ドットツリープロジェクト


東京で色々な方と話しをしていたのですが ドットツリーの役割って一体どんなことがあるのか
とディスカッションをすると このワードが出て来ました

「体の健康」「頭の健康」「心の健康」

体の健康は すぐ隣が土手になっていますし 運動をするにはとてもよい空間だということです。
とはいえ本人次第ですが いくらでも運動や体調を整える事が出来る場所です

次にワードとして出て来たのは 「頭の健康」というもの
これは何を指しているかというと頭の中の「スペース」を拡げる事が可能になるという事です。
これは環境も問題にもなりますが、商業施設が周りにある割にしずかでとてもいい空間なんです。
また芝生もあり 近くにはそれぞれに頑張っている起業家の皆さんがいることで アイデアがどんどん浮かんでくるという状態が続いて行くんですね。これ最高の状態です

また「心の健康」というもの 実はこのドットツリーにはあると感じています というのも
デザイン性が高い場所だと思いますが 実は「長屋的」要素があって 先日もメンバーの
千葉さんご夫妻が夜に七輪で野菜を焼きながら食べていらっしゃったんです、そこに同じく
メンバーのプロカメラマン武智君がjoinして 七輪の周りには3人になりました。そこから
僕とドットに遊びにきてくれていた横浜商科大学の秋山講師がjoin そしてメンバーの
中村君が入り 2名で始まった七輪の食事は 結果として6めいになりました
この長屋的な感覚が本当にいいんです。
そしてこれが古き良き時代の日本というものだし いま忘れかけているつながりじゃないかと
感じているんです。 寂しいというのがあって 携帯電話を離せなくなってしまう世の中ですが
このドットツリープロジェクトがもっと増えれば 実は「さみしくはない」というのが見えて
来ています。 もちろん それにはコツがあって ただ入居者を募集した所で成立はしません
この心の健康は 一定のラインを作ってこそのものだと思います
まだまだ経験を積んでいき解ってくる事がたくさんあると思いますが これこそ時代を進め
ながら巻き戻すというやり方なのではなと考えています
AD