2017-03-04 22:34:19

受ける。

テーマ:サンフレッチェ広島
当然といえば、当然の結果です。
それは、メンバーが違ったからというだけでもありません。

最初から90分をもたせようとしていては、チャンスを作れませんし、最後に焦ったようにチャンスに
食いついても勝てるわけは、ありません。

それよりも、昨日まで考えていたことがありました。
タイでの試合までは、よかったんです。
それが、宮崎キャンプから少しずつ、おや?と思うようになり、山口で疑問に変わり、開幕では、とりあえず見守ろうとなり
今日、やはりなぁと思いました。

ひとつは、せっかく工藤くんをなぜポストプレイヤーにしてしまっているのか。
二つ目は、前の3人の連動がなく去年は、あの順位だったのに今年もまた同じことをしているのか。
まだシーズン序盤、けが人もといいつつ、今日の3人もキャンプでは、かなりやってきたはずなんです。
そして、サイドがまったく機能しない。
まるで広島は、サイドからの流れを切って、中に絞ればなにもできないと言われているようです。

今日は、サイドへ決定的なフィードを出せる人がいなかったということもありますが、それなのにサイドとボランチ、トップ下のコンビネーションもなく
それぞれがぶつ切りの局面でした。
「ぶつ切り」になると、どうにも行かないのは、いつものことです。
それぞれが「がんばらないと」という、勝手な気負いでチームになれないのは、昨年嫌という程見てきました。

タイの話に戻りますが、あの辺まで、トップで張っていた工藤くんが受けるようになりました。
受けて落として出してもらうでしょうか。
昨年度、ウタさんで宝の持ち腐れ状態にしてしまったあのやり方をやろうということだとおもいました。
タイでの成果は、クロスにピンポイントだったので、監督からしたら、クロスがあげられなくなったらどうするの?というリスクマネジメントが
働いたのかも知れません。
そこでセーフティに受けて出す、出すのは、キャプテンなのだと思いますが、そこの精度があがれば一点モノのやり方を推奨したのだと思います。

ですが、このやり方でゴールが奪えたことは、ほとんどないのです。
これなら相手も下がっているので、ラストは、キーパーセーブでカウンターになりにくいというだけでは、ないか、と思ったのです。
今日の交代カードもなんとなくわかりました。
しかし、使い方は、同じなので打開できるのかといえばさらに締められるだけになります。
このやり方で勝てるまで何節かかるのか。
昨年末も苦しんだのですから、たぶん、ウタさんの個人技のない今年は、さらに苦しむと思います。

もしも、このやり方で攻撃していこうと言うなら、みなくんと工藤くんのツートップでみなくんにかき回しも落としをさせ、相手を食いつかす
のは、どうなんだろう、サイドは、もっと深いところからクロスを入れられる選手にしたほうが
工藤くんの飛び込みにあうんじゃないのか、と、思ったのです。

去年の川崎戦で皆くんにかき回させたことを、キャプテンは、評価していました。
それで作られたスペースで、ボランチ、サイド、前2枚になにかできるとおもうのです。
今は、ひたすら失わないということだけ。
それか基礎なのかも知れませんが、なんのチャレンジでもありません。
それができる選手でなくては、ならないなら…

清水もそんなに攻撃力があるチームでは、ありませんでした。
これが、もっと上のチームなら何ゴールされたかわかりません。
やられなかったのは、清水の攻撃も、なんでそこ出しちゃう?とか、決定打がなかったからです。
それなのに守り切られて、PK献上。
新潟との引き分けも同じです。
鳥栖にもなんとか負けずにすむかもしれませんが、このやり方で勝てたとしても、これで結果がでたと思われると先が思いやられます。

監督は、ワンチャンをものにしたようなサッカーでは、先が思いやられると、思っていると思いますが、チャンスが作り出せないのにワンチャン狙いでは、
という、考え方では、あまりにも残念。
戦う姿勢がないと言わざるを得ません。
(それは、試合開始10分で感じたのですが。今日は、スコアレスドローなら上出来と。)

このやり方で結果が出ても出なくても、夏のウィンドウでまた若手が出ていくような気がするのは、気のせいでしょうか。
とにかく、まず、監督から闘う気持ちを取り戻してほしいと思いました。

鳥栖でなにか見られたらいいんですけどね。
何事にも残念な敗戦でした。
(ブーイングは、当たり前よ)

監督全権ですから、選手は、そのやり方に従わないとなりませんが、私は、ただのファンなので
今のやり方では、何勝もできるチームには、ならないとおもっています。
上司であれ、間違いは、間違いとしなければならないかもしれまへんね。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きたんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。