『モンハンラジオ モンスターハンターダブルクロスステーション』なる、インターネットラジオに、Perfumeかしゆかがゲスト出演いたしました。



「3人合わせてPerfumeです!」の掛け声通りに、これまでメンバー単独での活動がほとんど無かったPerfumeですが、最近は、ちょこちょこ1人でのメディア出演が増えて来てますね。



出演媒体を見るに、恐らく、その依頼が事務所に来て、スタッフから「出る?」とメンバーにお伺いがあって、特に本人が選んだものに出ているみたいな感じがします。
ただ、今回のかしゆかは、インターネットラジオは良いとして、この番組はゲームの「モンスターハンター」に特化した番組ですし、パーソナリティのカプコンの小嶋さん(Perfume Fes Tシャツの男性、モンハンのプロデューサー)とは衆知の仲だったみたいですから、ひょっとしたら、「ワタシ出たいです!」の立候補案件だったかも。


さて、この番組ですが、やはり「モンスターハンター」の世界について、ゲームをやっている人にしか理解出来ない内容や、単語が飛び交うばかりで、これをやっていない人、つまりボクにとってはチンプンカンプンな内容(笑)。



でも、ところどころに、かしゆかが普段見せない、ゲームに特化した言葉遣いがあったりして、なかなか有意義な内容です。



オンラインに、一人で参戦しようとして、そこに滞在するベテランゲーマーのニーズに合わずに、外に弾かれたとか、出演者同士でゲームをやっている最中に(ラジオでゲームをやる事自体がシュールですが)、思わずゲーマー用語を使ってしまったりとか、我々が普段に接するかしゆかの素の部分(我々が知る彼女なんて、彼女の本分のほんの僅かなんでしょうが)が垣間見られて、かなり有意義ですよ。


よければお聞きください。
AD
夏のひたちなかの風物詩、『ROCK’IN JAPAN 2017』に、10年連続10回目の出演となるPerfumeの出演日のタイムテーブルが発表になりましたよ。


Perfumeは、今年も一番大きいGLASS STAGEに登場するのですが、この日のGLASSの午後は、Perfumeと、Perfumeファンにはちょっと縁のあるアーティストが並びましたね。



今年は、ももいろクローバーZと同じ日に出るんですね。
なかなかカオスな客層になりそうですが、ももいろクローバーZ大好きな、Perfumeのっちは絶対ステージを直接見られる所に出没してそうだから、あちこちキョロキョロ見渡したら目撃出来るかも(笑)。
ももいろクローバーZから、KICK THE CAN CREWを経て、Perfume、最後にサカナクション。
Perfumeファンの中には、5時間ずっとGLASS STAGEに張り付く方も多いでしょう。
でも、途中の、LAKE STAGEのVAMPSに移動して、Perfume前にGLASSに帰ってくる方も多そうね。
GLASSとLAKEって、歩いて20分は掛かるからね。
間に合うかなぁ。
気を付けてね。


あと、目に付いたのは、Perfume好きの、BLUE ENCOUNTが、またPerfumeと同じ日にいること。
この間のメトロックでも同じ日だったし、Perfumeが出演するフェスでの遭遇率ハンパないし、これは何かしらの企みがあるのは間違いないでしょう(笑)。



こんな感じで、いかにも自分が行くかのように、タイムテーブルを紹介した、8月11日の『ROCK’’IN JAPAN 2017』ですが、ボクは行きません(笑)。



行く方は楽しんで来てね。



AD
昨日の朝の、ニュースワイドショーでのPerfumeの取り上げ記事は、Panasonicさんの例の「AWADANCE」の第二弾でした。



Perfume公式サイトに詳細が載っていて、



『Perfumeとのコラボレーションによって制作されたオリジナルムービー第2弾「-AWA DANCE edit-by TeamPanasonic』が公開中!!"AWA DANCE”の振付に隠された驚きの仕掛けが明らかに!!』



と、銘打たれた動画は、ガンバ大阪の選手が「AWADANCE」を踊ってくださってます(カラクリはあるのですが)。



勘の良い方は薄々分かっていた事でしょうが、
今回の発信で公式に明らかになったのが、


AWA DANCEの振付は、  パナソニック洗濯機の独自機能である  「泡洗浄」や「たたき洗い」   「もみ洗い」などといった洗い方を、ダンスのそれぞれの振付に反映させているんです。



泡洗浄
押し洗い
揉み洗い
叩き洗い
臭いスッキリ


このメニューが、1分間のPerfumeのダンスの中に組み込まれているなんて、振り付けを考えたMIKIKO先生の手腕に震えるとともに、改めて、『タイアップ』って大変ね!(笑)。
でも、カラクリを知ってから改めて見ると、とても親しみ深いものに見えるから不思議。



やはり、生身の人間が踊って、内外の両方から評価が高まるものを創る事に価値を置いているのでしょう。
ボクにはそう思えました。

AD