愛知・名古屋ママの再チャレンジを応援♪ママ社長&NPO代表 矢上清乃

愛知県名古屋市でママスタート・クラブを運営!
ママの再チャレンジ応援の(株)グローバルママ・ゲートウェイにて一時預かり付 自習室+スクールの「学び舎mom(まなびやまむ)」を新栄町で運営中!
ドタバタな日常、育児、ママの応援のつぶやきなどを綴っています♪

ご訪問いただき、ありがとうございます!
矢上清乃です。
株式会社グローバルママ・ゲートウェイ の社長と
NPO(任意団体)のママスタート・クラブ 代表をしています。

株式会社グローバルママ・ゲートウェイを2013年に創業、
名古屋市中区新栄町に、
キッズスペース付学びのコミュニティースペース
”学び舎mom”(まなびやまむ)を運営中です!
◆学び舎momの講座受け放題プラン【学(まな)ビュッフェ】お申込み受付中!
【学(まな)ビュッフェ】にお申込みいただくと、
月4000円(託児付きは6000円)で、その他の講座も全て受け放題
ぜひ、この機会にご一緒にお申し込み下さいね (※旧「月会員プラン」)
*学(まな)ビュッフェについて詳しくはコチラ
 http://manabiyamom.com/monthly/
*学(まな)ビュッフェのお申込みはコチラ
 https://pro.form-mailer.jp/fms/d7e685ff49204
◆働きたいママを応援!【ママ・シューカツ部】 登録説明会 開催中!
再就職前の子育て女性が、社会復帰への一歩を踏み出すための「仕事」を提供する仕組みとして【ママ・シューカツ部】を開始します。
【ママ・シューカツ部】では、従来の仕組みでは取り扱うことが難しい「働きたいけれども働けないマ マ一人ひとりが抱える問題や不安」を軽減し、ママが社会に段階的に復帰し、自らの能力を活かすきっ かけづくりを提供します。子育てや主婦としてのスキルや経験が活かせる分野に特化します。
まずは登録説明会(参加無料)へお越しくださいね!
 http://www.manabiyamom.com/recruit/index.html

◆ママスタート・クラブ スタッフ募集中!



現在、ママスタート・クラブは ボランティアスタッフ100名で運営しています。
☆スタッフ・サポーター募集中☆
子育て中だからできること、
子育て中の人のお手伝いをママスタート・クラブでしてみませんか?
・スタッフになる
 現在、20~40代の約100人が、できることを無理なく、
 そして楽しみながらボランティア活動しています。
 やってみよう!と思ったら、お気軽にお問い合わせください!
・サポーターになる
 現在、個人/団体(NPO様・企業様・任意団体様etc)様から、
 様々なご支援を頂いております。
 各種活動をサポート頂くため、皆様のご支援をお待ちしております!
 ご支援頂ける方は、下記代表メールまでコンタクトください。
ママスタート・クラブへのお問い合わせはこちら
 ・info☆momstart.org (☆を@に変えてご送信下さい)
 →ママスタート・クラブ専用お問合せフォームはこちら
  http://www.momstart.org/mail/
→ママスタート・クラブHPはこちら
  http://www.momstart.org/
NEW !
テーマ:


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4年前の今日、人生初の入院をしてしまい、病院のベッドの上ですごしました。。。

その日の朝、祝日だったけど、夫は仕事のため6時ぐらいに出社、私は7時半ぐらいに目覚めたら、ベッドが水浸し、、、え、なに???と妊娠8か月だった私はまさか、これが破水??とあわててトイレにいったけど、とまらず、、、これは絶対破水だと確信。

9月上旬が出産予定日で産休にはいってまだ4日目、まさかの事態に動揺するも、しっかりしなきゃと、最低限の入院するかもの荷物をまとめ、通っていた病院へ電話をして状況説明すると、病院へ来てください、と言われ、タクシーを呼んで、バスタオルを大量にしいて病院へ自分1人で行きました。夫はペーパードライバーなので、その時点では役立つことがなかったので、まずは入院かどうかわかるまで待機しててもらい、実家は、父が大腸がんの手術をしたばかりで、朝早くからあわてさせるのも、、、と9時まで待って連絡しました。診察結果はやはり破水、あと3日で34週にはいるところで、赤ちゃんの体重も2500g近くあるし(妊娠中から双子じゃないかというぐらいお腹大きくて、赤ちゃんの体重も平均以上でした)、肺機能が34週にはいるとしっかりするそうで、それまでおなかの中で育てたほうがいいという診断で、ハリ止めの点滴をして即入院となりました。

 

それからは、もう何が何だか、、、とにかく、それまで悪阻がひどい以外は順調だった妊婦生活、直前まで仕事もしてて、やっと産休に入り、これからたくさんいろんな友達と会ったり出産準備品買いに行くぞーと思っていた矢先。小学校のとき盲腸でも入院しなかったぐらい、病院とは縁遠い生活してて、点滴も初めての経験、注射が大の苦手で健康診断の採血でも倒れそうになるぐらいなので、、、点滴の針を見るだけで泣きそうで辛かった、、、4年前の風景を思い出します。写真の4年前の手帳見返すと、その週末、同じ職場の方のお子さんのコンサートがあったりして、産休中に色々とたててた予定のキャンセル連絡を病院からしたこと思い出します。。。8月中旬に退院して、自宅へ行ったときに、お世話になった会社の方々へ御礼のお菓子を大量に買ってて、すべて賞味期限切れになってたのも思い出します。。。

入院後、24日お昼にハリ止めの点滴をやめて、24時間近くかかってしまった陣痛にもたえて25日朝に出産☆

 

 

そんな状態だったので、哺乳瓶はじめベビー用品全く買うタイミングなく、病院の地下売店で色々とそろえました。

産休に入ったころは、あと1か月半で、母になる準備をしていこうと思っていたので、まさかの事態で、心も体も準備不足、子どもも早産で、小さくうまれ、その後の特に身体の発達が平均よりことごとく遅く、自信をなくし、2週間かかった入院生活おわり退院したら、リーマンショックで色々と大変なことがまわりに起こり、、、母乳育児にもつまずき、乳腺炎になったり、しゃかりきになって、完母になりたい(完母、完ミという言葉、出産して初めて知りました、、、)と一心不乱に1日22回も寝る間も惜しんで授乳したりと、、、今から振り返るとなんてことを!??と思うことも、当時は、気分的にうつうつしていき、1か月での保健師さん検診の際、おそらく大幅に時間延長で2時間近く話し込んで、話を聞いてもらってました。。。アンケートがあって、”死にたくなることがある?”だったかな、とにかく、ネガティブな感情を聞く項目がたしかあって、”はい”と答えてて、保健師さんがすごくあわてて、私の心理状態を確認してたのを思い出します。

 

1か月ぐらいたって、はじめて一人の外出をしてみて、ほんの10分間ぐらいだったけどコンビニに立ち寄ったときは、コンビニが遊園地と思うぐらい、なんかふっと緊張の糸がきれて泣けてきた思い出が、、、なんでもそろってて、好きな時に好きなものを買える幸せを感じたことも思い出します。。。

その後も、子どもが小さいことにコンプレックスもあって、首がすわるのも6カ月ぐらいだったので、そんな状態で外出してて、人から非難されるんじゃないかとびくびくしてて、、、それでも、産院のアフタービクスに思い切って参加したり、実家の近くのヨガスタジオで、当時は知らなかったマドレボニータのプログラム(千秋さんがインストとして☆)に参加して、そして、エンゼル訪問に来られた民生さんが(そのようなシステムがあること知らずに最初警戒してエンゼル訪問も断ってたんです。。。)、本当に素敵な方で、地域の大切な仲間として対応してくれて、子育てサロンに参加しなさいと熱心に誘ってくださり(それでも8カ月ぐらいになるまでは行く気になれず、、、)、じょじょに外出する機会が増えていき、うつうつした状況から抜け出すきっかけができてきました。

 

特に、、、産院のアフタービクスも、そんな状態なので、他の人に話しかける勇気もなく、いつも参加してすぐに帰る状況だったのが、、、4か月経過しての最終月の帰りに、階段登って帰ろうとしたときに、今日、帰りにお茶しませんか?と呼び止めてくれたのが、一美ちゃんでした。そしてその時たまたま通りかかった恵子ちゃんと一緒にアフタヌーンティーで子連れでお茶したこと、あの呼び止めてくれた瞬間の嬉しさ、今でも思い出します。

そしてそして、マドレボニータのプログラムも、その月は10人参加と大賑わいな会で、でもうちが2か月半で一番小さくて、相変わらずびくびくしてたんですが、帰りに呼び止めてもらって、はじめて、子連れで外食したGO GO CAFE、あの瞬間、自分でご飯作らずに人に作ってもらったことにすごく感動して、、、

マドレのシェアリングでお互いのことで、涙流したり、言語障害のように自分のことを述べることができなくなってる自分に情けなくなってても、それが産後の当たり前の姿だと受け止めてもらい、夫が東京へ働きに行くことになったと告げられ動揺してる気持ちをシェアして前向きになったり、、、その後、その時のインストラクターだった千秋さんやマドレの同窓生10人とは今でも続く貴重な仲間です☆

 

以上のようなありがたい、ある意味奇跡的な出会いのおかげで(もし子どもが早産じゃなかったら出会えなかった方たちだったかも!??)、うつうつとした状況から抜け出すことができました。その時感じた出会い、ご縁のありがたさ、孤独な子育てからの脱出できたこと、妊娠期、出産期の役割、気持ちの変化への対応が遅れることによるダメージをなるべく減らせる活動ができないかと、ママスタート・クラブを立ち上げた原点になっています。3年前に立ち上げたときは、そんな大志を抱いていたわけではなく、ただ、赤ちゃんを育てる当事者として、社会で足りないこと自分たちで作っていけたら、育児を苦行ではなく楽しく過ごしていけたらという気持ちでしたが、活動していくうちに、賛同いただく方が増え、あらためて、自分の妊娠出産期を振り返り、少しでも恩返ししながら過ごしていきたいと、今に至ります。

 

あまり多くの方には言ってないですが2年前稽留流産で手術という辛い経験もしましたが、、、、、今すやすや眠る息子と夫の姿みながら、皆、健康で過ごせていることに感謝しつつ、昨年の震災から、その後の原発事故、今のいじめ問題etc世の中のニュースに心痛めること多く、無力感痛感すること多いですが、自分のできることを息長く地道に、信念もって最大限精進していきたいです。

 

あ、それから、思い出したこと、、、4年前の破水する前日の予定、美容院→マタニティ写真撮影(唯一のマタニティ写真です)→結婚記念日でシェコーベで食事 と、、、何だか結局今と変わらない複数予定いれこんでの生活してました(汗)シェコーベでは、ここぞとばかりにフルコースを食べて3時間ぐらいかかり、ちょっとお腹がはってきたなって、、、今思うと反省点ばかりですが、順調すぎる妊娠生活に過信いてたのでしょう、そのことで、早産になったのではとその後自分責めること多かったです。。。。何事も過信はよくないですね、危機管理必要です。。。少しは学べたかな?

 

あの頃の私には、母乳育児もしゃかりきになることないんだよーって言ってあげたいです。1日22回授乳なんて、ほとんど裸族!!当時オリンピックの番組が夜遅くまでやってて、ボーっと見ながら授乳してたの思い出します。。。

さらには、産休にはいって、母と、出産にそなえた買い物に行って買ったもの、赤ちゃんの肌着、自分の産後下着、そして、、、、なんと布おむつ!!!!今だったら絶対布おむつよりもっと必要な違うの買いなさいよー!!というぐらい、出産前って、育児に対して幻想いだいてるんだわーって。自分の性格からして布おむつ育児できるはずもないのに、なんだか幻想でお店の人にわざわざ聞いて布おむつセット買ってきてました。。。

それから、産後2日目だったか、はじめて母子同室になったときに、子どものしゃっくりが止まらず、どうしようどうしようと、ナースコールしてしまったこと。。。。今振り返れば赤面ものだけど、産院のアフタービクス後のアフタヌーンティーでのお茶が恒例になったときに、産後あるある話で皆で盛り上がり、妊娠出産は十人十色、みなそれぞれ劇場、いろんなエピソード満載です!

 

そして、自分の妊娠、出産話をふりかえりつつ、、、、、あと1週間後の28日(土)には、『玄牝』自主上映実行委員会、ママスタート・クラブ主催で「玄牝(げんぴん)」自主上映会〜生命の尊さを考える〜を開催します。この映画を事前に少し見る機会に恵まれましたが、命の大切さとともに自分も大切にして、次代へ命を紡いでいこう、その役割を担ってる女性って素晴らしい、と女性として、産まれてきてよかった、、、という感想持ちました。映画ですので感じ方は皆さんそれぞれだと思いますが、年代、性別問わず、夏の暑い日の一日に、生命の尊さを考えてみませんか?吉村医院の島袋様も講演に来られますので、よろしければ、まだお席ございますので、ぜひお出かけくださいね!

申込ページ↓ ドタ参も歓迎です☆

http://www.momstart.org/event/cinemagenpin.html

 

ふと、4年前の今頃の心理状態を思い出し、なんかすごーく長く書いてしまいました。長文おつきあいいただきありがとうございました☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。