「天使のレクチャー」の著者、ヒロコ・アイザックスのブログです。

心のこと、からだのこと、日々の思いや気づきをここで綴っています。


記事を読んで思ったこと、感じたことがあったら何でも書き込んで下さい。

コメントへのお返事はしておりませんが、すべての方の声に感謝し、大切にします。ラブラブ




     

        燦燦と 愛の花びら 降り注ぐ
                  輝く太陽 天使は歌う

 天使のレクチャー』       (画像をクリックビックリマーク




ベルメルマガ

COCOクラブ☆未来からのメール




ベル

遠隔チャネリング&ヒーリング・セッション



ベル 

サウスマイアミ・スピリチュアル・ミニリトリート

あなただけのスピリチュアル・ジャーニーの
ガイドをさせていただきます♪



      

          優しく生きる

     はね『天使の使者』はねになろう

              天使をクリックビックリマーク


    上の天使はご自由にお連れ帰り、ブログなどに貼ってくださいね^^



 



    Now here♪ /  Here I am♪-平和と希望そして愛

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-19 09:11:40

うつ、パニック、不安障害を克服!

テーマ:こころ


かなりシビアだったうつ、不安障害、パニック障害を

まったく医者や薬のお世話になることなく
自分の力でついに乗り越えることができた!グッド!



神経過敏、精神不安定で
脳のケミカルバランスの崩れやすいわたしにとっては

これは本当に大きな力、そして希望となった!キラキラ




ことの始まりは、元をたどれば
おそらく4年前の叔母の自殺あたりからだったと思う。


その頃からわたしの人生の歯車が狂い始め、

想像もしなかったようなこと、
恐ろしすぎて考えないようにしていたようなことなどが

実際に次々と起こり始めたのだった!



精神的に依存していた友人の裏切り
日本での活動の消滅
ビジネスの崩壊など、

とにかく自分が恐れていたことが
その頃、次々と現実になっていった!叫び



最終的には大きな負債を抱え、レントやビルの支払いもできず、
友達も頼る人もない状態の中で暮らす羽目になったのだけど、

しばらくしてその状態が向上して少し落ち着いたのが
今からちょうど一年前、

緊張が緩んだために
それまで閉じ込めていた不安や恐れの感情が一気に噴出してきたためか、

突然ひどいうつになったのだった!



神経伝達物質のバランスが完全に狂い切っていることが
自分自身でよくわかった。


いろいろなことを試みてそのバランスを元に戻そうとがんばったのだけど、
とにかく封印していた恐れや不安はあまりにも大きかったようで

そう簡単には治らなかった。



うつが少し落ち着いた後も不安障害、パニック障害が続いていった。


いろいろなテクニックを知っていたので、
目を覚ましている間は
何とか自分の精神をコントロールすることができたのだけど、

潜在意識に支配される眠っている間だけはどうすることもできず、

そのため目を覚ますと
まずはパニックアタックから一日が始まるという毎日だった。



しかもそんな間もマイアミからニューヨークへの引越し、
まったく新しい慣れない環境での暮らし、
新しい人間関係、
日本の家族への心配、
愛猫の病気と死など、

精神的にかなりストレスフルな状態になるような出来事が
合い重なって続いた。



あまりにも症状がよくならないので一時は
これから先は一生このコンディションと共に生きる覚悟をしたくらいだった。



けれども今年に入ってついにその症状が自分から去ったことを感じた。合格


治すのにちょうど一年かかったね。



今では一年前は、それどころか数ヶ月前までは、

なんで自分はあんなに不安で怖かったのかが
理解できないくらいの感じになっているので、

それはだいぶよくなっている証拠だ。



そしてあの状態を乗り超えたことは
自分の中では大きな自信と安心感になった!グッド!


もちろんこのままわたしの人生の中で
あとはずっといいことしかないなんていうことはないけど、

今は、あれを乗り越えられたなら
きっとこれからも大丈夫だろうっていうような安心感に包まれている。ラブラブ




わたしがあそこまでめちゃくちゃになった精神を戻すことができたことには

二つの理由があると思う。



一つ目は

心、そして脳についてを長年学んできたこと


二つ目は

メディテーション(瞑想)を日々してきたこと




わたしが日々のメディテーション(瞑想)プラクティスから

マインドをリセットして
「ニュートラル」に戻るということができるようになっていたことは

非常に大きな救いとなった!



それは精神伝達物質のバランスを整えるための
何よりも素晴らしい特効薬だった!


しかも副作用はゼロ!



けれどもそれだけだったら自分の不安や恐怖についてを理解することは
決してできなかったと思う。


・・・・・・そうなると、得体の知れない不安や恐怖を
内に抱えたままの状態でいることになっていたと思うけど、

わたしは心や脳についてを長年学んだり見つめたりしてきたので、


自分の中で何が起こっているのか?

どうすれば症状をやわらげられるのか?



・・・・・そういうことが理屈でも経験的にもよくわかっていたのだ。



自分自身の内側で何が起こっているのか?


自分自身の気持ちや感情を

まっすぐに見つめ、
よく理解し、
必要があればテクニックを使い、


・・・・・・そういうことを日々やってきたことから
ついにバランスを取り戻すことができたのだ!合格




人々はバカの一つ覚えみたいに(失礼!)

「ポジティブ!ポジティブ!」って言うけど、


本当に大切なのは「ニュートラル」だよ!



メディテーションは「ニュートラル・マインド」のプラクティスだけど、

「ニュートラル」でなかったら自分自身の心を見つめることだってできないんだ!



「ポジティブ」も「ネガティブ」も人間にとって必要なものだけど、

自分をよりよくしたい、よりよく生きたいと思うのならば

「ニュートラル」にマインドをセットする訓練をしたほうがいい。


だから「メディテーション(瞑想)」なんだよね。



今わたしが言っていることをわかる人ってかなり少ないと思うけど、

未来、数百年後にはきっとこれが一般論になっているだろうと思うよ。




・・・・・・と、久々に宇宙人的発言(笑)UFO




とにかく!


うつ、不安障害、パニック障害などの多くは

薬を使わなくても治すことができるよ!



自分が感じている感情も、思考も、
そして自分が見ている世界でさえも、

すべては自分自身の脳の創造物でしかないわけだから、

その脳の使い方次第で基本的にはどうにでもなるわけよね。



自分を大切にしたいと思うのなら

丁寧に自分の心と付き合っていくことが大切だと思う。



自分の内側にあるもの、決して何も否定することなく、

すべてをまっすぐに見つめ、受け入れて・・・・・・ラブラブキラキラ


Image result for self love

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-16 09:27:01

フェイスブックの人間関係って?

テーマ:世界を変えるエッセイ


長年信頼してきた友達の裏切り
切れてしまっていた友達関係の復活
夫婦関係の向上
希薄化した友達関係
・・・・・・・

去っていく人たち
新しい出会い
意外と自分を思ってくれてた人
どんどん育っていく人間関係
切れてもまたつながる人たち
簡単に人を切る人たち・・・・・・


ここ数年の年月の間はいろいろな出来事の中から
「人とのつながり」について非常に考えさせられるときだった。




人間誰もが人とのつながりを求めながら生きていくわけだけど、

実際の人とのつながりについてを見つめてみると、
本当の人とのつながりなんて
この世にあるのものなのかしらと疑われてきたりすることもある。



この世界はある意味サバイバルの戦場で
そんな甘い夢のようなことをいいながら生きていける場所ではなく、

人間たちはみんな
自分自身のサバイバルで精一杯なようにも見える。




けれどもそれと同時に
もしもこの世界に人とのつながりがなかったら

人生には何の喜びも感動もないようにも思う。



「人とのつながり」・・・・・それこそが生きる喜びであり、

この世で最も美しく、心地よく、温かく、
人を豊かに、幸せにするものなのではないか?



だからこそ人間は
「仲間がほしい」とか、
「人に認められたい」とか、
「人の役に立ちたい」とか思ったりするわけだけど、

現代人、なんだかその人とのつながり方が歪んでいるというのか、

「どうやって人とつながればいいのか?」
人とのつながり方自体が
まったくわからない人間が増えているように感じる。




多くの人たちがフェイスブックの奴隷になるのは

まさしく人の「孤独感」の表れだと思う。



フェイスブックで人のアテンションを得ることで、
なんとなく人とつながっているような気分になる。


けれどもそれは本当に人とのつながりなのだろうか?



私自身も時々人のエネルギーを求めてフェイスブックを覗くのだけど、

たいていはフェイスブックを見た後のほうが余計に空しい気分になる。



もちろん自分だってたくさんの人たちが自分の投稿に
「いいね」を押してくれたりコメントくれたりすれば嬉しいものだし、

その中での人の言葉にほろりとしたり救われたりしたこともある。


フェイスブックにはそのほかにも多くの利点もあるし、

フェイスブックを使うことにまったく意味がないとはいわないよ。


実際に上手に使えば
フェイスブックには使い道も多いと思うけど、

少なくともわたし自身にとって、
フェイスブックにはその奴隷になるほどの価値はまったく感じず、

そこでの人とのつながりにも正直あまり大きな意味は感じない。




私自身はフェイスブックの世界よりも

リアルライフの中で丁寧に一人一人の人間と接しながら
人間関係深めていくことに興味がある。



実際に私自身の夫婦関係、家族関係などは
そのメンタリティーのおかげでとても充実している。合格


(フェイスブックに使うエネルギーや時間をそういう部分に当てれば
わたしだけではなく、
誰もが夫婦関係や家族関係を充実させられると思うよグッド!



ただ、欲張りなのかもしれないけど、
もっともっと人との温かいつながりがあったらいいのにとも

確かにわたしも思うんだ・・・・



・・・・・・とはいえ、どうやらマジョリティーの人間たちは

わたしが求めているような
深くてウエットで温かな人間関係を求めてはいず、

むしろフェイスブックの中で
より多くの「いいね」を得ることのほうに価値を感じるようで、

現代社会の中では自分のような人間のほうが珍しく、
いわゆる「古いタイプ」なのだと気づかされると、

なんだかちょっと淋しい


・・・・・・というのが淋しがり屋のわたしの最近の正直な思いであるしょぼん




そしてそれでもやっぱり

わたしとつながってくれるみんなにありがとうラブラブ





Image result for loneliness

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-15 01:35:32

今朝の悪夢の消化

テーマ:こころ
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-13 10:17:32

結婚17年目のつぶやき

テーマ:パートナーシップ・セクシュアリティー


1月11日はわたしたちの結婚記念日だった。ドキドキ



2000年に結婚したので、なんと結婚17年!!!


自分ながらに驚いてしまう!




現代社会のなかでは離婚率が上がり、
人はどんどんパートナーを変えていく傾向が強くなっているように思える。


それにはよいところもあり、よくないところもあると思う。



よいことは人々が無理したり、我慢したりせず、
自分の幸せに向かっていけるようになっているということ。アップ


そしてよくないところは嫌になったら相手を変えるというパターンから
人がなかなかパートナーシップを高めることを学ぶことができなくなっていること。ダウン




けれどももしも我慢したり無理したりすることなく

自然にずっと長い年月
一緒にいられるようなパートナーシップがあったとしたら・・・・・・はてなマーク




わたしたち夫婦のパートナーシップはまさしくそんなかんじで、

わたしは自分のもっているもののなかで
それだけは鼻高々に自慢できるものだ。合格



決して無理や我慢をしたり、世間体やモラルを気にしたり、
もしくは離婚するのが面倒くさいから一緒にい続けたというパターンではない。


わたしは自由人だからむしろ、
一緒にいても意味がないと感じるならばいつでも離れるつもりでいるし、

彼にしてももしもお互いが一緒にいてハッピーでないなら
分かれたほうがいいという考え方だ。


今までに実際に分かれることを考えたこともまったくなかったわけではないけど、
結局本当に分かれるための行動を起こすまでには至ったことがない。



問題が起こってもなんとか乗り越え、

それによってパートナーシップが成長してよりよくなり・・・・・



・・・・・・それを繰り返しているうちに17年



移り気で、変化のない状態に我慢ができず、
ひとつの場所に根を下ろすことが何よりも苦手なわたしにとって

ある意味それは驚異的なこと!




何の努力をすることもなく、当たり前のように
長い年月、日々続けられることは「才能」だとよくいわれるけれど、

わたしにとっては
彼とのパートナーシップとヨガのプラクティスがそれに当たるものかもしれない。



そしてやはり長い年月、静かに続けていけることは
年月が伴うにつれて自分自身の大きなパワーとなる!キラキラ



移り気でふわふわと地に足の着かないわたしにとっては

そういうものは本当に本当に大切なもの。。。ドキドキ



・・・・・・・そんなことを思った17回目の結婚記念日だった。ラブラブ




この先もずっと彼と一緒にいられるのか?


それともこんな調子のいいことを言いながらも
3ヶ月後には分かれているのか?


・・・・・・それは神のみぞ知ること。



ただひとつだけはっきりといえるのは

17年間育ててきたこのパートナーシップには
ちょっとやそっとではほかのものと引き換えることなどできない
とても特別なものがあるということ!キラキラ



大切に、大切にしたいラブラブ





Image result for anniversary
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-11 11:11:11

ナイン・トゥー・ファイブで働けない女

テーマ:スピリチュアル



去年の12月くらいから実はわたしはビジネスにフォーカスしている。


この冬、自分たちのビジネスにおいて
ついにいろいろなことがクリックした感じで、

ビジネスに関する状況が大きく動き始めている!



そんな中ではビジネスを通していろいろな面白い気づきなども多くあって
そういうことをブログでシェアしたいなあと思っていたのだけど、

いろいろとやることも多くて、
その結果、何も書き残さないうちに時間が流れていく毎日だった。


でももう一月も三分の一が過ぎているし、
久しぶりにブログをアップしようかなと思った。



確か12月に書いてアップしなかった記事があったなあと思って探すと、

この「ナイン・トゥー・ファイブで働けない女」という記事が!


読んでみると結構面白かったので、
今日はそれをシェアしますね♪




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆






二年前に大きなファイナンシャル問題を抱え始めてから

わたしは自分が普通に人生を歩いてこなかったことを非常に後悔した。



わたしは千葉大学(教育学部)卒で、

社会のシステムの中で生きようと決めれば
一流の道を歩くことも可能な人だったはずなのでは?!



その中でも一番失敗したと感じたのは

大学に残って研究の道を歩むことを選ばなかったこと。



わたしは分析力、考察力、サーチ力などにも優れていたので、
教育学や児童心理学などの教授からも目を留めてもらっていたし、

本当は結構オタクで研究にはすごく向いていたと思うのに、

当時は研究とか大学教授とか、
そんなオタッキーで地味なのは嫌だと思っていたのだ。



「わたし、バレリーナになる!ラブラブ


・・・・・・と、体の条件も才能もないのに大バカぶりを発揮!



その結果、大学卒業後すぐに社会のレールからはみ出してしまった。汗



年月が流れれば流れるほど、普通の道には戻りにくくなっていくし、

しかもその後、アメリカで暮らすということを選び、

どんどん自分自身の首を絞めていくことになってしまい、

本当にやばい状態になって、真剣に過去の自分のアホさを恨んだ・・・・・・




・・・・・・が、




よくよく考えてみるとわたしはもともと
ナイン・トゥー・ファイブで働けない女だった!


そううつが激しくて、うつになるとまったく心身が普通に起動しなくなるし、

早起きが苦手だし、

いつも同じ状態が続くとストレスがたまって頭がおかしくなってしまう!

集団行動が苦手

みんなと同じでいられない

言動を束縛されることに異常なストレスを感じる

バカ正直で、うそがつけない


・・・・・こんなわたしが日本社会で普通の仕事をコツコツと積み重ねて
エリートレベルにいくことなどできるはずないじゃない?!



たとえ大学に残って研究の道を選んでいたとしても、

きっとわたしが渡米したのとちょうど同じ頃に
アメリカへいってみたくなっていたんじゃないかなあ?


・・・・・ってことは結局同じことになっていたのかも?!




結局、自分は
自分がやりたいことを自分のやりたいようにやってきたんだよね。



大学に残って研究の道を歩んだり、

日本社会のエリートコースを選ぶ代わりに、


才能なくてもとことん気が済むまで踊りまくったり、
世界中のいろんな人たちと知り合ったり、
いっぱい恋をしたり、
アメリカでいろんなユニークな体験をすることを選んだ!


そしてそういう体験って、
やっぱり自分にとってはとても重要で、
人生の宝物で、

そういうものこそがわたしを輝かせてくれているのだと思う。キラキラ



だからやっぱりこれでよかったし、これしかなかったんだよね。




それでも、今のわたしと数ヶ月前までのわたしとの決定的な違いは

今では自分自身が生きていくための
収入を得る方法が見つけられたということ!



世の中には不思議な方法で結構大きな収入を得ながら
自由に生きる人たちというのがたまにいて、

そういう人たちは
いったいどのようにしてそんな方法を見つけることができたのか?と
不思議でたまらなかったのだけど、

ついにわたし自身もそんなひとつの方法を見つけ、
そういう人たちのレベルへと到達しつつあるところまでくることができた!キラキラ




ファイナンシャルという
現代人にとっての一番基盤となるの部分が崩れることで

チャクラの積み木が崩れて自分が崩壊する感覚を味わってきたけれど、

今はその基盤がしっかりとしてきて、とてもいい感じ。グッド!



けれども下のチャクラだけに留まることなく、
エネルギーを第七チャクラまでしっかりと持ち上げて、

愛も創造も知性も精神性も

すべてが回転し続けるような生き方、あり方をしたい。キラキラ



わたしの自由人ライフはこれから!キラキラ





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




・・・・・・そんな感じで、今はついに新たなるレベルへと進んでいく時となった。



いろいろなことが起こり、いろいろなことが破壊され、変化していったここ数年。



つらい状況の中で


いつも流れとともに流れること

常に精神を整えることから始めること

魂とともにあり、決して自分に嘘をつかないこと

人を愛すること、受け入れること、
それができないときは少なくともそうしようとすること




・・・・・・これら(本当のスピリチュアルな生き方)をプラクティスしてきたことで

本当に自分が欲しかったライフスタイルを手に入れることができそうだ。キラキラ




輝かしい2017年の始まり!キラキラ





Related image
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-07 06:05:04

嫌われ者の愛

テーマ:世界を変えるエッセイ


数日前にある知り合いの方が病気で亡くなられた。



彼はたしか50歳ちょっと?!

亡くなるには若すぎる年齢だと思うので、とても心が痛む。しょぼん



超親しい関係というわけではなく、
ひょんな流れから知り合った方だったけど、

彼はとてもユニークで、
大きな夢に向かってまっしぐらに突き進む少年のような方。


強がるけど本当はかなりの寂しがり屋さん

・・・・・・って感じのする人間味の強い、

「愛すべき人間!」ってかんじの方だった。




そんな彼の若すぎる死を通して、

いろいろと考えさせられたことがあった。



ちょっとシビアな内容になるとは思うけど、

ここはわたしのブログ、わたしのスペースだから
あえてシェアしてみようと思う。




世の中には健康問題を抱えられている人たちが多い。


そしてその人に健康問題があるらしいということは
言葉で説明なくともその人を見るだけでも伝わってくるもの。


また、この人は健康に問題があるらしいと感じさせられるものは、

目に見える身体の状態に加えて
その人のライフスタイル、食生活などにも強く表れる。




たとえばタバコを吸う人、
お酒を今でも昭和の学生のような感覚で暴飲する人などに
健康な人がいるはずがないというのはわたしの信念だ。



理屈はともかくとして、
現実、そういう人たちのなかに健康な人というのを
わたしは今まで一人も見たことがない。


自分よりも上の世代の人たちでそういうライフスタイルを持っていた人たちは
大きな病気を抱えているか、すでに亡くなっている。




わたしはヨガの世界で生きていたから、

体を大切に扱わなかったら早く壊れるといういうことは
わたしの周りの人たちにとってはあまりにも当たり前のことで、

みんな体を大切に、ヘルシーなライフスタイル!

「ヘルシーな食事に運動!」という
健康的ライフスタイルを持つ人たちばかりだったし、


ヨギーではなくても自分の周りで喫煙者だった人たちはみんな
すでにもうだいぶ前に喫煙をやめているので、


ふと公共の場に出たりしたときに

今でもタバコを吸う人や
アルコールを暴飲する人たちというのが存在するらしいと気づいたときには

実は非常ーーーに驚いた!叫び



タバコ、お酒の暴飲だけでなく、食べるものに関しても

「今どきこんなものを食べてる人がいたの?!気持ち悪ーい!」とか、

「あーーー!!!そんなものを子供に食べさせて!!!」などと、

他者の食事などに関しても、わたしはそれを声には出さなくても
心の中では否定、批判をしているということが実は結構多い。あせる



以前はそういうことを思うと、

「それは体によくないよ」とか、

なにかしら声に出していたことが多かったのだけど、

いつの間にかそれを言わなくなった。



なぜならそういうことを言えば気を悪くされ、嫌われ、
その上、結局何も伝わらないから、

言っても無駄だし、
自分自身のエネルギーを消耗するだけだと感じたから。


・・・・・・といえば、多少聞こえはいいけど、

結局の話が「めんどくさい」から

そして「人から嫌われるのがいや」だからなのだ。




けれどもわたしはふと考え直したんだ!



確かにめんどくさいし、人から嫌われるのはいやだけど、

たとえ嫌われ者になってでも
伝えたほうがいいこともあるんじゃないかって!




たとえば、喫煙とかお酒の暴飲をやめられない人、
食生活を変えられない人たちなどは

「それは体に悪いよ!」といわれればムカッとするだろうし、

逆に
「いいのよ、あなたが好きなようにすれば!人生楽しまなくちゃ!」」
・・・・・などといわれれば
安心して、ああこの人はいい人だなーなどと思うのだろうけど、

それでその人が本当にそれでいいのだと思ってしまって、
そのライフスタイルを続けたら、
結局はその人の命を縮めてしまうことになる!



・・・・・・そういう単純なことに気づけば、

「体に悪いよ」という人と、「いいのよ好きにすれば」という人とで、
どちらが本当に優しいのかは明らかなのでは?




病気を抱えている人に禁酒、喫煙、食生活の改善をすすめた人は
嫌われ、縁を切られ、

「やりたいことをやらせてあげたい」といって、
逆にその人にお酒やタバコをすすめる人たちの方が
優しくて素晴らしい人たちだといわれる。


気難しい顔をして小難しいことをいうよりも
ゆるーく、なんでもOKにして、
その人の笑顔が見たいというのは確かにわかるよ。


・・・・・・けれどももしもそれでその人の死を早めてしまっていたら???



禁酒、喫煙、食生活の改善を人にすすめて嫌われた人はこういう。


「あの人の『やりたいこと』は本当は飲酒、喫煙なのではなくて、
自分自身の夢をかなえること!

周りが飲酒、喫煙を『よし』とすることで、
やりたいことをさせてあげてると感じるのかもしれないけど

結局は逆に
あの人が本当にやりたいことをできなくさせてしまっている!」と・・・・・・。



その言葉を聞いて、本当にその通りだとわたしは思った。



喫煙、アルコールの暴飲が
自分の「やりたいこと」だなんて人間は本当はいないはず?!




・・・・・・・そんなことに気づいた最近の自分


説教したり、人を否定したりするのはいやだけど、

自分が気になったことを
「めんどくさい」「嫌われるのがいや」と、そのまま無視するのではなくて、

上手に伝えていくことのできる人間になっていきたいなあと思った。





Image result for heart

2017-01-04 06:44:44

ヌードの画像

テーマ:スピリチュアル


わたしの2017年は静かに明けた。


外へ出ることもなく、
パーティーをすることもなく、
アメリカだから紅白もゆく年くる年も、もちろんおせち料理もなく、

唯一新年を感じさせられたのは彼のおばさんの家で見た
ウイーンの新年のクラシックコンサートの風景だけだったかな。




けれどもわたしの内側では
新しいチャプターの輝かしい幕開けを感じているよ!キラキラ


何かが大きく動いた2016年から2017年への移行のとき!



今年2017年は地に足をつけて、
現実を充実させ、現実を楽しみながら生きていきたいな。ドキドキ




こんなふうに変化を感じるときは、
いつもブログのリニューアルを考えるのだけど、

なぜかいつもこのブログだけは変えようがない!



たぶん、特に固定したテーマを作らず、
常にオープンにありのままの自分を文章で表現していくということは

いつでも自分自身の「やりたいこと」なのかもしれない。




世界一とまではいわないけど、

わたしは自分は日本一スピリチュアルな人だと思うよ。キラキラ



魂とともに生きることをモットーとした、

透明でピュアで正直で自由なスピリット!キラキラ



いろいろなことが変化していくけど、

それだけは決して変わらないこと!



たとえわたしが何をする人になろうとも、

本当のスピリチュアルを
ここでシェアし続けていければいいなと思っているよ。グッド!




今、そんなわたしのブログのなかで
ひとつだけ変えようと思っていることがある。



それはブログのトップ画像!



このブログをつくったばかりの頃に使っていた

ヌードの画像に戻そうかと思っているの。



なぜなら、あの画像は
一番このブログに合っているような気がするから!



もともとは
なんでもオープンに、飾らずに書いていこうっていう意思の表現として
あの画像を使い始めたのだけど、

それに対する人々の反応も様々だったな・・・・・・



でもわたしの思いとしては、
あの画像以上にこのブログにぴったりとくるものはないのよね。




あの画像をこのブログから落としたのは、

わたしの本「天使のレクチャー」が出版された日からだった。



・・・・・・・どこかでヌードの画像が衝撃的で、
それが原因で人に引かれることを恐れていたんだね。汗



何のいやらしさもない、美しいアート・フォトグラフィーなのに・・・・・・



「人に好かれたい」と物乞いするような欲望は
しばらくの間、わたしのブログのエネルギーを微妙に変えたけど、

今ではあのブログを始めたばかりの頃の
素朴でオープンな自分にまたかなり近づけたような気がするから、

ブログのトップ画像も戻してみようかなあ・・・・・・と。


これから先はまた、そのくらい自由な自分であっていいんじゃないかと!



・・・・・・・・ん、まあ、また気が変わることもあるかもしれないけどね(笑




そんなことを考えてる2017年のスタート地点!



どうぞ今年もまたよろしくお願いいたします。ドキドキ




Image result for naked angel

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-30 13:43:57

キス

テーマ:スピリチュアル
2016-12-27 13:48:21

清らかな聖人より泥臭い人間でありたい

テーマ:スピリチュアル



わたしはクンダリーニ・ヨガを愛している!ドキドキ


心の底から愛している!ドキドキ


そしてクンダリーニ・ヨガに心の底から感謝している!キラキラ



なぜならクンダリーニ・ヨガと出会えたおかげで

わたしは危機を救われたし、

人生を変えることができたし、

おまけにとても大きな成長をしながら、
「本当の自分」というものに戻っていくことができたから!キラキラ



もしもクンダリーニ・ヨガと出会っていなかったら

わたしは本当の意味でのメディテーション(瞑想)やニュートラルマインドも
理解することは決してできなかっただろうと思う。


クンダリーニ・ヨガはわたしという人間の重要な部分をつくっているものだ。



しかもクンダリーニ・ヨガのエネルギーは
自分自身のエネルギーともぴったりマッチしているようで、

そのほかのどのヨガよりも教えていて自分にしっくりとくる。



けれどもそれと同時にわたしという人間は
決してすっぽりとクンダリーニ・ヨギーそのままの
生き方をする人間でもないかもしれないなあとも思う。



聖人として生きる本来のクンダリーニ・ヨギーの姿、

ターバンを着け、ヨギ・バジャンの教え通りにヨガを教え、

スピリチュアル・リーダーであろうとする
クンダリーニ・ヨガの先生たちの姿は本当に美しいけど、

わたし自身には
その姿はなんかちょっとだけ違和感があるのだ。




わたしはたぶん、とことん「わたし」でありたいのだと思う。



実を言うと失礼な話かもしれないけど、
わたしは今一「聖人」と名乗る人たちを信用していなくて、
(決してアンチ聖人というわけではないけどね^^)

特に聖人たち(もしくは聖人系の人たち)が
聖人だからこそ言わなくてはいけないことを無理やり言っているなあ
・・・・などとと感じたときには、
(つまり言葉は悪いけど、その人たちに偽善者的匂いを感じると・・・)

思わず吹き出して笑ってしまったり、
もしくは逆に非常にいらだたしく感じて「うそつき!」と叫びたくなってきたりする。むかっ




わたしは自分自身は清らかそうな聖人であるよりも

むしろ泥臭い正直な人間でありたい
と思う。



自分自身がそういう人間のほうが好きだし、

正直な人のほうが信用できるし、

そういう人の方が一緒にいて安心できるから。



また、上から人を導いたり教えたりする人よりも

いつでも人と同じ目の高さに立ち、
サポートを必要とする人のそばにただ寄り添う人
でありたいと思う。



自分自身がそういう人のほうが好きだし、

そういう人の癒しの力のほうが大きいし、

そういう人のほうが信用できて、一緒にいたいと感じるから。



つまりわたしはとても自由で、
いつも自分自身に正直で、
自由自在に変化することもできる自分でありたいんだろうと思う。バラキラキラ



ひとつの型にはまるのではなく、

善悪というジャッジに左右されるのではなく、

人を決して上から見下ろしたりはせず、


自由で軽快で透明感のある

少女のようなエネルギーを持ち続けた人間であり続けたいのかも^^・・・・・ラブラブキラキラ




清らかな聖人に美しいイメージを重ねる人たちは多いけど、

本当は人間の正直さや泥臭さが一番素敵で美しいとわたしは思う。キラキラ



今、わたしたちは人間として生きているのだし、

人間として存在し、人間として人生を体験したいなあと思う。




自分自身に対する信頼感の高まった今年2016年。


来年2017年はさらにわたしという人間として

力を発揮しながら生きていけるようになるような予感がしている。キラキラ




Sat Nam (サトナム)は
クンダリーニ・ヨガの決まり文句のような言葉だけど、

その意味は「わたしは真実!」


その言葉をさらに自分に刻み込んで、

もうすぐ明ける2017年、

「わたし」を自由に生きていこう!キラキラ


Image result for flying angel girl
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-25 09:20:27

クリスマスは愛の日

テーマ:スピリチュアル


クリスマスってなんの日?



・・・・・・わたしならその質問に「愛の日」ラブラブと答えるだろう。



けれども現実は「お金や物質の日」のように見えるし、

実際に世の中のほとんどの人たちは
クリスマスをそんな日だととらえているように思える。



実際、クリスマスシーズンは一年の中でも一番人々のストレスが高くなり、

怒っている人、イライラしている人の多くなる時期にも見える。むかっ



それはクリスマスという日がこの金銭主義社会の犠牲になって
ねじまげられてしまったせいもあるだろう。



サンタクロースのストーリーだって、うわさによれば
某産業協会があるストーリーを変えたもので、

本当はサンタクロースのモデルとなったキャラクターは
プレゼントを配って回ったりはしなかったのだと聞いたことがある。



サンタクローズが世界中の子供たちにプレゼントを配って歩くという話を
「夢がある」と賞賛する人たちは多いけど、

結局そんな産業界のでっち上げたストーリーは
人間社会をさらに産業界の餌食として、
人間をより物質主義、金銭主義にしてしまったということ。


・・・・・・しかもこの時期にそんなことをいったりしたら、

たいていは「嫌なヤツだ!」とムカッとされて嫌われる(笑



けれども実際に
そんな産業界によって作り上げられたクリスマスのイメージのために
多くの人たちは非常に大きなストレスをため、

また、お金がない人たち、家族のいない人たちなどは
悲しみや落胆、虚しさ、孤独感などを味わなくてはならなくなっている。しょぼん




けれどもこの年末の美しい「愛の日」を
もっとスピリチュアルな観点から祝うことができれば

この日、本当のホーリー・ナイト(神聖な夜)を味わうことができるだろう。



クリスマスは「愛の日」!ラブラブ



家族だけを愛する日でもなければ、

高価なギフトの受け渡しをする日でもない!





毎年この季節に感じる違和感。


今までわたしはずっと、アンチ・クリスマスの一人として、

クリスマスにはブラックジョークを飛ばしてきたけれど、


来年のクリスマスあたりからは

クリスマスをもっと素敵な日にしていくために、

一緒に過ごす家族のいない人たちや、
自分と似たような感覚の人たちなどと、

新しいクリスマスを創ってみようかな・・・・・・?



・・・・・そんなことを想像したら

クリスマスが楽しくて素敵な日になりそうに思えて

なんかちょっとワクワクした。ラブラブ




何はともあれ、クリスマスは愛の日!


家族であれ、友達であれ、ただすれ違うだけの知らない人でさえも

かかわる人たちすべてに対して
愛する気持ちを忘れずに過ごしたいね。ラブラブ


それこそがクリスマススピリットクリスマスツリーキラキラ




そしてそれはクリスマスだけでなく

一年365日持ち続けていたい感覚でもある。



それができたら一年中が「愛の日」となり、

自分の人生が「愛の人生」になる。キラキラ



Merry Christmas!!! ......to all! クリスマスツリーキラキラ





Image result for Christmas love

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。