仕事定時で終えて、急いで行ってきました。座席についたのホールの照明が暗くなるときでした。とにかく間に合ってよかったです。


ディズニー・オン・クラシック、今年で5年目だそうです。HPにも載ってるし、昨日の記事にも書きましたが、曲目は


第一部

「ディズニー・ファンティリュージョン!」
不思議の国のアリス、くまのプーさん、わんわん物語の「ベラ・ノッテ」など、昔の作品の音楽
「バイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」


第二部は「白雪姫」、「シンデレラ」、「眠りの森の美女」、「美女と野獣」から、それぞれ5~7曲くらい。あと最後に「星に願いを」


完璧ということはなかなかないことなので、仕方ないのですが、結構「あ、今ミスった」ってとこがたくさんあって、ちょっと気をとられました。しかも、たぶん元々ホールの反響板が少なめなのか、かなり後ろの席だったのですが、そこまで響いてこなくて、前のほうで音が止まってる感覚がしました。これはどうしようもないので仕方ないですよね。でも、特に第二部はスクリーンで映画のシーンを音楽にあわせて映してるので、生演奏で映画を観ているような、リッチな気分でした。感動が押し寄せてきます。やっぱり映画に音楽はつきものなんだなーと、音楽の役割って大きいなと感じました。


時間にすると2時間くらいだったと思うんですけど、ほんとつかの間夢の世界に浸りました。ほんと、あっという間。もう一回聴きたい。また来年も近くであったら行きたい、と思います。しかも堅苦しい普通のクラシックのコンサートと違ってラフな感じだし、音楽はほとんど、あーこれ知ってるっていうのだと思うのでクラシックには興味ない人にもいいなーと思いました。学生や子供、若い人が多かったのがちょっと意外でした。でもそれだけ親しみやすい、堅苦しくないってことですよね?ケチつけましたが行ってよかったです。そして、あー楽器っていいなー、またやりたいなと思いました。

AD

先日、父がカー用品専門店にてオイル交換をしました。その日はたまたまそのお店で抽選会をしていたそうです。面倒だったけど、店員さんが抽選会に参加してみてください、と煩かったので仕方なく参加してみたら、当たっちゃったそうです。


で、家に帰ってきて、「これ、当たったんだけど」とあたしに向かって差し出したもの。


iPod nanoでした。2GBの。もちろんシルバーしかないやつ。


もちろんあたしにくれるものだと思って一人喜んでいると、段々得意げな顔つきに。もしかして自分で使う気になるんじゃないかと思って、必死に家族で使える人、かつ必要してるのはあたしだーみたいな言葉を並べ、貰っちゃいました。わーいわい。




欲を言えば、ですが、前から欲しかったのってソニーファンなんでウォークマンの長細いタイプの4GBがよかったんですが、シルバーでも十分かわいいし、使い方すっごく簡単だし容量足りなさそうだけど。


とりあえず親のPCを使ってもりもりCD音源をnanoに入れてみたけど、短めなCDも入れて11枚分で残り1,3GB。音楽以外のもの何も入れてないのにこんなに減ってるの?っていうのが不満でもあります。あとコネクター部分が硬くていつか壊れてしまいそうで怖いです。


ま、それでも遠出する際は今までみたいにMDいっぱい持ち歩かなくて済むし幅が広がりそうです。

AD

who said "La la..."? / wyolica

テーマ:

最近のあたしのヘビーローテーションです。


これもいつの間にかCDなくなってて、今年に入って中古屋さんでみつけて買いました。wyolica大好きです。azumiちゃんかわいすぎ。so-toさんいい曲、いい詩つくりすぎ。


これ、デビューシングルが入ってるからファーストアルバムだと思うんだけど、間違ってたらごめんなさい。大沢伸一さんプロデュースです。「さあいこう」とか「愛をうたえ」とか入ってます。新しめのアルバムとかと比べると初々しいです。


wyolicaを聴いていつも思うのは、HAPPYな感じがするか、物凄く切なくなって胸が痛くなるくらいかどっちかってこと。後者のほうが多いけど、多分後者のほうが印象強いからかもしれない。あと、詩がストレートだったり、曲も自然。無理にガリガリやったり難しくしてないから、耳に入りやすいと思う。


このブログの左上のほうに「ルーム」というのがありますが、一応自己紹介みたいなものの下のほうで今度出るwyolicaのニューシングル、視聴できるので聴いてみてください。あたしはシングルよりアルバム派なのでアルバム早く出ないかなーと期待しています。


wyolica, 降谷建志, Bots, 大沢伸一, so-to, azumi
who said “La La…”?

AD

Every Single Day / BONNIE PINK

テーマ:

シングルのベストだし、買わない。新しいアルバム待ちするもーん、と思っていたのですが、急に聴きたくなって買ってしまいました。BONNIE PINKの音源を全く持ってこなかったことに後悔。。。明日、大阪に戻れるんだけど、あって困ることはないし、いらなかったら誰かにあげてもいいしなーと思いまして。


ほんとに今までのシングルが凝縮されてます。一曲一曲に思い出があるので、あーこの曲であの子と友達になったよなーとか、この曲合宿でこっそり聴いたとか、この時淡い恋愛してたなーとか、色々思い出してしまいます。


えっと、2枚組です。1枚目は「Heaven's Kitchen」「犬と月」とか古いもの。2枚目は中くらいから新しめです。これ、「A Perfect Sky」とか「LOVE IS BUBBLE」入ってるから買った人多いと思うんだけど、昔もよかったんだよー!!っていうのを知ってほしい、10年来のファンからすると。
多少年代感じるけど、やっぱりいい歌多いなー。年を追うごとに大人の女性になってく歌詞がいいです。通して聴くとさわやかなので、自然に耳に入ってきます。


新しいアルバム、まだ出ないんでしょうか。。早く聴きたい!!



BONNIE PINK
Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-

ウンパ ルンパ

テーマ:

よく、耳につく音楽ってありますよね。
一日中その歌が頭の中で回ってたりってこと、ありますよね。


最近のあたしの頭の中は、ウンパ ルンパの歌なんです。もう一週間くらい(笑)他の音楽ばっか、ずーっと聴いてても、聴き終わった瞬間から、仕事中も、歩いてるときも、ひたすら「ウンパ ルンパ」。何でこれなんだ。。。


ウンパ ルンパの歌っていうのは、「夢のチョコレート工場」っていう1971年公開の映画に出てくる歌なんです。ちなみに「チャーリーとチョコレート工場」と一緒ですね、話は。後者のほうは見てないのでよく知らないのですけど。
で、「夢のチョコレート工場」をしばらく前になんとなく見てたら出てきたんです。ウンパルンパって歌う、小さい人達。映画見終わる頃にはその人達のことがめちゃくちゃかわいく思えてしまいました。病気だーー。


すごく耳につくメロディーと、記憶に残る映像。インパクト強烈な上に、歌詞もちゃんとあって、お菓子食べ過ぎたらダメだよ、とか、ワガママに育つのは親のせいだとか、ちゃんと「うんうん、そうだよねー」って思えること歌ってるんです。ほんと、常識のない親に見ていただきたい。ちなみに歌詞は、
ウンパ ルンパ ドゥンパディ ドゥ
I'v got a perfect puzzle for you
ウンパ ルンパ ドゥンパダ ディ
If you are wise you'll listen to me 。。。


で、そのあと説教みたいな歌詞が続きます。


「チャーリーとチョコレート工場」でも同じ歌が使われてるんでしょうか?今度観てみよう。

いてもたってもいられず、ついつい配信開始日に購入してしまいました。


来年の2月公開予定の映画「さくらん」(hanjinqunjinveryさんの記事で知りました)のテーマ曲なんです。しかも!!それだけじゃなくて、今回この映画の音楽監督を務めるとか。


この映画もすごく楽しみなんだけど、東京事変じゃない、椎名林檎での音楽が聴けるのかと思うと、嬉しくてうれしくてw
ということで、「カリソメ乙女」って、なんてタイトルなんだ、と思いつつ聴いてみました。


なんだか今までの椎名林檎の路線の曲、詩なんだけど、やっぱちょっと昔の雰囲気(映画の時代よりは近代だけど、昭和とかの匂いみたいの)を感じました。かっこいいジャズです。


ただ、この曲配信限定なので、着うたフルDLしたんだけど、同じく来年2月にリリース予定のアルバムに入ってくるんだろうか。。。今からすっごく楽しみです。

SENSUOUS / コーネリアス

テーマ:

発売日になって慌ててwebで注文しました。
今日届いて、今聴いています。
小山田くん、やっぱスゴイ。天才だしかっこいいし、何なんだ、この人。人なのか?とか思ってしまう。


とにかくすごくいいアルバム。
音と音の間の隙間も聞き逃せないような。そこも計算されてるんだろうか?と思わせてくれる出来です。まだ2回しか聴いてないので、これからじっくり注意深く聴くことにします。ちなみにあたしの今のところのお気にいりは3曲目。また、そっから4曲目に入るとこもいい。っていうか、曲と曲の切れ目がない。全然違うのに何でこんなにスムーズなんだろう。


ちなみに8cm盤ついてたんだけど、まだ聴いてません。2曲入ってるみたいですが、何で別なんだろう。こういう仕様の作品なのか特典なのがわからず。。。


ちなみに今回はサディスティック・ミカ・バンドの「ナルキッソス」と風味堂の「風味堂2」を一緒に買いました。
サディステック・ミカ・バンド、ちゃんと「Sadistic Mikaela Band」って書いてあるのがまた良いです。昔好きだったニール&イライザの堀江くんも参加してるみたいでまたまた良いなぁ。


ところで今日気づいたけど、Beckの新しいアルバム買うのすっかり忘れてた。。。あぁ、ショック。

Cornelius
Sensuous


フリッパーズ・ギター

テーマ:

もうだいぶ前ですが、Nさん がフリッパーズ・ギターについて書かれていらっしゃいました。


その記事を読むやいなや、もう喉がカラカラに渇いたときみたい、
フリッパーズ・ギターが聴きたくて仕方なくなりました。
ところが、です。。。またもやないんです、カセットが。
どんだけ借りパクされてんのよ!!と過去の自分に腹を立て、
且ついい加減CD買えよ、と自分に呆れ、
ひたすら探したんですけど、ほんとにない。。。うぇーーん(泣)


ということで、CDを買ったんですけど、限定盤?みたいの予約受け付けてたんで、それにしました。
一ヶ月くらい経ってやっと手元に来たんですけど、紙のジャケット、
しかもステッカーとポストカード、カンバッチまでついてました。ラッキ☆


「CAMERA TALK」と「THREE CHEERS FOR OUR SIDE」を買いました。
ある程度聴きたい熱が冷めてしまうと普通なんです。
でもやっぱり懐かしくて、一人でうれしくなっちゃいました。
実はこれ、どこでどういう経路で聞き始めたかあんまり覚えてないんですよね。
たぶん中学校くらいだと思うけど、音楽好きな女の子はみんな夢中だったと思います。


ちなみに1989年、1990年の作品ですので、あたしは小学生でした。
小山田くんとオザケンってそんなときからこんな凄いことしてたのかと思うと、ほんと尊敬します。

Tower of Music Lover / くるり

テーマ:

大好きなくるり。
くるり×リップスライムとか、最近シングル買ってないです。
だから、っていうわけでもないですけど、とりあえず、買いました。
ベストです。ちゃんとリマスターとかして選曲してあります。


しかし、しかし。。。やっぱりベストはベストですよねー。
それはまあどのアーティストのでも感じるものです。
アルバムとしての完成度とか、結構気にするほうだから、
たぶん尚更思うのでしょうけどね。


ほとんど好きな曲が入っているにも関わらず、
やっぱりベストはアルバムとして聴くものではないです。


っていうか、くるりの昔のアルバムもなぜか紛失していて、
また買わないといけない。何でこんなにないんだーーー(泣)
で、久々に昔の曲で大好きな「東京」とか「青い空」とか、
聴いたときはほんとに衝撃だった曲を聴き、10年って早いなと思ってしまった。


くるりはデビューして10周年なんです。だから、ベストなのです。
あたしはこの10年、何やってたんだろう、と思うのと同時に、
自分も周りも変わりすぎてしまったことに気づきました。


この、「Tower of Music Lover」のジャケットには、京都タワーが写っていて、とてもキレイです。ってか、京都タワーってこんなキレイだっけ?とかいう感想じゃなくて、なんだか懐かしさを感じるような。で、中にも京都の風景が色々なんですけど(くるりは京都出身だから)、日本っていいなー、京都っていいなーと思わせてくれます。



くるり
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)

昔の音源

テーマ:

チョコラBBプラスを飲んでも全然口内炎が治らない今日この頃です。もう一週間もある。


今日、休みだったので色々整理しようと思っていたら、
唯一持っている漫画「三国志」を読みはじめてしまって
余計部屋がぐちゃぐちゃになり、今に至ってます。


今日はCDの整理とMDの整理をしました。
CDは思っているよりかさばるということと、思っている以上にかなりの数、借りパクされていてなくなってるということに気づきました。もうーー、誰に貸したのかもわかんないし。とりあえずこれから徐々に買っていかなきゃ。


それからMD。
めんどくさがりなあたしはMDにほとんどラベルというものをつけていない。
だから、何にどの音楽が入っているかわからない。ということです。
で、一枚ずつコンポに入れて、「あー、これこれ!」みたいな感じでひたすらラベル貼りをしました。でも友達にRecしてもらったにもかかわらず全然聴いてないとか、バンドで耳コピするためにRecしてもらったのとか、色々ありました。それに、誰のかはわかるけど、アルバム名がわからないのとか。


その中に一つ。すっかり忘れていた一枚。
まさかこんなものが残っているだなんて思ってなかったので、びっくりしました。
それは、あたしのバンドが結成されたときのメンバーでスタジオで合わせた時の音源。


最初、笑い声とか話してる声。
カウント
ベース、ドラム、ギター


懐かしくて、めちゃくちゃで、しかもすっごい下手。
こんなの音楽じゃないっていうくらい、わけのわからない歌。


一人、ふふふって笑って、MDを取り出した。
あの頃はほとんど寝ずの生活で、バンドやってておもしろかったなー。
でも、もうその頃のメンバーってあたしともう一人しかいない。
しかも忙しくて、集まれなくて活動してない。


もう、きっとこのままなくなってしまうかもしれない。
そう思ったら、そのMDの中に入っている音源を消すのが惜しくなった。