を発信しますので、ぜひチャンネル登録をお願いし­­ます。 [ 2015年12月10日 / 清瀬 航輝 ]
 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 ヨンハが亡くなってから、早いもので、もう6年の歳月が過ぎた。そして、今月12日は、そのヨンハの誕生日だった。もしも生きていれば、現在は39歳。本当に惜しい人を亡くしたと思う。
 
 ヨンハがいたから、ここまでやってこれた。いつもヨンハがいてくれたから、横で笑っていてくれたから、ここまで歩いてこれた。
 
 そのヨンハが遺してくれたもの。これからも、守っていけなければいけないと、そう気付かされた。私なりのやりかたで、私なりの「STARS」を、これからも輝かせていよう。生きていよう。
 
 亡くなる直前のヨンハを、今朝、久し振りに映像で視てみた。ぎりぎりで生きていたのだと思う。だから、ああいった最期になってしまったのだろう。
 
 ヨンハの死は、明らかな悲劇だったけど、けれども決して、悲劇としてだけでは片付けられない死だったと言える。そう言わなければならないはず。彼を愛する者のひとりとして。
 
 そうでなければ、あまりにもかなしいことであるし、ヨンハのみたまも浮かばれない。
 
 その存在に助けられてばかりでは、甘えてばかりでいては、ヨンハの死に後ろ向きになってしまう。ヨンハは死んだけど、けれども死んではいない。そう言える自分で、いつもありたい。
 
 いつも、いつでもヨンハと歩いている、そんな自分を忘れないでいたい。それは、信じる以前の必然でありたいし、それすらも、願う以前のこととして、私自身が自然に生きていけたらと思う。愛せたらと思う。
 
 ヨンハを愛せたらと思う。それは同時に、私を愛することであるし、私自身を認めたり、許したり、理解することであり、だから私は、孤独でもなければ、ひとりなどではない。
 
 これ以上は、もう言葉を重ねない。同じようなことを繰り返さなくとも、ただ輝いてさえいればいい。ただ生きてさえいればいい。ただ愛すればいい。
 
 ありのまま、あるがまま、心のままに。
 
[ 2016.08.25 / 清瀬 航輝 ]

 
 
 

 
 
 

 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 
 久し振りに、ヨンハの「期別」を聴きました。
 
 いくら過去を求めたところで、過ぎ去った甘い記憶は、限りない追憶でしかなく、もう遠い彼方から、決して戻っては来ない。
 
 最近、辛いことが多くて。別に、また戻ってきてほしいとは思いません。けれども、ここまで世界が変わってしまうと、あの時代が、まるで夢のようなのです。
 
 夢というよりは、嘘のようで、欺かれたようで、だから信じられないのです。
 
 私の大切な「日本の面影」は消え失せ、代わりにリオの土管から「安倍マリオ」が現れ、それに若者たちが、熱狂の喝采と拍手を送るという現実を前に、私は、この心を閉ざします。
 
 彼らにとっては、憲法違反のファシストが、是認の対象となるのでしょうか。正気でしょうか。
 
 その時代の中で、私も変わってしまった。もう、あの頃の私ではないし、あの頃の日本でも、あの頃の時代でもない。何もかもが、全て変わった。
 
 ただ変わらないのは、「あの頃」だけ。私が愛した、何気ない「平和国家」の、その残骸に、ひとりたたずめば、かつての懐かしい声が、当たり前だった笑い声が、残像のように聴こえる。
 
 もう居ない愛し人の、腐ったミルクを、買っては流し捨てるばかりの人生に、果たして何の意味や価値があるというのか。
 
 3歳で父と母に捨てられた私が、孤独の中で信じたものは、一体何だったというのか。置き去りにされた心を、どんな言葉や花束で癒せるのか。慰められるというのか。
 
 こんな不毛の大地に、何の希望の未来を抱けというのか。何が「安倍マリオ」だ。何が「一億総活躍」だ。何が「平和安全法制」だ。何が「美しい国」だ。
 
 あんな嘘つきマリオは要らない。あんな馬鹿マリオが、私たちの代表、日本の首相か。ふざけるな。
 
 日本社会を信じてきた私に、今さら「安倍マリオ」か。もしもそうだというのであれば、可笑しくて、可笑しくて、可笑しくて、その可笑しさに、瞳も凍るしかない。
 
 ヨンハは死んでいった。そして私は、今ここに生きている。けれども、果たしてこの命に、一体何の輝きがあるというのか。
 
 でも、愛し続けてきた大切なもの「だけ」をよすがに、この冷蔵庫の中を、腐っても腐らずに生きていようと思う。もう少し生きてみる。ミルクを捨てながら。ミルクを流しながら。
 
 いつまでも、たとえ腐っても、冷蔵庫のミルクを信じながら。
 
[ 2016.08.24 / 清瀬 航輝 ]

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
$MusiCafe

テーマ:
 

 
 
 
 直前のお知らせとなりますが、今夜「CSテレ朝チャンネル2」で午後11時10分から放送予定の「津田大介 日本にプラス+」の番組内で、私の撮影映像の一部が使用されます。先月31日にテレビを捨てましたので、私自身は視ることが出来ませんが、どうぞぜひ番組をご覧下さい。
 
(以下転載)
 
8月23日(火)夜11時10分放送は「SEALDsが8月で解散!安保法、野党共闘、参院選…激動の1年3カ月、そして今後は?奥田愛基さん、諏訪原健さんに聞く」(ゲスト:奥田愛基、諏訪原健)です。
 
(以上転載)
 
[ 2016.08.23/ 清瀬 航輝 ]

 
 

日時 : 2016年07月08日(金) 午後05時30分 ~ 午後06時70分 頃
場所 : JR浦和駅 西口(埼玉県 さいたま市)
 
撮影 : 清瀬 航輝 - Kiyose Kouki - [ kiyose-kouki.jimdo.com ]
制作 : 合同会社 STARS LIFE [ http://stars-life.jimdo.com ]
 
(C) STARS LIFE All Rights Reserved.
 
【お知らせ】 今後は STARS LIFE ☆ YouTube [ http://youtube.com/starslife2011 ] 、Channel K [ http://youtube.com/channelk2014 ] 、Channel K ☆ NEO [ http://youtube.com/channelk2013 ] の各チャンネル、それぞれに独自の情報を発信しますので、ぜひチャンネル登録をお願いし­­ます。 [ 2015年12月10日 / 清瀬 航輝 ]
 
 
 
$MusiCafe

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。