「天使のレクチャー」の著者、ヒロコ・アイザックスのブログです。

心のこと、からだのこと、日々の思いや気づきをここで綴っています。


記事を読んで思ったこと、感じたことがあったら何でも書き込んで下さい。

コメントへのお返事はしておりませんが、すべての方の声に感謝し、大切にします。ラブラブ




     

        燦燦と 愛の花びら 降り注ぐ
                  輝く太陽 天使は歌う

 天使のレクチャー』       (画像をクリックビックリマーク




ベルメルマガ

COCOクラブ☆未来からのメール




ベル

遠隔チャネリング&ヒーリング・セッション



ベル 

サウスマイアミ・スピリチュアル・ミニリトリート

あなただけのスピリチュアル・ジャーニーの
ガイドをさせていただきます♪



      

          優しく生きる

     はね『天使の使者』はねになろう

              天使をクリックビックリマーク


    上の天使はご自由にお連れ帰り、ブログなどに貼ってくださいね^^



 



    Now here♪ /  Here I am♪-平和と希望そして愛

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-07 13:50:07

「金持ち」?「有名人」?どっちを選ぶ?

テーマ:世界を変えるエッセイ


熱く温めたアップルサイダーを飲みながら、

11年ぶりのニューヨークの寒い冬を過ごす今日この頃。コーヒー



今は外へ出られる状況じゃないし、
第一、寒すぎてそんな気分にもならないので、

ビジネスにフォーカスしながら時を過ごしているのだけど、

自分たちのビジネスにおいて、
ついに今までに感じたことのない、
「これだ!」という手ごたえを感じ始めた!



面白いように増えていくデポジットの数字!!!



もちろん、シーズンの関係もあるので、

今のままの状態で
その数字を一年中確保できるわけではないだろうけど、

少なくとも、どのくらいまでの仕事量をこなせるのかということが
体験的によくわかったので、

このシーズンが終わった後のビジネスの広げ方のめどもついた。


このシーズンの収入を上手に活かして、
より大きな収入へと導いていくこともできるだろう。




今までわたしはこれほどまでに地に足をつけて、
コツコツと地味、地道な仕事を積み重ねたことがなかった。



わたしはもとは裕福な家のお嬢様で、
バブル時代に甘やかされて育ったせいか、

もともとお金にはあんまり興味がなくて、

夢とか名声とか華やかなことばかりを追いかけ続けてきた。



けれどもビジネスの失敗、活動の破綻などが重なり、

もう本当に暮らしていけなくなるかもという
瀬戸際に立たされたここ数年の体験が

わたしを大きく変えたように思える。

いろんな意味で・・・・・・。




先日、モントローズという70年代の超人気ロックバンドの
ロニー・モントローズというロックスターのインタビューを見た。


その人は70年代、大スターだったと同時に
多くのビジネスで大成功した大金持ちで、

現在68歳という年齢なのにものすごく若々しくて、

「ポジティブ!ポジティブ!」・・・・・なんて自分に言い聞かせる必要もないほどに
自然なキラキラとした軽快なポジティブ・エネルギーに満たされた人!



そのロニーにインタビュアーがこう聞いた。



「もしも『金持ち』か『有名人』かのどちらかを選ぶとしたら

あなたはどちらを選びますか?」




するとロニーはこう答えた。



「それはもちろん『金持ち』だよ!

自分自身のエゴを満たすためのお金だけではないよ。

お金があれば人々をサポートすることもできるんだ!

僕は何件ものレストランを持っているけど、
その中で実際に大きなお金を稼いでいるのは2件くらいだよ。

でも人がおいしいものを食べ、楽しく集える場所を提供して
喜んでもらうっていうことが大切なんだ。

僕はさまざまなチャリティー活動もしている。

貧しい子供たち、
難病を持つ子供たちの治療のための資金の援助をすることなどは
本当にすばらしいことだ。

そういうことをしながら人の喜ぶ顔を見る時ことが
自分にとっては何より一番の幸せだ。

・・・・・・・・(以下略)

そういうことが自分を一番幸せにするけれど、
そういうことはお金があるからこそできることだ。

『有名人』もそりゃ悪くないよ。

人々に好かれて、自分が注目を浴びるっていうのも気分いいもんだ。

でもやっぱりそっちより『金持ち』のほうが絶対にいいに決まってる!」



そう言う彼を「カッコいいなあー!」と羨望のまなざしで見ながら、

本当にその通りに違いないとわたしは思った。



もちろん自分自身はそんなレベルとは遠すぎるにもほどがあるけど、

それでも金銭的な余裕を少しずつ感じ始めることで、

「とにかく1ペニーでも多く稼いで何とか生き延びなくては!」
・・・・・という究極的な状態から抜け出し、

もっと丁寧にいい仕事をして
人に喜んでもらおうという余裕の思いを持てるようになってきた。


そしてそういうメンタリティーはさらにビジネス自体も
よりよくしていくに違いない!グッド!



また、自分個人の状態を見ても、

さあ、それじゃ、久しぶりに服でも買って、
もうちょっとおしゃれしてみようかなとか、

時には楽しいことをしに
外へでかけてみようかなとか、

そういうことを思えるようにもなった。合格




今のビジネスがもっとしっかりとした基盤を持って安定したら、

きっとわたしは再びヨガを教えることができるようになるのではないかと思う。



仕事としてではなく、

人に心身より健康になってもらい、

現実世界とはディスコネクトされた
平和で静かな時空の提供をするためにキラキラ




・・・・・・なんか自分の夢の形がクリアになってきたな^^♪



その夢に向かって次の年もがんばっていこう!






Image result for catch dream

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-04 16:35:34

余命数年

テーマ:スピリチュアル


今日は天国へいった愛猫チチのことが強く出てくる日だった。


わたしにとって今まで天国へ送った猫たちは
どの子もとても大切で深く愛した子達ばかりだったけど

そのなかでもチチは何かとても特別なものを持った子のように思える。



天国へ行く子たちはみんな亡くなってからしばらくの間はわたしの手元に残り、
そしてやがては天へとのぼっていくのだけど、

そんななかでチチはいつまでもわたしのそばにいつくような子のように思える。



あの子がいってから2ヵ月半たつけど、
今もわたしは毎日のように彼女のことを思い、

彼女のビジョンを見たり、彼女の声を聞いたりする。


何かをチチに話しかければ、すぐに彼女からの答えが返ってくる。



この家の中には彼女がまだここにいることのサインでいっぱい。



今日もあの子のことを思い出してひと泣きした。


最近はいろいろなことで精神がもろくなっているので、
もともと泣き虫なわたしは通常以上に涙もろくなっている。



そしてその後でヨガをしているときに、ふとこんなことが頭をよぎった。



チチは8歳で癌で亡くなったけど、

その猫年齢をわたし流に人間年齢に換算すると55歳くらい。


もしかしたらわたしもそのくらいの年齢で癌で死ぬのかもしれない。



・・・・・・・そんなふうにいうと、ものすごく不吉な想像のように思えるけど、

ひき続いてわたしはこう思ったんだ・・・・・・。



もしそうなら、今みたいに落ち込んでばかりいるのはバカバカしい!

残された年月、もっともっと自分の時間を大切にして、
楽しく、明るく、笑いながら生きよう!


楽しいことをたくさんして、
大好きな人たちと時間を過ごして、
おしゃれして、
おいしいものを食べて、
歌って、
踊って、
自分の周りにいる人たちを大切に愛して、
ネガティブで気分が重くなるようなことに時間を使わず、
たくさん笑って、
茶目っ気たっぷりの可愛いわたしでいよう!


・・・・・・そしてそう思った後で、さらに思った。


それならなぜ今そうしないの?


そうする代わりに
楽しむことを後回しにして、
大好きな人たちよりも商売相手や取引相手を優先して

もし本当に55歳で死んだら、決して行き着くこともないほどの
遠い未来のことを心配し、
起こってもいないことを想像して恐れることに今の時間を使い・・・・・・


なんでそんなバカなことしているんだろう!・・・・って。



そしてそんなことを考えていたら、
自分の上にかぶってた皮がするっとむけたような感じがした。




もちろん、こうありたい、ああありたいと口で言うのは簡単。


でも実際にそうあることはそれほど簡単ではない。



実際に癌を宣告されたら、
今は想像もつかないような感情を数々味わうことになるはず。


けれども逆に言えば、癌を宣告されることと比べれば
今、わたしが向き合っている不安や恐怖などは
屁みたいなもんなのに、

なんでそんなものに振り回されているんだろう?



なんかそう思ったら、
今こうやって不安や恐怖につぶされていることがバカバカしくなってきた。




いつ自分の命が終わっても後悔しないような生き方をしよう!



これは実は、わたしが大学生の頃にあるきっかけを通して

ドキドキして眠れなくなるくらいに強く感じ、誓ったことだった!



実際にあのセンセーションを感じた翌日から世界は全然違って見えたし、

自分自身も変わった!


あの時にわたしはただのキレイ系女子大生から「自由なわたし」になった!



そしてそれ以来、多少ぶっ飛んでいても、変わり者と人に言われても、

自分の欲求や情熱や好奇心にしたがって生きるようになった!



そしてそのわたしが今のわたしになったんだ!



世の中の洗脳とか型とかに押され、
苦しみに押しつぶされて、忘れていたことだったけど、

ふと自分の哲学のベースを思い出した。



これからまた初心に返って

フレッシュな気持ちで若者に戻って生きていこう・・・・・・・キラキラ



いつ自分の命が終わっても後悔しないように!





Image result for flying angel
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-03 08:00:10

ヘルシーな食生活の10の秘訣!

テーマ:からだ


今年は大きな環境の変化などからストレスのとても高い年だったのだけど、

そのストレス発散に「食べる」ということに走っていた。ナイフとフォーク


自暴自棄になっていたせいか、
普段の私なら絶対に食べないと思うようなジャンクであれ、
目の前にあるものはとにかく何でも口に放り込んでいた!



消化器官が強い人なら、それでストレス太りという状態になるのだろうけど、

消化器官が微妙~~~なわたしは、そのアブノーマルなアクションから
とにかく今年は体を壊しまくった!



そして数日前の朝、ついにわたしの消化器官はストライキを起こした!


「お願いだから休ませてくれーっ!!!」ってねあせる



毎日飲むコーヒーも一口口にするだけで吐き気。

食べ物を口に入れても吐き気。



・・・・・・それで2日ほどジュースファスティングをしてみた。



現在ジューサーがないので、なんちゃってバージョンだけど、
とにかく、野菜、果物のジュースと水だけで過ごした。


その結果、多少調子はよくなって、食欲も感じ始めたけど、

とにかくまる1年近くもひどい食生活になっていたので、
ちゃんと調子を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそう。あせる


普段からクリーンな食生活をした上で
一日ジュースファスティングをした後の感覚とはまったく違う!



普段からある程度気をつけている時は
丸一日ジュースファスティングをしただけで、
白目がすっきりと白くなって瞳が輝くのだけど、

今回はそれもない!

(まあ、なんちゃってジュースファスティングなので、
ジュースがフレッシュじゃないせいもあると思うけど・・・・)




わたしは健康な身体を持つために
誰もがヴィーガンになるべきだとは思ってはいない。


身体に何が必要かは人それぞれの身体によって違うし、
またその時々のコンディションによっても違うのだから、

それをすべてひとっくるめにして健康な食事を語るのは無理だと思う。



健康な食事について、誰にとっても一番大切なことは

自分自身の身体の声を聞き取れるようになることだと思う。



ちゃんと自分の食べるものに意識を向け、
自分の身体の微妙な違いなどに目を向けることができれば

自然と身体の声は聞こえてくるようになるもの。


ただ自分自身の悪食習慣に流されるのではなくて、

自分の身体を感じること!
目を向けること!
気を配ること!
愛すること!





身体は様々なサインを送って、

今何を食べたらいいのか?
今何を食べないで欲しいのかを教えてくれている。

それは多くの場合、誰にでもわかる形でサインを送っている。


胃がもたれる。

身体や気分が重たくなる、だるくなる。

お腹が痛くなる。

吐き気。

肌のかゆみや発疹。

肌や白目の色。

つめや髪の状態などなど・・・・・


それに加えて、さらに微妙な部分にまで気づければ
また、どうしたら改善できるかを知っていれば、

身体というのは信じられないくらいに健康や若々しさを保てるもの!




それでは、まだそんなレベルまでいっていない場合はどうしたらいいのか?



その秘訣をここで10項目ご紹介!



1、できるだけケミカルを避け、オーガニックの食品を選ぶ

2、できるだけ出来合いの食品を避け、ナチュラルな食品を取る
またはナチュラルな食材を調理して取る


(※とにかくケミカルをできるだけ避けることが大切!)

3、クリーンな水をこまめにたくさん飲む
(お腹がすいたらまずは水を一杯飲むという感覚がよい!)

4、空腹を避けてこまめに少量の食品を取る
(そのときに取るものはまずは野菜、果物のジュース、
もしくは野菜果物を切って食べる感覚で!)

5、いろいろな色の野菜や果物を意識して取る
(※それぞれの色にそれぞれのビタミンが!)

6、食事は時間を追って軽くする(夜は重い食事を取らない)

7、できるだけ不健康な食品は買わない!周りに置かない!


8、炭水化物(小麦、砂糖、米など)の摂取量を少なめにする
(※炭水化物、特に小麦のグルテンは
取りすぎると消化器官に与えるストレスが非常に高くなる!)

9、できるだけ生に近い状態で食品を取る(火にかけすぎない)
(※食品によっては火を通さなければ食べられないものもあるので
その辺は個々で要注意!)

10、お腹に膨張感を感じるなど、
消化器官を酷使しすぎた時に出るサインを受け取ったら
ジュースファスティングなどをして消化器官を休ませてあげる




なんてことなさそうで、慣れるまでは結構、この9項目は実行が大変!


けれども慣れてしまえばなんてことない!



わたしも再び食事に気を使っていこうと思ってるよ。


さあ、一緒にがんばってみる?!




Related image
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-12-02 00:43:36

「わたし」2017年にむけて

テーマ:こころ
2016-11-27 09:27:02

黄色いランドセル

テーマ:スピリチュアル


昔の友人とコネクトしたことで思い出したのだけど・・・・・・


わたしのランドセルは黄色だった!



今なら「それがどうしたの?」ってかんじだろうけど、

わたしの子供の頃はランドセルは男の子は黒、女の子は赤というのが定番で、

そのほかの色のものは滅多になかった。



今でも覚えているのだけど、
5歳の頃、来年から小学校ってことでランドセルを買ってもらうことになって、

そのときにわたしは

「赤はあんまり好きじゃない。黄色がいいな・・・・・」

・・・・・って言ったの。



子供の頃から色とか美観にとてもこだわりのあったわたしは

あのランドセルの赤があまり好きじゃなかったのね。


もう少し黄色身を含んだ明るい色の赤なら好きだったのだけど・・・・・。



それで「黄色のランドセルがいい!」といったら、

父が知人に頼んで見つけてもらったのか、特注したのか、

本当に黄色いランドセルを買ってくれて、

それが届いたときはうれしかったと同時にかなりビックリした!


だって、黄色いランドセルを見たのは初めてだったから。




望みの黄色いランドセルは当時10クラスあった小学一年生の中でも
学校中で一番小さかったわたしの小さな小さな背中には
とーっても大きく見えたみたい。


小さな子供用のセーラー服のような服を着て
黄色いランドセルをしょって写真を撮ってもらったこともよく覚えている。




そんなスペシャルな黄色いランドセルだったのだけど・・・・・・


実際に学校へ通うようになってからはかなり後悔した。


目立ち過ぎちゃって・・・・・・・あせる



高学年になってランドセルを持たずに学校へ行くようになって、
先生に「ちゃんとランドセルを持ってきなさい!」って怒られたりしたな。汗



それにしても自らみんなと違う黄色のランドセルを望んで
ひどく目立ってしまって悩むというわたしの子供時代は、

なんかどこへいっても浮いてしまう、
変わり者のわたしを物語っているよね。(笑


(関係ない話だけど、ランドセルといえば、先日NYCへ行った時、
若い男の子・・・・20歳が前後かな?
がしょって歩いているのを見たときは笑った^^)




今思うと、なんで5歳のわたしが
黄色がいいといったのかはちょっと不思議。


黄色は特にわたしの好みの色だったわけではない気がするけど・・・・・・



ただ、いまだにわたしは白以外の色のついた服を身に着けるときは

不思議と黄色みのある色が落ち着くみたい。


たとえばオレンジや明るいグリーン。


赤でも黄色みのある赤にひかれるし、

ブルー系なら絶対ターコイズ!



黄色は太陽の色とされるけど(アメリカでは・・・・)

確かに黄色はわたしの心にサンシャインをもたらす色なのかも・・・・・キラキラ




さて、あなたはどんな色が好きはてなマーク





Image result for yellow

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-11-24 22:33:26

ポジティブとネガティブのバランス

テーマ:スピリチュアル


数週間起こった問題から、ここのところ大きな悩みを抱えていて、

かなり精神のストレスレベルも高かったのだけど、

そんな中で改めて気づいたことがあったのでシェアしたいと思う。




多くの人たちが悩みを抱えて落ち込んでいる人に対して

こんなふうなアドバイスをする。



「考えてもどうにもならないのだから、
自分を苦しくするようなことは考えるのをやめたほうがいいよ」


「考えすぎなのよ。」


「自分が楽しくなることだけを考えたほうがいいよ」


「ポジティブ♪ポジティブ♪」



もちろん、確かにそれも一理あると思う。


自分を苦しくするようなことばかりを考えて、
ネガティブのループから抜けられなくなると、

人は精神のバランスを崩して、
やがてそれは精神の病気にもなる。




でもね、ちょっと待って!



自分のネガティブな思いや感情と向き合うことも大切よ!



なぜならネガティブな思いや感情というのは
そこに何か危険があるときに自分自身を守るために起こるものだから。


もしもそこに危険があるのに
それを警告してくれるものを無視して、楽しそうなことだけ見ていたら、
死んでしまうかもしれないよ!叫び




死んでしまうまではいかなくても、
たとえばわたしの場合には

「ネガティブなものを無視することで
同じ問題を繰り返し引き起こす!」


・・・・・・ということが起こっている!



当たり前だよね。

危険を知らせる警告を無視しているわけだから・・・・・・



そしてその逆に、ネガティブを見つめたからこそ、

自分の人生から自分にとって不要なものを削除して、

その結果よりよい人生を手に入れることができたということもある!グッド!



つまり「ネガティブ」を持つことが問題なのではなくて、

「それとどう向き合うか?」ということが問題!


そしてそれは確かにかなり難しいこと。汗




そこでわたしが発見した

健全で前向きなネガティブとの向き合い方!



たとえば今あるもの(仕事、人間関係、結婚、家、暮らし、財産など)に対して、
それを削除したほうがいいのではと感じるような問題が起こって
悩み、苦しみを感じたときに、


それならそれを失ったときに自分はどうするのか?

なにができるのか?

どんな代わり、可能性があるのか?



・・・・・・といったことを想像してみる。



そしてそれを想像した時にどう感じるのか?


ワクワクするのか?

しないのか?

現実味を感じるのか?

感じないのか?

いい気分になるのか?

かえって嫌な気分になるのか?


それをじっくりと感じてみる。




その感覚がポジティブであれば本当に削除してもいいかもしれない。

そうでないのなら
ポジティブな感覚が起こるまでは待ったほうがいいかもしれない。



ひとつはっきりといえるのは、
ネガティブな感覚を基盤に動くことはできれば避けたほうがいいということ。


動きはワクワクする感覚やポジティブな感覚とともに起こすべき!


つまり、

動きを起こしたいのならワクワクを見つける!


そうできればネガティブをポジティブに変えることができるはず!キラキラ



しかもそうやって脳を使うことで、ネガティブのループを切ることができる!合格



ただし、それが本当に削除するべきものではない場合は、
どんな考えにもワクワクはしないはず。


そんなときはまた考え方を切り替える。




基本的に、自分が何を感じているのかに敏感になればなるほど、

人間は自分自身の心の問題は自分自身でスムースに解決して、
よりリラックスして平和な精神で生きられるようになる。グッド!



けれどもこの世界で生きていて、いつでも常に楽でいようなんて思うのは
(今、そういう考え方が流行ってるけど・・・・・)
やっぱり怠惰な考え方だとわたしは思うよ。



本当に心の平和が欲しいのなら、

悩んだり苦しんだりする精神体験も必要!




だからこそ、そういう体験がやってきたときも
ただ「ポジティブ♪ポジティブ♪」といって、

何も考えないようにして
現実や自分の心の中で起こっていることを無視するのではなく、


すべてを自分という人間のために起こっている体験と感じて、

まっすぐに向き合い、


時には泣いたり叫んだり、

あまりのネガティブさに人から避けられたりしながら(笑

それを乗り越えていくことは

とっても、とっても大切なことだと思う!合格




苦しみの体験は人間を賢く、そして優しくする。ラブラブ



もちろんそれをあえて起こす必要はないけど、

それがきたときにも無視せずに向き合い、
そして乗り越えることのできる強さを持ちたいね。グッド!




ネガティブもポジティブもすべて同じだということに気づけたとき

人はより強く、
賢く、優しくなり、神や天使に近づける!キラキラ




Image result for angel

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-23 12:07:26

人生をやりなおす

テーマ:こころ
2016-11-22 07:33:44

わたしと海

テーマ:スピリチュアル


わたしは海が好き。ドキドキ


ワクワクしたい時、癒されたい時、

いつもいつも海へ向かったものだった。



いろんな場所のいろんな海との思い出もある。


そして縁も!




今は海の前に建つ家に住み、
毎日海を見ながら暮らしている。



日本へ行くと、バルコニーから海しか見えない
父の熱海のコンドへとほぼいつも足を伸ばす。



NYCに住んでいた頃はハワイで暮らす夢を持っていて、
時々ハワイへ出かけていった。



ハワイは始めてあの美しい青い色の海を見た場所。キラキラ

わたしが小学生のときのはなし。




大学生の時はハワイ島でスキューバダイビングを初体験して、

海の内側の美しさに大きく感動して、

その後、ダイビングのライセンスを取った。



海への関心が増し、時にはニューカレドニアまでも足を伸ばし、

世界のいくつかの美しい海へと出かけていったけど、

なぜか最も美しいと思ったのは伊豆の海中の景色だったりした。(笑


群れで泳ぐ小さな魚がキラキラと輝いて
まるで天の川のようだったのを思い出す。キラキラ




あれだけ海中の景色に感動したのだけど、

不思議と今はもうダイビングをしたいとはあまり思わない。



ひと気のない静かなビーチで夕日の写真を撮ったり、
瞑想したり、楽器を奏でたりするほうが性に合っている。



以前はよくビーチで日光浴もした。晴れ


ビキニがすごーくよく似合ったし、
日に焼けてゴールドに輝く肌が好きだったので・・・・・


でも基本的に日光浴は退屈なのであんまり好きじゃない。



何をするにせよ、海のそばにいるのがとても好き。ドキドキ




海には場所によってパーソナリティーのようなものがある。



ハワイのワイキキビーチ
ハワイ島の海
ニューカレドニアの海
伊豆の海
千葉の海
日本海
マイアミの海
サウスビーチ
ニューヨークのロッカウェイビーチ

・・・・・・どれもみんなそれぞれにぜんぜん違うエネルギーがある。



どんな海も好きだけど、

今は自分が今住んでいる
ロングアイランドのオリエントのビーチの魅力にすっかりはまっている!



ここの海にはわたしがそれまでのわたしの人生の中で
感じたことのないエネルギーがある!



白っぽい石のビーチ
常夏ではなく、四季のあるビーチ
春には花が咲き、花の香りが漂うビーチ
時々鹿たちが現れるビーチ


プライベートビーチなのでとても静かだけど、
秋は釣りのシーズンなのか、釣り人たちが多く姿を現す。


お義母さんのだんなさんはそれに不平を言ってるけど、

わたしはそんなのも季節の移り変わりを感じて
なかなか悪くないと思ったりする。



冬、雪が降ったときにこのビーチはどんなふうに見えるのか
今からとっても楽しみ♪雪

(たぶんもうすぐだわ♪)




海が好き!

でも街も好き♪



小さな街でいいから

いつか海のそばの(ヨガスタジオのある^^)
可愛い街に住めたらいいな。。。ラブラブ





Image result for kiki delivery
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-19 22:59:38

ブスになってよかった!

テーマ:スピリチュアル


人間誰でも年齢とともにルックスも変化していくものだけど、

わたしの場合はその変化が突然起こった!



それは忘れもしない34歳のときのこと、

ある日鏡を見たら突然顔が変わっていて、

その時は体重が落ちたり、大きな心労があったりしたので
それはきっと一時的なものだろうと思っていたのだけど、

それ以来もとの顔には戻らなかった・・・・・・。叫び



ルックスが変わって以来、とても気持ちが重くなり、
世界まで暗くなってしまった。しょぼん



そのときに限らず、わたしは突然顔が変わるという現象が
自分の人生の中で何度か起こっている。


うそみたいだけど、
本当に短い期間でまったく別人の顔になってしまうの!


顔の部分部分のつくりさえ変わってしまうので、
しばらく会っていない人はわたしがまったく誰だかわからなくなるほど、

ある日突然すごく醜くなったり、美しくなったりするのよ!



たとえばブサイクだった幼女のわたしは
7、8歳のときに突然美少女になり、

その子は12歳のときに突然、超ブスな女の子になり、

さらに19歳のときにはまた突然きれい可愛い娘になる。


そしてそのわたしは今度は突然30歳のときにはセクシーな美女に!バラキラキラ


ところが例の34歳のときの変化以来、またブス化してしまった・・・・・・汗




あの変化は実は本当にショックでかなり心が折れた。



それまでの美女時代は、自分でいうのもなんだけど、
今その頃の写真見ても本当にきれいで、(チビだけど・・・・・)

その美のエネルギーはわたしの人生に
いろいろな楽しいこと、面白いことを日々巻き起こしてくれていた。


自分では特に何もしなくてもデートとか恋愛とかが次々と勝手に起こったし、

エスニック・タレントエージェンシーに声をかけられたりとか、
フォトグラファーに目をつけられてモデルをするようなことも続いた。



とにかくただマンハッタンの街を歩いているだけで

多くの人たちから見つめられて、
いろんな面白いことが起こったものだった。ドキドキ



ところが34歳のときに顔が変わってから、

もう気持ちが引っ込んでしまって、人前に出る気すら起こらなくなり、

その変化でわたしの人生はそれまでとはまったく違ってきてしまった。



また突然顔が変わらないかなー

・・・・・・と期待するものの、そのまま。




でもね!



最近はこう思うのです。



「ブスになってよかった!」・・・・・・って。キラキラ



顔が変わってから、なんか人生がつまらなくなったような気がしてたけど、

実はその変化がなくては決してなかったと思える心の成長をしていた!



それは

他者に対して優しく、思いやりがもてるようになって

人を愛せるようになったこと!ラブラブ


人間にとって本当に大切なことが何かに気づけたこと!




きれいだったときは外見の美しさが自分の価値だと思ってしまっていて、

それにばかり頼ってしまったり、
ほかのことが見えなくなってしまったり、

時には他者に対してまでもそのモノサシで価値をはかったりしていた。


自分ではそうしているつもりはなくてもいつの間にかそうしていたのよね。



けれどもそういう偏った感覚から自由になって、

真実が見えるようになったら、

人生はもっともっと愛や優しさに満ち溢れてきた。ラブラブ




美しい人がみんな必ずしも以前の自分と同じだとはいわないけど、

「ビジュアルの美」というのは
かなり人間にとってパワフルであることは確かなので、

それに大衆の目は惑わされるものだから、

人は多くの場合、ただ美しいというだけで、
そのエネルギーに多大な影響を受けることも確かだと思う。



うちの彼も若い頃、超ハンサムだったのだけど、

(これはわたしなんかとはまったく比べ物にならない
日本人にはないレベルの美しさ!
背も高いわけだし・・・・・ドキドキドキドキドキドキ

そのせいか、なんか人(特に女性)は彼を甘やかすので、
いつまでたっても甘えが抜けないところがあるし、

今も外見に対して(特に自分自身やその他のミュージシャンたちの)
気にしすぎるところがあって、

そんな部分が出てくると

「バッカじゃん!!!」

・・・・・・ってあきれ返っちゃうこともある。



彼の周りにいるかなり美形のミュージシャンたちなどを見ていても、

一見カッコいいけど、
どこか精神的に幼稚でイケテない!
・・・・・って感じることも実はよくある。ダウン



その上、そのタイプの人たちって自己愛ばかりが強くて
自己中だったり、衝動がおさえられなかったり、
人の気持ちを考えられなかったり、思いやりがなかったり・・・・・・

また愛されることばかりに慣れていて
自分は人を愛せなかったりすることも多いので、

そういう人たちはパートナーに愛想をつかされてしまい
結局独りになってしまうことも多いみたい・・・・・・



そんなことを思うとやっぱり

ブスになってよかったんだよ!



ブスになることで、自分の周りにいる人たちも

美しいルックスとかセクシーさなどに
わたしの価値を感じる人たちではなくて

わたしという人間そのものに価値を感じてくれる人たちになってきたし、

そうすると、自分の周りは
深くて知的で温かな人たち、人間関係でいっぱいになっていく!



そしてそういう人たち、そういうものに囲まれていると
人生はより豊かで美しく幸せになる。ラブラブ



また、実際にそういう人生を味わっていると
感覚的に本当に大切なものが何なのかを思い出せるから、

もうべたべたと化粧しなくては外へ出られなかったり、、
美容のことだけで頭がいっぱいになったりすることなどは決してしない。




さんざん自分を「ブス」、「ブス」いったけど、

本当はブスじゃないよ。

逆に思いがけずに人からきれいだといわれることもあるくらい^^ドキドキ



以前のように男性をドキドキさせたり
大衆から「きれいー!」っていわれるタイプの美とは

違う美を手に入れたんだね。


「今、あるがままの自分の美」キラキラ



人間は誰もがいつもその時その時
あるがままで美しいんだよっていう言葉の意味が

少しずつうわっつらの言葉としてだけではなく
ハートでわかりはじめてきたのかもね・・・・・・^^キラキラ





Image result for goddess

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-18 02:37:01

”What a wonderful life! (お引越しの準備中)”

テーマ:世界を変えるエッセイ


ちょうど一年前に書いた
「断捨離なんかするもんか!」・・・・っていうブログなのですが、
とってもいいと思いました。グッド!


なので、リフレイン♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。