一着目のターコイズブルーの浴衣用の
帯留めも創り
ましたにこ


浴衣の柄が複雑なものが多かったのですが、、
その中に、
小さいながらも6弁のお花を見つけて
それをモチーフにして
帯留めにアレンジしました
ルンルン




クイリングは、超密度を高めて創作していますルンルン

こちらは、
帯留め & ペンダントの
2way仕様にしました蝶


帯は、初めて一人で着付たわりには
リボンが綺麗にできたので、嬉しかったです
キャッ☆







AD


2着目は、
「怪盗ダリィ」のブルールンルン

(浴衣は2着とも ALBIのふりふさん で、
購入させていただきました。)


ダリアの柄に合わせた帯留めも創りましたキャッ☆




スカーフ留めにも ペンダントにもなる
3way仕様になっていますキャッ☆

洋服の時は、ペンダントとして使っていますルンルン




ダリアの柄の色が
深い紺色の上に光ったようなブルーが施されていたので、
帯留めもそのように、光ったお粉をのせましたキラキラ





◇◆◇



こちらは、
「怪盗ダリィ」用の下駄。

下駄のイメージではなかったので、
最初は、草履かと思いました。。

創作中にアトリエで、
スリッパのように3日間履いていたら
だいぶ足に馴染んだみたいで、
当日、外で履いても大丈夫でした
ルンルン










AD

「夏への扉展」の土日に、
念願の “和装デビューできましたルンルン

しかも、自分で着付けもできるようになりましたキャッ☆



キラキラ

これから「和柄」作品をたくさん創って
海外で発表していくんだったら、
作家自ら着物を着たらいいんじゃないかと
アドバイスいただき、


最初は、
着物一式を揃えるまとまったお金もかかるし、
着付けや髪結いなどのランニングコストもかかるから、
厳しいなぁと尻込みしていた私。。


それから2週間もたたないうちに
たまたま通りかかった
きもの屋さんに思い切って入ってみたら、
買いやすい条件だらけのキャンペーン期間中で、
その日に、一式購入してしまいました^^

着付けのレッスンが無料でついていたり、
購入した着物だったら、
無料で着付けをしてもらえるサービスがあったり、
ポイントアップや割引などなど^^

ランニングコストがかからないなら、
始めの一歩を踏み出しやすいと思って、
思い切って、
着物の世界に入ってみることにしたのでしたルンルン


そして、3回のレッスンで、
浴衣を着られるようになると心に決めて臨んだら、
本当に着付けができるようになれちゃいましたきらきら

さらに、長襦袢も着る
夏着物バージョンも(ほぼ)マスターできましたキャッ☆

キラキラ

6月25日の土曜日は、あいにくの雨になりましたが、
自分で着付けと髪結いをして、
「ギャラリー4匹の猫」さんへ向かいましたルンルン



キラキラ

実は、この着物の柄には、目立たないけど、
猫ちゃんが隠れています

「夏への扉展」の由来である小説に
扉を開けるのが好きな猫が出てくることと、

ギャラリーの名前が「4匹の猫」さんなので、
オーナーのTさんが喜んでくれるかもしれないと思って
この着物を選びましたルンルン

実際に、Tさんが、すっごく喜んでくださったので、
この着物を購入して本当によかったです☆

キラキラ

半襟を縫ってくださったKさん
着付道具一式を貸してくださったYさん
着付レッスンをしてくださったKさん&Iさん
着物を買う背中を押してくださったYさん、
着物を着ては?とアドバイスくださったKさん、
☆ありがとうございました☆

すでに、着物を着ていらっしゃるお知り合いの方々からも
刺激を受け、実は、憧れの気持ちを抱いていました☆

みなさま、ありがとうございます^^

これからは、機会があれば、
積極的に、着物を着て、お出掛けしようと思っています♪








AD