2010-09-08 14:41:59

マンションやデパート等の”分電盤室(変電設備)の上下左右の部屋の電磁波は?台湾では大問題に

テーマ:電磁波の強かった場所
このところ憂鬱なことが続き、気晴らしにデパートをうろついたりしてみたんだけど、さらに憂鬱で深刻な問題を発見。

某デパ地下1Fで、ベンチがあったので座って、なにげに前を見たら”分電盤室”の文字が。距離にして5mくらいのところ。まさかなぁと思いつつ測定したら、5mも離れたベンチで20ミリガウス(2μT)を突破・・・・あまりの衝撃に、地元の阿部知子議員にツイッターで状況を話しかけてしまったよ。。。この労働環境、どう?
※医師である阿部知子さんの国会での電磁波問題提起はこちら
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10527238366.html

あれだけ冷蔵庫や冷凍庫が密集した中で、そりゃ、そうかも、、、と思いつつ、さらに分電盤室に近いお店の店員さんや、上階、下階の店員さんは一体、何ミリガウスを浴びて仕事しているんだろう。。。

測定しながらデパ地下を歩いてみたら、歩いた箇所だけで、だいたい分布は1~20mGくらい。大変な問題です。他のデパ地下はどうなんだろう。

デパ地下だけじゃなく、集合住宅やスーパーなど、電力を大量に使う場所の分電盤室(変電設備)近くの方、上下階の方、早急に測定してみてください。

ちなみに台湾でも、下の階、この場合は地下なんだけど、変電設備から、上階の住民への電磁波の影響が大変な問題になっていて、テレビで特集番組が組まれたようで、google に動画がUPされていました。↓クリック
http://video.google.com/videoplay?docid=-8191794899249797339#

あと、変電所周囲でも癌が多いとして近隣住民によるデモが起きています。


キャノンストリートの住民の南側に文山地区にあり、
迫り来るバンドン台湾電力変電所の隣に、リビングはいつも悪夢です
http://news.chinatimes.com/tech/0,5249,171704x112010082100427,00.html

おまけの動画

基地局殺人 電磁波超過千倍 がん罹患23人 という動画
http://video.google.com/videoplay?docid=7792941201347096358#
電磁波が身体に危害があるとして陳情へ 動画
http://www.56.com/u30/v_MTQyNjkzMDc.html

その他ついでに発見した情報。

送電損失1%に抑制も、超電導線を開発
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100902-OYT1T00978.htm

スマートフォンで素早い救急搬送 仙台市が独自システム
http://www.asahi.com/national/update/0901/TKY201009010261.html

災害時の電話は弱い
http://www.ai21.net/bousai/etc/index01.html

最も大事な地上伝送路,ソフトバンク基地局大量停止の理由
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070829/280625/

LED照明の欠陥について
http://d.hatena.ne.jp/tebukuro/20100905


記事一覧にもどる
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html  

↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには原理のまったく不明な摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘があります。安易に購入する前に国民生活センター や消費者センターに必ずお問い合わせください。大事なお金を払う前に、まずは必ずセンターに相談!!!国民生活センターよ、商品テストしてください。欧州はやるらしい。なかには海外で公正取引委員会の指導を受けた製品が日本で売られています。国民生活センター 消費者ホットラインの電話番号は0570-064-370です。 http://www.kokusen.go.jp/map/
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。