■連絡先:kiyoko9mail@gmail.com

【ラジオ番組】
練馬放送「Voice of Heart」
毎週日曜11:30~
(リピート放送:毎週日曜17:30~/毎週水曜20:00~、22:30~)

オンデマンド配信
http://nerimabroadcast.jp/internetradio/archive.html

●PCで聴く場合
【練馬放送ホームページ 経由】
下記URLにアクセスして、[Windows Media Playerで聴く] か
[Ustreamで聴く] をクリックしてください。
http://nerimabroadcast.jp/

●スマートフォン,タブレットで聴く場合
【アプリ『TuneIn Radio』で聴く】
[iPhone、iPad、iPodTouchの場合]
1. App Storeから「TuneIn Radio」アプリを検索してダウンロード(無料版と有料版がありますがどちらでもOKです)
2. TuneIn Radioアプリを起動し、ローカルラジオ局 → 東京 → 練馬放送を選ぶ
3. 10秒から15秒程度待つと、練馬放送インターネットラジオが聴こえてきます

[アンドロイドOSのスマートフォン、タブレットなどの場合]
1. Google Playから「TuneIn Radio」アプリを検索してダウンロード(無料版と有料版がありますがどちらでもOKです)
2. TuneIn Radioアプリを起動し、ローカルラジオ局 → 東京 → 練馬放送を選ぶ
3. 10秒から15秒程度待つと、練馬放送インターネットラジオが聴こえてきます

※受信側の回線の混雑や、アクセスが殺到している場合、繋がりづらかったり音声が途中で途切れてしまう場合があります。その際にはしばらく経ってからアクセスし直して下さい。
※アプリやウェブサービス自体についてのお問い合わせは練馬放送では対応できません。
TuneIn Radioの運営会社へ直接ご連絡下さい。

【タロット・リーディング】
★桜と月のみつるぎカフェ 毎週木曜14時~19時
・20分 2500円(学生2000円)
・チャリティ・タロット・リーディング 500円
(1枚のカードを使った5分程のリーディング)

場所:桜と月のみつるぎカフェ(西武池袋線 江古田駅 徒歩3分)
http://o-getsu.blogspot.jp/p/cafe.html

★出張依頼 全国(要予約)
・20分 3000円(学生2000円)
・チャリティ・タロット・リーディング 500円
(1枚のカードを使った5分程のリーディング)

交通費など実費をご負担頂ければお引き受け可能です。
グループでのご依頼でも可能です。
なお、当日を含め3日前からのキャンセルは50%、
当日キャンセルは100%のキャンセル料を頂きます。ご了承下さい。

※チャリティ・タロット・リーディングは全額、国連UNHCR協会(https://www.japanforunhcr.org/)に寄付させて頂きます。
※タロット・リーディングの営業については、Twitter(@kiyoko9)をご覧下さい。

∞予約受付:kiyoko9mail@gmail.com

  • 25 May
    • 「ラムのラブソング」と「タッチ」はどちらもイントロ6秒。

      日本工学院、レコーディングクリエイター科ラジオミキサー専攻の生徒の皆さんとのラジオ番組収録でした。 80年代をテーマにした音楽番組を5本制作。 生徒の皆さんが緊張しているのがすごくよくわかって。 あぁ、私もラジオの世界に入った頃は、 同じようにすごく緊張していて、できなくてどん底まで落ち込んだりしていたことを思い出して。 そんな姿を見ていると、 少しでも、仕事の現場に出た時に役立つように、番組を作りながらいろんなお話をしました。 自分でも厳しいことを言っているなと思いました。 でも、ここで学んで、身体に叩き込んでおけば、絶対将来いいラジオ番組が作れる。 かつて、私も、本当に厳しい指導を受けました(FM802の修行時代は凄かった)。 だけど、あれがあったから、今でもこうしてしゃべることができています。 気付けば、次の世代に、自分の経験などを伝えることをする機会が増えています。 ラジオDJになりたいという思いだけで走ってきた私が、 次のバトンを渡せるようになってきている。これはとても幸せなことだと思います。 だから、今日はまるで身体から炎が出ているんじゃないかってくらい、集中して挑みました。 アクセルを思いっきり踏み込むようにタイトルコールをしたり、 1秒の誤差もなくフリートークを完璧に着地させたり、 番組で当たり前のようにやっていることですが、 今日はその一つ一つが、大事な意味を持つ感覚がありました。 80年代をテーマにした音楽番組を5本制作。 TM NETWORK「Get Wild」、杏里「CAT'S EYE」のイントロ曲紹介が、 しゃべっていてとても気持ち良かったですね。 この時代のイントロのかっこよさって、何かが違う!! 松谷裕子「ラムのラブソング」と岩崎良美「タッチ」は、 どちらもイントロ6秒なのに、 ラムちゃんの方は、早く早く!と急かされているような感じになるので、同じ6秒とは思えない(笑)。 ウェブマガジン、アパートメントでも、 イントロ曲紹介の言葉に繋がる連載をしていますが、 本当に、ラジオDJのイントロ曲紹介は奥が深いです。 そして、帰宅した今。あるバンドの新曲が届いていました。 心からこの曲を紹介したいと思う曲でした。 音楽とのこういう出会いが一番嬉しい。 今日一緒にラジオ番組制作をした生徒と共に、 将来一緒に、音楽番組を放送できることを、心から願っています。 ♪今日の味方 TM NETWORK 「Get Wild」

      3
      テーマ:
  • 18 May
    • アパートメント、5月。

      ウェブマガジン、アパートメント。 5月は、宇多田ヒカル「真夏の通り雨」。 アパートメントのコラムには、毎回レビューを書いて頂いています。 今回のコラムにレビューを書いて頂いた、宮本英実さんの言葉をご紹介させて頂きます。 「生きていると、なかなか色々なことがある。 限界寸前の状況を、悟られないでいられる自分と、誰かに気付いてほしい自分と。 もしあの人今も近くにいたとしたら、こんなとき、なんて言うのだろう。」 2016年5月18日。 あれからちょうど3年後の今日に。 ♪今日の味方 宇多田ヒカル 「真夏の通り雨」

      4
      テーマ:
  • 28 Apr
    • ヨルダン報告が始まりました。

      法政大学社会学部、平和論の授業にて、ヨルダン報告。難民キャンプでのことを中心にシリア難民のお話をさせて頂きました。 雨の一限に、学生約180人が集まりました。終わってから感想文を頂いたのですが、ほぼ全員、小さい文字でびっしり感想が書いてあってびっくりしました。ありがとうございます。 初のヨルダン報告は、予想を遥かに超える伝わり方をしていて嬉しかったです。今回お声がけ頂いた平和論の水野孝昭先生、ありがとうございました。 しかし、まさか、最初の報告が法政大学社会学部になるとは思いませんでした。私の恩師(当時は帝京大学)が、今はここの教授でして、「まさかの法政で授業をします!」と連絡をしたら、恩師が教室に来てくれました。こういうご縁は本当に嬉しいですね。とても良き一日になりました。 ヨルダン報告。シリア難民のこと、難民問題について、いろんな方にお話ができる機会があればと願っています。 ♪今日の味方UVERworld「PRAYING RUN」

      6
      テーマ:
  • 25 Apr
    • アパートメント、長期滞在者

      ウェブマガジン、アパートメント。 長期滞在者として、連載を再開しました。 毎月第3月曜日の更新になります。 今回は、ASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。 当番ノート、第24期の連載からの続きとして書いていきますので、 これで、9曲目となります。 よく見て頂くと、各記事のURLの最後が数字になっています。 なので、長期滞在者としての初回は、09。 私にとって一番大事にしている数字の「9」が長期滞在者としての第一歩となったことが、 個人的にとても運命的で気に入っています。 今回の文章を書くに辺り、かなり苦しかったです。 ヨルダンから帰ってきて、頭の中の整理がつかないまま、 熊本地震が起きて。 毎日どうなるかわからないような状況の中で、 文章を紡ぐ手が全く動かなくなっていました。 どうしていいかわからなくて、何もかも手放して、好きな唄声を聴いていました。 すると、ふっと心が軽くなった瞬間があって、気づいたら書き上げていた文章です。 未来は必ず輝く、その祈りを込めました。 一日も早く平穏な日常が訪れることを、心から祈る毎日です。 ♪今日の味方 ASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」

      4
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 「シリアの人と歌った歌が 世界をこえて笑顔をつなぐ」

      2016年3月22日から4月2日までの12日間。 ヨルダンに滞在した。 難民問題に関わるようになって、10年くらいとなる。 現在、紛争や迫害を逃れ、家を追われた人の数が5950万人。 これは第二次世界大戦以後、最も多い人数。 この大きな要因となっているのが、シリアからの難民である。 日本でもニュースのトップで難民問題が報じられることが増えた。 難民問題に関心を持ち始めた時、今のような現状を想像していなかった。 このままでは益々、難民問題が悪化していく。 同時に、この世界の何かが壊れ、 取り返しのつかない方向に一直線に進んでいるような気配を感じてたまらなかった。 これまでにイベントやシンポジウム、ラジオ番組で難民について語ってきた。 しかし、もう今の状況は、自分が実際にこの目で現実に起こっていることをしっかり見ないと、 伝えるための言葉が生まれないと思った。 そんな時に、今から1年半程前に日本で出会った、 シリア支援団体『サダーカ』の代表であり、ヨルダン在住の田村雅文さんの言葉を思い出した。 田村さんから「ぜひヨルダンに来て下さい」という言葉を聞いた時に、 私は「え?ヨルダンに行けるんだ」と思った。 私の中では、中東は簡単に行けない国というイメージがあった。 私は「ヨルダンに来て下さい」という田村さんの言葉に頼って、 とにかく一人ででもヨルダンに行く決意をした。 多くのシリア難民が日々を生きているヨルダンに行って、この世界の現実を見てこようと。 「ちょっとヨルダンに行ってきます」 それは、一人で行く自分の中での決意と覚悟を表す言葉だった。 だけど、この言葉は思いもかけない展開を起こす言葉となった。 「武村さんが行くなら」と、驚くほどの勢いで人が集まってきた。 そして、UNHCRからアズラック難民キャンプ、ザータリ難民キャンプの訪問許可という大変貴重な機会を頂き、都市難民の家庭訪問をサダーカの田村さんがアレンジしてくれた。 3月22日、旅立つ時は一人だった。 だけど、ヨルダンで田村さん達が待っていてくれる。後から、仲間もやってくる。 その思いと共に出発し、降り立ったヨルダンの地は、不思議なことになんだか“懐かしい”気がした。心がすっと和やかになっていた。 それはヨルダンで過ごす日々でわかったことだが、この国が優しい国だからだ。 鞄を1時間置いていても取られることはない。 お昼ご飯を買ったら、「ようこそヨルダンへ!」と言われて、全て奢ってくれたお店があった。 ホテルのロビーで子供たちが騒いでいても、ホテルのスタッフは怒るどころか、子供たちにクッキーをプレゼントしていた。 ヨルダンはとても穏やかな国だった。 その国に今、シリア難民が約64万人。シリア難民だけでなく、パレスチナ難民、スーダン難民、ソマリア難民など、多くの難民の人達が暮らしている。 私はこの国で、毎日仲間と共に歩き、汗を流し、そして語った。 多くのシリア難民の方にお会いし、さらに、スーダン難民のご家庭にも訪問することができた。 また、ヨルダンで日々、世界の問題と向き合い、真っ直ぐな志と共に、人間らしい葛藤を抱えて活動しているたくさんの日本人に出会った。 その全てが、かけがえのない瞬間だった。 何もかもが、私の頭の中に鮮明に記憶されている。 この記憶を。そして、感じた思いを、私はこれから伝えていく。 私は、ずっと寂しかった。 ヨルダンに行く前は、難民のことも世界のことも、 話せば、すっと受け止めてもらえるような日々ではなかった。 だけど、今。 一人ででも動こう、そう思っていた私に、心から思いを共鳴させ、共に歩んでいける仲間が、 ヨルダンに行ったことで、どんどん増えた。 ヨルダンから帰国する飛行機に乗る前に、仲間がサプライズで歌ってくれたこの歌が、 これからの私の勇気となっていくだろう。 この歌詞が、私がヨルダンで過ごした時間の全てだ。 「シリアの人と歌った歌が 世界をこえて笑顔をつなぐ 君と奏でたマウテニーが 平和をも奏でていく キャンプの空よ 泣かないで 新しい明日に 生きろよと ヨルダンの空よ 笑ってよ これから始まる未来を 信じて」 帰りの飛行機では、ずっと泣きっぱなしで、すっかり瞼が腫れてしまった。 日本に着いて、泣きはらした目で空を見上げたら、そこには、満開の桜。 ここからが始まりだ。 さぁ、今、あなたと共に。 ♪今日の味方 「mawtini」 「アラブの共通国歌」と言われる曲。 彼らの大地や民族を讃えた歌です。 アラブでこの曲を知らない人はほぼいないそうです。

      13
      1
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 朗読ライブ「音楽物語」

      かおりんご個展「天使ノ居ル水車小屋」にて、 リコーダーと朗読ライブ「音楽物語」に出演します。 昨年9月に行った「音楽物語」。 物語の続きとなる新作も朗読しますので、ぜひいらして下さい。 4月10日(日) 14:00~15:00 「音楽物語」 リコーダー 大川滋子 朗読 武村貴世子 会場:のんびりカフェ 中車水車小屋 2階座敷(靴を脱いで上がっていただきます) 〒205-0015 東京都羽村市羽中4-17-6 042-555-9514 ☆投げ銭制 ☆ワンドリンクオーダーお願いします (コーヒー、紅茶、ジュース、ビールなど 一律 税込 500円です) ☆予約制 かおりんごさんへメッセージにてご予約いただくか、直接、カフェへお電話でご予約下さい。 今年最初の朗読ライブ。 春の訪れとともに楽しんで頂けたら嬉しいです。 ♪今日の味方 安藤裕子 「パラレル」

      9
      テーマ:
  • 16 Mar
    • FM-FUJI「THINK OF TOMORROW」第三弾

      FM-FUJI「THINK OF TOMORROW」東日本大震災から5年。山梨、そして陸前高田の10代と共に語り合います。 本日山梨にて収録。とても聴いて欲しい大切な番組ができました。 3月26日(土)12時からです。 ♪今日の味方ASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」 2004年リリースのアルバム『ソルファ』からのセルフカバー。 朝すぐに買って、一日頭から離れなかった。歳を重ねるっていいなぁと思った。時間を重ねたからこその音が今の私の心に、何よりも凛と響く。

      5
      テーマ:
  • 12 Mar
    • FM-FUJI「LIKE TOUR IN Cambodia」明日放送です。

      FM-FUJI「LIKE TOUR IN Cambodia」。 明日15時から放送です。 カンボジアの歴史や文化と共に現地取材・レポートによるカンボジアの今をご紹介します。 世界がより身近に感じる番組。 国シリーズの第一弾になると思います。 私とカンボジアについては、 ウェブマガジン、アパートメントのこの文章をお読み頂ければと思います。 私の人生を変えた国です。 この春は、私の周りの大切な人も、次々と世界へ飛び立ちます。 今年はきっと、私自身も含めて、そんな年になるのでしょう。 ♪今日の味方 ストレイテナー 「A LONG WAY TO NOWHERE」 「心の言葉を信じて 踏み出せ」 この歌詞が、今日の私に響いてたまらなかった。

      7
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 2016年3月11日

      今日は朝から家族や大切な人達と会っていた。 都内をあちこち歩いて、会いに行った一日。 写真は“ちきゅうすくい”。 金魚すくいのように、あみを使って地球をすくいながら、世界の話をする。 私は一つだけすくえた地球を手に「この地球を連れて行くね」と話した。 東日本大震災から5年。 そして、シリアの混乱も、2011年3月から始まっている。 夜は、フォトジャーナリスト佐藤慧さんの写真展と講演会へ。 会場で「THINK OF TOMORROW」などを一緒に作っている、 植田ディレクターとお母様とご一緒に。 5年目の今日は、震災後の3月11日の中で、一番心が苦しく、思い悩む一日でした。 それを言葉で表していくこと。 今日の想いを伝えていくこと。 私の行動は、もう少し先になると思います。 そのための決意と覚悟を、 この胸に強く抱いた一日でした。 ♪今日の味方 ASIAN KUNG-FU GENERATION 「Re:Re:」

      5
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 第58回グラミー賞。

      今年の予想は、一勝。Record Of The YearMark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk」が当たりました。 グラミー賞の発表の後は、DJのみなさまとの予想会のグループトークが、ものすごいことになっていました…。 女性アーティストで、Album Of The Yearを2作品獲得したTaylor Swift。改めて『1989』をじっくり聴こうと思いました。 そして、今回のグラミー賞をきっかけに、買ったのが、このアルバム。 Justin Biever『Purpose』びっくりするくらい、サウンドのかっこいいアルバムで、仰け反りました…。すごくいいです…。家の中で、ぐるんぐるんヘビーローテーションしています。 発売が2015年11月13日なので、来年のグラミー賞の対象になるアルバムということで、早くも第59回グラミー賞が楽しみです。 ♪今日の味方Justin Biever「SORRY」

      8
      テーマ:
  • 14 Feb
    • NBL東芝ブレイブサンダース神奈川、横浜文化体育館。

      NBL東芝ブレイブサンダース神奈川、横浜文化体育館でのホームゲームアナウンスを務めた二日間でした。 ホームでのMCの意味を一番実感したのは、レラカムイ北海道が立ち上がった時の、札幌で最初のホームゲームのMCをした時。これがホームなんだと今までにない感覚が全身に響いてきて、試合終わってから一人で泣きました。 ホームのMCをする時、私にはこの時の経験がベースにあります。あの時あの経験をしたから、ホームMCとして大切にすべきことが、私の中で生きています。その想いを声と言葉に直結させていく。 横浜文化体育館での今日の試合を終えて、最後に自分の名前を言った瞬間に場内から拍手を頂けて、驚きました。この二日間で私の想いが伝わってくれていたのなら、こんなに嬉しいことはありません。 同時に、自分の中で悔しさがあります。もっとできることがある。新しい可能性が必ずある。そこに気づいた二日間でした。 もっとバスケを盛り上げて、もっとバスケの魅力を伝えられる。そんなMCで在りたいです。 最後に、東芝のホームゲームアナウンサー、高森てつさんに感謝を。てつさんは本当に熱意があって丁寧で、同じMCとして心からシンパシーを感じ、尊敬しています。てつさんから、大事なホームでのMCを任せて頂いて本当に光栄でした。ありがとうございます。 さぁ!来週はNBDL、東京海上日動ビッグブルーでのホームゲームMCです。今回の経験を活かして、さらにパワーアップしてがんばります!! ♪今日の味方Mark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk」

      6
      テーマ:
  • 10 Feb
    • FM-FUJI「グラミー大予想NEO」ありがとうございました!

      FM-FUJI「グラミー予想NEO」。 3時間の音楽生放送番組をお送りしました。 楽しんで頂けましたでしょうか? 久しぶりの深夜の生放送番組。 私はめちゃめちゃ楽しくて幸せで、刺激をたくさん受けた番組になりました。 佐藤慧さん、UCD、LAから宮原亜矢さん、 スタッフのみなさん、リスナーのあなた。 本当にありがとうございます。 あっという間の3時間でした。 UCDは初めて会ったのに、全然そんな感じがしなくて。 心を通わせ合える会話ができて最高だった。 スタジオの中では曲の間も、番組が終わった後も、 慧さんとUCDとの会話は止まることがなく。 音楽の話から、哲学の話(こういう話めっちゃしたかった!)まで、 どんどん広がっていく、わくわくがたまらなかった。 LAの宮原亜矢さんは、 我が家に泊まったことがある唯一の友人。 つまり、それだけ私が心から信頼していて、大好きなやつ(笑)なんです。 スタジオの中で、5年ぶりに彼女の声を聴いて、嬉しかったと同時に、なんだかすごく安心した。 つまり昨晩は、 私がこの人と一緒に動きたい、話したい、笑いたいという人達が、 音楽を中心に集まった夜でした。 ウェブマガジン、アパートメントで曲紹介について書いたばかりだったので、 昨晩のイントロ紹介は、気合いが入りましたね。 生放送でイントロにばんばん乗っていく時の集中する瞬間はやはり大好きだ。 特に、Alabama Shakes「Don't Wanna Fight」、イントロ~19秒~36秒。 血がたぎりました。ばっちりキメて、カフをすっと下げた時の充実感は最高です。 さて、番組でお話した、私の第58回グラミー賞、主要四部門の予想です。 ☆Record Of The Year Mark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk」 ☆Album Of The Year Alabama Shakes『Sound & Color』 ☆Song Of The Year Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth「See You Again」 ☆Best New Artist James Bay 今年はどうなるのか? 例年以上に予想の行方が楽しみです! ♪今日の味方 Kendrick Lamar 「Alright」 UCDのKendrick Lamarへの解説や、すごく心に響いてくる想いを聞いた後に、 この曲を聴くと今までよりもさらに深く良さを感じました。

      5
      テーマ:
  • 03 Feb
    • FM-FUJI「グラミー大予想NEO」番組ページができました!

      FM-FUJI「グラミー大予想NEO」。 2月8日(月)25時~28時、代々木スタジオViViDから生放送。 番組ページができました! 私が初めてグラミー賞に強い関心を持ったのが、1996年。 それは、最優秀レコード賞をSeal「Kiss from A Rose」が獲った瞬間でした(最優秀楽曲賞も受賞)。 この曲は当時本当に大好きでよく聴いていて、自分が大好きな曲がグラミー賞を獲った!ということにめちゃめちゃ感動しました。 その後、鬼のような予想を毎年することになるとは思わなかったけど(笑)。 「グラミー大予想NEO」には、 ジャーナリストの佐藤慧、SEALDsのメンバーでコール担当である、ラッパーのUCD、 ロサンゼルスからは、DJ宮原亜矢が登場します。 出演者とリスナーが真っ向勝負で受賞予想をしていきます。 受賞予想は第58回グラミー賞、主要4部門(最優秀新人賞・年間最優秀楽曲・最優秀アルバム・最優秀レコード)。 現在、あなたからの予想をお待ちしています! 当選者には音楽ギフトカード&番組参加者には抽選で洋楽グッズをプレゼント(テイラー・スウィフトのツアーTシャツなど)します。 どしどしアクセスしてくださいね(^o^)/♪ ♪今日の味方 Wiz Khalifa 「See You Again (feat. Charlie Puth)」

      5
      テーマ:
  • 30 Jan
    • FM-FUJI「グラミー大予想NEO」生放送決定!

      久しぶりの生放送のお知らせです。 FM-FUJI「グラミー大予想NEO」。 2月8日(月)25時~28時。東京、代々木スタジオVIVIDから生放送でお送りします! 番組には、フォトジャーナリストの佐藤慧、 SEALDsのメンバーでコール担当である、ラッパーのUCD、 ロサンゼルスからは、DJ宮原亜矢が登場。 2月16日に発表される第58回グラミー賞を前にガチンコ予想大会を開催。 グラミー賞の歴史を振り返り受賞傾向を分析、 過去受賞曲や今回のエントリーナンバーをたっぷりオンエアする3時間。 出演者とリスナーが真っ向勝負で受賞予想をする3時間の生放送。 受賞予想は主要4部門(最優秀新人賞・年間最優秀楽曲・最優秀アルバム・最優秀レコード)で行います。 現在、リスナーからの予想を絶賛大募集中です。 当選者には音楽ギフトカード&番組参加者には抽選で洋楽グッズをプレゼント(テイラー・スウィフトのツアーTシャツなど)。どしどしアクセスしてください! メールアドレス→neo@fmfuji.jp いつも私のブログを見て頂いている方にはお馴染みかと思いますが、 毎年挑戦しているグラミー賞予想が、今年は番組になりました! グラミー賞の予想は本当に難しいのですが、今年はさらに混迷しています。 さぁ一体、どんな予想が出てくるのか!? 久しぶりの洋楽番組&生放送、めっちゃ楽しみです! どうぞご期待下さい!! ♪今日の味方 ALABAMA SHAKES 「SOUND & COLOR」

      3
      テーマ:
  • 26 Jan
    • アパートメント、最終回を迎えて。

      ウェブマガジン、アパートメント。 当番ノート、第24期(2015年12月-2016年1月)として、 毎週月曜日の連載が無事にゴールに辿り着きました。 この連載をきっかけに、新たに出会ったあなた。 久しぶりに私の言葉に触れてくれたあなた。 ずっと見守ってくれているあなた。 本当にありがとうございます。 何より、「書いてみませんか?」と声を掛けて頂いた、 アパートメントに感謝の気持ちでいっぱいです。 2ヶ月の連載は最終回となりましたが、 アパートメントの中に、新たな部屋ができる日もそう遠くはないかと思います。 その時にはぜひまた遊びに来て下さいね。 さて、この連載を終えて、2月は久しぶりの・・・。 またすぐに報告しますので、楽しみにしていて下さい! ♪今日の味方 James bay 「Hold Back The River」

      5
      テーマ:
  • 25 Jan
    • アパートメント、八回目

      ウェブマガジン、アパートメント。 八回目は、安藤裕子「Last Eye」。 「音楽があなたにとっての味方でありますように。」という言葉に、私自身が向き合う回となりました。 伝えたい想いはたくさんありますが、 とりいそぎ、最終回のご報告とありがとうを込めて。 ♪今日の味方 安藤裕子 「Last Eye」

      4
      テーマ:
  • 19 Jan
    • アパートメント、七回目

      ウェブマガジン、アパートメント。 七回目は、lynch.「EVOKE」。 一人でもlynch.を知って欲しい。 アパートメントで私が書いた一番の願いはそれです。 先週公開しました六回目、amazarashi「自虐家のアリー」に、 私が思考し言葉を探す時に多大な影響を受け、尊敬する、 批評家の若松英輔さんにご感想を頂けました。本当に光栄です。 六回目の中で若松さんの言葉を引用しておりますので、 ぜひこの機会に若松さんの言葉にも触れて頂けたら嬉しいです。 若松さんから頂いたご感想です。 素敵な言葉をありがとうございます。 「なんと悲しい、しかし、なんと美しい言葉でしょう。 無私にして、強靭な、しかし、己の生の軌跡を、しっかり刻んだ一文でした。」 いよいよ、来週が最終回となりました。 八回目もお楽しみ頂けたら嬉しいです。 ♪今日の味方 lynch. 「EVOKE」

      7
      テーマ:
  • 13 Jan
    • チャリティ・タロット・リーディング。2015年の寄付額のご報告。

      チャリティ・タロット・リーディング。年末年始のご協力で2万円に達しました。1月8日に、国連UNHCR協会に全額寄付させて頂きました。 ネパールでの大地震をきっかけに始めたチャリティ・タロット・リーディング。ここまでのご報告です。 ・ネパール大地震緊急支援 (寄付先:国連UNHCR協会) 2万円・常総市鬼怒川水害義援金(寄付先:常総市)1万円・難民支援(寄付先:国連UNHCR協会)2万円 2015年の寄付額は合計5万円となりました。皆様のご協力に感謝致します。 今年もチャリティ・タロット・リーディングは続けていきます。2016年は10万円の寄付を目標にしていきたいと思います。引き続き、皆様の温かいご支援どうぞよろしくお願い致します。 ☆チャリティ・タロット・リーディング 500円(1枚のカードを使った5分程のリーディング)難民支援のために、国連UNHCR協会に全額寄付させて頂きます。https://www.japanforunhcr.org/

      8
      テーマ:
  • 11 Jan
    • アパートメント、六回目

      ウェブマガジン、アパートメント。 六回目は、amazarashi「自虐家のアリー」。 どうぞ楽曲と共にお読み頂ければと思います。 ♪今日の味方 amazarashi 「自虐家のアリー」

      7
      テーマ:
  • 04 Jan
    • アパートメント、五回目

      ウェブマガジン、アパートメント。 五回目は、MIYAVI「THE OTHERS」。 この文章を書いていて気づくことが多かった。 難民映画祭で、映画から難民について思いを馳せてもらえたらと思ってきたが、 そもそも私自身が映画から社会問題への扉を開けていた。 大学2年の夏に作った番組で選曲した、 Vanessa Paradie「the future song」。 歌詞を読み返してみて、驚くほど今の私に繋がっていた。 私を未来へ案内していた。 曲のタイトル通りになっていることに、いかに音楽の神様が私を生かしているかを感じた。 今年最初の曲を何にしようか迷った。 今年の私がどう在りたいかと考えた時に、 MIYAVI「THE OTHERS」が浮かんだ。 きっとそういう年になっていく。 そして、これが私のこれからの生き方になっていくのだろう。 ♪今日の味方 MIYAVI 「THE OTHERS」

      7
      テーマ:

プロフィール

武村貴世子

性別:
女性
誕生日:
1973年12月31日
血液型:
O型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログの読者

読者数: 36

読者になる

ランキング

総合ランキング
353799 位
総合月間
129313 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。