1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27 17:07:06

チャレンジ。

テーマ:サンフレッチェ広島
今年は、若手の異動が激しくて、ここまでくるとさすがに残ったメンバーも
「自分の選択は、間違ってないのか」と悩んでいることでしょう。
春にガクちゃんが新潟へ、駿は、帰ってこないし、ボム君と吉野くんが
この夏のウインドウでレンタルに出てしまいました。
タクマロスも薄くなるほどの大異動。
残ったメンバーでなんとかやりくりしないとなりません。

そういえば、二人加入があったと思うのですが、まったくあれより音沙汰なく。
ロペスさんは、もにょもにょ・・・野上君は、思ったほどじゃないのかな。
と、思いたくなる感触なのか。(実際見たけど、まぎれてよくわからんかった)

そんななかで、サイドからストッパーはたまたトップ下もこなせる航平さんの
おかげで壮也くんは、ベンチにはいることができましたが、ここんとこ試合に
でることができません。
はてさて、どうしたもんかなと。

壮也くんなりに果敢に挑んでいるのでは、ないかと思うのですが、まだまだ
なんでしょうかね。
まだ、レベルに達してないのは、よーくわかります。
もっとプレイの選択肢が多くないといけないし、判断も遅い。
もともとサイドバックなのだから、守備のほうがうまくやれているのは、
当たり前なのだけど、攻撃になったときに単調なのが、上のみなさんとは、
比べ物にならんくらい、レベル差がありすぎると感じます。

だけど、この「チームサイド」の4人は、トップのミカが末っ子の壮也に
闘志むき出しなのです。
カッシーもそう。(航平くんは、マッチアップしたのを見たことない)

神戸アウエイから2試合、途中出場で試合にでましたが、どうもピリッと
しなかったのです。
お兄様方からしたら、「こんなことしかできないのなら、疲れてる自分の
ほうが、よっぽど使えるわい!」と思われたことでしょう。
去年は、サイドの交代枠というのは、2枚必ず使ってたのに、今年は、
ほとんどフル出場が多く、神戸、東京(だったかな)で、ちょっと出して
見たけど、余計にお兄様方の闘志に火をつけてしまったのでは、ないかと
思ったのです。

もしも、あれ以来、出られないと落ち込んでいたら、実は、みんなのレベルが
あがって遠くなってたかもしれないとかとか。

コメントで「期待されている」とちょいちょい言っているのですが、神戸で
出たときにそのあとちょっとだけA強化部長さんに「壮也くん、やっとリーグ戦に出られましたね」と
お話したところ、「(神戸戦当時)ああ、最近がんばってましたからね。」と
言われてました。
それは、社交辞令なのかなと思っていたのですが、以前にもお話させていただいた
時に社交辞令は、言いそうにない感じの方だとおもいだしまして
磐田戦の吉野くんの起用やこの春に寿人さんが外されていたのとか、チームとして
「いつメン」というわけでなく、試合日近々で調子を上げてきた選手を使うと
いうことからの言葉なのだなと。
そうなると、ベテランも常に気が抜けない。
ポジション争いに慣れているベテランを起用する確率は、あがるのだろうけど、以前から「同じレベルなら若い方を使う」と
公言している監督からすれば、若手がベテラン以上に頑張ってくらいついていけば
「安パイ」な起用じゃなくてチャレンジな起用をしてくれるんじゃないかと思ったのです。
そして、今なら、その確率は、相当に高いと思うのです。


もしも、レギュラー以外の若手選手で不安を抱いている子がいるならば、今こそ
やれば、高い確率でレスポンスがあるときじゃないかと思うんだけど。
さあ、どうする??

上を食っていけるのは、この夏。
これを逃したら向う3年は、冷や飯食いになるかもしれないからね。

がんばれ。



PS

あおちゃんが復帰しましたが、正直、まるちゃんが伸びてきていたので今年は、
まるちゃんがどこまでいけるのか見ていたいと思っています。
結果、あおちゃんがポジションを奪われることになったとしても、まるちゃんが
どうなっていくのか、ドキドキするほど楽しみなんだけどね。

そこもどうなるのか、すごく注目しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「サンフレッチェ広島」 の記事
2016-07-26 22:10:38

復帰。

テーマ:サンフレッチェ広島
まんべんなく書く事ができそうにないこの頃です。
なんだか、まとまらないのは、ポジションチェンジしてることとか、厳しくいえば近年にないほど、育成の時代に
入ってしまって、厳しく言えばいくらでも突っ込みどころは、あるんだけど、これまで地道にがんばってきたところを
見てきた選手がスタメンになって、そりゃあ、優美なサッカーしたりとか、優勝争いに絡めるとか、できないのは
わかってるんだけど、そこをついていかないと何のために書いてきたんかもわからんのですが、とにかく、わが子可愛さのあまり
厳しく行けないので、いまの試合内容で褒めもできないし、責めもできないし、というモヤモヤしたところにいるわけです。

それをゴーンと書けるようになるには、ここのところ、素敵なサッカーばかり見せてもらって、ぬるま湯で
楽しんでた自分から、しっかりと何がなんぞやと考えることができるようにならんといかんなーとおもったわけです。

それは、書くならね、勉強しなおさんとならんな、というところ。
楽しむだけだったら今のまんまで充分なのですが、さてさて、どうしようかと思案中です。
とりあえず、お盆までは、仕事が忙しいので、楽しんでるだけかもしれないなー。


神戸戦、あおちゃんが復帰しました。
のこり15分くらいだったら、キャプテンマークは、ちばちゃんのままかなと思ったら、奪い返していましたね(笑)
そのあと、「キャプテンのご帰還!」と言わんばかりのシュートや捌きを見せてくれました。
勝ったのもあって試合後挨拶は、めちゃゴキゲンでしたね。

あ、千葉ちゃんにつけてもらったキャプテンマークは、ナイキマークがへの字になってましたね。
その昔、トレマでナカジさんがキャプテンやった時も最初は、自分に向けてナイキマークにしちゃったもんだから、
腕につけたらへの字になるっていうので、クスクス笑っちゃったりしたもんでした。
意気揚々とピッチに帰ってきたキャプテンですが、こんなところに落とし穴がありましたね。
気づかないというか、気づかせないくらいの意気込みがあったのと、専用スタジアムじゃなかったから、見てにくかったので
スカパーで見てた人じゃないとわからんかったということでしょうかね。

キャプテンマークだけでこんなに突っ込まなくてもいいんだけど。

試合は、ぶっちゃけ、相手が神戸だから勝てたというところ。
これが上のチームだったら、やっぱり、どうなってたかわからない。
このメンバーでやるしかないんだけど、多くを望んではならんです。
このメンバーが育つことに醍醐味を感じる後半戦になると思います。

ほめてばかりじゃなくなるかもしれないな。

だけど、がんばるみんなを見続けたいと思います。



あおちゃん、復帰おめでとうございます。
若手が躍動できるようによろしくお願いしますよ〜!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21 10:49:49

自由と自立。

テーマ:物思い。
今朝、ふと、人は、どうしたら自立し、自由に生きられるんだろうと考えてみたのです。

自立、自分の稼ぎで自分の生活を成り立たせる。
精神的には、自分の問題は、自分で解決できるようになる。
家事もろもろ、雑務もすべて。

でも、実際は、誰かに頼るし、助けを借りる。
誰かのことが少しでも気になれば、自由では、ないし。

そう考えていたら、そもそも、生きていくのに人に関わらず
迷惑もかけず、自立して自由に生きるということは、この世で
できないんじゃないかと思い始めたわけです。

理想は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のような生き方じゃないかと
思うのですが、賢治自身、そういう生き方ができたのかと言えば
そうでなかったから、ああいう詩を書いて自分もこうありたいと
表現したのでは、ないかと思ったのです。

こんな風に「文章」を書いていると、「きっとこの文章に書いてある
ような人なんだ」といいも悪いも思われるようなのですが、実際は、
「こうだったらいいな」という希望とか「今の自分は、そうじゃないから、
こうなりたい。」と思うことを書いていることがほとんどなんだなと
思うんです。
ほんとにこんな書いてるようにピーキーな人だったら会社勤めもできないし
家族と折り合いつけて暮らしていくなんてこともできないわけです。

だけど、いつも頭の中にあるのが、「どれくらい人は、自由でいられるのか」
ということなんですよね。

若いころは、「自由」だけを声高に叫んでいたように思うのですが
いつしか、自由には、責任がついてくるもので、責任を全うするには、
自身の自立が必要であると思うのです。

でもね、どうも一人(物理的じゃなくて、心象的な)であることが
とても苦手なことに、最近、気が付いたのです。
前は、大勢の中の孤独すら受け入れることもできたのですが、なぜか
それができなくなってしまったようです。

年を重ねてきたのもあるのかもしれないけど、やっと、周りに人が
いることに気が付いたのでは、ないのかもしれないのです。

なんか変ですけど、どうも、これまで自分の周りに人がいるということを
ちゃんと認識してなかったんじゃないかと思うところがあるのです。
仕事と趣味に突っ走ってきて、自分以外は、あんまり見えてなかったの
かもしれません。

こうやってブログを書いているのも「こんなの、そこまで興味もって
くれる人は、いない」というより、自分自身に書いているようなもの
だったので、「人に読まれてる」という実感は、あまりなかったわけです。
ほんと、この何週間かで、「もしかして、いままで相当に恥ずかしいことを
してきたんじゃなかろうか」と思い始めたわけで、これを友人に話した
ところ、「それって、ブログ始める前に考えることよ。」と言われまして
いやはや、まことその通り、なんで10年もやってて気が付かなかったんだろう
と、自分の馬鹿さ加減にさすがにへこんでしまいました。

だけど、ポジティブに考えると、そういうことを考えていたらなんだかんだ
今の自分は、無かったわけです。
人の目を気にして、なにもしてなかったら、どれだけコソコソ生きていかないと
ならんかったかということになるわけです。

それこそ、「自由」は、無いわけですよね。
(行動というより、心の。いや、行動もかな。)



私の古い友人たちは、ほんとに自由で自分勝手で、好き放題なのです。
そのぶん、こちらの自由も阻害しない。
なにかの集まりでもそんなに決まり事もないし、だれかが自分勝手な
行動をしていても、それは、本人の責任といいつつ、サポートもするわけで
自由にしながら、お互いの自由もさりげなく支えあうわけです。
ルールといえば、一つだけ。
お互いのやることにあとから文句言わないのがルールかな。
気に入らんかったらその場で言うこと。
後から言いたくなったらその場で言わないのがいけん。
だから、それは、我慢する。

これだけで、ストレスのたまらない人間関係ができているのです。
だから、私がなにをしていても友人たちは、肯定もしないけど、否定もしない。
ほめもしないけど、たまに見て、こんなことしてんのね、くらいなもので
私の周りに「いるのかいないのか」わからないくらいの存在感なのかもしれません。
もう、20年近くになりますけどね。

他人の感情を気遣う付き合いというのは、最近になって始まったのかもしれません。
もともとそういうのが得意では、無かったうえに、そういうことをしなくていい
環境にいたから、一人でもさみしくなかったのかもしれません。

ですが、ひとたび、いろんな感情に触れて、心の中に住まわせてしまうと、それが
離れたときに否応ないさみしさを感じるのかもしれません。
人とかかわるというのは、感情のやりとりなんですかね。
そこに頼っていたいこともあって、自立しようとすると、さみしくなる。



褒められもせず
苦にもされず
最後は、「そういうものに、わたしはなりたい」で終わるわけです。
彼がどれだけ心の自由を求めていたのかが、痛切に伝わってくるのです。

いつの時代も、自由になるのは、難しいのかもしれません。

こんなこと考えてるってところで「バカは死ななきゃなおらない~」と。
いやぁうまいこと言ったもんだ。




だから、この世とおさらばしようなんてサラサラおもってないけどね。
生きていたいから、もがいてんだよ、ということですわ。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-19 12:06:13

また、いつか。

テーマ:サンフレッチェ広島
あんまりなにも感じないようにしながら2週間くらいすごしました。
吉田の人の多さや、オークションに上がるサインの入ったユニやカードに
これが「フィーバー」ってやつやなぁ・・・と。

集まった観客は、25000人。今季最高の動員だったそうで。
そんな中で、いまいち勝ちきれないサンフレッチェがどう戦うのかという
ところに気持ちを持っていきたかったのだけど、どうも期待がしにくくて
試合に集中しはじめたのは、開始後20分過ぎくらいでした。

コーナーキックもね、マリノスのニアを狙うとこなんて、なんだか都会の
香りがしてしまって。
うちは、どうもいいところに落とせない、ファーに行くのがわかってんなら
一人くらいファーに居ればいいのに、もう、デジャヴだよとかなんとか。
3バックと言いながらほとんど同じ位置にいないサンフレッチェは、不安定で
攻めていてもラストが決まらない。
「3人目」の動きができてなくて、ウタから次へ行くまでに時間がかかりすぎて
フィニッシャーは、潰されてるな、ということが延々と続くわけです。
受けるほうがウタさんのいいところに行けばいいのだけど、それをわかってくれる
選手がでてこなければ、ウタさんが今以上生きることは、ないんだろうなーと。
あおちゃんが出られなくなって少しは、合わせてくれているとおもったのだけど
まるちゃんが少し慣れてくると、要求は、どんどん厳しくなりまして。

ギリギリまで待っててくれているけど、もらって終わりじゃなくて、その先も
あるから、ギリギリのパスをもらって、その先のビジョンがある受け方、周りの
対応(前線守備)ができてないとならんのだけど、なかなか形になりません。
ギリギリだから、前線にフィニッシャーと潰れやくが2人以上ほしいところ。

どうも、最近相手チームの守備陣が「広島は、ウタカを抑えればほぼ潰せる
抑えられなくても最後も単騎だから、中にしぼっとけば大丈夫」って思われて
いるんじゃないかなーと。
フィニッシュのイメージがどうも軽いというか、ほとんどGKの目の前で
どうにかしようとしているので、決めることの最終決定が遅いんじゃないかと
思いました。
同じような位置で決めるにしても、もっと早く、こうする、ってことが
周知徹底できていれば、相手のDFの数を減らした状態でフィニッシュに行けるん
じゃないかなーと思うのは、酷なことなんでしょうか。

ついロストしてカウンターを覚悟してしまっているようなところがあるような。
危機管理と言えば聞こえは、いいけど、結局、決まらないだろうと思ってるし
決められないだろうと思ってるように思いました。

それを思うと、80分過ぎの2点は、「これをスタメンがやらんとならんでしょ。」と
思われるゴールだったと思います。
80分すぎると相手も疲れてるからと思うけど、前節、柏戦で決めきれなかったみなくんと
ゴールに飢えてる寿人さんがフィニッシュに対する気迫見せてくれたと思うのです。

みなくんは、背水の陣ですよ。
あの試合のあの時間にだしてもらえるというのは、監督の信頼あってこそ。
みなくんを追い詰めて追いつめて、もう、今決めないと次は、ない、という気持ちに
させれば、もともと持っているポテンシャルは、あるのだから、やってくれるに
違いないと思われてるんじゃないかと思ったのです。
そして、寿人さんも同じく。
フィニッシャーとしてのビジョンが備わっているからオフサイドかもしれない状況でも
押し込みに行くという行動が実をむすんだとおもうのです。
サブメンバーの躍進は、寿人さんがベンチにいるからですよね。
最高のモチベーターでは、ないかとおもうのです。

拓磨にゴールをと戦った90分でしたが、2点で逆転したあとに失点してドロー。
勝って送り出してあげたかったでしょうが、だいたい、こういう大入りの試合で
勝てたことがないので、日曜日は、上出来だったよと思いました。

しかし、もうちょっと落ち着いた時間もほしいんだけど、どうも我慢がたらんなーと
思うんですが。

拓磨の壮行セレモニー、サンフレッチェで、引退じゃなくて、移籍でセレモニーを
するのは、初めて。
何人も若い選手が移籍したけど、こういう気持ちで送り出せるのは、幸せなことです。


拓磨がいなくなったあとのサンフレッチェは、どうなるんだろうなぁ。

「拓磨ロス」が少々尾を引きそうなサンフレッチェ界隈では、ないかと思ったのでした。

またいつか、会える日がくるといいな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-14 12:18:08

塩加減。

テーマ:サンフレッチェ広島
メンバーが手薄になり、フォーメーションも変えてみたりしながら
なんとか崖から落ちるまでには、至っておりませんが、状況的には、
ポイチの言う「えーっ?って言うことばかり起きている」というわけで。

えー!?というのは、タクのアーセナル移籍だと思いたいけど、ちょこちょこ
あるんですよね。(ガクのレンタルとか、ボムのレンタルとか、想定外でしょ
なのに「がんばっておいで」とかなんでよ泣)
怪我人については、キャンプの時に昨年の疲れが取れてないうちにえらく負荷
かけるなーと思っていたので、筋肉系の怪我が増えるとは、思っていました。
(筋肉疲労からの筋損傷も当然のことながら)
キャンプでのトレーニングを見ていて、今年は、アップダウンの激しい速い
サッカーをするんだなぁと思っていて、そこからの佐々木君レギュラー起用
タクのワントップでの世代交代と、スムーズにいけば、ACLを絡めつつ育成も
考えて、若手を投入していくということなんかなーと4月あたりは思って
いたのだけど、キャプテンがえらくガツガツ行ってたのを心配しつつ、
ベテラン勢の疲れも心配しつつ、こんなにスピーディーなサッカーしてて
年末まで持つんだろうか、と思っていたので、それが全部、裏目が出たのなら
今の位置の言うのは、上出来だと思うのです。

メンバー的にここから巻き返し!ということができそうにないのは、正直
否めないのですが、維持は、しようじゃんよ、と思います。



前置きが長くなりましたが、昨日は、いろんな気づきがありました。
ここのところまとまらなかったところとか、勝ちきるために必要なこととか
見えてきた、というよりか、進歩してるのね?と思ったのです。

前半の入りは、ぽんとやられたところからよくなかったのですが
そこから立て直そう、というこちらと、早過ぎる時間に獲っちゃった!という
柏の思惑から、なーんとなく、こちらがポジションを取りやすくなりました。
それがわかってそうしてるのか、それとも、あ、なんかいい感じになってきたー!?
という感じでやってるのかわからないのですが(この時点では)前半は、そこから
押せ押せで3得点の大逆転モードに入ってしまいました。
最初の2点は、ちょっとラッキーもあったので、この得点を大事にしないと
後半は、相手もしっかりしてくるからね、と思ったら、やっぱり押し込まれる。

こういうことを想定しての2ボランチだったと思います。
和也が帰ってきたということは、中盤に重きを置いて、少しでもこちらの
手の内でサッカーして連戦を乗り切らんと、ということだったのでしょうが
考えてみると、試合の入り、1ボラの攻撃的バージョンがちょっと抜けきらず
2ボラで前掛かりに行ってしまってたように感じました。

失点して、あ、違った気がする!というところでの修正、相手もそこが変わると
どう対応する?ということになったのでは、と思います。

後半に入って、また前半の入りのように攻められます。
この時にボールキープをウタさんにまかせっきりで、後は、あちこちに散らばり
動くのは、いいんだけど、決して効果的でないし、広く使ってたから相手に
スペースをあげてしまってる状態になっていました。
球際の部分が大事とポイチはいいますが、こうなると個人についてプレスかけて
球際とかで取りきれるならいいけど、取れない方が多いのが今の広島。
試合の流れうんぬんを無視した形でみんなが場当たり的にピンチの芽をつぶすしか
無いって状態なので、そりゃ、相手にチャンスを作らせてしまうと。
結局攻撃も単騎なので、フィニッシュできない。
悪い時のサンフレッチェがでまくってるんですけど、はてさてと思ってみてました。

同点に追いつかれ、やっぱり、単純にDFのミスと言われてしまいそうだけど
あっというまにボールを持ってこられるのだから、本当なら前で潰すなり、しないと
後ろばかりに仕事をさせてしまうわけですよね。
いくら「後ろからの構築」いうても、全部そうしてたんじゃ、ミシャの時と同じに
なってしまうのは、明白。
前で奪い、速く切り替える、一旦下げて、やり直し、そういうところをまとめる人が
今いないという。

しかし、まったくゴールできない、ということは、ないというところが、まだ
サンフレッチェは、死んじゃいないよ、と思うところ。
これがほんとにどうにもならないのなら、3点も取れないし、鹿島から2点も奪えない。
ゴールができているということは、ゲームの流れを読むことができれば、相手の
攻撃の芽が芽生える前に抑えておけるわけです。

キャプテンがまだ行けばいいのに、「いまは、返せ」と指示しているの思い出しました。
これが度重なると、ほんと、勝ったけど、塩試合じゃん!ということになって面白くない。
だけど、今のサッカーに少しの塩を加えると、より際立つものに仕上がるのかもしれません。

砂糖を、どれだけ入れても、塩を入れないと甘さは、際立たないのですわ。



ウタさんが前より、みんなに合わせてくれるようになりましたし、まるちゃんも
変に目立つことがなくなりました。
(消えてる、というより、なじんでると思ってるよ)
交代については、ほんと、スタメンで出るのも90分やりきらないとならない責任は
ありますが、途中交代も難しいのです。
昨日のチャジとみなくん、あの時間に入ったということは、「最低引き分け」という
ミッションで入れられたと思うのです。

この二人で練習は、結果をだしてますから、うまくいけば勝てるわけです。
だけど、それは、相手は、チームメイトであり、あくまで練習だから。
味方は、ヘロヘロなのに、二人でさあパスを回せ、さあ裏へ出せと言ったところで
総スカンをくらい、余計チームは、おかしくなって、さらに失点を重ねるわけです。

でも二人だって結果は、ほしい。
その気持ちとメンバーの疲労と、試合の状況を考えながら、サッカーしなくては、
ならないわけです。
だって、自分が一番フレッシュなんだから、何が起きてるかは、わかってて、でも
そこに劇薬を持ち込むわけには、いかないんですから、そんな中で「引き分け」という
結果を出したということは、きっちり仕事したわけですよね。

ゴールだけが結果じゃなくて、年間トータルで見たときにあの試合のああいうのが
最後の結果に結びついた、というところをサンフレッチェは、めざしているのだから
一人の結果、目の前の結果だけにこだわっていると、見目は、いいけど、逆に
チームでの立場を悪くしてしまうんじゃないかと思ったのです。

やってるほうも甘美な思いしたいだろうけど、ちょっとしたアクセントで、まとまる。
なんにしても世の中で起きる事は、似通ってるなぁとおもったのでした?


とは、いうものの、観客は、そういうの関係なく、ゴールして勝ってくれよーと
思うのは、当たり前なんですがね。
←我慢もスパイス?


次節は、もう、4日後、丸ちゃんにあと少しの成長があることを願っています。

それより、広島初ゴールおめでとー!!
カッコよくなったよー!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。