北野先生の理論を”こっそり”広める

北野弘久先生にこころから感謝します!


テーマ:

家族と食べる。


仕事場で食べる。


仲間と食べる。


旅先で食べる。


一人で食べる。


食べることは、はぼ毎日の営みであり、


一年間にすれば3×365=1095回となり、


一生になると1095×80才=87600回である。



一生のうちどれだけ楽しく食をとるかは、


誰しも幸福の中心的な部分だと考えているであろう。



北野先生と食べるのは、楽しい。


しかも、面と向かって先生の考えを


時と空間を超えて聞きながら


食を堪能できるのは


最高だ。



食べた回数だけその人と親しくなる、


というのが私の哲学だ。



ところで、


この日本は、年間の食べ残しが500万トン。


一日当たり、300万食がゴミとなるという。


そして食糧自給率が40%と世界的にかなりヤバイ水準 に落ち込んでいる。



日本人は、日本の農から離れ、


ほんとうに楽しい食から遠ざかっていることに気付かない。


そんなことを考える秋も、


とっぷり暮れました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっとくどくなって申し訳ない。


だけどこれだけの例示で、逆進的でないと言いきっているのだから


恐ろしい。


のりぴい氏 曰く、



すべての人がその稼得したものをすべて使うなんて・・・
とんでもない抽象化じゃん。

人によって稼得したものの価値は違うんだよね!
一人一人に置き換えて具体的に考えていったら、
こんな答えが出るわけないじゃん。

ところで、お金持ちが余剰資金で非課税の土地を買い占めたら、
税率なんて平準化するわけないじゃん。
消費税法の仕組みが分かってんのかなぁ?

そういう声は、もっともだ。


つまり、高所得者も生涯の所得をすべて消費にまわす


と仮定しないと土居さんの結論にはならない。


大ちゃんは、2年目も200しか消費しなかった。


なぜなら、投資にまわしたからだ。


とすると20/800=2.5%となり、こんちゃんの税負担率との


格差は明らかとなり、低所得者に重い負担となる。


こういう初歩的な例示での主張は


聞いたことがない。


似て非なるものにこんな主張もある。


高所得者である大ちゃんは、2000万円の高級外車を買うから消費税の負担も大きい。


低所得者のこんちゃんは、200万位の国産車を買うから消費税の負担は小さい。


だから案外公平だ(元?税調委員・清宮龍氏)。


しかし、高級車のガソリンは一般の車の10倍もしないし、


高速代や駐車料金も10倍しないし、


だいいち高額所得者は、高い車を買わなくてはならないという


ル-ルもない、と湖東教授は言う。


そして日本生協連のアンケ-トは語る。


300万円未満台の人の収入に占める消費税の平均額の割合は、3.67%であり、


収入1000万円台の人のそれは、2.01%である。


低所得者ほど、消費の割合が多いのは常識だよね。




こんな常識もなくて経済学者といえるのかなあ?


と、考えたが、まさか?


もっと深い意味があるに違いない。


しかし、わたしの頭ではココマデ。


なんて言うのかなあ。


学者公害なんですか?北野先生。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

では、その簡単な数値例とやらを見てみよう。


こんちゃんと大ちゃん二人がいて、


1年目と2年目に所得を稼いでいるとする。


1年目を若年期、2年目を老年期と見たてて、


生涯を通じた所得と消費の関係を議論していると


みなしても良い。


こんちゃんは、所得が1年目に100、2年目も100。


大ちゃんは、1年目に400、2年目にも400。


大ちゃんの方が、所得が多い。


こんちゃんは、1年目に100、2年目に100だけ消費したとする。


消費税率は5%だから、1年目に5、2年目に5だけ消費税を払い、


2年間を通じて消費税を10だけ負担することになる。



ハイ、そうですね。



これに対して大ちゃんは、稼いだ所得のうち、


1年目に200だけ消費して、残りの200を貯蓄したとする。


そして、2年目にその年に得た所得400と合わせて600の消費をしたとする。


このとき大ちゃんが負担する消費税は、1年目に10、2年目に30だけ負担することになる。



そうだね。



ここで、1年目の状態に注目する。


こんちゃんは100の所得を得て、消費税を5だけ負担しているので、


所得に対する消費税の負担割合は5%になっている。


大ちゃんは400の所得を得ながら、消費は200しかしないので、


消費税を10だけ負担し、


所得に対する消費税の負担割合は2.5%(=10/400)になっている。


で、1年目だけ見ると、低所得のこんちゃんの方が高所得の大ちゃんよりも


消費税の負担割合が高くなっていて、


逆進的であるように見える。



うん?



でも、2年間を通じた負担で見ると、


大ちゃんもこんちゃんも5%と同じになる(大ちゃん=40/800、こんちゃん=10/200)。


従って消費税は逆進的ではなく、


正確に言えば、消費税は、生涯所得に対して比例的な税である。



はあっ~?



これが逆進的でないという


れっきとした経済学者の主張。


有名な月刊誌の”税と経済学の交差点”という連載だ。



・・・(続く)・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

慶応大学の土居丈朗さんが、


おもしろい文章を書いておられる。


税務事例2005.12月1日発行第37巻第12号通巻435号の32-33ページ。


経済学者の分析だ。


”消費税は逆進的な税なのか?”


と問題提起し、


”高所得者はそれだけ多く消費税を払う”


と展開し、


”簡単な数値例”


を上げ、


”消費税は生涯所得に対して比例的な税”


と結論付ける。


だから


消費税に対するあらぬ誤解を払拭して、


冷静な国民的議論をしよう


と、呼びかける。


ほほう。


そうなんだ。


・・・(続く)・・・



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、現代税法研究会に出席した。


テ-マは、”法人格の有無による法人税課税~LLPによる構成員課税との関連で”


というもの。


小池先生の報告だ。


公開会社は、法人としての担税力の主体となりうる。


だから、超過累進税率による法人独立課税が必要だ。


これに対して、結局その税も、価格に転嫁されてしまうのでは?


と言う質問には、制度論と経済事象との区別が必要で、


かつ、原価公開をさせて転嫁を防止するという


北野先生の回答が興味深かった。


北野先生の医療法人の出資払い戻し事件の意見書は、


非常にわかりやすかった。


立法事実とあげられている


剰余金の配当禁止、


解散の際の残余財産も当然に出資者に帰属しない、


だから、医療法人は公益法人類似法人だという帰結。


さすがだ。


でも、実務家としては、医療法人の出資の相続税評価をどうするのか


という点で、大きな問題点が残る。


顧問先にそんな案件を抱えているので、


これも実に興味深い講義であった。



次回は、12/24(土)午後3:00から


中村先生の税務署員の意識構造(?)というテ-マで行われる。


5:30より忘年会。


学生諸君も参加できる形態にすればと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スパイダ-という高性能対人地雷の開発に


米国政府が予算をつけるそうだ。


人との話し合いを拒否するブッシュのやりそうなこと。


NGO組織の”地雷禁止キャンペ-ン”によると、


世界で一年間に6521人が地雷で死傷する。


その19%が子ども。


禁止条約はあるが、米国・ロシア・中国は、未加盟。


54カ国に一億八千万個の在庫がある。


一体何のために?


税金が全額、地球上で平和のために使われたら


もっとゆたかなくらしが、可能であろう。



ちなみに在庫の順番は、


中国・・・一億一千万個(61%)!!


ロシア・・・2650個


米国・・・1040個


ということは、北京大学客員教授の北野先生に


ここらへんのところを、


大いに告発してもらいたい。


**************************


ところで、のりぴいさんからのコメントでなかなかのモノを発見!


ここで 、画像が見れますよ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

年金を何らかの事情で請求し忘れていて、


例えば5年間分を一括でもらったときの年金所得について、


いつの所得で申告すればいいのか?


スタッフが、苦労しているので一緒に調べてみた。



●公的年金等の一括支給についての申告


 年金の受給者であるにもかかわらず、申請を忘れ過去に遡り一括支給された年金。


 雑所得の収入にすべき時期は?????


           ↓

その支給の基礎となる法令、契約又は規定により定められた支給年とされる。


 よって、過去のそれぞれの年分に区分した、それぞれの年分の雑所得とする。(通達)


ところが、


社会保険庁の源泉徴収票→その支給した年の、一括支給金額で発行され、


  一括支給金額に対する源泉税を差引いてあるとのこと・・・



        
 

税務署に問い合わせたところ、


○源泉徴収票は一括支給の1枚の添付で構わない


○一括支給金額と源泉所得税を、各年分に該当する金額に区分計算する


○過去に遡り、所得税の申告をする(還付の人は還付)


○修正申告になる場合


 ・加算金は、自主的修正申告として免除される


 ・延滞税は対象となってしまう 
 

※実務では、その算出される所得金額により、一括支給日に確定申告で済ませることもある。


 還付になるようであれば、過去年分にわけて申告した方が有利かも。



ここから下は、私の見解。


なお、租税法理論から言えば、これらの取扱いは通達という行政側の解釈であるので、確定した

理論とはいえない。所得税法の規定は、36条で所得の帰属時期をその年において収入すべき金額としており、権利確定主義をとっている。請求してはじめて受給権が生じる年金債権については、本来的に過去に支給されるべき年金であっても請求年分の所得といえるのではないか。


*******************


いかがですか?北野先生?
                       
*******************


でね、みっちゃん。

今日ね(11/26)、丸沼書店で最新問答集見たらね、


やっぱり、そのつど修正申告しろって書いてあったよ。


たかが問答集、されど問答集だね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

当社の従業員にイラン人がおります。


彼は、イランに住む三人の妻に送金し、


これで彼女らは、生計を立てています。


ほかに収入はありません。


配偶者控除は、三人分38万×3=114万


とれますか?



という質問。


イランでは、一夫多妻制が認められているらしい。


うらやま、・・・。


れっきとした妻の座を三人が持つ。


ということは、


三人分、いけるのではないか?


と考えるのがフツ-かもしれない。



でも、これは日本の所得税で、38万が限度なので


一人分しかとれない。


じゃあ、源泉徴収表の


妻の名前を誰にするか?


で、もめる気がする。



ううん。


これは、三人の名前を書いてしまうしかない。


愛は常に平等だ!



愛と北野税法学は、地球を救う。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
20051120120136.jpg
即決融資というと、まあサラ金を連想する。
だが、これが政府系金融機関だというから面白い。
大抵の場合、融資申込み・書類審査・面談・決定まで
早くて2週間だろう。
実際、そんなものだ。
けれど、今回の企画は、即決だ。
税理士会に提案してきた。
二期分の決算書と使途先と必要金額の提示があれば
面談最中に、イエスかノ-を決めると言う。
ということは、
融資できない理由を
面と向かって聞ける訳で、
その理由を
赤裸々に教えてもらい
理由をつぶせば融資につながる訳で、
借りたくなくても、やってみようう!
ということを事務所の研修会であおって、
不参加者には、ファックスし、
もし融資がおりて、必要ないなら
借りませんと言え、
という指示(?)をすべての顧問先に出した。


さっそく、電話が鳴る。
紹介状を書いてくれと、
試算表をつくってくれと、
資金繰りの相談に乗って欲しいと。
これで、顧問料の集金がスム-スに進み、
暮れを難なく迎えられる。
別に弱みに付け込んでいるのではなく、
キャッシュフロ-会計の
大切さを肌で感じて欲しいための
一大プロジェクトなのさ。
税理士は、会計の専門家
でもある。
あっ、その金融機関は、
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

青税情報によると


注目のブログが開設された。


その名は、


会社法で遊ぼ ”というものだ。


法務省民事局の立法担当者、葉玉検事氏が執筆。


面白い!


ブログを使っての表現方法は、


どこかの大学の表現学部!(というものがあるそうです。)


の専攻学科になりそうだ。


その学科の講師に招聘されたら


どうする?


litigation711 さん、のりぴい さん、mama7511 さん。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。