北野先生の理論を”こっそり”広める

北野弘久先生にこころから感謝します!


テーマ:

税務署から呼び出しを受けた当日、



わたしたちは



ちょっとドキッドキしながら面会しました。




担当官「不動産の場合は、登記時が贈与の日でして、・・・。」



『いや、農地転用の書類がありますんで、・・・。』と、私。



あれ、ああそうですか。



しばし退席。



図解贈与税の該当ページを見ながら、



「ああ、っかかりませんね」



「でも登記時にほかの地番からの合筆登記が、・・・」



『国土調査で、職権ですね』



「はあ、ああ。」




「わかりましたあ。」



で、ものの10分で終わりました。



横の連携がゼロというのが



よくわかる役所の実態です。



依頼人は、胸をなでおろし、



わたしもさわやかな風に吹かれながら、



請求書に筆を進めました。



なんじゃ、こりゃ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

贈与の登記をする前の話です。



その依頼者は、今贈与の登記をして税金がかかっちゃ困ると



慎重を期して



税務署に相談に行っていたんです。



相談を受けた担当者は、



書面を見ながら税金はかかりませんねと言いました。



でもその土地の登記簿を眺めながら、



贈与者が亡くなってその相続人に相続登記がされているのを発見し、



誤解を招くからという理由で



その相続登記を抹消させ(錯誤登記だから)、



いったん贈与者の名義に回復させ



昭和40年の贈与を原因事実とする登記を指示した。



そして依頼者は完了した登記簿謄本を税務署の担当者に持って行った。



やれやれと思って年越しをしたら



無申告ではないかとのお尋ねが来た!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070519_1835~01.JPG

先日の判例研究会で勉強したばかりの贈与時期と課税の問題について、



こんな相談を受けた。



贈与物件は土地。



贈与があったことを証明するものは、



昭和40年当時の農地転用許可証明書。



昭和50年に入って受贈者はその土地の上に家を新築し居住開始。



で、昨年登記。



で、税務署からのお尋ね。



ブログ読者のみなさんは、



どう考えますか?(つづく)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070519_2230~01.JPG

え ・りのホ-ム。



下り階段。



気をつけて、気をつけて。



数年前にここで足を踏み外し、



車椅子のお世話になったことがあります。



たまちゃんがレンタル屋にいってくれて、・・・。



みんなに迷惑かけないぞ。



酔っ払いの深夜のホ-ム。



気をつけて、気をつけて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070519_2123~01.JPG

くどうちゃんと電車の中で



缶ビ-ルを飲みながら



反省会を開いています。



この前もふたりで反省会をやっていると



おやじが酔ってカップルの若者にからんでいました。



険悪な雰囲気でしたが、



暴力沙汰にはならなかったのでひと安心しました。



もしそうなったら止めにはいろうと



ひそひそ反省をしておったところです。



今夜は、そんな輩もいなくて



はちおうじのおうじさま”くどうちゃん”は、無事降車しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070518_0642~01.JPG

巻く ほど威力を発揮する聞き方を研究中です。



そのひとつにエコ-という技法があるようです。



相手の言ったことをそのまま山びこのように繰り返す。



親しい人には通用しませんがね。



相手は自分の発した言葉をそのままなげ返されると



ある種の快感を覚えるようです。



北野先生との酒席には、



比較的多用します。



すると先生は饒舌になって、



業界の裏話を聞かせてくれるのです。



このテクニックに興味のある方は、



今週の土曜日、水道橋の後楽という寿司屋に



こっそりと忍び込んでください。



では、また!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

棚の隅という映画を観ました。



非常に地味な映画ですが、



最後に感動が一気にやってきまして



鳴咽を押し殺すのに



苦労しました。



最終場面は観覧車です。



ひとまわり、



ふたまわり。



この数分間の会話が



たまりません。



入場料を一気に取り戻した感動も加わり



生きていて良かったとおもえるようなそんな物語です。



この映画のタイトルは、



このブログのテ-マと波長が合います。



ひっそり・・・。



棚の隅に。



光るモノがあるんですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は、判例研究会の発表者です。



贈与の時期についてなんですが、



もともと親族間で行われる行為なので



課税庁が把握できるわけはありません。



見つけたときはジョセキ期間がすぎているので



課税庁側は、くやしさいっぱいの主張となります。



ここでも税法が果たして



徴収の法か?



権利の法か?



が問われます。



この研究会の委員長を



どうもこのブログ読者が



引継ぐようで



ありがたや、ありがたや。




でも今回もあまり勉強していないので



参加者の奮闘を期待しています:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。