祈り人が作る、天と繋ぐお仏壇

彦根の伝統産業である仏壇産業を再復興させるために、日本人の祈りがいかに凄いものであるかに毎日触れていただきたくて、仏壇漆塗伝統工芸士を22年させていただいています。


テーマ:
お盆は、ゆっくりと

まずは、青龍の🐉滝で、マイナスイオン浴
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


武田善和ことイザナギの善さんです。

観和堂の宇宙エネルギーあふれる『零地場』の仏壇の造りの現場の紹介です。

近未来小型仏壇 『めぐる』 

霊峰伊吹山系で育った、日本で最も品質の良いケヤキがとれる最高の品質の『ケヤキ』一本を削りだして作った
摺り漆仏壇『めぐる』

霊峰伊吹山とは、
生命継承権憲邪(せいめいけいしょうけんけんじゃ)
植物の元生産親様(しょくぶつのもとうみおや)
皇親神漏樹命(すめかむつかむろぎのみこと)
の御魂のものすごい霊的パワーあふれる山です。
そんな、ものすごい「けやき」を厳選して手間をかけて作りました。

一本の「けやき」には、年輪があります。
人間には、頭のてっぺんにつむじがあります。
つむじは、右回転もしくは左回転しています。
人間に有るといわれる七つのチャクラの回転が最上部でつむじとして現れているのです。
つむじは、宇宙からのエネルギーが、そそがれる第七チャクラなのです?
そのチャクラの回転を、「けやき」の年輪!
一本の欅をくり抜き、宇宙からのエネルギーが注がれるように作りました。

関ヶ原にある、「けやき」専門店の銘木原木店から厳選して買い付けをします。



お店の前で、欅の乾燥を見守ります、(1年以上の期間)

半年近く店先で乾燥させた「けやき」は、
木取りしてから、丸太の内周を線書きして、ドリルで穴を開けより均一に乾燥させます。
これにより、割れや歪みしないようにする裏技です。

ここからは塗り

最初に、たっぷり生の漆を「けやき」に吸い込まし、漆室で二日間乾かします。

生漆ととのこをあわした堅地を、「けやき」の木目に擦り込みます

1週間置いてから、目止めをした堅地をキレイに研ぎ落とします。

木地設計・制作担当は、昭和4年生まれ87才 この道67年 武田和富

デザイン・塗り・組立担当は、昭和37年生まれ 55才の武田善和(伝統工芸士)

めぐるの仏具も手作り・オリジナルです。

めぐる・オリジナル仏具 仏器・茶器(写真上)

めぐる・オリジナル仏具 左から 花立て 線香立て ロウソク立て(写真上)




こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

母校(小学校)でのゲストティーチャー 20170711

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです。

約1ヶ月前の6月12日に6年生の児童に

地元の働く人の代表として

お話しに行かせていただき、子供たちから

お礼のお手紙をいただきました。(嬉しい)

20分間(10分お話し・10分質問に答える)×4回 

小グループ10名ほどの児童に

縦の糸・横の糸のお話しからはじまり、

お仏壇には七代前の先祖様たちがおとずれ、

この方達があなた方を守護して下さっています。

ご先祖様

その数ざっと252人以上ののご先祖様に

護られているのですね!

ご先祖の「依代(よりしろ)」であるお仏壇は、

私たちとご先祖様の交流の接点

どんなお仏壇なら、ご先祖様は、

ここに長くいたくなるかな?

私は、お仏壇の意味や仏壇を作る時の考え方などを

お話しいたしました。

最後に私がお仏壇を作らせていただく時、

お仏壇を通じて、たくさんのご縁を繋いでいただいた

ご先祖さま、お客様のことを思いながら、

ありがとうという気持ちを込めて、

お仏壇を制作してるんです。

など、不思議な話をさせていただきました。



こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から7月                      20170701

まいど おおきに ありがとうございます。

手間のかかる仏壇屋改め・・・

手間をかける仏壇屋(笑)

武田善和ことイザナギの善さんです。

 

自然素材と伝承技法にこだわるだけでない、

手間のかかるお仏壇を制作しております。

宇宙エネルギーを集め光に変え、

光の柱は、癒しと零エネルギーを生み出す

 

ものすごいお仏壇屋

 

今日から七月ですね

朝の通勤途中に氏神の新神社へご挨拶

 


そして・・・朝一番の仕事は

ケヤキの木を積み直し木でした。

三箇所に積み分けていたケヤキの整理です

二週間に仕入れたケヤキをまず製品にできるものは下に積み、

歪みや割れたケヤキは、ご近所さんお風呂の燃料に❣️
その上に昨年末仕入れたケヤキを敷き棒を挟みながらのせ!

一番上に3年前から乾燥していた欅を積み上げました。

上積みのケヤキはじゅんじ加工していきます。

 

 

 

 

 

ケヤキを購入しても使うときには、

歪み割れなどで3分の2ぐらいが製品に

ケヤキを使うときに削るので、製品になるのは半分かな?

 

ケヤキの丸太をくり抜いて作る部品や仏具などになります。

 

 

 

 

 

すごすぎる波動の仏壇を作らせていただいております観和堂です。

こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです。

今日は、5月3日ゴールデンウィークのお休みですが、

代表世話人を務める、大杉神社の御奉仕に来ております。

今日は、武奈町の三叉路から大杉神社参道の入口までの約400mをお掃除!

朝9時過ぎに大杉神社の到着・・・参拝をすませて

友人の澁谷和弘君の応援を得て掃除は超神的スピードでキレイに掃き調えられました。

その間父和富は、境内で伐採したhぎの木を長さ2mほどに切ってました。

切った木は、大杉神社のの札にするために準備をしております。





こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大杉神社の大掃除  20170430

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです。

今日は、朝から午前中にかけて代表世話人を務める神社にお掃除に行ってきました。

どんな神社かというと、ものすごい神社です。

彦根の鳥居本の山奥の廃村になった集落から3kmほどまだ奥にある名もない神社だけれども、

正式名を「北原竜宮・大杉竜王」といいます。

北原・・・と書いて「きとら」と読みます。・・・貴い人の墓処という意味だそうです。

大杉竜王・・・びわ湖に住まわれる「皇帝金龍」です。

大杉神社とは、初代人祖伊邪那岐尊の墓処を琵琶湖に住む皇帝金龍がお守りするところです。

大杉神社の参道のお掃除に87才の父と二人で行ってきました。

参道=産道 ・・・とっても大切な神さまの道でもあり、神さまと人を結ぶ道でもあり、

命の生まれる道でもあるのです。

私のニックネームは、そこからいただきました。

仏壇職人、武田善和・・・いざなぎの善さん。

ここに居るだけで気持ちいいですよ。

 

 

 

お参りさせていただき、

御神木に、ハグさせていただき・・・作業のはじまり

 

 

 

 

斜面の下につもった枯れ葉をほぐしてからカキだし

いっぱいの枯れ葉を反対側のがけの縁にまっすぐ棒状に並べ

 

最後は、2本に束ねた竹箒で掃きます。

1km近い参道のうち600mぐらいキレイにできました。

 

 


こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです(o^^o)


観和堂・オリジナル欅仏壇のめぐるを改良

87才になる父:和富さんの仕事中の後ろ姿は60代

 

木取りをした、「めぐる」の台座

 

木取りが終わり一時間あまりで、

「めぐる」の改良版「めるぐ・いやし」の台座ができあがりました。

木にこだわり

品質にこだわり

手作りにこだわり

 

 

こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感謝してます。

お客様から特別な「めぐる」のご注文をいただき、完成いたしました。

 

 

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです(o^^o)


善さんは、見えない世界が大好きな仏壇職人です。

 

 

 

 

 

中に段をつけて、仏像をお祀りするひな壇を

 

そして、・・・

 

 

ひな壇の下には、・・・土台を二cmほど掘り下げて、

 

大事なものを入れる場所を

 

こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです(o^^o)


善さんは、見えない世界も大好きな仏壇職人です。

 

2月22日、愛知県大府市の加古藤市さんの豊受庵におじゃまいたしました。

2月16日で、88才のお誕生日を迎えられ、

いろいろ不思議なお話を聞きました。

特に神武天皇以前の隠された歴史

そして、神武天皇以降の隠された歴史のお話など

加古藤市先生が、神さまから伝えていただいたとっても不思議なお話でした。

参考 大杉神社ホームページ「加古先生のお話」

http://www.kitora369.org/kakofujiiti.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豊受庵について、

お庭に、三位一体の不思議な場所を参拝

豊受庵に上がらせていただき

古代文字「アキル文字」でかかれた 天照皇大御神 のお軸のお披露目

続いて・・・君が代・御身生れ祝詞を

弥栄(いやさか)で、乾杯をして・・・

昼食を挟み加古先生のお話を、夕方4時過ぎまで、とっても不思議な時間でした。

 

 

 

 

こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まいど おおきに ありがとうございます。

お仏壇の観和堂

武田善和ことイザナギの善さんです(o^^o)


善さんは、見えない世界が大好きな仏壇職人です。

スピリチュアルなた旅も企画して聖地を旅しております。

君が代に隠された本当の意味を知る旅

日本の聖地である滋賀県の廃村になった武奈岳の山頂にある

大杉神社をお世話させていただいております。


この大杉神社と関連のある岐阜県揖斐郡旧君が畑は、

日本の国歌として唄われている君が代と深い関わりがある大事な場所なのです。

この大事な場所を建国記念日にご縁ある方々と訪れ、

日ノ本に生まれた意味や君が代に託された先人の思いを皆さまとともに感じ、

大和魂を目覚めさせる素晴らしい旅でした。


君が代の「君が代」とは、「九氣九神」伊勢の神の「御神聖」民草和氣の「御神氣」の

御代であり、世界平和を寿ぎ目出る「君が代」と「日の丸」の旗印は

「九氣九神」伊勢の神の象徴でございます。

2月11日・・・建国記念日のこの日・・・君が代に愛に行く旅!!



猿田彦と七福人の旅



南宮大社


喪山古墳


君が代の詩を詠まれた藤原氏の子孫のお宅
石位左衛門のお墓・・・君が代をみんなで歌いました

詳しくは、善さんが管理する大杉神社のホームページで
http://www/kitora369.org


こだわりの唯一無二の手作り仏壇の観和堂
〒522-038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
TEL:0749-22-5945
ホームページ http://www.kanwado.co.jp

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。