許しがたいミス。

テーマ:

今日、大事な可愛いわが子を7匹も・・・

あたしが殺してしまった・・・。


こんな暑い日に、日陰にするカバーをかけ忘れて日中を過ごさせてしまったのだ・・・。


熱い水の中でさぞ、苦しかったことだろう。

午後、気づいたときには、水槽の中には変わり果てた子ども達がいた。

なんとか瀕死の状態ではあったが生きていた3匹を急いで部屋へ居れ、

新しい水と食塩、そして白点病の薬を少し入れた別水槽へ放流。

(3匹のうち、特に俵は体中から泡を出し、生きているのが不思議なほど衰弱していた・・・)


命はあるが、動かない。

謝っても許されないことをしてしまった。


苦しませてしまった7匹は何度も謝りながら、家の近くに埋めた。

自分に対する腹立たしい想いでいっぱいだった。



あたしの行動を振り返る。

確かに、今朝は自治会の仕事があり、役員と言うこともあり朝からせわしなく、焦りながら動いていた。

9月に入り、今年の夏を無事超えることができたと高をくくっていた。

自分の夏ばての方が重要で、金魚たちに対する対応は後手に回ってばかりだった。


思い起こせば、申し訳ないことを数知れずやってきたのだ。


もう、誰も殺してたまるもんか。




夕方、3匹は落ち着きを取り戻してくれた。

呼びかけると応じることもできるようになった。

泳ぎ方もいつものように戻った。

何度もありがとうとごめんねを繰り返した。


今年の春生まれた子はたった1匹。

去年の春に生まれた子はたった4匹しかもういない。


今朝は元気だった子達を、不注意で殺したのはあたし。

失った命を取り戻すことはできない。

だから、今ある命を全力で守る。

あたしにはそれしかできない。

ごめんなさい。

AD

コメント(19)