これが悲しい現実か。


マス添えが反原発の候補とか出ていたが、新聞が恣意的にそう取り上げているだけで本当は、自民党の考えに大賛成の人だ。だから、推薦が取れて自分の金もそれほど使うことがないから喜んで立候補したのだろう。


ホソカワ、ウツノミヤは本当に反原発だ。小泉は、オンカロを見て日本の未来が、このままでは自滅に向かっていることを、直感で分かった。だから、日本を救うために、立ち上がった。


ウツミノミヤは正当だが、社民党と、共産党では、一般の反原発支持者は少し身を引いてしまう。


自分も、国会の秘密保護法反対の抗議に行ったが、バラバラな感じが安心感がある。組織が、前面に出ると、参加しずらい。


だいたい、この国の人間は、おくゆかしい。派手にやることを好まない。右翼と左翼の人間だけが騒いでいれば、いい。


中道、保守的な人々が多い。その人たちは声をあまり上げない。我慢強い。右翼のようにネットで活躍しない、右翼は文句を言うとすぐお前は左翼だとののしる。


違う、その点を理解できないのが右翼だ。反対するものがすべて左翼というレッテルを張りたがる。


残念だが、日本人はおそらく多数の人は、中道保守だ。安倍の自民党を支持しているのではない、

TPPに反対し、日本人の生活を守る保守それが、民主党と異なるので支持しているのだと思う。


誰が極右の安倍を支持していると勘違いするのか。本来の自民党は綱領にもあるように、外国軍隊を追い出すということから始めないといけない。


自民党の綱領にそう書いてあると聞いた。

AD