北野先生の理論を”こっそり”広める

北野弘久先生にこころから感謝します!


テーマ:

こんな講演レジュメを考えました。


来年の話です。税金を面白く語って欲しいという要望です。


1、『いくら払え』から、『いくら払ってやる』へ

支配者による徴収の時代→国の近代化と税制度の導入

→税制度の民主化と自主的納税の時代

2、キーワードは、『申告納税制度』

租税における国民主権

私人による公行為

サラリーマンには、申告権はない

3、スタートは、自分らしい記帳から

自分らしさを憲法が認めている(13条)

現金は持たないと記帳が楽

4、どう払うか、どう使わせるかが、未来を作る

夢は思い続けて行動すれば、必ず叶う


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

消費税の話を農を職とする人たちに聞いてもらった。


タイトルは、”初めて課税事業者となるひとのためのいまからでも間に合う節税策”


というものである。


まあ、入門編です。


質問のなかに、


あの小作料は、どうなるんですか?


とか、


電柱代を東京電力からもらってるんですけどどうなるんですか?


とか、


共同出荷していてその出荷事業で1000万を超えるんですけど

どうしたらいいですか?


という農業に独特の質問があった。


これらを回答するにふさわしいホ-ムペ-ジは、


南淡路農業改良普及センタ- というところがある。


また


JA山形中央会 もなかなかいい質疑応答をのせている。


電柱を使用させるための対価は、地代で非課税。


高圧線の線下補償料は、不課税という具合。


あらかじめいろんなネット検索をしていたので、質問を乗り切りました。



ネットの世界も便利ですね。


しかし、北野先生関連の情報はすくないのが残念です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

記帳の仕方を業者に教えると言う講師を頼まれています。


初心者が楽しく、かつわかりやすくというリクエストです。


で、


おもしろいホ-ムペ-ジ を発見!!


この人、音楽でめしを食いながら、


会計や税務について非常に深い指摘をしている。



すごいねえ。


なるほどねえ。


こんな人もいるんだね。


参考にして、


レジメ作りがはかどりました。


ありがとう。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

農民でつくる任意団体から、


講師の依頼を受けました。


農家の税対策について話してくれというものです。



さっそく科学的な法認識論を構築する準備にとりかかりました。


その団体の出している新聞、


”農民” をチェック。


第704号によると、野菜の価格が暴落しているそうです。


原因としてキャベツ・ハクサイの輸入量をあげていて、


驚くことに前年比297%だそうです。


この5年をみても生鮮野菜の輸入量は、洪水的と評しています。


一方で、国内の産地での廃棄量も


野菜なのにうなぎのぼり。



いつも思うんだけど、捨てるくらいならくれませんかね?


とりにいってもいいんですけどね。


廃棄しているのは、どうも我が家から車で2時間くらいだし、・・・。


まあ、これは経済を知らない者の言い分らしい。


資本主義っていうしくみを感じるよね。


まあ、葉っぱばっかり食べる訳にもいかないしね。


でもうちの娘は、キャベツ大好物なんですよ。


関係ないか(~_~;)



で、記事は


他国のようにセ-フガ-ドが発令されず、


国内農家は、悲鳴をあげているということを告発しています。


さて、この事実からどういう結論を導き、


どんな解決策を実践するか。



日本の農家は、保護されすぎとか、


競争があるから消費者の利益にになるので仕方ないとか、


やっぱり食の安全をはかるためにも高くても国産がいいだとか、


いろいろ議論はあるでしょう。


さて税制は、これにどう応えるべきか?



北野先生は、


"税法学の実践論的展開"という本のなかで、


農家をとりまく税制について論じている。


相続税の納税猶予は、いわゆる租税特別措置ではない。


フツ-の農家の固定資産税は、農地が生存権的財産であることに着目し、


軽減措置をはかるべきだ。


などなど、・・・。



さて、どういう方向で行くか?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。