1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-05 08:50:52

犠牲になった方々へ

テーマ:ブログ

これまで「飛行機事故」と書いてきたけど、原因が分かってくるにつれ、もう「事故」とは絶対に言いたくないなと。

 

日本のニュースでも出ていると思いますが、シャペコエンセと報道陣を乗せた、ボリヴィアの航空会社ラミアの飛行機は、燃料切れによって墜落しました。

 

しかも、最長でも、飛行距離3000キロの燃料しか積めない機種で、2985キロの距離を飛ぼうとしたという、綱渡りにもほどがある、最初から無茶な飛行だったんです。

そのため、途中で給油のために1度、着陸する予定だったのが、あろうことか、その着陸をすっ飛ばして、目的地に向かってしまいました。

1回着陸することによってかかる、経費を惜しんだためです。

過去にもそういう無茶をして、これまではうまくいっていた、だから今回も…と。

ただ、今回は本当に燃料が尽きてしまい、墜落した、という、ありえない、あんまりな状況です。

 

犠牲者は、不幸な事故で亡くなったのではなく、殺されたんだ、と言う人達もいます。

私もそう思います。

 

そんな中、シャペコエンセがその飛行機で向かい、行うはずだった試合、コパ・スウアメリカーナ決勝の対戦相手、コロンビアのアトレチコ・ナシオナウのスタジアムでは、試合予定だった日、スタジアムに5万人近い人達が集まって、本当に温かい、哀悼集会が行われました。

 

シャペコエンセのホーム、シャペコでも、スタジアムを満場にした市民の哀悼集会。

 

そして、土曜日は亡くなったブラジル人全員が帰国し、再びスタジアムでセレモニーが行われました。

 

そんな中、情報を伝え続けるブラジルのテレビ各局の中で、1つ。

亡くなったGKダニーロ選手のお母さんに、生中継でインタビューをしていたリポーターのギド。

そのギドに、お母さんが逆に聞きました。

 

「あなた達メディアの人は、たくさんの愛する友達を亡くして、どう感じてる?」

 

ギドも私の取材仲間で、ご近所さんなんだけど、墜落後、ずっとシャペコでの取材を担当していて、毎日、もう泣きそうになりながら頑張ってる。

だから、ダニーロのお母さんの質問に、とうとう泣き出してしまったんですね。

すると、お母さんは、ギドを抱きしめて、励ましてあげていました。

 

自分の息子を亡くしたのに、まだ他の人達を心配し、愛情を注いであげられる。

その優しさ、温かさ。そのすごさ。

 

私も立ち上がらないと。

そう思った瞬間でした。

 

ささやかながら、亡くなった友達との友情に感謝を込めて。

それから、亡くなった方々のご家族や友達、シャペコのサポーターや市民、みんなに頑張ろうの気持ちを込めて、ビデオを作りました。

何か、自分の思いを伝えないと、次の1歩が踏み出せない気がして。

 

それがこちらです。

Homenagem aos amigos jornalistas e a família Chapecoense

シャペコエンセ飛行機墜落の犠牲者に捧ぐ

 

 

Youtubeでは

https://www.youtube.com/watch?v=Rn1fWk40YKo

 

Facebookは

https://www.facebook.com/planetakiyomi

 

以前、チャリティーマッチでプレーしたカイオ・ジュニオール監督の、現役さながらのビューティフルゴールも盛り込みました。

 

 

私が仲の良かった人達の映像や写真の中には、シャペコエンセとセレソンを兼任していた、フィジカルコーチのアンデルソン・パイションもいます。

フェリポン監督の時代に、ジュビロで仕事をしていた、やっぱりフィジカルコーチのパウロ・パイションの息子さんです。

 

それから、心に染みるのが、チームソングの中にある

「歓喜の時も、苦しい時も、僕らのハリケーンはいつでも勝者」

というフレーズ。

 

だから、11月23日、コパ・スウアメリカーナ準決勝で、決勝進出を決めた直後の歓喜の映像と共に、私も心を込めて、このチームソングを歌わせてもらいました。

 

 

見てみてくださいませ。

 

2016-11-30 20:17:58

飛行機事故、その後

テーマ:ブログ

シャペコエンセや関係者、報道陣を乗せた飛行機の墜落事故、日本でも報道されているようなのですが、あらためて。


最終的に、搭乗したのは、当初の搭乗者リスト81人から、4人が直前にキャンセルとなって、77人。


生存者は、選手の Follmann、Alan Ruschel、Net。それに、ブラジル人ジャーナリストさん1人、乗務員さん2人。


Daniloは搬送された病院で亡くなりました。


その他の方々の遺体は、すべて搬送され、身元確認が行われているそうです。


乗客リストの中には、元神戸監督カイオ・ジュニオール、元セレッソと千葉のケンペス、元柏のクレーベル・サンターナ、元川崎のアルトゥール・マイア、元京都のチエゴも含まれています。


なお、元福岡のモイゼスは、ケガのため長期離脱中で、遠征には参加していません。


小さな街の小さなクラブが、ここ数年、10年とかからずに、南米の大会で決勝を争うまでに駆け上っただけに、街の人達にとって、シャペコエンセは大きな夢でした。
そのクラブを支えるために、ブラジルの多くのクラブから、来季のシャペコエンセに選手を送り込む話も出ています。


また、メディア関係者としては、スポーツ、サッカーの分野だけに、私の友達も多く同乗していました。


生存者の確認が終了したと伝えられても、あきらめきれない、認めきれない私は、亡くなった方々への哀悼のようなことが、なかなか言えずにいます。
それでも、頭では分かっているので、これだけは。

ありがとう。


そして、今も病院で戦っている方々、また、亡くなった方々のすべてのご家族や親戚、友達、関係者、サポーターに、頑張れ。頑張ろう。


それから、私も乗っていたのでは、と心配して下さった皆さん、事故を一緒に悲しんでくれる皆さん、友達が亡くなったことで、励ましてくれる皆さん。本当にありがとうございます。


また何かあったら、お伝えします。

2016-11-29 19:41:39

飛行機事故

テーマ:ブログ
ニュースでご存じの方々もいらっしゃるかと思います。
コパ・スウアメリカーナ決勝のため、コロンビアに向かっていたシャペコエンセというクラブのメンバーが乗っていた飛行機が墜落しました。
 
現時点、76人が死亡、5人が生存とのこと。
 
生存者は、選手の Danilo、 Follmann、Alan Ruschel それに、ブラジル人ジャーナリストさん1人、乗務員さん1人。
 
そして、乗客リスト(亡くなった方々のリストではありません)の中には、Jリーグで愛された、元神戸監督カイオ・ジュニオール、元セレッソと千葉のケンペス、元柏のクレーベル・サンターナ、元川崎のアルトゥール・マイア、元京都のチエゴも含まれています。
 
私のメディア仲間も多く乗っていました。
 
また何かあったら、お知らせします。
 
追記:もう1人、選手Netoの生存が確認されました!だから、最後の最後に確認されるまで、希望を捨てずに待たなくては!
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み