「天使のレクチャー」の著者、ヒロコ・アイザックスのブログです。

心のこと、からだのこと、日々の思いや気づきをここで綴っています。


記事を読んで思ったこと、感じたことがあったら何でも書き込んで下さい。

コメントへのお返事はしておりませんが、すべての方の声に感謝し、大切にします。ラブラブ




     

        燦燦と 愛の花びら 降り注ぐ
                  輝く太陽 天使は歌う

 天使のレクチャー』       (画像をクリックビックリマーク




ベルメルマガ

COCOクラブ☆未来からのメール




ベル

遠隔チャネリング&ヒーリング・セッション



ベル 

サウスマイアミ・スピリチュアル・ミニリトリート

あなただけのスピリチュアル・ジャーニーの
ガイドをさせていただきます♪



      

          優しく生きる

     はね『天使の使者』はねになろう

              天使をクリックビックリマーク


    上の天使はご自由にお連れ帰り、ブログなどに貼ってくださいね^^



 



    Now here♪ /  Here I am♪-平和と希望そして愛

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-28 23:32:06

アメリカのいろんな場所での暮らし

テーマ:日記 & others..


わたしのアメリカ暮らしも今年で22年目!


その前から日本でもわたしは引越しの多い人だったけど、
アメリカへ来てからもずいぶんと引越しをしたものだ。



わたしの弟たちは今も親の家に住んでいて、
一番下の弟などは生まれてこの方、ずっとそこで暮らしている。


それに比べるとわたしは
なんとも落ち着きないというか、ジプシー的というか・・・・・・(笑



アメリカ暮らしの最初の11年間は
マンハッタン、もしくはマンハッタン近辺で暮らしていたのだけど、

その間も引越しが多く、ニューヨーク大学の寮を始めに

チェルシー、ローアー・イーストサイド、グリニッチ・ヴィレッジ、アッパーイースト、

それとハドソン川の向こうに臨むマンハッタンが窓から見える
ニュージャージー州のウエスト・ニューヨークにも住んだ。



その後、マイアミに引っ越して11年間。


その間、一度も引っ越さなかったのはわたしにとっては驚異的だけど、

その後、またニューヨーク州への引越し。


今いる場所は同じニューヨーク州でも
ニューヨーク・シティーとはまったく違う。


今度こそはここで落ち着くのかなと思いながら引っ越してきたけど、
すでに絶対的にそれは無理だろうという雰囲気^^汗


いつか自分たちが落ち着く街を見つけることができるのか?

それとも一生ジプシーなのか?




アメリカに住んでいて面白いなあと思うのは
州が変わると、まるで国が変わったようにすべてが違うことだ。


法律も違えば物価も違う。


だから運転免許証なども
週を越えた引越しの後は書き換えなくてはならない。



国道などを走っていても州境を越えて州が変わったとたん、
まるっきりエネルギーが変わったりする。


たとえば
花いっぱいで明るい雰囲気のノースキャロライナ州からバージニア州に入ると、
花はなくなり、道路沿いのたて看板なども硬い感じで、
突然違う雰囲気が漂い始める。

車のスピードリミットまで変わる。


アメリカの州を越える感覚は日本の県を越える感覚とはぜんぜん違う。

まさしく州の中がひとつの国のような感じなのだ。



マンハッタンで動いていたときに
一年くらいニュージャージーに住んでいたことがあったけど、

川一本超えてニュージャージーに入ったとたん、やっぱりすべてが違った。


当時は

"Oh! You live in New Jersey?! I''m so sorry."

(あなたニュージャージーに住んでるの!お気の毒に)


・・・・・なんてよくいわれたけど、実はこれがすごくよかった!


ニュージャージーは殺風景であまり美しい州ではないけど、

物価は安いし、ニューヨークシティーよりずっと静かだし、

おまけにわたしが住んでいた地域は
ニューヨーク・シティーからとても近いのですごく便利!


家のまん前のバス停からのバスサービスは24時間頻繁にあり、

15分くらいでマンハッタンの真ん中のポートオーソリティーに着ける。


マンハッタン内の多くの場所以上にずっと便利なのだ。



おまけに家の窓からはよくジグソーパズルで見るような
川を臨んでのマンハッタンの景色!


特に夜は最高に美しい!


今では人々もあの地域のよさを理解したのか
あの地域の不動産はだいぶ高くなっているようだ。



ニューヨークからマイアミへの引越しは
まさしく別の国への引越しのようだった。



マイアミはラテンのエネルギーの大きなファンキーな街で、
キューバ系などの人たちが多く、
人はすごくフレンドリーで、すごく激しい!メラメラ



オーランドなどのフロリダの別の地域へも行ったことがあるけれど、

マイアミのエネルギーはフロリダの中でも独特のように感じる。



そして今いる地域、ニューヨーク州ロングアイランドは白人の世界。


ワーカーにはヒスパニックの人たちも見かけるけれど、
アジア人はほとんどいず、
まるで宇宙人になったような気分を味わっている(笑



そのほかにも
マサチューセッツ州(ボストン)、DC(ワシントン)、
ネバダ州(ラスベガス)、ニューメキシコ州など、
アメリカのいろんな土地を訪ねたことがあるけれど、

そのなかでもハワイはわたしにとっては
子供の頃から縁のあるとても特別な場所で

今までに十五、六回は行っているし、
一ヶ月くらいの短い時間だけど、
ボランティアワークをしながらオフィシャルに住んだこともある。

以前はハワイには友達もたくさんいた。



自然の美しさ、土地のエネルギー、人のエネルギー、
アジア人にとっての居心地のよさなど

すべての面でハワイは最高だった。


ハワイに住みたいと思い始めてからすでに20年近くも経ってしまったけど、
その夢はいつかかなったりするんだろうか?


でもわたしのような宇宙人は
所詮どこへいってもなんかフィットできないのかもなあ。


・・・・・・・なんて考えたりしている、ジプシーなわたし^^





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-26 22:26:06

「何もしない」って新しいな!

テーマ:日記 & others..


マイアミからニューヨーク州への大きな引越しからおよそひと月半、

ようやく気持ちのシフトができ始めてきたように感じる。



東京、ニューヨークシティー、マイアミと、
大きな街、もしくはその付近でしか暮らしたことのなかったわたしにとって

この環境の変化は本当に本当に大きな恐怖だった。叫び


まるで自分の人生が終わってしまったようにすら感じて、

しばらくの間はここから逃げ出すことばかり考えていた。



ここの生活を想像しているだけの時は
そんなの平気だろうと思っていた。


それに地域には人もいるのだから友達も少しはできるだろうし、

たとえできなくてもヨガ・スタジオへ通えば
自分と共通したものを持つ人たちとも出会えるわけだし、

ヨガ・スタジオがあるのだから
ティーチングの機会だってあるだろうと思っていた。



けれども現実はそんなに甘くはなく、

今のところ基本的に人とはほとんど交流のない生活になっている。



それでわたしはパニック!叫び



「キャーッ!どうしよう?!」



フェイスブックを見ればにぎやかに活動している人たちばかり。


ヨガ・ティーチャーの友達たちはみんな日々クラスを教え、
たくさんの人たちに囲まれているし、

イベント、パーティー、旅行、かわいい子供たち、エトセトラ・・・・・

みんな、みんなとても楽しく、華やかで、忙しそうで、


だからフェイスブックを開くたびにすごく焦ってしまった。



自分は何もしていない!

何かしようと思ってもできない!


・・・・・・そう感じ始めると、

自分の人生を棒に振ってしまったような、

ただここで死ぬのを待っているような、

暗く重たい気持ちになってしまった。



そしてその後、
異常なほど多くのクレージーなアイデアが頭に浮かんでき始め、

それが自分を左右し始めた。



躁鬱のマニック(躁)の部分のお出まし。


これはヤバイと気づいたわたしは、
自分の中に浮かんでくるクレージーなアイデアを流して、

「ただ静かにいること」を選んでみた。


そうしたらやっと自分のセンターを取り戻し始めることができた。キラキラ




何かしようとするのをやめて、ただ状況に流れる・・・・・


そうしたら突然、
今自分の住む地域の美しさが大きく浮き彫りになり始めた!



この地域は本当に、本当に、あり得ないくらいに美しい!


ただ自然が美しいというだけではなく、

この地域にはファーストフードとかコーポレートストアなどもなく、

人の意思によって美しい街が創られている。


とても美意識とアートの感覚の大きな地域でもあるのだ。



美しい自然、その中に住む美しい鹿やうさぎや鳥たち。


フェアリーテールの絵本の中から出てきたような家々が建ち並ぶ。


「嘘でしょ?!」という言葉が思わず口から飛び出してしまうような世界だ。


おそらくこんな場所に住んでしまったら、
この後、どんな場所に移動しても
「ここは醜い!」と感じてしまうかもしれない。



その美にフォーカスがあたったら、

自分が今持っているギフトのすばらしさを感じずにはいられなくなった。


そもそもこの地域はわたしたちが選んで住むような場所ではないし、

選ぼうと思ったってわたしたちに住めるような地域ではない。



けれども、それでも今、ここに流れ着いている!


それならば、ここにいる間は
思い切りこのギフトを楽しもうという気持ちになった。



そしてこの土地の美しさは
わたしのクリエーティヴィティーを刺激し始めた。


自分の中に湧き上がってくるもう一つの世界!キラキラ


それはわたしに子供の頃の感覚を思い出させてくれている。



多くのお金や物を持ち、

多くの人々に認めてもらえなくては人間には価値はないと

ずいぶん長いこと思い込んでいた自分に気づいた。


もちろんお金や持ち物や名声やアテンションも
無駄だとはいわないけれど、

子供の頃感じていたシンプルな幸せは
そういうもののなかにはなかった。


それはシンプルなようでいて、
実はもっともっと深くて、大きくて、美しいものだったことを思い出した。キラキラ



「とりあえず、今は子供に返ってみて、

そんなシンプルな幸せを思い出してみるか・・・・・」



今感じている幸せに浸っていると、

「そうだよ!それでいいんだ!」と神さまが言っているように感じる。



クレージーなアイデアに妙なワクワク感を感じ、
そっちへ流れていきそうになっていたときの
「なんか違うんじゃ・・・・・?」と不安がよぎる時の感覚とは逆の感覚。



何もしようとせず、自分を方向付けずに

流れ続けてみることにしよう。



そして、その先で待っているものは・・・・・・・はてなマークはてなマークはてなマーク





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-24 23:24:23

躁鬱(双極性障害)のはなし

テーマ:


今日は躁鬱(双極性障害)の話を書こうと思う。

自分自身のパーソナルな話も多くなるし、
長い記事になると思うので限定記事にしようかと思ったのだけど、

これは特に躁鬱(双極性障害)とは関わりのない人たちにも、
結構面白い話かもしれないと思ったので、

思い切ってオープン記事にした。




躁鬱(双極性障害)という言葉にはとても病的な響きがあるけれど

多くの人たちにある意味、
少しは躁鬱(双極性障害)の傾向はあるんじゃないかと思う。


なぜならまったく波のない平坦な心のモードで生きている人というのは
きわめて少ないと思うから。


女性なら生理の関係でPMSなどもあるしね。

(生理前は人格変わるっていう人、多いよね?)



人間に気分の波があるのは普通。


けれどもその波が激しすぎて、
日常生活に支障をきたすようになればそれは「障害」。波



わたし自身のケースはその微妙な境界線のレベルだった。


今までクリニックへ行ったり薬を取ったことは一度もない。


けれどもわたしの躁鬱の波はかなり激しく、
自分の日常生活、活動などに多少なりとも影響を及ぼしたことは
今までに何度となくある。



躁鬱(双極性障害)と「うつ病」は
症状の緩和のためのアプローチが大きく違うという。


「うつ病」の場合はとにかく気分を引き上げるアプローチが必要になるのだけど、

躁鬱(双極性障害)が「うつ」モードにいる時に同じアプローチをすると、
精神のモードの波が余計に大きくなってしまうので逆効果なのだそうだ。


だから躁鬱(双極性障害)の場合は
気分を持ち上げるアプローチではなくて、
できるだけ心が静かになるようなアプローチが必要になる。



その理屈は自分という具体例を見ても、非常に納得がいく。


「うつ」に陥ると、わたしの脳は無意識的にバランスをとろうとするのか、

なにかすごく大きなこととか大胆なことをやりたくなり始め、
実際にそうするように自分自身を仕向ける。


けれどもその衝動に流されると、

その後、マニックな状態が過ぎ去ると
またより激しい「うつ」になってしまう。



数ヶ月前からわたしには「うつ」状態が続いていたのだけど、

最近はなんだかすごく大胆でクレージーなアイデアがたくさんわいてきて
それに妙なワクワク感を感じ始めていたところだった。


けれども過去の経験からいって、
その衝動を現実にしようとしたりすると、

大きなトラブルを招いてしまったり、失敗をしたり、
人に迷惑をかけたり、嫌われたり、汗

大きなしっぺ返しを食らうことをわたしはよくわかっている。



だから自分のなかのマニックな部分が動き始めたのに気づいたわたしは、

あえて動き回るのをやめて、
静かに瞑想的な日々を送ることを選んでみた。


そうしたら見事に精神の状態が安定して、

平和で幸せなメンタルステートを取り戻し始めた。合格




その自分自身の体験からわたしは
自分の躁鬱(双極性障害)の脳についてをさらに深く理解できた。


自分の今まで繰り返してきた行動パターンや、

そこから起こったトラブルや失敗のパターンやその理由をはっきりと把握した。



また、躁鬱(双極性障害)のある自分にとって
なぜクンダリーニ・ヨガ、メディテーション(瞑想)が
とても効果的であるのかもとてもよく理解できた。合格




躁鬱の「躁」のときは通常、
本人はハイパーになっていてとても気分がよいので
問題を感じないことが多いのだけど、

実はこのマニックな状態は「うつ」と同じくらいに問題が大きい。


マニックのときは自分の容量を超えたこと、
現実味のないことをしようとしてしまうことが多いので、

大きな問題や失敗を引き起こしやすいし、

それによって人に迷惑をかけてしまったりすることもあるだろう。

とにかく、後になっていろいろな形でしっぺ返しを食らうことになる。あせる


おまけにハイパーになればなるほど、

そのあとにくる「うつ」は重くなる。



だから躁鬱(双極性障害)の傾向のある人は

興奮よりも平和を追求していくことが健康な精神のために大切!



障害レベルでなくても、
自分は気分の波が激しいと感じる人はそれを頭に入れておくとよいと思う。合格



「興奮よりも平和を求める」

・・・・・などというと、なんだか退屈な感じがするかもしれないけど、

実は「平和」のなかにこそ、この上ない至福があったりするものだ♪^^



「えっ?なんのはなし?」・・・・・と、思う人は、

子供の頃の感覚へ戻ってみるといいかもしれない。


子供の頃は
大きなこと、変わったことをして世間の注目を浴びるとか、
ぼんと大金を得て金持ちになるとか、
若い恋人をつくるとか、

・・・・・・そんなことしなくても幸せを感じられたはずだよね(笑



また、心の平和の美しさや気持ちよさを感じるためには

メディテーション(瞑想)はとても効果的!



日々、マインドをニュートラルにする時間を持っていく

メディテーション(瞑想)とともに生きるライフスタイルは

現代人誰にとってもお勧めだよ!グッド!キラキラ



メディテーション(瞑想)をしている人たちって

透き通ったかんじで、さらりとしてて、静かで、柔らかく、

優雅で女神チックな人たちが多くてとってもステキ!キラキラ







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 07:20:20

瞑想後、目を開けると、目の前に・・・!

テーマ:スピリチュアル


東京、ニューヨークシティー、マイアミと、

基本的に大きな街暮らしをしてきたわたしは、

新しい土地(ニューヨーク州ノースフォーク)の状態に
正直大きな恐れを感じてパニックしていた!叫び



ここはいわゆるニューヨークの大金持ちが
セカンドハウスを持つような地域で、

周りにはほとんどアクティヴィティーがない。



車で10分ほど走るととても美しい街があり、
そこには多少のアクティヴティーはあるけれども、

そこもどちらかというとツアーリストの街という感じ。


新しい土地でもクンダリーニ・ヨガを教えたいというわたしの夢は

とりあえず今しばらくはかないそうもない。しょぼん



バスサービスがあるというので
コスト節約のため、車をあまり使わない生活にしようと思っていたけど、

バスサービスは限られた時間のなかで一時間に一本くらいしかなく、
朝のヨガプラクティスに間に合う時間にも、
夕方のプラクティスの帰りの時間にもバスはなく、まったく使えない。



近所は家をセカンドハウスとして使っている人たちの
不必要に大きなサイズの豪邸ばかりで、しかもほとんど留守。

友達もできそうにない。



そんな状況の中で

「ガーン!!!」叫び・・・・・・・と、

絶望し、パニックしていたわたしだった。



けれども引越しから一ヶ月たって、
初めて自分の家のまん前のビーチを散歩した日から

何かが変わり始めた!



「なによ、これ?!」

・・・・・・って思うほど美しいビーチ。キラキラ


しかもこの辺のビーチは
この地域に住む人たちとその関係者以外は入れないので、

ビーチには人がいない!



この街自体があきれ返るほど美しいけれども、

このビーチの美しさもただものではない!


なぜ一ヶ月もただ窓から眺めるだけで
ここへ降りてこなかったのだろうと、

家で落ち込んでいた自分自身がバカみたいだと思った。



ビーチだけでなく、この辺りはすべてがあり得ないくらいに美しい。


まるでフェアリーテールの絵本のなかの街!ラブラブ



そんな美にふれていると、それだけで魂が磨かれるかんじがする。

美というのは人間の心にとっては本当にパワフルなもの!キラキラ



そんな美の中にいると、だんだん、

自分もこうでなくてはいけないと思っていた
フェイスブックの中などでよく見かける華やかで忙しそうな生活など

本当にどうでもよくなってくる。




美しいビーチの夕方からサンセットの時間は

わたしの大好きな時間。ラブラブ



サンセットの空や海は毎日違う色合いを見せ、

本当に本当に面白く美しい!



視覚的美しさだけでなく、

耳に聞こえる波の音、鳥のさえずり、

甘く芳しい花の香り、


・・・・・・とにかくすべてがあきれ返るほど美しく完璧!



その時間帯にビーチで写真を撮ったり、
楽器を奏でたり、瞑想したりするのがとても好きだ。ラブラブ




昨日もわたしはその時間帯にビーチに降りた。


サンセットの時間帯の空と海の写真を撮り、

短い瞑想をした後でゆっくりと目を開けると・・・・・・



なんと目の前にとても美しい若い鹿が!!!



わたしがメディテーティブ・ステートで動かないので
怖くなかったのか、

茂みの中から出てきて、じっとこちらを見ていた。



その一瞬、わたしはもう何年も何年も感じたことのない

この上ない至福を感じた。ラブラブ



そしてわたしたちのいる空間をつなぐように
美しい鳥がさえずりながら飛ぶ。


まるで白雪姫になった気分^^ラブラブ



わたしはしばらくの間、体を静止させたまま鹿と見つめ合っていた。


釣竿を持った男性がビーチへやってきて、

その足音に鹿は茂みの中へと逃げていった。



その男性と「ハーイ」と挨拶し合う。

とても柔らかな優しいエネルギーの人だった。


「あなたの写真の邪魔にならないようにと思って・・・・」と彼が言うので

「今、鹿に会ったの」と言うと、

「ああ、鹿ね。いつもだよ。
夜になるとたくさん出てきて怖いくらいだよ」と彼は言った。

「そうなの?!
Oh my god! わたしも見てみたい!」と、わたしは言った。



静かで優しい夢のような時間。

このままどこか不思議な世界へと招かれていきそうな不思議なワクワク感。



自分の暮らしの中にこんなに美しい時間と空間があるのなら

クンダリーニ・ヨガのティーチングができなくても、
まあいいかなと思えてきた^^ラブラブ



瞑想の後で目を開けたら、目の前に鹿がいたなんて、
あり得ないくらいにゴージャスなことじゃない?キラキラ




神を信じ、自分を信じて、ただ流れることにしたら

子供の頃にどこかに置き忘れていた
わたしにとっての本当に幸せを思い出し始めたように感じる。キラキラ



もう何も怖くない!


神を信じ、自分を信じ、流れ続けてみることにしよう!キラキラ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 22:23:24

美観が変わる時代!

テーマ:世界を変えるエッセイ


時代は動く!

すべては変化する!



現代の世界には嘆かわしいこともいっぱいあるけど、

素晴らしいなと感じることも結構あるものだ!



特に最近の欧米の傾向を見ていてわたしがとても嬉しく思うのは

少しずつ人間の個性が輝き始めたということ!キラキラ



以前、つい数年前までは

たとえば女性の美しさだとか、すべての美観が
ひとつの二次元的な直線の上に乗せられていて、

その二次元的な価値観だけよってその人の価値が決められていて、

たとえば太っていたり、背が低かったりすると
自分は醜いとか、価値が低いと思わされる世界だったように感じるのだけど、


特に欧米ではここ数年の間で
そういう価値観が大きく変わってきたように思える。合格



ほとんど何も食べずにガリガリに痩せた女性だけでなく、

体重100キロ以上もあるような大きな女性たちも

ヨガのクラスでは誇らしく自分の肌を見せる。

そして周りにいる人たちも
それにさわやかさを感じ、ポジティブな反応を示す。グッド!キラキラ


・・・・・・・人々の感覚が変わり始めているよなあと感じると、

なんだかとてもワクワクしてきて嬉しくなる^^ラブラブ




「人は皆、あるがままで美しい」キラキラ


・・・・・・・などといっても、以前は誰も信じなかった。



二次元的な美観の中で上のほうにいないと
自分も自分を美しいとは思えないし、
周りも決して自分を美しいと思ってはくれないと誰もが感じていただろう。



だからみんな自分ではないものになろうと必死!


食事をするのをやめたり、

髪形ばかり気にしたり、

化粧をきちんとしないと、家から一歩も外へ出られなくなったり・・・・・・



けれどもたぶん、そういう時代ももう終わりつつあるのかもしれない。晴れ




私自身も個人的にとても大きなセルフエスティーム問題を抱えているので

自己価値観が低すぎて困る人なのだけど、


個性が輝き、自分自身の持ち、
自分本来の美を発揮している人たちを見ていると

涙が出てくる!

とても元気づけられる!



「自分は太っているから」、
「背が低いから」、
「きれいじゃないから」、
「若くないから」・・・・・・


などと言い訳して
自分を必死で人目に触れないところに隠そうとするのはもうやめて、


自分の個性や美に誇りを感じることのできる人間になっていこう!



何よりも自分自身に美や価値を認められた自分は

それだけで最高に美しく輝き
最高の幸せを味わえるはずだよ!キラキラ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-18 22:44:55

シンプルな脳のモード切り替え方法!

テーマ:


頭がぐるぐると動いて止められなくなって、

苦しくなってしまいやすい人ってたくさんいるよね。



それを自分で意識している人もいれば、

いつの間にかそうなってしまっている人たちもいる。



自分のマインドにつぶされてしまっている状態だけど、

イライラや落ち込みなどの精神のストレスが高くなり、
それがずっと続いている状態になっている人たちのマインドは

そんなふうになっている。



そんな時、人は自分の状況とか自分に起こったことなど、
問題は自分の外側にあると思い込む。


もちろん状況、出来事がそれを誘発したり、
それに拍車をかけていることはあるけれど、

本当はすべて自分の内面がクリエートしている問題であって、

状況なのではない。




そんなふうになっているときの脳は、

その脳のモードをキープできるものだけを無意識的に見続けている。



イライラ脳、落ち込み脳、不安脳、恐怖脳・・・・・

そういうモードの脳は自分をイライラさせてくれる要因、
落ち込ませてくれる要因、
不安や恐怖を感じさせてくれる要因を

わざわざ時空さえ超えて休むことなく追いかけ続けている。


それで余計に自分の脳がキープしたいモードを高めながら・・・・・・



それを感じさせてくれる問題がひとつ消えると、

またその同じモードになれるほかの要因が出てきたり、

時にはほじくり返して昔の感情へと戻ったり、

未来の不安につなげたり・・・・・・・

そういう脳はそういうことを自動的、無意識的にする!

し続ける!



けれどもそれはすべて脳のトリックで、

それが絶対的な現実なのではないと知っておくと、

結構シンプルに今感じている感情や思考を変えることができる!合格



たとえば未来に対する不安を感じているときの自分が


「こうなりたくない!」というビジョンを見ていること気づいたら、

それをいったんやめて、

「こうなりたい!」というビジョンに切り替えてみる!



あまり現実離れしすぎたビジョンではなく、

実現可能だと感じられる希望のビジョンがよい!



それだけで一瞬にして脳のモードが変わるし、


「自分は今、こうあるべきではない!」というものの代わりに、


「自分は今、こうあるべきだ!」
というような、

「今の自分のありかた」が具体的に見えてきたりする。



すごく当たり前なことなんだけど、

無意識的に生きているとなかなかできない。



イメージ、ビジュアライゼーションは脳にとってはとっても大きい!



それを意識的にできるようになっていこう!グッド!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-17 10:20:40

自由人のなれの果て?!

テーマ:天使のことば


すべてをあきらめ

なにかしようとするのをやめ

ただ生きていこう!




自分で方向付けするのを一切やめて、

ただ流されてみたら自分の人生がどうなっていくのか試してみよう!キラキラ




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




新しい生活の中で悪戦苦闘中のわたしたち・・・・・汗



新しい環境へと引っ越したらきっと

お金の支出を減らし
ビジネスにフォーカスしてお金をためられる

二人で旅行にいけるような自由と便利も得て、

美しい環境の中で心の平和とともに暮らし、

ヨガのスタジオへ通い新しい友達をつくり、

ヨガのティーチングをして、

家族と愛とともに支え合いながら
暮らしていくことができるだろうなどと思っていたけれど、

(甘いっ!あせる

現実はそんなフェアリーテールのような世界ではなかった!天使ラブラブ

(そんなん、当たり前だわ!)



お金の支出は多少は減ったけど、
(でもこのあたりは高級地で物価がかなり高いのでそれほどでもない)

生活は超不便かつ超不自由。

ストレス、不満は百倍増!

ティーチングどころか
ヨガのスタジオへ行ってプラクティスをすることさえ思うようにできない!

外出するというシンプルなことさえも!(ゴミ捨てることさえ大変という世界!)



新しい環境の中では
アート製作とか、ソロダンスの創作などもどんどんやろうと

夢をふくらませていたのだけど、

あまりのストレスに何も楽しいことをする気分にはなれなくて、

そんな中でも日々続けていることは
自分自身のヨガと瞑想のプラクティスだけ。



「こんなはずじゃなかったああああああ!!!!」叫び


・・・・・・と、さらに人生を転落した気分になって、

かなり落ち込んで、パニックして、

ここから逃げ出すことばかり独りでこっそり考え続けていた。




そんな感じでここしばらくはかなり内面的にジタバタしていたのだけど、

ここ二、三日の間でついに何かが吹っ切れた!



「もうすべてあきらめよう!」

「何かしようとするのをやめよう!」

「ただ生きていこう!」



・・・・・・突然そんなふうに思い始めたのだ。



それは自分が人生の敗北者であると決めて
自分の人生をあきらめるという意味ではなくて、


自分で方向付けするのを一切やめて、

ただ流されてみたら自分の人生がどうなっていくのか試してみよう



そんな感じの好奇心だ。



よくよく考えてみれば、


成功したり、失敗したり、

金持ちだったり、極貧だったり、

アーティストだったり、著者だったり、先生だったり・・・・・・


いろ~んな状態を体験しながら、

アメリカや日本のいろんな場所を渡り歩き、

ジプシーのような、ボヘミアンのような、
自由人の生き方をしているわたしの人生は

それだけで面白い!ラブラブ



そしてそんなに大変な人生を生きているということだけでも
かなりすごいことだと気づくと、

なんだか自分の人生は
それだけでも十分かもと思えてきたのよね^^




いろいろなネガティブな思考が
頭の中をぐるぐると行き交い、止めることができず、

悶々とした状態でいても、

わたしたちの今
住む地域の美しさにはいつもため息が出る!


目の前は美しいビーチが広がり

うさぎや鹿や美しい鳥たちが庭に遊びにくる。ウサギ


街の中までまるでフェアリーテールの世界ラブラブ

マクドナルドやターゲットのような
コーポレートストアやファーストフードの店などはこのあたりには一切なく、

どこへ行っても自然も、人工の建物さえもすべてがあまりにも美しい!



こんなに美しい場所に一度住んでしまったら、
この後はどこにも引っ越していくことはできなくなるのではと思う。



ふと、すべてをあきらめ流れる覚悟ができたら、

さらに輝いて見え始めてきたこの土地の美しさ!


それを感じていたら、

もしかしたら自分には
今まで想像もしなかったような生き方があるのかもしれないと思えてきた。
キラキラ



たとえヨガのクラスへコンスタントに通えなくても
ヨガのティーチングができなくても、

わたしはプロのヨガ・インストラクターそして経験のあるヨギー。


スタジオへいけなくてもヨガは自分でプラクティスできるのだし、

それならば、今はこの環境の中でできることをしながら、
自分たちの人生を次のレベルへとステップアップさせていこうと思う。合格

(今は思わず泣き笑いしてしまうほどひどい状態だけど
・・・・^^汗
この先、わたしたちがどうなっていくのか、乞うご期待ね!チョキ




すべてをあきらめ

なにかしようとするのをやめ

ただ生きていこう!




自分で方向付けするのを一切やめて、

ただ流されてみたら自分の人生がどうなっていくのか試してみよう!キラキラ






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-06-15 21:35:39

大雑把な人、細かい人

テーマ:こころ


彼のお母さんとだんなさんのそばで暮らすという
まったく新しい生活環境のチャレンジの中、

日々いろいろなことを学んでいる。



二人はわたしの両親とは年代も違うし、(まだ60代半ばくらい)
何しろタイプがぜんぜん違うので、
わたしはしばらくの間、とにかくものすご~く動揺した!叫び



うちの両親は大雑把でなんでもOKっていうタイプだけど、

二人はものすごく細かくて、
大雑把な両親に育てられたわたしには驚くこともいっぱい!


驚くだけならまだいいんだけど、
精神的ストレスがたまっていくのがとてもつらかった。ドクロ


「どうしてそんなことが大問題になるわけ?!」

・・・・・・って感じることだらけ。



けれどもその反面、二人のおかげで
わたしたちの生活環境はとても清潔で整理整頓されてきた。キラキラ



わたしの両親のおおらかさは今思えば本当によかったのだけど、

ゴミ屋敷に近いような(?!)環境のなかで暮らすのは
本当に心地悪くて嫌だった。汗



でも自分自身も掃除とか整理整頓が苦手だし、
うちには猫もたくさんいるし、持ち物も多いので

ずっと整理整頓されず散らかった、清潔感のない環境で暮らしてきていたし、

たぶん常に家をきれいに整えることは
こんな自分には無理だろうと半分以上あきらめていたのだけど

その癖が短期間の間で改善されているのは嬉しい♪


いつも清潔できちんと整理整頓された環境で暮らすことは
わたしのひとつの夢だったからね^^♪



人と関わるって面倒なことだし、
特に違うタイプの人だとお互い大変なことも多くなるけど、

いろんな人と、特に自分と違うタイプの人と関われば関わるほど

新しいことを学べるのだなあと思った。




今、この環境の中でのわたしの課題は

周りの人たちのエネルギー、ストレスに左右されないようになること!



きちんとした細かい人たちというのは
家の中もきれいだし、完璧な状態を保つことも上手なのだけど、

小さなことをストレスにしやすく、
しょっちゅうイライラとしている傾向があることが多いように思える。


それを感じ取ると、大雑把でいい加減なわたしのような人間にも
普段は全然ストレスにならないようなことがストレスになってしまうことがある。



そうならずに、たとえ相手がイライラしていても、
自分は自分が普段イライラしないことにはイライラすることなく、

平和なマインドを保てるようになっていきたいなと思っている。



難しいことのようだけど、
最初に比べると少しはできるようになってきているように感じる。グッド!



そもそもわたしは非常にエネルギーに敏感だし、

基本的に人の目も気にするので
(人の目など気にしたくないとは思っているのだけどね・・・・・)

人のエネルギーやストレスに非常に左右されやすいタイプなんだけど、

それを変えていかないと人と関わることができなくなっちゃうよね。




人のエネルギーやその人の気持ち、思いに敏感なのは
いいことだと思う。グッド!


鈍感でそういうことが全然わからない人たちというのも
世の中には結構多いけど、

それだと人を思いやったり、気づかったりすることができなかったり、
知らないうちに人を傷つけたり、嫌な気持ちにさせてしまったりすることもある。


けれどもだからといって、
他者のエネルギーに流されてアップアップしてしまえば

自分自身をより苦しくするし、
周りの人たちも心地悪くするし、

そうすれば人と関わることが嫌になってしまう。


だから、人のエネルギーや気持ち、思いなどををちゃんと感じながらも

流されない自分になっていけたらいいな。合格





きちんと整理整頓され他清潔な環境で暮らすことは

心のためにもとっても大切!



それと同時におおらかさや自分自身の軸、心の平和を保てる強さも

とってもとっても大切!合格






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-13 22:04:48

昨夜わたしに起こった魔法

テーマ:こころ
2016-06-12 11:21:31

人生の変え方

テーマ:こころ


異国の新しい土地でのまったく新しい暮らしの中で、
イライラしたり、不安になったり、パニックしたりすることの続く
チャレンジに満ちたわたしの今日この頃。叫び



そんな中でわたしのバイポーラ(?!)の症状は悪化して、

非常に感情の波が激しく、

突然ゴジラのように火を噴いて怒り出したり、メラメラ

「貧しさに負けた~・・・・・・いいえ、世間に負けた~
・・・・・・いっそきれいに死のうか~」
(これ、なんていう歌だっけ?)

・・・・・・と、昭和の演歌の世界のようにさめざめと泣いてみたり、

はたから見れば変すぎて怖い、
もしくは滑稽すぎるような状態のわたし。汗



そんなわたしは昨日もイライラとして
彼の運転する車に乗りながら、
ネガティブなことを言い続け、一人で怒りまくっていた。むかっ



ネガティブなことばかり言い、
火を噴いてゴジラのように怒っているわたし。メラメラ

けれどもそれに反してこのあたりの景色は
本当に、本当に、美しく、美しく、美しすぎて、黄色い花キラキラ

それを見ていたらふと突然、開き直るような気分になった。



「やめた!やめた!

もうネガティブな脳に左右されまくって
ネガティブな態度でいるのはやめた!

これからはたとえ嘘でも
元気で明るい言動をすることにする!」



そう叫んだとたん、すでにちょっとだけ世界は違って見えた。

明るさと希望が増しているように感じた。キラキラ




自分自身のネガティブな感情や思考を否定して封じ込め、

自分にはポジティブしかないと思い込めば精神は歪んでしまうけど、


自分自身のネガティブな感情や思考を理解し、受け入れた上で
ポジティブな態度を取っていくことができれば、

自分の脳内が徐々に変わり、

そしてその結果、現実も変わっていくんじゃないだろうか?



たとえば私自身の今現在の状態の中でも

不安や恐怖にフォーカスして、
未来の恐ろしい光景を想像したり、

今の自分をみじめがったり可愛そうがったりする代わりに


今、目の前にある美に目を向ける!

これからよくなっていく光景をビジュアライズしながら努力する!


どうしても許せない部分は

(たとえばこの年になって、ティーンの子供のように
お母さんに怒られている自分たちとか・・・・^^あせる

ギャグにして笑う!バカボンのパパ ガハハハハ!



たとえネガティブな思考や感情が浮かんできても、
それを言葉や態度にして外へ向けない!

ポジティブな言葉を選ぶ!

ポジティブな態度を選ぶ!

とにかく、とりあえず笑う にひひ

ネガティブ脳が止まらなくなった時はすぐに、
体を動かす、踊る、もしくは歌う!


・・・・・・そういうことを実行していくうちに、

だんだんと自分自身の脳内も変化していくんじゃないだろうか?




そしてそれをやっていこうと誓った翌朝・・・・・


わたしはやっぱりそれまでと同じように
不安と恐怖でいっぱいの重たい頭で目覚めたけれど、

それと同時に、このチャレンジに挑んでいくことで何かを乗り越えられそうな、

ここで思いもよらない素敵なものを見つけていくことができそうな、

そんな微妙な希望を感じ始めた。キラキラ




本当の「ポジティブ」とは「ネガティブ」を否定して
自分には「ポジティブ」しかないふりをすることなのではなくて、

自分の「ネガティブ」を理解し、受容した上で、
「ポジティブ」なアウトプットをしていくこと!




それが自然にできる人のことを「ポジティブな人」というのだと思う。

それができれば実際にポジティブ脳が鍛えられていくと思うしね^^合格


そしてそうなっていくことが今の自分の一番大きな課題のように思える。



内面にフォーカスし、

そしてその日にやること、
コツコツと日々を生きていくことにフォーカスし、

「いつしか気づいたら大きな自分になっていた!」

・・・・・・そんなビジョンを持ちながら

焦らず、ゆっくり、日々を味わい、

この日々を美しく、楽しく、面白いものにしていくことに

自分のクリエーティヴィティーをつかってみるか^^ グッド!キラキラ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。