犬の癌

テーマ:

うちには3匹の犬がいますが、一番年上の、もうじき13歳になる犬が、癌になりました。っていうか、検査したら癌だったんです。


昨年末から下あごに変なできものができて、徐々に大きくなり、周りの皮膚を侵食し、常に化膿しているか出血している状態でした。もう歳だし、自然に任せようっていう親の言葉ですごいひどい顔になり、辛そうなのに放置してたんですが、いよいよヤバいってことになって、病院に連れていったら腫瘍ではないか、とのこと。一週間後には下あごの切除をする手術をしました。術後、病理検査をしてもらったら、悪性腫瘍(癌)ということでした。切除できるギリギリのところまでとってもらったんですが、それでも不十分だった、ということで、また再発、転移する可能性もあり、だいたい1年半くらい生きられるということでした。


今、手術から一ヶ月。下あごはもうありません。顎関節も片一方はとってしまいました。だから舌は常に出ている状態で、もう噛むことも咥えることもできません。ご飯も固形のものは食べれません。手術してから2日くらいは犬もかなり落ち込んでましたが、それからは元気に暮らしています。


毎日かわいそうだな、とか、辛いだろうなと思って、泣きそうになりますが、それ以上に辛いのは、その子なのでぐっと堪えてます。でもほんとに元気にしていてくれて、常にそばにいてくれます。自分のほうが辛いのに、あたしのこと気遣ってくれてる気がします。


術後から毎日、ご飯を一日二回食べるんですけど、ドライフードではなくて、缶入りの、なるべくペースト状になるものを食べやすいように離乳食みたいにしてあげてます。ご飯の準備から片付けまで約1時間かかるので結構大変です。それ以外にも、赤ちゃんの世話をしてるような感じでつきっきりで世話してあげないと、あとそばにいてあげないと寂しがって呼んだりするのでできる限りそばにいてあげてます。もうじき13歳と高齢だし、他の病気になるかもしれない。1年半も生きられるっていう確かなものは何もないのです。ただ、毎日その子にできることは100%してあげたいので、ちょっと介護生活みたいになってます。

AD