千葉県八千代市のコーヒー豆店 きたみcoffee

千葉県八千代市でスペシャルティコーヒー豆を売るお店です。2015年7月にオープン。嫌な苦味のないクリーンな味わいのコーヒーをお届けしています。美味しいコーヒーのある豊かな暮らしのお手伝いをしています。http://kitamicoffee.com

ホームページから通販で販売できるようになりました。お近くだけどなかなか来店できない方、遠方の方など、ご遠慮なくご利用ください。http://kitamicoffee.com

テーマ:

5月から販売しているアイスコーヒーブレンドのSummer Breezeはホットで召し上がってもとびきり美味しい深煎りのブレンドです。いつまで販売するのですかとお尋ねされることが多くなったのでお聞きしましたら、ホットコーヒー用に購入しているので通年で発売して欲しいとのこと。そういう声が多いので、通年販売することにいたします。

 

ただし真冬にSummer Breezeという商品名は合わないので、秋冬春向けとして商品名を変えての発売です。まだ商品名が決まらないのでそれまではこのままです。

 

私は朝6時過ぎに店に来て焙煎を行っています。店に着くと焙煎機のガスを点火して予熱します。その間にアイスコーヒーを飲むのが習慣になっています。暑い時期、店内で飲むアイスコーヒーは格別です。シャキッと目が覚めたところで焙煎の開始。オープンまでの数時間は焙煎に集中します。焙煎は時間と温度変化、そして香りの変化に神経を使いますが楽しく感じます。この焙煎という数時間をやりたくてコーヒー豆店を始めたわけですので、焙煎を楽しく感じたり、接客を楽しく感じることが大切です。

 

Summer Breezeというコーヒーには、私が普段感じている一般のアイスコーヒーへの不満から、様々な違いを出しています。

 

喫茶店で飲むアイスコーヒー、コンビニで飲むアイスコーヒー、どれも違和感を感じています。私が感じる違和感は、後味に強く残る苦味のようなエグみ、雑味。美味しい苦味はコーヒー全体で感じて心地がいいものですが、エグみや雑味は後味を悪くする成分。飲んだ後に水が飲みたくなるのがこれらの気持ちの悪い成分。エグみは美味しくないので、早く口の中から逃して欲しいという体からの声が聞こえてきます。

 

Summer Breezeには「美味しい」と感じる苦味とともに、芳醇なブレンドのバランス感、深煎りしたロースト感に溢れています。そしてアフターテイストが心地よく、いつまでも余韻に包まれていたいと思うことでしょう。ミルクも砂糖も入れることなく美味しさに満ちあふれている。これが私のこだわりです。

 

Summer Breezeをホットコーヒーとして召し上がっていただくと、湯気によって口から鼻に抜ける香りがアイスコーヒーの時より風味を豊かに感じさせます。きっとゆったりとした満足感に浸れることでしょう。

 

きたみcoffeeの既存のコーヒー豆は何もホットコーヒー専用ではありません。軽めでレモンフレーバーのするエチオピア・ハマをアイスコーヒーで召し上がるお客さまもいらっしゃいます。軽い飲みくちのアイスコーヒーとして美味しく頂いていますとおっしゃっていました。皆さんのお好みでどんな淹れ方でもいいと思います。

 

そんなこんなで、今はSummer Breezeの秋冬春バージョンの商品名を考えています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンビニコーヒーが100円で飲めることが大きな取り上げ方をされて何年になるでしょうか。コンビニコーヒーも質が向上し、外出先で簡単に飲むことができるようになりました。確かに缶コーヒーより安くて美味しいのはありがたいことです。しかも真夏の暑い日にコンビニの冷えたアイスコーヒーは助かります。

 

日本のコーヒー消費量は上昇しています。皆さんはご自宅で一杯づつドリップしたりコーヒープレスで淹れたりしていますか?

 

レギュラーコーヒーは高品質な味わいに向かっています。きたみcoffeeの美味しさは豆の等級が高いこと。そして焦げない焙煎をすることで実現しています。よく言われることですが、当店で試飲した方が「あっさりしている」とか「軽い」と表現したりします。焦げたエグみや雑味が無く透明感があるので、軽いと勘違いされるのです。きたみcoffeeを飲み慣れると雑味のあるコーヒーの味に気がつくようになります。味覚が変化していくのです。

 

自宅でレギュラーコーヒーを淹れることは茶道で心を落ち着かせるようなものと同じなのかもしれません。忙しい現代を生きる私達だからこそ、一杯づつ丁寧に淹れることで心に余裕を持ちませんか。毎朝時間が無いからコーヒーはインスタントで済ませるのは残念なこと。数分の時間をとってコーヒーを淹れることで、忙しいという思いから一瞬でも離れられたら素敵です。

 

「忙しい」とは心を亡くすと書きます。忙しいという言葉を使わないようにすると余裕が生まれますので試してみてください。

 

皆さんにとってコーヒーを淹れるということが幸せなことでありますように。

 

http://kitamicoffee.com

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

千葉市から若いご夫婦がご来店になりました。最近コーヒーミルを買ったら安いコーヒーでも味が変わったので、もっと美味しいコーヒーを探してみようとネットで検索され、当店にお越しになりました。

 

初めての方には当店の試飲コーヒーを召し上がっていただき、澄んだ透明感のあるコーヒーを知っていただくのですが、フルーティなケニアに驚かれました。オレンジのような香りと味わいに残るフルーツ感、それが初めての経験だったので驚く方はこれまでたくさんいらっしゃいました。このお客さまにはアイスコーヒーも試飲いただきましたら「苦くない」「美味しい」と感嘆のお声を発せられました。いつもアイスコーヒーは苦いのでガムシロップとミルクを入れるそうですが、当店のサマーブリーズは何も入れずに美味しいと言っていただきました。

 

後味に嫌な苦味が残らないクリーンなコーヒーに出会うと人は変わります。舌が透明感を覚えるので正しい味覚にリセットされ、エグみや雑味のある食品に敏感になるのでしょう。焦げて黒いコーヒーを飲むとエグみが感じられるようになります。こういう味覚の変化は一般的な食事やワインでもコーヒーでも共通していると思います。

 

いい味わい・新しい味わいに出会うことで味覚は目覚めます。それを繰り返していると絶対味覚のようなものが備わると考えています。音楽の世界の絶対音感みたいなものです。目覚めた味覚によって甘み、酸味、苦味、そしてそれらのバランスに敏感になります。子供がピーマンを嫌っていても大人になるとあの苦味が好きになるように、味覚は磨かれていきます。年齡を重ねても味覚はどんどん進化しますので、美味しいものをたくさん口にしていきたいですね。

 

本日ご来店のお客さまがお帰り際に「嬉しかった」と言っていただき、とても幸せな気分になりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

八千代市民ギャラリーでは、定期的に八千代大人塾という各種セミナーを開催しています。八千代市民でなくても参加できますので皆さま奮ってご参加ください。

 

6月24日(土曜日)はきたみcoffeeによる「珈琲の魅力を知ろう!」と称して、知って楽しいコーヒーの知識を皆さんにお伝えします。今回のセミナーではコーヒーの試飲は無く、講義のみですが楽しい話題で盛り上げます。会場は駐車場完備の綺麗な大型施設です。

 

開催日:6月24日(土曜日)

時間 :午後2時から3時

場所 :八千代市民ギャラリー内  八千代市村上2510番地

参加費:無料

対象 :20歳以上(八千代市民でなくても参加できます)

定員 :30名(要予約)

持ち物:筆記用具

内容 :コーヒーの歴史、焙煎について、サードウェーブって?

    健康への効能など

交通 :東葉高速線「八千代中央駅」下車徒歩15分または

    バスで米本団地行き(宮内経由)「中央図書館」下車

    東葉高速線「村上駅」下車徒歩10分

    お車でお越しの場合は隣接の有料駐車場をご利用下さい

予約・お問合せ:八千代市民ギャラリー 047-406-4116

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アフリカのルワンダからコーヒー生豆が届きました。さっそく皆さんにお届けしたくて美味しく焙煎しました。ルワンダ シンビです。シンビとは水洗工場の名前で、コーヒーの木から収穫された真っ赤な実から出荷できるまで加工する場所が水洗工場です。

 

アップル、チェリーなどのフルーツ感。そして上質な甘さと酸のバランスの良さが素晴らしく、飲みやすい仕上がりです。余韻も長く楽しめます。試飲したお客さまからは好みの味と言っていただき嬉しく思っています。

 

千の丘の国と呼ばれるルワンダは緑が多く、なだらかな丘陵が地平線の向こうまで続きます。この美しい丘の国ルワンダの標高1,500mから2,000mの高原でコーヒー栽培が盛んに行われています。シンビはルワンダ南部のhuyeフエというエリアに位置しています。

 

栽培されたコーヒーチェリー(実)の多くがシンビ、マラバ、そしてソブというエリアの250人ほどの方々(80%が女性)から成る協同組合に属する農家から集められます。現在栽培されているコーヒーの木は45haほどです。

 

生産者:ジャン・デマセーヌ

プロセス:フリーウォッシュド

品種:ブルボン種

標高:1,800m

平均気温:17〜18度

乾燥方法:天日乾燥(アフリカンベッド)

 

きたみcoffeeの詳しいサイト

http://kitamicoffee.com/shop/products/detail.php?product_id=66

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだ5月なのに真夏並の暑さの日が数日ありましたね。暑さが増すと経済効果があるそうですので、夏が近いこの季節としては悪いことではないようです。ガリガリ君やアイスクリームも売れ行きがいいことでしょう。ガリガリ君はいろいろな味が毎年発売され、ファン層をしっかり握っています。

 

業界は違いますがコーヒー豆店としても同感です。一年中同じコーヒーがあるのではなく、コーヒーに季節感を出し、その季節に一番美味しい味を作っています。春から初夏になり、ほんわかした気分から夏への扉を開きはじめるこの時期、コーヒーは軽すぎても深すぎてもだめなのです。でも私は「中間」という考え方をしていません。この季節、日向は暑いですが、日陰に入ると爽やかな風が心地の良い気分にさせてくれます。初夏のコーヒーは、そんな爽やかさも表現することを意識しました。ブラジルをベースにして多くの方に好まれる下地とし、口当たりの柔らかいコロンビアを加えるとブラジルは別の味わいに変わります。そして爽やかな気分を表現するためにエチオピア・モカを使います。モカはレモンティフレーバーが魅力です。しかし多すぎると個性的になってしまいます。

 

季節のブレンドに強い個性を出さないほうがいいと考えています。多くの方に好まれる味わいと口当たり、毎日でも飲みたくなる味わい、私はそんな風に季節のブレンドを仕上げています。コーヒー焙煎店にとって、ブレンドは私が作る作品のようなものです。ストレートコーヒーが寿司ならブレンドは料理でしょうか。ストレートコーヒーではあり得ない味を表現する方法としてブレンドという手段をとります。それはシングルモルトウィスキーとブレンデッドウィスキーの関係と同じです。

 

名称もまた大切です。親しみやすいものにしたいですが、平凡ではつまらない。きたみcoffeeのある八千代市ゆりのき台はゆりのき通りという素敵な道が正面に通っています。道の下側はツツジ並木、上側はゆりの木の並木。この木が「ゆりの木」という名称であることを地元でも知らない方がいらっしゃいます。私はこのゆりのき通りが好きで、この通り沿いに店を出したかったという強い思いできたみcoffeeを誕生させました。ゆりの木の花は5月から6月に咲きます。そのため、ゆりの木は初夏の季語になっています。初夏のブレンドにぴったりなので「ゆりのきカフェ」という名称にしました。皆さんにこれから長きに渡って親しんでいただけたら幸せです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新入荷のコスタリカ「ラスラハス農園」登場です。

これまでのシンリミテス農園に加えて2つのコスタリカが選べるようになり、味の幅が広がりました。ラスラハスの第一印象は甘さです。ブラックハニー製法という方法で精製されているため、上品な甘さに優しい酸とのバランスが絶妙という素晴らしいコーヒーに魅惑を感じないではいられません。ブラックハニーとは、果肉を除去したあと、粘着質を全て残したまま15日〜18日間もの長期間の乾燥をさせるものです。この間、豆を発酵させないよう細心の注意のもと処理するので手間の掛かる方法です。農園の方々のお陰で、私たちはその恩恵を存分に受けることができます。

 

ラスラハス農園の地理的特徴として、農園とマイクロミルはバルバ火山とポアス火山の谷間に位置し、下記2つの恩恵を得ることで、甘さの詰まったチェリーが育つ恵まれた環境にあります。

① 非常に風の強いエリアで、二火山の谷間をアリスオスという北風が吹き、農園に冷気と水分をもたらします。

② この冷気が寒暖差を生み、水分が木々を青々と育て、土壌を生き生きとさせます。

 

収穫から乾燥までの特徴としては、ナチュラルとハニー製法の草分け的存在のマイクロミルであり、常に最高のコーヒー作りを追求しています。

 

栽培地:コスタリカ セントラルバレー地域

    アラフエラサバニージャ地区

地理:バルバ火山とポアス火山の谷間に位置し、特有の北風が農園に寒暖差と水分をもたらす。

標高:1300~1600m

農園主:オスカーチャコン氏

品種:イエローカツーラ、レッドカツアイ、ビジャサルチ、

   カツーラ

収穫時期:12月~2月

 

きたみcoffeeショッピングサイト:

https://kitamicoffee.com/products/detail.php?product_id=64

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初心者向けのきたみcoffee無料コーヒー教室 1月度です。
参加者全員で各種コーヒーを試飲して新しい味覚に出会いましょう。
皆さん、奮ってご参加ください。

開催日時:
4月19日(水曜日)14:00から15:30
内容:
・コーヒー選びの基礎知識
・参加者全員でハンドドリップの練習
・世界各地のコーヒーを試飲

開催場所:きたみcoffee店内

   八千代市ゆりのき台7-22-4(店舗の場所はホームページでご確認ください)
参加費用:無料
募集人数:3名
参加条件:
・座席の関係でお子様のご同伴はご遠慮ください。
・香水や香りの強い化粧品は避けてください。
・駐車場を利用する場合はお申し込み時点でお知らせください。
申込み方法:
営業時間中(10時から18時)に電話でお申込みください。
電話することが難しい場合に限り、メールでも受付いたします。

 

オーダーメードレッスンのご案内:
きたみcoffeeでは、お客さまのご要望により希望日のレッスン開催や出張レッスンも行います。参加者が2名以上いらっしゃる場合から大人数での会場規模での開催までご相談ください。

ホームページ:http://kitamicoffee.com
電話 :047-489-5946
メール:info@kitamicoffee.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日からブラジルがトレスバハス農園になりました。

上質な甘さに加え、アップルに由来する華やかな明るさを持ったブラジルです。

トレスバハス農園は、ミナスジェライス州南部の高原地帯のカルモデ・ミナスに位置します。1000m〜1450mの標高に加え、高品質コーヒー栽培のための適度な気候と降水量に恵まれています。

 

店内ではご試飲できますのでどうぞご来店ください。

遠方の方はホームページから通販もご利用ください。

http://kitamicoffee.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新しいコーヒーのスタイル「コーヒーバッグ」が登場しました。

その名のとおり、ティーバッグのようにカップに入れてお湯に浸けて4分間待つだけ。コーヒーバッグは、新しいコーヒーのスタイルとして注目されています。きたみcoffeeではいち早く「茜」に取り入れました。フレンチプレスで淹れたような芳醇な香りと味わいを気軽にお楽しみいただけます。

お仕事先で、旅先で、キャンプ場で、いつもの美味しいきたみcoffeeを召し上がっていただけます。10回分を1パックにしました。ご友人への手軽なプレゼントにも最適です。これからの季節、各種お礼や内祝いなどにもご利用ください。5パックお買上げの方はもれなく1パックがついたお得なセットもございます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。