~未来の伝統に繋げる~をテーマに日本から世界へ

Cool Japan経済産業省「WAO工芸ルネッサンス・プロジェクト」 に
NUSSHAの商品「KANNA(鉋)」が入選しました。

800点をこえる予想を遙かに超える応募があり、
審査も、予定時間を大幅に超過したとききました。
そんなプロフェッショナルなキュレーターの皆様にお選びいただけたこと
半年ほど週末は山中にどっぷり浸かって仕上がった器なので本当に嬉しいです。

石川県内でも「金沢ADC賞」もいただいた商品ですが、
NUSSHA七年目の2011よりアートディレクターとして携わった
わたし自身もNUSSHAスタート元年でした。
世界への旅立ち、NUSSHAチーム全員の愛と汗の賜と
心より感謝申し上げます。

http://cooljapan-wao.jp/
■キュレーター(審査員)
アレッサンドラ・ベッターリ:フェンディジャパンPresident&CEO 板井麻衣子:2010 ミス・ユニバース ジャパン 伊藤直樹:クール・ジャパン戦略推進事業 クリエイティブ・ディレクター 猪子寿之:チームラボ代表 小川博:バカラ・パシフィック代表 奥山清行:工業デザイナー/KEN OKUYAMA DESIGN代表 亀井誠一:カーサ・ブルータス編集長 隈研吾:建築家 軍地彩弓:VOGUE girl クリエイティブ・ディレクター 成澤由浩:シェフ(レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ) 秦郷次郎:秦ブランドコンサルティング代表 元ルイ・ヴィトンジャパン代表 フィリップ・テリアン:ミクリジャポン代表 藤田 恭一:ファッションデザイナー 丸山敬太:ファッションデザイナー 他
AD

11/27

テーマ:
過ぎし11/26は「いい風呂の日」。
11/27は私は「いいつながりの日」と勝手に想定している。
11/27は松下幸之助氏が生まれた日。
明治27年11月27日に生まれ4月27日に天に召された。
人とのつながりを大切にしていた
松下氏の生き様を感じる数字。

自分の誕生日6月21日を足し算すると27になる。
こっちは偶然だろうけどちょっと嬉しい。

つながりを大切にしたい気持ち
うまれる絆はきっと必然。









AD

第一回金沢ADC公開審査

テーマ:
金沢アートディレクターズクラブ(ADC)が主催する公開審査会が11月12日、
金沢市民芸術村(大和町1)で開催された。
エントリー数 237点
作品点数 441点
◆金沢ADCは、石川県で活動するクリエーターが互いに刺激し合い、
切磋琢磨する場を提供することを目的に今年7月に発足。

Re-Komatsu
Re-Komatsu
Re-Komatsu
床一面に並べられた一点一点を丁寧にみてくださった一次審査。
一つ付箋がつくと入選。会場は静まりかえっていた。

$Re-Komatsu

Re-Komatsu

Re-Komatsu

第一線で活躍するアートディレクター佐藤卓さん、永井裕明さん、はせがわさとしさんという
夢のような審査員の面々。集中力とぎれることなく
真剣な表情の三名ににおもわず息を呑んで見守る会場の中、二次審査へ。

$Re-Komatsu
$Re-Komatsu
入選作品の中から35作品のノミネート作品を選出した後、ADC賞受賞作10点を決定。
いよいよ最終選考へ。

$Re-Komatsu
最終の3次審査は、来場者が注視する中で審査員による持ち点投票が行われた。
もっともどきどきする瞬間。

$Re-Komatsu
多くの力作の中、創作和紙工房まるともさんとのお仕事に満票をいただくという信じられない結果。

$Re-Komatsu
涙で表彰式ではしばらく前を向けない始末。

$Re-Komatsu
$Re-Komatsu
涙をふいて佐藤さんに巻いていただいたチャンピオンベルト。
何より石川が一つになって、夢にまで見たADCを金沢で開催できたことが…最高です!

打ち上げでは来期に燃える皆々様のお顔が印象的でした。
学生のみなさんも目の色が違っていましたよね。
来年はもっとすごい審査会になっていると確信します。

審査員の先生方、実行委員の皆さんはじめ会員の方々、参加者のみなさま、
お手伝いいただいた皆様、学生さん、
そして一緒に仕事にかかわっていただきました皆々様様
本当にありがとうございました。感謝しか、ないです!

撮影/高橋俊充氏


◆第1回 金沢ADC 公開審査会 結果報告

エントリー数 237点
作品点数 441点

◦グランプリ
横山真紀/[I1013]/まるとも商品開発とアートディレクション

◦準グランプリ
砂原久美子/[A1014]/kappa堂インセンス ポスター
アマヤギドウジュン/[C2005]/妖怪温泉双六
後藤徹/[A1017]/パイパー

◦金沢ADC会員賞
後藤徹/[A1018]/「ザ・キャラクター」
水橋一彰/[J1019]/GUETO CAPOEIRAポスター
砂原久美子/[A1014]/kappa堂インセンス ポスター

◦金沢ADC賞
松澤桂/[G1005]/北海道大物産展
松澤桂/[B1006]/折り鶴プロジェクト
横山真紀/[C1036]/NUSSHA「鉋(かんな)」商品開発
一二明子/[J1016]/Style of relaxation fu fu
宇野たまこ/[J2008]/omotenashi no katachi <わ> かきくけこシリーズ作品
山田隼人/[A1008]/漆工房大島ポスター

◦審査員特別賞【佐藤卓賞】
砂原久美子/[A1013]/かっぱ玉石鹸 ポスター

◦審査員特別賞【永井裕明賞】
井上和真/[I 2003]/いしかわの地サイダー

◦審査員特別賞【はせがわさとし賞】
橋本謙次郎/[J1024]/BLUE展出品ポスター 「HOPE」


Re-Komatsu


金沢ADCホームページ
http://www.kanazawa-adc.com/

審査会の様子(金沢経済新聞)
http://kanazawa.keizai.biz/headline/1662/


AD

まるいお札箱

テーマ:
(株)大島東太郎商店さまと共に制作しました「丸いお札箱」が
家庭画報(9/1発売)の通販カタログに掲載されます。
ネットでのご紹介は本日はじまりました。

$Re-Komatsu-高橋さん撮影
今をときめく高橋俊充さんに撮影いただきました


(以下、家庭画報様より抜粋させていただきました)

$Re-Komatsu-家庭画報

「まるいお札箱」マンションなどでは、昔ながらの神棚を祀ることはなかなか難しいものです。そこでお薦めしたいのが、このお札を供えるためのコンパクトな神棚。中に24cmまでのお札を立てかけることができます。凛とした美しさがある杉の柾目板を使用し、神聖とされる白木仕上げにしました。汚れ防止のため、天然塗料の亜麻仁油(あまにゆ)を塗布しています。モダンなインテリアにもなじむよう、伝統美を生かしながらもシンプルですっきりとしたデザイン。しっかりとした作り、そして美しい曲面は、加賀指物職人の経験を積んだ手技によるもの。扉の開け閉めもスムーズです。

農家カフェ

テーマ:
7月のJAZZフェスティバルも大盛況だった滝ヶ原。

いよいよはじまった学生による「農家カフェ」。
東京家政大学(お料理)、小松短期大学(接客)、金城大学短期大学部(デザイン)で期間限定OPENです。

初日の今日は思いがけない大盛況に生徒達はうるうるする間もなく
せわしく動いていました。きらり汗がうつくしい小松のAKB?

Re-Komatsu-nouka2
金ジョーズたちが作ったポスター。
滝ヶ原のとんぼやかえるが楽しそうに舞ってます。


Re-Komatsu-nouka1



家政大はせっせと支度。将来お店をもつ練習。
夢をもってるみんなはしっかりしています。
みなさんの愛情こもったお料理で大盛況。
11時には満席で順番ならんでいましたね、明日は席を増やしましょう。


Re-Komatsu-nouka6

金ジョーズは今回、Tシャツにもんぺ、うちわチラシポスター、店内装飾など担当。
テーブルには被災地福島から小松に来ていた小学生が作成した石のキャンドルホルダーも。
(ちょっとぼけた画像でごめんなさい。)

Re-Komatsu-nouka4 Re-Komatsu-nouka5


うちわに缶バッジ。Tシャツと缶バッチは三日分を初日に完売するほどの大盛況。


Re-Komatsu-nouka7

明日土曜日は薬膳セミナー、あさって日曜日は食リンピックも同時開催。
とっても楽しい家政大学の中村教授のお話は百聞は一見に如かず
大変興味深いですよ。

NUSSUA

テーマ:
2011.6月。
IFFTにてNUSSUAのリニューアルデビュー。

産地の強みを活かすモノヅクリの意識を大切に
半年かけて作った愛すべき商品たち。

九月の発売に向けて試作GO。



Re-Komatsu Re-Komatsu Re-Komatsu Re-Komatsu

「いしかわの木のしごと展」が開催されています。

5/10(tue)~5/20(fri)
11:00-19:00
(初日は13:00から、最終日は16:00まで)
月曜定休 入場無料

ギャラリールベインにて
http://www.le-bain.com/index.html

私たちの気持ちに素直に働きかけ、心地よかったり、ほっとしたり、すがすがしく感じたりするもの。今、本当に欲しいと思うものは、そのようなものたちではないでしょうか。いしかわの受け継がれてきたものづくり技術と作り手やデザイナーのみずみずしい感性とが結びついて生まれた木のしごとをご紹介。

参加企業・デザイナー
<輪島キリモト・桐本木工所>
有井ゆま&有井ユカ/安藤基広/大治将典/酒井俊彦
小泉誠/増田多未/山口美登利/山崎宏/山田佳一朗
桐本泰一
<彰宣 (株)我戸幹男商店>
THINGS 安島諭 本田智子/我戸正幸
<漆工房大島 (株)大島東太郎商店>
稲垣揚平/高橋俊充/高橋誠二/谷口昌子
奈良雄一/原嶋亮輔/横山真紀/大島太郎


Re-Komatsu-木の仕事1
Re-Komatsu-木の仕事3
Re-Komatsu-木の仕事2

イヴのお客様

テーマ:
$Re-Komatsu
プリンティングアーツディレクターの熊倉桂三氏と山田製版の北川氏がおみえになった。
わざわざ遠路来てくださって…まさにビッククリスマスプレゼンツ。
噂の浅葉克己氏デザインの名刺をいただき、楽しく、そして深イイお話をたくさんいただきました。

Re-Komatsu
つい、あれもこれもお聞きたくなって、ポスターをひっぱりだしては
表現についてお聞きしてしまいました。
初来松とか…雪の中、本当にありがとうございました。感激ひとしおです。

小松綸子(りんず)

テーマ:
$Re-Komatsu-小松綸子
あまりの繊細さにため息と驚嘆。絹のうつくしいライン。
[湯けむり女子ツアー]シルクビート見学にて。
「小松綸子」として全国に名を馳せた繊維産業も基幹産業のひとつ。
「女性の目線に期待します」とオーナーの山木氏は語る。