世界と日本の真実

世界と日本の裏!

映像 紹介!  転載は自由!


テーマ:



ついにフリーエネルギーが開示された!



 → ついにフリーエネルギーが開示された!



 → Free Energy - Google 検索


早く使えるようになって欲しいフリーエネルギーだが。。。





新エネルギーの弾圧





 → タタ・M社長が急死 フリーエネルギーは弾圧される運命なのか







フリーエネルギー・ゼロエネルギー


------- 転載 ------



脱原発・石油、フリーエネルギー・ゼロエネルギー.

Dec 5

ーーーーーーー
私自身は、すでにこの本に登場する物理学の大半は個人的に検証ずみであるので、まさに技術的には、この本で目指している方向こそが、真の「脱原発」であることは間違いないことなのであると考えている。だれかが真のブレイクスルーを起こせば、世界は大きく前進していくに違いない。


問題は、かつては(おそらくちょっと前まで)、こういうフリーエネルギー装置を開発すると、昔のテスラのように、研究所や実験室を火災で破壊されたり、翌日には土左衛門になって惨めな姿を晒したというような物騒なことが起こったようである。


しかしながら、時代は進み、さずがにここまで自然破壊が進むと、石油エネルギーだけでは自分も未知なる新生物にでも進化しない限り生き長らえることができなくなる。だから、まあ、多少はそういうフリーエネルギー技術も許可してやろうかというようなエリートも出てきているらしい。それゆえ、今では、こういう研究を行った所で、別にどこかからクレームが付いたり、ジャッカルの狙撃犯が来るという時代でもないらしい。


この空間の歪やこの宇宙にある真空に充満するエネルギーから直接に発電する。そうやって、まるで太陽光からエネルギー発電するように、目に見えない宇宙から直接発電する。そういう時代に進むべきなのである。


重力は空間の歪であるとアインシュタインは言った。歪である以上そこには無限のエネルギーが存在する。そういう真空のエネルギーから直接エネルギーを取ることができる。こういう研究を「フリーエネルギー研究」や「ゼロ点エネルギー研究」というのである。


かりに世の中の権力者や国際金融資本が、自分のビジネスがなくなって困ると思うが、思うまいが、時代は確実に進む。ガリレオを牢屋にぶち込んでみたところで、「それでも地球は回っている」が真実であったのである。

抵抗勢力がいかに抵抗しようが、いずれ世の中は変化する。


ーーーーーーーーー

早くフリーエネルギーの時代になって石油・原発巨大黒い利権がなくなり、人類の意識も真に進化し、フリーエネルギーを共有できる新時代New Era of Human になりますように!!!



http://quasimoto.exblog.jp/19832803/







------- 転載終了 ------














 → ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか



















----- 転載 -------



真実の共有さんがリンクをシェアしました。



http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51923450.html



ですのでテスラの技術を一部のマフィアの手から人類の平和・環境破壊の抑止のために解放しましょう。

「テスラの技術はフリーエネルギーへの転換が出来るので封印されたのです。「   ニコラ・テスラの名前は、最近やっと知られるようになってきた。
   私は彼のことを学校では一切教わらなかったし、マスコミでその名前が報じられるのを聞いたこともない。つまり、彼の存在自体が完全に「封印」されていたのである。彼の発明であることを知らずに、我々が利用しているものは数多くある。その代表的なものが、交流電流であり、その他リモコン、無線、ラジオ、蛍光灯、電気モーターなどである。電気といえばエジソンと教わったと思うが、エジソンはニコラ・テスラを隠すためのカムフラージュに過ぎないのだ。彼がなぜ歴史から消されてしまったかといえば、それは彼が最終的に彼らの支配を拒否し、彼らに敵対してしまったからである。

   現在も状況は変わっていないが、電力には巨大な利権がともなう。
   つまり発電、送電をはじめ、電線や部品、発電所など、無数の会社が関係している。しかしテスラが考え出したのは、無線で電気を送るシステムだった。送電線は必要ではなく、世界中の人がどこからでも電気を受け取ることができるという画期的な発明だった。しかも大気中のエネルギーを電気に変えることができたのである。つまり発電所は必要ない。オーロラが蛍光灯と同じ原理で光を放つように、大気中には膨大なエネルギーが存在していることを彼は知っていたのである。

ラジオを聴くとき我々はダイヤルを回し、周波数を変えて望みの局を探すが、テスラの技術もこれと似ている。つまりある周波数にチャンネルを合わせることで、電気の材料となるエネルギーを取り出すのである。つまりラジオの電波のように普段は意識せず見えないが、チューニングを合わせることでそれが顕在化するのだ。

   しかし驚くことに、テスラが送ろうとしていたのは電気だけではなかったのである。
   彼は同時に、文書や画像、音声、映像などあらゆる情報を送ることを考えていたのである。つまり、現在のインターネットであり、それを彼は100年も前に実現しようとしていたのである。しかしこの発明は、時期尚早で画期的過ぎた。


   彼の発明が実用化の1歩手前まで来た時、電力利権を牛耳る「支配者」たちは、それが実現してしまうと自分たちの利権が独占できなくなることに気がつき、危機感を抱いたのであった。そして結局、これまで彼の研究を援助していた「支配者」たちは態度を一変させると、テスラへの総攻撃を始めたのである。ウォーデンクリフ・タワーは破壊され、研究所は爆破され、何千時間も要した苦心の研究成果が灰燼に帰したのである。




   彼の発明は「封印」され、軍事機密扱いになったが、米国は彼の研究成果を取り入れ、「HAARP」をつくり上げている。




そしてインターネットもそうである。今や、全世界のインフラが、テスラのつくった仕組みを採用している。それなのになぜテスラは教科書には載らないのだろうか。つまり、教科書に何を載せて何を載せないかもまた、彼らの支配の下にあって決められているからである。


諸悪の根元・・利権    ということは、莫大なお金と大きな権力さえあれば、新しい技術はいとも簡単に「封印」することができるのである。そしてこの「金」と「権力」を持った代表が、まさに現在の「石油業界」なのである。

ではなぜ、こうした偉大な発明が未だに実用化されず、日の目を見ていないのだろうか? それどころか、そうした事実すら知らされていないのはどうしてなのか。その答えはただ1つである。世界を支配したい人々によってすべてが握りつぶされ、我々がその恩恵にあずかれないように徹底管理されてきたからである。」



 すべての始まりは「石油利権」の誕生からそして「原子力利権」に至るまで・・・この利権意識を捨て去り、分配、共有すると意識を人類が変えない限り、人類の至福繁栄は訪れない。超古代文明がたどった愚かな末路になりかねない。」



https://m.facebook.com/notes/rie-solisramirez/




テスラの技術はフリーエネルギーへの転換が出来るので封印されたのです

/753060034720101/?ref=bookmark


----- 転載終了 -----



 → 革命軍 白龍会 2014,5



 → スライヴ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Kissy キッシーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。