“外観まるごと看板”という視点でデザインされた事例に解説を交えてご紹介しています。

私達には独自の看板理論があります。下請け中心の看板業界で100%エンドユーザー様からの受注にこだわり徹底的に効果の検証を行ってきました。私達が発見した地域や建物と調和したデザイン理論をこのブログで詳しくご紹介出来ればと思っています。


テーマ:
整骨院に限らず看板リニューアルにはさまざまな目的がありますが、
そのことを理解しているお客様は少ないようです。
看板と聞くと実は各々がイメージするものは違います。
今回はそのテーマについて書きたいと思います。
例えば弊社でよくご相談いただくケースに下記のようなものがあります。

A 予約した人がお店を見つけられないから看板を出したい!
B よくお客様が間違えるから看板を出したい!
C 認知度が低いから看板を出したい!

看板を考える場合にお客様はさまざまな表現で
看板のご相談をされると思いますが、
例えばABCはどれも看板ですが、それぞれが望んでいる
“看板”は全く違います。

看板を一つの商品として考えるのではなく
目的で考えると分かりやすいのですが、
Aは目印
Bはサインシステム(誘導のしくみ)
Cは広告
ということになります。
全く作り方の理論が変わってきます。

一番多いのはCですが、Cの中でも次のような場合はどうでしょうか?

人通りの多い条件の店舗なので看板を出したいとします。
①とにかく知ってもらう為に目立つ看板を出したい
②この中から何人か来店して欲しいから看板を出したい

というオーダーの場合対処する方法は変わってきます。

①は看板を見るというところを着地点にしています。
とにかく目立ってその看板を見て欲しいというオーダーなので、
広告デザインの領域になってきます。

②は来店が目的ですから発見されると共に、お店に入りたいと思わせ、
来店させることが着地点です。

一般的に看板というものは①の発見されるまでが役割とされてきました。
発見されたら来店される率が高かったからです。
昔はチラシなども出せばお客様が増えていましたが、
今はチラシを出せば顧客が集まるというほど甘いものではないと
多くの人が気づいていると思います。
看板も全く同じことです。①のような考え方では看板で成果は出せません。

ただし②を目的とした場合は従来の看板という枠組みを外して
考える必要があります。
私たちは②の目的を果たす為には、
第一印象を変える必要があると気がつきました。
そしてその第一印象を悪くしている原因は看板であることが
多いという事実にも気が付きました。


今回ご紹介する事例では②までを目論んだ第一印象のポイントリフォームです。
看板という従来のロジックではなく目的にフォーカスしたリニューアルです。
是非ご参考下さい。




Before










After















★☆★整骨院の外観・看板デザイン事例は公式HPで数多くご紹介しています★☆★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。