伝統工芸士が作る絆を深める本格純国産仏壇

伝統工芸士22年の匠の技が活きています。


テーマ:

お仏壇とは、

小さな寺院をあらわして、お家の中のパワースポットなんです。




お仏壇には、もちろん、ご先祖様を供養させていただく意味もありますが、

あわただしい毎日を送っている現代人にとって、お仏壇のある空間とは、

今の自分の在り方を振り返り、本来の自分の中にある豊かさに

気づくための大事な空間なのです。



昨今、パワースポットブームで、神社・お寺巡りをされている方が多いですが、

ストレス社会で、ご自分の心の穴を埋めるためにパワースポットを訪れる方が増えています。




そのような時代だからこそ、お仏壇というパワースポットをお持ちになられることで、

心身ともに豊かになれる空間作りが大切なのではないでしょうか。



観和堂・・・とは、
           「観」=心の目で見て、仏壇を作る
 
           「和」=大和の和心、のお仏壇を作る。
 
           「堂」=大切なお客様の大切なご先祖様のやかたを作る。
 
大和の職人が、大和の伝承技法で作る・・・大和魂を癒すためにこだわった純国産のお仏壇



AD
いいね!(75)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旧正月を前の準備

お家の遷宮を・・・彦根市内T様のお宅

T様宅は、一昨年ご主人を亡くされ、

50才になられる息子さんが当主に当たり

息子さんの仕事や家内安全を願われ、

76才になられるお母さんからのご依頼で、

今回、お家の神棚を新調されました。

先代は、お仏壇の左脇に神棚を祀られておられましたが、・・・

当主の息子さんにあった形でお祀りしたいと言うことで、

ご相談にこられ、

本日 新しい神棚を、

当主にあった南向きの玄関に設置させていただきました。

人には人にあった、神棚の位置をお仏壇も一緒です。

旧正月を迎えるに当たり、

神棚を新しくされる方もおられます。

観和堂でお取り扱いさせていただいている神棚は、日本製で、

伊勢神宮の遷宮に使用されたものと同じ木曽檜で作られております。

お客様感動される素晴らしい神棚をお届けいたします💖

お気軽にお問い合わせくださいませ💖

観和堂 0749-22-5945 武田まで話することがきっかけとなったんです。

観和堂の社長武田善和は、不思議な見えない世界がものすごく興味有るのです。

興味有るだけではありません!








 





AD
いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まいど おおきに(^人^)

お仏壇の観和堂

笑顔の素敵な社長

観和堂のたけちゃんです(o^^o)

観和堂では、

オリジナルの仏壇やあつらえ(フルオーダー)仏壇の制作がとっても得意です。

でも、ご安心あれ製造直売だから品質も価格も大安心です。

そんな観和堂のもう一つのオリジナルは、お位牌です。

きっかけをいただいたのは、

8年前の2008年3月ガンでご主人を亡くされた方の奥様U様のご友人からのお電話でした。

亡くなられたU様のご主人じゃ生前「桜」が大好きで、

お位牌を桜の木で制作してもらえる仏壇店をインターネットで調べて

観和堂にたどり着かれました。

そこで早速「桜の木」位牌にできそうな木を銘木店に出かけました。

すると、とてもいい「桜の原木」があり、できそうですと連絡をさせていただくと共に

摺り漆で仕上げて、戒名を入れるだけでなく、

そのお位牌に、亡き人のない好きな桜を金蒔絵で描けますとご提案させていただき、

とても喜んでいただきました。

そのお位牌を納品後、改めて試作で我が家の位牌を制作いたしました。

使用した木材は、木目のキレイは「せん」の木を使い

摺り漆で丁寧に8回スリをして仕上げた後、

蒔絵は、極楽浄土をイメージした蓮池に散り蓮華で制作しました。

8年たった現在も大変好評で、制作約2ヶ月をかけてお届けしております。

あなたの亡き思い人のために観和堂オリジナル位牌「よりしろ」は、いかがでしょうか。









#600ペーパーで位牌の木地を調える



AD
いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、観和堂で仏壇以外に販売しているとっても素敵な商品のご案内です。



伊勢神宮の遷宮でも使われてれいる最高級の木曽檜を贅沢に使って作った地蔵堂の写真です。(上)


木曽製の地蔵堂

素晴らしい 神具(神棚)と地蔵堂のを取り扱っております。

12月師走には入り新年を迎えるに当たり毎年注文や問い合わせが殺到しております。

最近は、道具センターなどでも販売されているので、

観和堂では、日本製それも、お伊勢さんの遷宮などにも使用された木曽の檜を使った、

素晴らしい神棚です。


でも今回のお話は、お地蔵様をお祀りするお堂・・・地蔵堂のご紹介です。

観和堂で取り扱いさせていただいているのは、2種類です。

一つめは、神具制作されている会社からサイズなどをオーダーで制作していたきます

そのお地蔵さんのお堂は、お伊勢さんの遷宮でも使用されている極上の木曽檜だけし

か使わない、木曽の職人が丹誠こめて作ったお地蔵堂!!

もう一つは、いつも観和堂のあつらえ仏壇(フルオーダー仏壇)の仏壇の木地を制作

していただいている職人さんに、木曽檜をふんだんに使ったお地蔵堂です。

こちらも、お地蔵堂の設計・制作から設置まで武田が責任を持って行います。

制作は、サイズや形までもフルオーダー仕上げます。


来春1

今回、新しく制作させている現在有る地蔵堂の写真です。

今回も、近隣の町内でお祀りされている地蔵堂を50年ぶりの

新調のお話をいただき制作に取りかかります。

今回は、50年ぶりの新調なので石の土台も設置前にしっかりメンテナンスをして行います。

そして、地蔵堂の幅はそのままで制作しますが、10cmほど木の台座部分を高く改良します。

設置の際は、石の台座にアンカーボルトの入れ風や雪などの対策も万全にご提案させていただきました。

あさっては、仏壇の木地職人さんとと一緒に現場まで出かけ現在有る地蔵堂を再度採寸と

設置についての確認作業をして、来春に納品いたします。


設置事例2
写真は、今年の春に彦根市内のお宅に設置させていただいた

木曽檜を贅沢に使い仏壇職人が作った地蔵堂です。


次回のブログは、

お伊勢さんの遷宮などにも使用された、木曽の檜を使った、とても素晴らしい神棚のお話です。
いいね!(40)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
観和堂・不思議なお仏壇造り・・・光が見えますか?

今関東方面の40歳代~50歳代の方に一番売れているお仏壇・・・めぐる

洋間やマンションにぴったり

納品事例1

天然欅を丸く切り抜き・・・漆を擦り込み仕上げました。

天然目が、心を癒します。

 2015年9月27日

佇まい 心を置き去りにしない空間
天然木の持つ年輪は、f分の1のゆらぎを生みだします。
お仏壇は、亡くなった人のためだけのものでなく、ご自分の佇まいを振り返る場所でもあるのです。
昔は、一家に一壇お仏壇がお祀りされていたのは、自分を見つめたり、心を癒したりと、自分の魂と向き合うための場所なのです。
お仏壇の作り手は、お客様の大切な魂と向き合う場を作らせていただくありがたいお仕事です。


木地吟味編

①関ヶ原の材木店にて、原木を吟味

①関ヶ原の材木店に86才の父自らがて、欅の原木を吟味

②山からおろしてきた間もない欅を見て厳選していく

②山からおろしてきた間もない欅を見て厳選していく

③86才の目が欅の性質を見極める

③86才の目が欅の性質を見極める

④軽トラックにて自ら工房に持ち帰る

④軽トラックにて自ら工房に持ち帰る

⑤工房の軒先でしばらく欅を自然乾燥させる

⑤工房の軒先でしばらく欅を自然乾燥させる

⑥ときより木をひっくり返し、均等に乾燥させる

⑥ときより木をひっくり返し、均等に乾燥させる

⑦漆をぬり仕上がった“めぐる”

⑦漆をぬり仕上がった“めぐる”

⑧現代風の住宅にもぴったり今一番売れている仏壇

⑧現代風の住宅にもぴったり

天然素材にこだわる50代の方に一番今売れているお仏壇“めぐる”

天然素材で天然漆仕上げで、3号が21万円台ととってもお値打ち価格なのは、

自ら原木を買い付けて、コストおさえ、社長の善和自らが塗りをするので、

品質が最高にいいのにこの価格

詳細はこちらにて

観和堂のお仏壇・・・めぐるのwebページ
http://www.kanwado.co.jp/web/com/meguru.html


観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
電話:0749-22-5945 
営業時間は、朝8時から夕方6時まで
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/


伊吹山系でとれた欅を86歳父:和富が職人の目で吟味してものだけを使用。

厳選した欅も3年近く寝かせてから粗挽きしてまた1年近く寝かせてから欅の木地として仕上げます。

それを、塗りの伝統工芸士の武田善和が、漆を7回以上擦り込み仕上げる。

お仏壇“めぐる”の品質もとても良く価格も製造直売だからとってもリーズナブルです。

観和堂のお仏壇・・・めぐるのwebページ
http://www.kanwado.co.jp/web/com/meguru.html


観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
電話:0749-22-5945 
営業時間は、朝8時から夕方6時まで
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/
いいね!(62)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年9月27日

岐阜県安八郡にお住まいのI様の仏壇の制作状況のブログです。
このお仏壇は、1998年8月にI様のご近所のS様のお仏壇を見て観和堂に仏壇の制作の依頼をいただきました。
今年6月初旬正式にご注文をいただき、I様のお家の仏間等を採寸して製造を始めました。

今回のブログは、金具の作成編 その1:金具の型どり
金具の型どりは、飾り金具師の木村数茂さん(伝統工芸士)
木村さんは、彦根仏壇の飾り金具師の息子として家業を受け継がれています。
当年62才・・・現在彦根仏壇の原液の飾り金具師としては最年少の職人さんです。
これが、本当の現状です。目をそらせない現状です!
これが今の彦根仏壇だけでなく日本国内の仏壇職人の現状です。
今何が世間に流通しているのでしょうか?

一つ一つの仏壇の寸法を測り飾り金具の寸法を割り出します。
その寸法は、黄金比率のようにとてもバランスのとれた飾り金具として仕上がってきます。
制作されている現場の写真は、また後日のブログにて公開いたします。

①猫戸の採寸
①猫戸の採寸
地福のレールに沿って左右に移動する猫戸
地福と猫戸のバランスを取り金具を作成。
猫度に描かれる蒔絵も・・・。


②台輪引出の採寸
②台輪引出の採寸


③中敷き束の採寸
③中敷き束の採寸・・・丸いから紙を使い長さを出します


④須弥段の採寸
④須弥段の採寸



⑤障子框の採寸
⑤障子框の採寸
障子は正面が7枚打ちで豪華に
裏の丁盤は3枚打ちで、朝雨番は開け閉めですり減るので真鍮を使用

⑥下台輪スリ金の採寸(雨戸・脇戸がのる部分)
⑥下台輪スリ金の採寸(雨戸・脇戸がのる部分)
この部分も扉の開閉ですり減るので真鍮を使用します。


⑦雨戸の框の採寸
⑦雨戸の框の採寸
扉を閉めたとき雨戸のキレイな木目と金具の重厚感が素晴らしいです


金具は、内廻り・障子・雨戸の採寸を行い各部位の素材(真鍮・銅)金具の厚みや図柄をこのときに決めます。
現在、飾り金具師の木村さん・・・金具制作中です。


観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
電話:0749-22-5945 
営業時間は、朝8時から夕方6時まで
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/


お仏壇の品質はどうなのか?を良く考えた方が良いと思いませんか?

そこで、手造りの仏壇を造り続けているプロの目から解説した
お仏壇の品質を見極めるポイントをご紹介したいと思います。


 Q:金具について

 A:観和堂では、伝統的工芸品のお仏壇をおもに生産しています。
   雨戸・障子・内廻りは手作り(手打ち)金具です。
前・小柱・三段(長押中段・中敷)などは電鋳と呼ばれる機械製を使用しています。
お客様のご希望により現在お祀りのお仏壇の金具をお取り替えのお見積もりもできます。

ワンポイント
   お客さんが見られて、まず金具の縁や線がまっすぐきれいにできているのは、ほとんど機械金具だと思っていいでしょう。
   それに同じ柄が何枚の場所を変えて・・・。元の型台が高いために。
どちらよいのかといわれると・・・。やはり、売る側の人間が「いい物ですよ」まやかしにだまされず、
   でも最終的に決めるのはお客様。手作り金具か機械金具を決めるのは
   観和堂では、店舗でもインターネット上でも品質・仕様だけでなく作った職人表示もきっちりしています。



Q:雨戸・障子の兆番について

A:戸と戸をつなげる兆番は、開閉のためにすり減ってきます。
   そのために戸が下がり下の部分がすり減ったり、漆の塗り部分がすり減ったりあいます。
   現在では、プレス金具の金具の中でも粗悪な物はプレスの際熱が加わり堅くなり早くすり減ります。
   お買いあげしてから日が浅いにもかかわらず開閉時にすれる現象の一つです。
   
   また、開閉時に音鳴り発生するのも減ったことによる要因や、
   手打ち金具のため、兆番の軸の曲げ等が正確でないために起こります。
   
   
   *お困りの方はお気軽に相談してください。 

   *:観和堂では、お客様のご希望により木地職人・宮殿(屋根)職人・彫刻職人の工房にご案内いたします。
     また、お客様の予算に合わせたご希望で彫刻等の図柄を彫ります。


観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
〒522-0038 滋賀県彦根市西沼波町847番地
電話:0749-22-5945 
営業時間は、朝8時から夕方6時まで
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
岐阜県安八郡にお住まいのI様の仏壇の制作状況のブログです。
このお仏壇は、1998年8月にI様のご近所のS様のお仏壇を見て観和堂に仏壇の制作の依頼をいただきました。
今年6月初旬正式にご注文をいただき、I様のお家の仏間等を採寸して製造を始めました。
また、ご注文をいただいてから在庫にある雨戸や脇戸に使用する銘木(欅・栓)を吟味したものを木地師さんに持ち込み制作の打合せをしました。
今回も、お客様にとて使いやすさを追求して収納などにもこだわりました。

今回仏壇製造に当たり銘木(けやき・せん)の木目の美しさを生かした仏壇を製造します。
それは、i様のお仕事が設備業ということを前提に、木目を水のきれいな流れをイメージしていくからです。
側板・後ろ板に使う木目のキレイなせん
木目のキレイな、右のセンは、脇の板(側板:2枚))に
真ん中の板は、後ろ板(3枚)に
左は、脇の扉に

吟味された台輪などに使い檜材
気取りされた、
左は、檜材
右は、檜に欅のはぎを張り台輪になる部材

打ち敷きを収納に使用する桐材を接着
幅の広い打ち敷きを入れる桐材の底板を貼り合わせて接着

打ち敷きを収まる引出
できあがった引出

制作途中の仏壇の木地
制作途中のI様のフルオーダーの木地

木地の完成写真
木地が完成
蒔絵板も欅でとても木目がキレイです。


斜めからのショット
斜めから見ても木目がとても素敵です。

1ヶ月完成した木地を休ませて、木地の調整をします。

現在は、お盆明けから塗りの最初の下地作業中です。

塗り上がりは、11月予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お仏壇の品質はどうなのか?を良く考えた方が良いと思いませんか?

そこで、手造りの仏壇を造り続けているプロの目から解説した
お仏壇の品質を見極めるポイントをご紹介したいと思います。

Q:木材料

   A:木というと、天然無垢木材と思われがちですが、
     天然無垢木材・・・天然の木を吟味し、木どり(木の割り振り)   
                         ・・・ 洗濯時痛んだ部分のみ取替

     天然木材・・・・・合板・修正材(木を張り合わせた物も含む)・ベニヤ
                         ・・・ お洗濯時に合板等の取替必要

     木材・・・・・・・ボード(木からできてます)          
                         ・・・ お洗濯痔には、かなりの費用がかかります。  
     
 などなど、品質・材質がとても大切ですね!
 知っていると知らないでは、大きな差が生まれます。
 

   Q:お仏壇の木地は、

   A:現在は、多くの仏壇にベニヤやボードが使われているのが現状です。
     ですから、お仏壇の重量が、天然木材に比べバランスが悪く重いのです。
     観和堂では、檜・ヒバ・松などを使用しております。
     最上・極上仏壇には、檜を、極上・特製仏壇には、ヒバ・松等を仕様しております。
     雨戸板等のはぎには、欅(けやき)・栓(せん)

   *:観和堂では、お客様のご希望により木地職人・宮殿(屋根)職人・彫刻職人の工房に
     ご案内いたします。
     また、お客様の予算に合わせたご希望で彫刻等の図柄を彫ります。

 大切なお仏壇!
大切なお金を払い・お世話になった人をお祀りするお仏壇。
少しの考えてご購入をご検討をされてはいかがでしょうか。


観和堂ホームページ http://www.kanwado.co.jp
絆を深める本格純国産仏壇 : 武田善和  http://ameblo.jp/kitora7636/






いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
浜壇のお洗濯修理
 2015年1月23日(ひふみ)


今日は朝から、岐阜県輪之内のに20年前にお仏壇を納品させていただいたお家に訪問。
そのお宅は、昨年3月にご主人を亡くされ1周忌を迎えられる前に、事前に何をどうしたらいいのかとのご相談と金属仏具のセラミックのご依頼で訪問。
観和堂では、お買い上げいただいたお客さまを年間2~3階訪問してお仏壇を無料で診断しております。
お買上後も長~い安心のおつきあいです。





午後塗り工房に戻り、2月末納品予定の浜壇のお洗濯修理の中塗り中研ぎ作業をしました。
この時期は、気温はもちろん低いですが、平年と違い湿度が60%以上有るので漆の乾きはとても良く助かっています。

漆の乾燥は、漆液中の,ラッカーゼ酵素が空気中の水分から酸素を取り込み、ウルシオールを酸化重合させて硬化するものです。 したがって、適当な湿度と、酸化重合するための温度が必要となります。

水で研ぐことでより漆の肌を固めます。




工房の室温を上げると暖房を切った夜の気温差で木に良くないので、暖房を最低限にして、作業をしています。



特に、エアコンなどは、乾燥した空気が出るので、木が割れたりします。
今回中研ぎは、呂色研ぎと違い大きな石で水研ぎします。
次回石の写真を




お仏壇を購入されるとき・・・

大切な方がお亡くなりになられたとき・・・
慌しくお見送りの準備をされることと思います。
ある意味、悲しみを考えなくて済むように、慌しく動くようになっているのかもしれません。

慌しく準備が進んでいって、ふと気付くとあまり深く考える事無く、
葬儀屋さんにお任せしている事が多いのではないでしょうか?

葬儀屋さんが、お葬式の手配をして、それとセットでお墓・お仏壇を販売してくれるケースがあります。
たいていの方は、お葬式のことやお墓のこと、お仏壇などの相場・品質などについて
あまり考えたこともないし、良くわからないと思います。
「考えてもわからないのでお任せしたほうが楽。」とセットで購入される方が多いとお聞きします。
そのことを否定するつもりは毛頭ございませんのでご了承ください。

ここで、一時で終わるものと、長きに渡って使うものとがあることに気付かれたでしょうか?
お葬式は一時で終わります。お墓とお仏壇は長きに渡って使うものです。子の代、孫の代と代々引き継がれていくことも多いことでしょう。

お墓は毎日行く方もいらっしゃいますが、そうでない方もいらっしゃることでしょう。
一方、お仏壇はほとんどの方が毎日手を合わせるもので、しかも、家の中にあるものです。
お仏壇を購入するのは急ぐ必要もなく、一周忌から初盆までにご購入されれば良いのです。

このことを考えたときに、


お仏壇の品質はどうなのか?を良く考えた方が良いと思いませんか?

そこで、手造りの仏壇を造り続けているプロの目から解説した
お仏壇の品質を見極めるポイントをご紹介したいと思います。

観和堂ホームページ
http://www.kanwado.co.jp
いいね!(143)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月12日

兵庫から3回目のお客様が来店

納品のお仏壇の仏具等の確認後

O様の仏壇の飾り金具を制作していただいている職人さんのお宅に訪問



金具の仕上げにヤスリを丁寧にあてる木村さん



木箱には、仏壇の金具が
これから、仕上げのヤスリを
真鍮の金具はこの後丁盤制作の作業に







あぐらをかいての作業・・・

膝の廻りには、30本以上の様々な形状のヤスリが・・・。



20日には、京都のメッキ工場へ

いいね!(120)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
感謝してま~す。

昨日、米原在住の彫刻師、森徹雄君から彫刻の一部のまえさま・くり上げができあがってきました。

8月2日の納品のためO様に見ていただくために松材の部分はしたじをして・・・。

さまとくり上げ

さま・・・天人=白檀 

くり上げ・・・雲に鶴

まえさま

雲に天人

さまの分解

まえさまの分解画像

中央のくりあげ

屋根の下の部分につく、中央のくり上げ
白檀の天人・・・まわりを雲で
雲は、下地をして漆を塗り上げ・・・金粉仕上げに



分解した・・・繰上の中央です。

右のくり上げ

屋根の下の部分につく、右のくり上げ
けやきで鶴を・・・まわりを雲で
雲は、下地をして漆を塗り上げ・・・金粉仕上げに



分解した・・・繰上の右です。

左のくり上げ

屋根の下の部分につく、左側のくり上げ
鶴はけやき・・・まわりを雲で
雲は、下地をして漆を塗り上げ・・・金粉仕上げに



分解した・・・繰上の左です。


いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。