詳しく分かりやすいメイクサイト見つけましたヽ(^o^)丿
ハウコレサイトは、こちら


つけまつげを付けよう

必要な道具をそろえよう!

・つけまつげ(100均~1つ数千円まで!)

・三面鏡 (左右、正面がきっちり見える三面鏡がオススメ)

・接着用ノリ(アイプチで代用できることもあるよ)

・ハサミ(眉毛切り用の小さなものでOK)

・ツイーザー、ピンセット(毛抜き)

・マスカラ

・アイシャドウ

・アイライナー(出来ればリキッドはあったほうが、仕上がりがキレイだよ)

1、つけまつげをやわらかくしよう

買ったばかりのつけまつげは、固くて扱いづらいことが多いもの。

円を描くように両端をもって、カーブの癖をつけておこう。

2、目の幅に合わせてカットしよう

1でやわらかくなったつけまつげを、鏡の前で目の付ける位置(地まつげの上)に沿って当ててみよう。

目頭は少し空けて(黒目が始まる少し前ぐらい)、目尻は少しはみ出るぐらいに。かわいく見える場所を探そう!

長さが分かったら、ハサミでカットしよう。

自分にぴったりの長さが分かったら、何個か作り置きしておくと、次回付ける時に楽

3、ビューラーはつけま装着前に!

角度をつけすぎると、つけまつげが付けにくくなるので、根元からゆるやかに上げよう。

つけまつげがかなり固い場合、あらかじめつけま自体に
ビューラーで角度を付けておくと、なじみやすさがUP

4、アイライン&マスカラで、地まつげを準備

アイラインは、つけまつげを付ける時に、「この線上に置こう」という目印にもなるよ。つけまつげ装着後にラインは描き足せるので、軽く引いていこう。

地まつげにマスカラもしておくことで、つけまつげと一体化しやすくなるよ。ただしダマにならないように薄く塗って、コームでとかしておこう。

5、まぶた全体に淡くシャドウを塗ろう

アイシャドウは、つけまつげをした後でも塗れるけど、前のほうが塗りやすいよ。

ただし完璧に塗っておく必要はないので、後から修正できるぐらい、薄くアイシャドウを塗っておこう。

次からいよいよ、つけまつげをつけていきます☆

6、つけまにノリをつけて乾かそう
つけまつげ専用のりを均等に付けて、少し乾かそう。のりはつけすぎるとはみ出てしまうので、付け過ぎないように、ちょん、ちょん、と点で付けていくようにしよう。

のりを付けたら、白い色が透明に変わるまで、乾かしてね。静かに息を吹きかけよう。

7、自まつげにピンセットと指で装着
のりを付けたつけまつげをピンセットでつまみ、目頭→目尻の順番にフィットさせよう!目のキワ、準備編で引いたアイラインの上に載せる感じがうまくいくよ。

 

のりが乾くまで、位置は修正できるよ。

位置がOKなら、地まつげとつけまつげを指で軽くサンドイッチ。

地まつげとつけまつげを指で挟む様子

のりが乾くまで数十秒は待ってから、指で触ってみて、しっかりのりが固まったかチェックしよう。

 

8、アイラインで補正!

リキッドアイライナーでラインを補正しよう。この時にはみ出したノリや、多少のズレもカバーするように埋めて行くといいよ。

この時のアイライナーはリキッドがオススメ。ペンシルは固いので、せっかくつけたつけまつげがヨレやすくなるから注意しよう。

完成!

【つけまを付ける前】

【つけまを付けた後】

 

【つけまを付けた目を上から見たところ】

これで、きれいなつけまつげアイの完成!

上から見ても、しっかりきれいな目元になれるよ♪

つけまのオフもしっかり!

つけまつげを取る時は、絶対に無理に引っ張ったりしないこと。地まつげが傷む原因になったりするよ。

まずは乾いている接着部分に水分を含ませること。水で濡らしたコットンをまぶたに当てて、ノリが着いた部分がはがれやすくするよ。

絶対に、無理に引っ張ったりしないこと!自まつげが抜ける原因に!

使い終わったつけまは、次にまた使えるように、マスカラやのりを落としておこうね。濡れた麺棒やコットンに、メイク落としを含ませて、ていねいに汚れをオフしよう。


ブログランキング参加中
励みになります。
お手数ですが、お手数ですが、下の写真を猫パンチ
お願い致しますにゃん

にほんブログ村

AD