コピーライティングを極めたい!

そう思う人は、少なくないでしょう。


でも、どうやって?何を勉強したら?

どんな教材で? どうやったらコピーで稼げるの?



次から次へと疑問符が付くのも事実です。


そんな疑問符を一つ一つ消していき

成功というゴールへ、少しでも早く

確実に近づく「道標」となるブログです。
  • 05 May
    • 「煽り」という恐怖だけでは、人は説得出来ない。

      どうも、ムラヨシです。 聞き手に対して「恐怖」を与えるコミュニケーションは、 相手の行動を促す強力な要因になります。 但し、その表現や内容には注意が必要です。 何故なら、捉え方一つでその効果が、半減もしくは 全く機能しないという事態が、起こり得るからです。 どういう事かというと・・・・ 続きはこちらから・・・・

      4
      1
      テーマ:
  • 27 Apr
    • コミュニケーション障害について考えてみた

      どうも、ムラヨシです。 娘と母親の会話の中で 「~ちゃんってちょっとコミュ障でさ、・・・」 そんなフレーズが耳に入ってきました。 そういえば、職場でも聞くキーワードです。 略語となっていますが、正確には 「コミュニケーション障害」です。 定義は、他人との何気ない会話や雑談が苦手で、仕事関連や 必要最低限の会話に関しては、こなせてもそれ以上の 他愛もない話や、人間関係を深めるような、話になると 途端に口が重くなるような症状らしいです。 らしい・・というのは 続きはこちらから

      1
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 目標達成の為のマインドセット

      どうも、ムラヨシです。 実は、これまで、書き溜めてきた記事 (コンテンツ)が全て消えました・・・・・ 原因は安易に削除キーを押した自分のミスです。 かなりショックでしたが、逆にいい機会だと ポジティブに捉え、記事のタイトルだけから (タイトルのみ保存状態)新しいコンテンツを 生み出すという作業にトライすることにしました。 さて、その中で、今日選んだのはこのタイトルです。 「目標達成の為のマインドセット」 成功法則やそれに類似する書籍やネット情報には 必ず出てきそうなタイトルですね(笑) なので、自分言葉で表現します。 多くの方が、 「目標が見つからない」 「何を目標にしていいかわからない」 こういった事で悶々としている人も少なくない という事実を踏まえ、その解決に繋がるヒントを お話したいと思います。 まず、目標なるもの、これは「未来形」のものです。 現状がありその先で作られるものです。 目標で悩む人の多くは、実は「現状」に問題があります。 もう少しわかりやすく表現すると 「現状の自分の立ち位置を理解してない」 という事です。 今の自分を理解出来ていないのに、 その先の目標やビジョンが明確になる訳がありません。 今の自分をしっかり「認識」することです。 何が出来るのか、何が出来ないのか? そして何が足りないのか? でも、これって以外と見たくないことなんです。 自分で自分の出来なさ加減を知ることって、 結構、へこみます。 中には、自己嫌悪に陥る場合があります。 でも、ここをスルーしてしまっては しっかりとした「目標設定」は出来ません。 出来ない事、足りない事があるからそれを 克服する。 その過程を辿ることで、自分の本来の目標が 形になっていきます。 現状を見ることをせず、大きな目標だけを 唱えてもまさしく絵に書いた餅、となります。 まず、自分の立ち位置をしっかり見据える。 出来ていない事、足りないところを認識し それを補う為の努力を、コツコツ行う。 そこには「計画」と「具体性」を 伴ったものが必要です。 いつまでに、こうなる。 いつまでに、出来るようになる。 その為に・・・この準備をする・・・ これらを日々のルーチンに落とし込み しっかり繰り返していけば、 目標にリンクしていきます。 いつしか自然に、目標達成という 「結果」にたどり着きます。 そのスピードは、あなたの持っている パッション(情熱)によって大きく 変わるでしょう。 今日から、早速「自分棚卸し」を実行です! では、また!

      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 非常識なコピーライティング?ってどんな?

      どうも、ムラヨシです。 最近読んだ、書籍をご紹介します。 何故、この書籍が気になったかというと 「最低」そして「非常識なコピーライティング」 この2つのキーワードがフックになりました。 余談ですが、自分が何か気になったもの、 目についたもの、言葉・・・ 広告やコピー、チラシなどのヘッドコピー そのまま流すのでは無く、一度俯瞰的に 「何が気になったのか?」 「何故、刺さったのか?」 これを考えてみると、自分の頭の中を 整理できます。 コピーライティングに携わる事を、生業にするのであれば こういったトレーニングは必要です。 自分のアウトプットの時に、役立ちます。 コピーをそのままパクる事ではありませんよ(笑) 読む側の心理として、どうなんだろう?という 客観的な視点が身につく、という意味です。 さて、前置きが長くなりましたが、本の紹介です。 それがこちらです。 『最低な人間』の非常識なコピーライティング: 『借金2億円』『親の夜逃げ』『失敗と挫折』 文章.../佐藤康大 ¥価格不明 Amazon.co.jp 著者である「佐藤康大」さんご自身の自叙伝を前半に持ってきて 後半にコピーライティングのノウハウ的なところを 綴っています。 前半は読み物として、それなりに面白かったですが、 後半のコピーに関しては、特別変わった手法や 新しいノウハウといった視点での発見はありませんでした。 ある程度、コピーライティングの勉強をされている方で あれば、特筆すべき点は無かったような気がします。 ただ、前半の話の展開は、まさしくセールスレターに うってつけのような「マイ・ストーリー」は読み応えが あります。 一気に読む事ができました。 天国から地獄、或いは地獄から天国というような この「振り幅」が大きいほど、読むものを惹きつける 度合いが強いようです。 それがあまりにも現実離れしていると興ざめします。 その点、この佐藤さんの話はリアリティも 感じさせながら、どこかユーモラスチックなところも あり、「重さ」が残るような事もありませんでした。 ただ、先にも書きましたが「コピー指南書」という 観点から見ると、物足りなさが残るのは事実です。 これから、コピーを勉強したい、覚えたい! でも、分からない事が多くて不安だ・・・ そんなビギナーレベルから見ると、モチベーションアップ に繋がる書籍かもしれません。 もし、この書籍が面白い、読みやすいと感じたら こちらも合わせて読まれると、面白いかもしれません。 お時間があれば、どうぞ! 億万長者解体新書vol.2: もし成功者の法則をあなたが学んだら/佐藤康大 ¥価格不明 Amazon.co.jp 本日は書籍の紹介でした。 では、また!

      3
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 「文章術」と「コピーライティング」その違いと使い方

      こんにちは! ムラヨシです。 「文章術」と「コピーライティング」 どちらも、文章に関連するキーワードですが、その違いや 使い方の明確な理論というものが、はっきり明示されて いないような気がするので、今日は、その辺りを考えてみます。 よく使われるのは 「コピーライティング」に「文章術」は必要か? みたいな部分です。 これは「必要です」と言えるかと思います。 何故なら、コピーを書く上で「文章」が 書けないと話になりませんから。 これは、基本的な部分も含めてです。 何故なら・・・続きはコチラから

      テーマ:
  • 20 Apr
    • コピーの種類と読む時の心情とは?

      ムラヨシです。 こんにちは。 コピーを書くことについての、スキルとか情報や勉強法、 それらに関する書籍などは、多数ありますが、 コピーを読む事に関する、その手の類のモノは、あまり 見かけないので、少し触れてみたいと思います。 一般的なコピー、即ちテレビ、雑誌などのメディア媒体、勿論 ネットもそうです、電車の中吊りやビルの看板広告。 これらの広告に書かれているコピーを、見る時の「心情」とは どんなものでしょう? 続きはこちらから・・・・・

      5
      テーマ:
  • 19 Apr
    • コピーライティングは稼げるのか?

      「コピーライティング」は稼げるか? 今日は、このテーマについて考えたいと思います。 結論から言うと、「稼げる」とも言えるし 「稼げない」かもしれない・・・・ 私はライティングスキルがあります。 だから、稼げます! この直結的な思考は、安易過ぎます。 では、無くても稼げるか?という質問になった 場合、その可能性は、限りなく低いものになります。 ライティングスキルがあれば、人を 購買行動に駆り立てることができます。 すなわち、文章で人を・・・・・ この続きはこちらから

      4
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 久しぶりに神田昌典さんの本を読んだ

      こんにちは! 最近、久しぶりにこの方の書籍を読みました。 タイトルはこちらです。 稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41/ダイヤモンド社 ¥1,620 Amazon.co.jp 面白かったです! というか、あの「神田節」が帰ってきたかな? という印象です。 TOPマーケッターとして、走りだしてからは 思考や世界観の向上、ステージアップが顕著になり 「一般向」という視点からは、少し離れつつあったような ところがありましたが、この書籍では、初期の頃の 言い回しや、ポイントを付いたノウハウの解説など 「実践レベル」のスキルが多数あります。 一見、似たような「言葉」ではあっても、その意味と 使い方でこうも違う解釈が出来るかと、目からは、鱗です。 コピーライティングの視点から読んでも為になるし マーケテイングの勉強にも役立ちます。 本人の弁にもありますが、1度の完読では 掴みきれない部分もあるので、2~3度の、 読み返しが必要です。 かなり、わかりやすく、具体性に富んだ書き方を されているので、読破するのに時間はさほど かかりません。 通勤、通学の時間に携帯ゲームをやる時間で 充分読みきれます。 よろしければ、感想などを共有しましょう! では、また!

      3
      テーマ:
    • お金と幸せについて話します。

      久しぶりの更新です。 毎日毎日のように、様々なコンテンツが一杯溢れかえってますね。 そんな中でも、相変わらず「煽り」を主語にしたレターが 目に飛び込んできます。 何故、そんなにも「儲け話」に皆飛びつくのでしょう。 単純な話です。 お金がある。 ↓ 自由が手に入る。 ↓ 物欲が満たされる。 ↓ ****** 次は何でしょう・・・・・・ これらが手に入る訳ですから、当然 「幸せ」な気持ちになっているはず・・・・ でも、そうじゃないらしいです。 少し時間を取ってこの方の話を聞いて下さい。 あれだけ成功したのに、自ら「ハッピーではない!」 と言い切ってます。 なるほど・・・と、唸る場面があります。 当たり前の話しですが、幸せ、幸福の価値感は 人それぞれですから、一概にこれは幸せ、こういう人は、不幸とは言えません。 ただお金にフォーカスした場合、あると無いでは あった方がいいというのが、大方の意見でしょう。 何故なら、お金がある事で、幸せな気持ちになれる 「選択肢」を、増やす事が出来るこらです。 あくまで、選択肢です。 例えば、物欲という欲は満せます。 その気持ちが、積み重なれば、幸せ感は持てるはずです。 愛情は買えない、と言います。 確かに人の気持ちは買えないでしょう。 でも、異性との出会いにはきっかけが必要であって、 そこには、お金のある、なしが大きく左右します。 ある人には、その選択肢が広がり、出会いの場を、いくらでも作れますが、無い人には、限られます。 お金が無いばかりに、二人の関係が悪くなる・・ これは事実でしょう。 お金がある事で、解決出来る 日常的な問題は、山ほどあるでしょう。 そう考えると、やはりお金は、必要なものである事には変わりありません。 でも、お金があるイコール幸せという公式は 成り立たない気がします。 人それぞれ「自分」というお金を入れる器が、あるかと思います・・・ それ以上は入れようとしても、入らない仕組みになっているのに、それ以上、入れようとしておかしくなるケースがあるのでは・・・ そんな気がします。 やはり、そう考えると最も大切なのは、 「バランス感覚」ではないでしょうか? それを、上手くコントロールしながら、 維持して行く・・・ それが出来る人が、本当の幸せを、 享受できる人かもしれませんね。 長くなってしまったので、本日はこれまで! では、また!

      2
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 上位商品の発売によって従来品が売れ出す不思議

      今回のタイトルは少し長いですが、別タイトルで言えば 「妥協の選択」 ということです。 これは、人間は複数の選択肢を検討する場合、最小限 必要な物と最大限必要な物との「中間」を選ぶ傾向がある、と。 すなわち2つの選択肢しか無ければ「安価」なものを 選びがちだが、これが3つとなると妥協するポイントが 低価格から中間価格に移行していくことになるわけです。 これ、実は日本ではかなり以前から「マーケテイング」に 使われている手法です。 それも、身近なところで・・・・ お寿司屋さんでは、こんなメニューが付けられています。 「並」「上」「特上」 量を基準にしたものでは 「並盛り」「大盛り」「特盛り」 某牛丼屋さんのパターンですね。 最も売りたい「商品」を他の2つの要素を持つ商品で 挟む事によって、売りやすくする・・・・・ ある意味、「日本人」に合ったセールス手法かも しれませんね。 では、また!

      3
      1
      テーマ:
  • 29 Feb
    • 特典のありがたみが薄れる時

      影響力の武器 実践編その6です。 今回は「特典のありがたみが薄れる時」 買い物や何かのサービスを購入した際に、付けられる 「無料サービス」 誰でも経験が有るはずです。 提供側は良かれと思って、やっているにも拘らず 時として、このサービスはその価値を下げる場合があります。 どういう事かというと、消費者は 「メーカー(店))が、ホントに価値のあるものを タダでプレゼントする訳がない、売れ残りとか 不人気のものだったのでは?・・・・」 実際に、その仮説が正しいかどうかの実験を したところ、それが立証される結果となりました。 こういう現象を防ぐためには、顧客にその特典の 実際の価値を知らせるべきだ、ということです。 「無料のセキュリティーソフトをプレゼント!」 ではなく 「2万円相当のソフトを提供」と・・・ コレは、経営者の問題だけではなく、人への影響力にも 関連してきます。 自分の行動の価値を、相手にきちんと示す事で それがどれだけ重要なことで、相手にとっても 助かること、役に立つことになっているかを 知らせることになるからです。 仕事においても、プラベートな付き合いでも 必要になる考え方だと思います。 なんでもかんでも「無料」だからと教えることが いいとは、限りません・・・・ 以上です。 では、また! コピーについて面白い話を載せました・・・ こちらからどうぞ!

      1
      テーマ:
  • 28 Feb
    • 選択肢が多いと買う気が失せる

      影響力の武器 実践編その5です。 「選択肢が多いと買う気が失せる」 ここでは実例を2つ上げています。 アメリカでは、新しい会社などに入社すると退職金制度 への加入を迫られます。 様々なプランが示され、その中から自分に合った制度を 選ぶ事になりますが、この仮説を裏付ける結果が出たそうです。 プランの選択肢が10個増える毎に加入率が2%が下がる という結果が出ました。 また比較例では2種類のファンドから選ぶ場合と59種類のそれを 比較した際、その加入率は2種類では75%だったものが、59種類では 60%迄下がったそうです。 同様な実験では、食品スーパーで、ジャムの試食を2箇所で 行い、その購入率を比較しました。 片方では6種類の、もう片方では24種類のジャムを それぞれ試食として用意したところ、その購入率では24%の差が つきました。 自分は何が欲しいのか分かっていない、という人が多い場合 選択肢を増やすことは、得策ではありません。 実店舗の場合、選択肢を増やすことで在庫スペースやその管理 原材料の仕入れ費用やその手間や維持費、販促にかかる 仕事量が増大するといったデメリットも少なくありません。 このような事から顧客に多すぎる選択肢を与える事は 購買意欲の減退に繋がるという事です。 今日は以上です。 では、また!

      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 平均値の磁石効果を防ぐには?

      今年は暖冬らしいですが、ここ最近は寒い日が 続きますね。 風邪など召さぬように・・・・ 今日は4回目。 平均値の磁石効果を防ぐには?というテーマです。 「平均値の磁石効果」とは何? という話からになりますが、人間は何かにつけ「平均値」 というものに近づけようとい意識が働くということです。 コレは、ある実験が実証しています。 住宅街のエネルギー消費量をチェックし、その後 各家庭にそれぞれの消費量と平均値を書いた紙を 貼っていきました。 その結果・・・・・ 続きはこちらから。

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 社会的証明の思わぬ落とし穴

      心理学における「社会的証明」はポジティブな 一面ばかりを助長するとは限りません。 時と場合によっては、ネガティブな、悪い面での 「社会的証明」を増長させてしまうこともある、ということです。 具体的に説明すると、例えば「国立公園から化石木が多く盗まれる」 この事実を危惧した管理者が防止策として、「多くの人が、この公園から 化石木を持ち出した為、公園の環境が悪化してしまった!」という メッセージと共に木を取ろうしている男の写真を添えたところ なんと盗まれる確率が上昇してしまったということです。 この件から学べる事は、ネガティブな面にフォーカスした情報発信には 時として意図した結果と違う答えを招く事があると・・・ であるなら、好ましい行動の方にフォーカスすることで違う結果が 得られるのでは?という説を基に次の検証が行われました。 会議の欠席者が多い会社部署で、欠席者について悪態をついたり 酷評したりという【負】にフォーカスせず、それ自体は残念に思う 事を語り、他の多くの出席者がいることを認識し、褒めることと その事実を誇りに思っている気持ちを伝えたそうです。 当然、出席者の士気は上がり、モチベーションもアップすると同時に 次回からそれを伝え聞いた「欠席者」がその「高揚感」を味わいたく 参加するようになったと・・・・ とかく、人はネガティブな面に目が行きやすいが、人を説得、交渉 する目的があるなら、良い面、長所に目を向けそこを切り口にすることで 解決することもある、ということです。 リアルビジネスでも、使うべきノウハウですね。 では、また! 次回は 「平均値の磁石効果」を防ぐには? というテーマです。

      テーマ:
  • 22 Feb
    • バンドワゴン効果って何?

      影響力の武器 実践編の解説、 2回目です。 今日は、「バンドワゴン効果」についてです。 あまり聞き慣れないコトバですが、心理学では 使われる言葉のようです。 一緒に勉強していきましょう! それでは、こちらから・・・・

      1
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 「影響力の武器」実践編から学ぶ

      「影響力の武器」」という書籍は、ご存知でしょうか? コピーライターをかじっている方なら、書籍名は 聞いた事があろうかと思います。 「行動心理学」や「社会心理学」から見た、人間の 消費行動やそれに伴う影響力について書かれた書籍で、 コピーライターのバイブル的書籍にもなっています。 この書籍には、もう1冊 「影響力の武器 実践編」という書籍があります。 この中には、実際にビジネスの場面や検証して 得られたデータを基に50の事例をあげ、それぞれが もたらす効果や影響力を1冊にまとめています。 もうすでに読まれた方も、いらっしゃるかと 思いますが、コピーライターというキーワードに 反応する人であれば、興味をもたない訳には いかないでしょう。 今回、この50の事例を全てあげ、私なりに解釈、咀嚼 した内容(勿論、引用部分も含め)を、あなたに読んで 頂こうと、要約してみました。 2~3ヶ月かかるかもしれませんが、根気よく読んで頂き 一つでも実際の現場や、ビジネスに活かせて貰えれば幸いです。 では、早速いってみましょう! こちらからどうぞ・・・・・・

      2
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 「イエス」と「ノー」の間で・・・

      1月も終わってしまい、2月に突入! 年月の速さは、齢を重ねる毎にその早さを 実感せざるえません。 先日、ある方のブログ記事で面白い記事を 見つけたので、共有したいと思います。 それに私なりの意見も加えて・・・ 仰っていた概要は、 「イエス」と「ノー」の話で 「イエス」すなわち「ハイ」という返事の裏には 同じ数か、それ以上の「ノー」、否定があったと いうこと。 一つの「イエス」を選ぶという作業は、、いくつかの「ノー」を 選ばなかったという作業があったから、出来たこと。 選ばなかった「ノー」の中には、それぞれ人との 関わりであったり、会社員であれば、組織や回りとの 兼ね合いであったり、そっちの選択肢を取れば、 事がスムーズだったりすることもある。 では、何故そっちの「ノー」を選ばなかったのか? それは・・・・ 続きはこちらで・・・・

      2
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 装いも気持ちも新たに・・・ニューブログのイメージで

      このブログも書き始めて、既に4年が過ぎています。 内容はともかく、止めなかった事は 一定の評価をしたいと思います。 ただ、その内容、コンテンツに関してどうか? という質問には、我ながら答えにくい点も 多々あります。 読者の方にとって有益な情報を提供できたとうか? 面白い記事が書けたか? テーマに沿って、ニーズに答える内容になっていたか? 言いたい事や、伝えたいことがキチンと表現出来たか? 内容にブレは無かったか? こうして考えていくと、決して満足いく内容には なっていない点も多いです。 でも、まだ自分でも「発展途中」だという認識が あるので、これからも修正やレベルアップをしながら 「継続」していきたい思います。 今年は、もう一度「原点回帰」という意味でも 基本に戻り「コピーライティング」について 【深み】をつけていきます。 最近は、話があっちこっちへ飛ぶケースが 多かったような気がするので・・・ 初めて読む方にとっては、 「コピーライティングってこういうものか・・・」 そんな気付きにもなり 継続して読まれている方には、 「そうだった、コピーはそういう事も出来るか」 新たな気付きにも繋がるような・・・・ そんなコンテンツを書いていきたいと思います。 ブログデザインも少し変えて、マイナーチェンジを してみます。 次回からのブログコンテンツもお楽しみに! ではでは~

      3
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 「箱根駅伝」から見つけたビジネスの真髄

      今日まではお正月気分に浸っている方も 多いかと思います。 何年か前から、正月のテレビのレギュラーは 「箱根駅伝」になりました。 あの「山の神」と言われた東洋大学の 「柏原くん」のおかげです。 それまでは、正直言って「マラソン」の類の スポーツには全くピンと来ませんでした。 ただ人が走っているだけ・・・ 何が面白いのかな? 勿論、スポーツですから勝ち負けがあり ドラマもあるはずですが、「伝わりにくい」 スポーツなのです。 球技のように派手さや、見た目の凄さは無いし、 同じ走るでも短距離であれば、結果が早いので 見ることは、なんでもなかったりしますが 結果までが長かったりして、正直言って面白さを見出す事が 出来なかった訳です。 それが、あの「柏原くん」のおかげで、 毎年見るようになってしまいました。 今年も2日から、じっくり見てしまったのですが あることに気が付きました。 それは・・・・・ 至るところに「ドラマ」や「ストーリー」を 折り込み、見ている人を飽きさせないのです。 スポーツと言っても、やなり「走る」事ですから 見た目的に「絵」になるわけではありません。 とってもシンプルです。 でも、その裏には・・・ 何故、駅伝で走るのか? その大学には、どんな歴史があったのか? 過去の戦いの理由や因縁は? 選手を取り巻く家族、恩師、仲間の話・・・ この駅伝に出るまでの話・・・ 直接ではありませんが、この駅伝をサポート する人たち、例えば白バイの警察官の方の話・・ 色んな話、ドラマが盛り込まれています。 勿論、他のスポーツにも有るはずです。 でも年に1回、それもお正月という時期に 行われるイベントとしてみても、その注目度は高く 「駅伝ファン」は確実に虜になります。 ビジネスに置き換えると、シンプルな商品で 差別化がしにくいものであれば、あらゆる角度から 見直してみたらどうでしょう。 私のように「柏原くん」というヒット商品があったから 見始めるケースもありますが、違う形で見始めた人も 多いはず。 商品にスポットを当てるだけでなく、取り扱う人間や その家族や仲間・・・ 途中で起きた様々な出来事・・・・ 失敗や絶望的な状況から生まれた挽回策・・・ これらは誰でも語れそうで、実は語れません。 何故かというと、本気さが無いと、伝わって来ないからです。 思い入れや信念に裏打ちされたものがないと こういう話は、ただの「演出話」みたいに なってしまいます。 あなたが読む「情報商材」のセールスレターの あの、お涙頂戴的なストーリーを考えてもらったら わかると思います。 今更、あれを読んで心を動かされる人はどれだけ いるでしょうか? でも、本気の文章、魂を込めた文章には 人は動かされます。 ただの苦労話ではいけません。 そんな話は他にもいくらでもあります。 何故、苦労をしなくてはいけなかったのか? 苦労してまでもやろうとしたその理由は? その先に考えたことは、なんだったのか? もし失敗したら、どうするつもりだったのか? 突き詰めていくと、こうやってもっと深い 事柄が見つかります。 それをトコトンやるべきです。 でも、みんな面倒くさいから途中で止めます。 だからやったモノ勝ちです。 最後まで、結果を出すまで「続けた」人が 凄いのです。 駅伝というとっても「シンプル」なスポーツですが 見るものにあれほどの感動を見せてくれるスポーツは ありません。 今年は、チョット違う角度から見ることで 新たな一面を見ることができました。 来年も楽しみです。 駅伝も・・・・ 自分自身も・・・・・ では、また!

      15
      テーマ:
    • 今年の抱負を語ってみよう。

      こんにちは! 新年を迎え、気持ちも新たに 抱負的な事を綴ってみました。 テーマは 「未来は今の積み重ね」 一度、手を止めて1~2分ほど 目を走らせて下さい。 ネットでもリアルでも ビジネスを進めていく上で とても大事なマインドセットだと思います。 今年もよろしくお願いします。

      14
      テーマ:

プロフィール

「エモーショナルコピーライター」ムラヨシ

性別:
男性
血液型:
小型のお―型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
TWCのコピーライティング塾の講習を受講し、無事終了。 不定期にコピーライティングの業務をこな...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
15859860 位
総合月間
511644 位
起業・ベンチャー
10483 位
アフィリエイト・懸賞
4582 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。