妹の結婚式 其の一

テーマ:

行って参りました。東京ディズニーシーとホテルミラコスタ。


式は土曜日だったのですが、金曜から現地で遊んでおりました。というのも式が午前で朝一の新幹線でも間に合わないから前泊しないといけなかったのです。だからこっちの親族は金曜からミラコスタにいました。


朝早くに家を出て、妹夫婦と祖父母と共に現地に向かい、現地で妹夫婦とは別れ、祖父母と叔母とディズニーシーに行きました。朝からその日は雨だったので空いてたんですが年寄りには疲れたみたいで、ストームライダーに乗り、ビックバンドビートを観て、昼食は予約してあったれすとらん櫻で好きなものを食べて、お昼のラグーンショー、レジェンド・オブ・ミシカを観ました。と言ってもミシカのショーの間にチェックインしてくるからここで見てて!っていう感じで観てもらってました。雨だったのでやらないかなと思ってたのですが、小雨になってたし、フルバージョンに近い雨バージョン(最初のほうは内容とばされてましたけど)をやってくれました。ほんとはチェックインの列に並んでようと思ったのですが、ミラコスタのロビーにそれらしき人があんまりいなかったので、叔母と一緒に階段の踊り場からミシカ観てました。ミシカが終わってからあたしは妹と合流しチェックインの列につき、叔母は妹の旦那と祖父母のところに向かいました。チェックイン、すぐにカウンターに行けたのはいいけど、妹と一緒にしたからか、めちゃくちゃややこしい予約をしてたからか、部屋に案内され、ふと時計を見ると一時間かかってました。。。この辺もうちょっと改善してほしいとこです。その後、祖父母たちが部屋に着き、早速お風呂溜めてました。


その後、あたしは妹の部屋に遊びに行き、叔母と一緒に買い物に行きました。というのも妹のお祝いまだ買ってなかったから。叔母はついてきてくれて、ついでにお土産探してました。お祝いはLUSHのギフトセット、バスボムのセットとソープのセットを。あとディズニープリンセスの掛け時計。ほんとは時計、別のがよかったんですが、あいにく品切れで入荷も未定とのこと。この間行ったときにはあったので、その時に買っておけばよかった。どうしてもそれが欲しかったので、店員さんに「明日、ミラコスタで妹が結婚式挙げるんです。そのお祝いにどうしても欲しいんですけど、ほんとにないですか?」って訊いてみると、詳しく調べてくれました。でもやっぱりないということで、プリンセスのを選んだのですが、「せっかくなのに在庫がなくて申し訳ございませんでした。これ、もしよかったら。。。」と言って5周年のキャラクターシール(非売品です。プレミアムツアーに参加するとかパーク内でいいことすると貰えたりします)を5枚くれました。そんなつもりじゃなかったのでこっちが申し訳ないのですが、ちゃんと戴いてきちゃいました。シールがあるないに関わらず、その気持ちがすごく嬉しかったです。


そんなこんなでもう夕方。夕食も予約してあったので急いで部屋に戻って着替え、身支度し、ホテルのレストラン、オチェーアノに行きました。うちの親族は全員(といっても11人)ここで夕食を摂りました。ここだったらバイキングなので好きなもの食べれるし、ショーの時間に合わせて予約を取っておけば、レストランのテラスからショーを観ることができるんですね。あと、先週父親の誕生日だったので、そのお祝いでアニバーサリープランというのをしてもらいました。4000円くらいで記念写真撮ってもらえるのと、「ハッピーバースデー」の歌を歌ってくれる(周りにいるお客さんたちも一緒に歌ってくれました)のと、ケーキとオリジナルのオルゴールを貰えます。父親は喜んでくれたし、親族の11人で食事をすることも今まで数えるほどしかなかったのでいい記念になりました。ショーも雨だったけどやってくれて、観れました。


夕食が終わって部屋に戻ると明日の準備で大忙しでした。でも家族全員で楽しめたのでよかったです。なかなか祖父母も一緒にってなかったので、ちょっとだけしか見せてあげられなかったけど、満足してくれたようです。今度は一日かけて案内してあげたいです。


普通のTDR旅行日記みたいになっちゃいましたが、次は結婚式と式当日のことを記事にします。

AD

妹の結婚式、終わりました

テーマ:

やっと終わりました。これでやっと自分の時間が持てるーと思っていたものの、まだまだ家の中は片付いてないし落ち着いてないわで、気づけばもう水曜に突入しちゃってます。


気疲れなのか何なのか、眠くてねむくて、朝犬に起こされて、昼過ぎに寝て夕方に起きるっていうここ二日。夜型です。


とりあえず撮った写真現像して、数人の方に送らないといけないなー。画像もまたアップします。大量なんでこのPCに入りきるかどうかもちょっとわからないんだけど。。。やばーー

AD

まさかこんな時期に

テーマ:

何だかなー。悶々とします。


今日、メールがきた。
数年前に別れた元彼からでした。


どうせいつものくだらないメールだと思って、「まあいいや」と思って放置して忘れてて、さっき読んだら、
結婚を前提にもう一度やり直してほしいっていう内容でした。
「はぁ?」と思わず口にしてしまったじゃないの。
何で今更そんなこと言ってくるのか、あたしには全く理解できずに、まだ返事もしていません。


数年前、別れた原因っていうのは、「この先何もないなら辛いだけだし付き合ってる意味がないと思う」とあたしが言った結果、やつが「今はそういう気はないから、じゃあ別れよう」と言われたので、別れたんだけど、お互い嫌いになったわけじゃなかったんですよねー。でも諦めが人一倍早いあたしはもう恋愛感情もなく、ただ長く付き合ってたのでその分情はあるけど、仲のいい親戚みたいな感覚だったのに。


こんな、妹の結婚式で忙しくて、かつ結婚に嫌気がさしていることも知ってる時にわざわざそんなこと言わんでも。しかもメールだし。思い返してみれば引越し前にわざわざ遠くから会いにきてくれて、片付けも手伝ってくれたし、そういう気だったのかも?


でもお互い、根本は変わってなくてもこの数年で変わってることは確か。友達に戻ろうって言うから戻ってあげたのに、ずるい、ずるすぎるわ。久々にガツンときたわ。


何てメール返せばいいんだろう。。。ほんと悶々するーー。
wyolicaの「恋のうた」みたい、昔のあたしのまま好きだったらよかったのか。いや、それじゃあその数年の間生きてきたあたしは無意味になってしまう。あー、あぁぁぁーー、困った。

AD

先日ちょっと記事で触れましたが、ついに東京ディズニーシーの年間パスポートを買いました。ほんとはランドのほうが好きなのでランドのが欲しかったのですが、行く機会がシーのほうが多いので仕方ないです。。





こんな感じで、シーのはアリエルなんですねー。アリエル好きには嬉しいけど、よく見ると体の魚の部分に鱗がちゃんと描かれてます。アリエルは好きだけどそこまで描かなくていいでしょ(汗)その部分を見てしまうと若干ひきますー。


東京ディズニーランド、シーのそれぞれの年パス、両パーク共通の年パスは舞浜駅からすぐのウェルカムセンターかランドのイーストゲート・レセプション(舞浜駅方面から行って、ゲートの左のほうにあるお土産屋さんのすぐ左側にあります)で購入できるんですが、ウェルカムセンターは今工事中なのでランドのイーストゲート~でしか購入することができません。
母や妹たちはウェルカムセンターで購入したとのことだったんですが、並べてみてみると写真の顔の大きさが違う。イーストゲート~のほうがアップされて撮られるようです。


顔写真は個室で撮られますが、撮り直しはできないとのことでしたので、これから購入されるかた、ちゃんと顔つくったほうがいいです。個室の奥に係りの方がいて、「レンズを見てください」とか年パスの簡単な説明をしてくれます。で、レンズのとこにはこんなんありました。





これ、ウェルカムセンターのほうにはなかったみたいです。まあ、今工事中とのことなので、これからはちゃんとつけるのかもしれないですねー。工事中でランドのほうに行ったとは言え、わざわざランドまで送ってもらってよかったですー。

もう疲れた

テーマ:

結婚ってほんとに大変。離婚と同じくらいエネルギーがいる。まあ、幸せなことなだけ、いいんだけど。。。


叔母が離婚したときも大変だったけど、今回妹が結婚することのほうが何かと大変。


うちの場合が特殊なのかもしれないけど、金曜に現地入りします。一泊して土曜日が式。その日にだいたいの方はお帰りいただくのですが、うちのほうは祖父母たち以外は全員残ります。あとは自由ですが、残る人は日曜日に帰るということになってます。遠いしそれなりにこちらで準備しないといけないことがあるんですよねー。

以下やること,大変なこと箇条書きします。


●まず、母が準備に奔走してるので家事できない→あたしに押し付ける。少しでも忘れてやれてないことがあるとヒステリーかよ!?くらいな勢いで怒る。
●式場が遠いので、こちらの親族の準備、フォローもしないといけない。例えば新幹線の手配、ディズニーランドかシーのチケットの手配、夕食とホテルの手配、当日の美容室の手配、わからないといけないので、当日のお迎えや道案内などなど。この前会ったときに色々とこと細かに説明しておいたけど、どうも不安だと思うので(こっちも不安)案内図みたいのを書いて送ってやろうかとか思ったりします。
●金曜日の夕食と式の後、列席された方のお見送りの時の服装を家族全員分あたしが決めて、チェックした。
●妹と旦那になる人へのお祝いの準備。
●父親の誕生日がたまたま来週なのでそのプレゼントを準備する。
●金曜は朝から祖父母と叔母とで先にシーに行って、案内。
●あとは自分の服装とか振袖に合う髪型とかメイクとかアクセをちゃんと選んでおく。


うーん、これだけ書いてみると大したことないけど、その一つひとつ、気が抜けない。これはこうしたほうがいい、ああしたほうがいい、とか、これはこうしてあげたいとか、理想がいっぱいあるんですよねー。特に祖父母にはこうしてあげたいとか、これ見せてあげたいとかあるし。だから一番忙しいのは意外と金曜なんです。まだ式でカメラ3台抱えてるほうがましー。


こんなにたくさんのことを色々考えてるのに、母親はいい大人のくせに自分勝手なので、ちょっとうまくいかなかったり、あたしがケチをつけると物凄い怒ってきます。何であたしに八つ当たりするんだろう。で、あたしもそこで大人になればいいのに毒舌吐いたりするので喧嘩になります。ここ最近そういうことで毎日喧嘩しちゃってます。ほんと、家の中めちゃくちゃです。平均睡眠時間3時間だし。


もうここまでくると鬱っぽくなってくるんですよね。とりあえず自分の時間がほしいとか、家族の誰とも話したくないとか。
楽しみだったはずなのに、早くその日が来てしまえばいい。早く終わってしまえばいいと思ってしまうのです。そりゃマリッジブルーになる花嫁さんもいるよなーと感じます。とか言いつつ、あと5日しかないーー。早くやることやってしまわねば。。。ひぃぃぃ

妹のヘアメイクリハ

テーマ:

一昨日東京ディズニーシーのホテルミラコスタに行って参りました。
もうあと10日もしないうちに妹の結婚式です。ほんとに忙しい。でも周りで必死に準備したりサポートしてるあたし達より、本人達はもっと忙しいんですよね。ほんと、日が近づくにつれ、楽しみなのと姉としてよかったねーっていう思いと、もしこれがいつか自分の身になったら?結婚って何なんだろう?っていう矛盾した思いで交錯気味な今日この頃です。


だって一昨日はヘアメイクのリハーサルだけで2万円くらいかかってるし、10時からだったので家を深夜に出て行かないといけないし、リハも3時間30分もかかった(!)し。ま、その後は式費用の支払いもあるとのことだったので、まだ二度手間にならなかっただけましです。


渋滞のことも考えて、家を出たのが4時前。妹、妹の旦那になる人、母親、あたしの全員がほとんど寝てない状態で車で行きました。運転は妹の旦那になる人がずっとしてたのであたしたちは寝てもいいんだけど、色々確認しておくこと、当日のこととか話してたら浦安についてしまった。ファミレスでご飯食べてあたしはランドの前で降ろしてもらって妹と母親はミラコスタに送ってもらい、妹の旦那になる人は実家に行くとのことでした。何であたしはランドに行ったのかというと、シーの年間パスポートをつくるためなんです。どう考えてもその日と次の日、結婚式前日、当日、翌日だけで5回インパするし、9月にはもしかしたら友達と行くかもしれないし、年パス買ったほうがお得なんですよね。8回行けば元取れるんで。
もうー、ご祝儀とお祝いだけでちょー貧乏なのに、年パスのせいで本気で貧乏です。今までの人生で一番かも。早く働きたいのに、妹や家族のことばっかで自分のことがほとんどできてなくって職探しもままなりません。早く落ち着きたい。


まあ、そんなこんなでヘアメイクリハ。ミラコスタ内のブライダルサローネの美容室でします。実際に当日もそこの新婦専用のお部屋でヘアメイクするそうで、新婦以外は入れないところなんですが、美容師さんの計らいで母親とあたしも入れてもらいました。何せヘアメイク、妹はナチュラル系すぎて任せてられないので。ちゃんと美容師さんに要望を言ってしてもらいました。本人よりあたしのほうが口うるさかったのに、嫌な顔ひとつせず対応してくださいました。
ちゃんと妹自身も納得のいくヘアメイクをしてもらい、形は決まりました。あとは当日、妹がちょっと要望を言うくらいですみそうです。ミラコスタの結婚式は帝国ホテルと同じレベルって聞いたことがあるんですが、本当に費用はかかるけどそれなりの美容師さんをつけてくれたりして、さすがだなーと思いました。安心して式に臨める体制が整っていて、かつ接客とかサービスというソフト面が素晴らしいです。


その後シーに遊びに行って、6時からはランドに行きました。妹の結婚式にはもちろんミッキーとミニーが来てくれるんですが、ちゃんとミッキーの家に行ってミッキーに直接招待状を渡したいということだったので。シーもそうだったけど、GW以降夏休みまでってほんとに閑散期みたいで、大抵15分でアトラクション乗れるんですよね。ミッキーの家は40分待ちだったけどそんなに待ちませんでした。
ミッキーはブラスバンドの指揮者の衣装でした。ミッキーの家に行ったことがある方ならわかると思うのですが、何組か一緒にミッキーの部屋に通されて、順番でミッキーと写真を撮ることができます。あたしたちは2組目で後にも何組か待ってる方がいました。あたしたちの番になってミッキーに妹が「来週ミラコスタで結婚式挙げるから、ミッキーもミニーちゃんと一緒に来てね」と言って招待状を渡すと、ミッキーも驚いたりありがとうっていうジェスチャーをしてくれました。そのときに妹が感激して泣いてしまってたんだけど、周りにいた、待っている方たちが一様に「おめでとう」とか「ミラコスタだってー、すごーい」とか言ってくれたり拍手してくれたんですよね。すごく暖かくてひとのことだけどすごく嬉しかったです。妹は全然気づいてなかったみたいだけど。実際妹がミッキーに招待状を渡すだけで泣いてしまうなんて思ってなかったんだけど、その周りの暖かさと妹がここまで来るのにほんとに辛い思いしたり大変だったんだなっていうのがわかってこっちまで泣けてしまいました。あたしまで泣いてしまったのでミッキーは妹も構わないといけないのに、あたしのこともなぐさめてくれました。さすがミッキー。だからその後ミッキーと撮った写真はすごい泣き顔になってしまいました。恥ずかしいーー。


そんなこんなで一日が終わり、昨日は2時間だけ4人でシーで遊んで、御殿場プレミアムアウトレットに寄って帰ってきました。ただ単にリハーサルだけじゃなくって、ちゃんと充実した日を過ごせました。
関係ないけどタワーオブテラー、ほんとに怖いです。9月に乗って以来乗っていなかったせいか、また怖くて泣いてしまいました。手も震えるし。空いてたのであとの3人は続けて乗りに行ったけど。やっぱり怖いものは怖い。

妹の結婚式の準備1

テーマ:

今月末に、妹が東京ディズニーシーのホテルミラコスタで結婚式を挙げます。


やっと落ち着いて、ちゃんと式を挙げられることになったのだけれど、何せ準備することが結構あったりするんですよねー。

まず、朝の式なので前の日から行って、式の次の日まで滞在するんですが、その間こちらの親族に挨拶したり、式が終わったら相手の親族にも挨拶しないといけないし、当日は朝7時から着付けと髪のセットをしてもらうので5時起きとか。


それだけでなく、事前にやっておかなくてはならないことも。
まずは式で何を着るか。母親は当然黒留袖ですが、祖母も色留袖を着るということになりました。やっぱりミラコスタの雰囲気からいって洋装の列席者が多いということは聞いていたし、あたしもパーティードレスにしようと思っていたのだけれど、先日の従兄弟の結婚式のこともあって、振袖にしました。着てしまえば着物のほうが楽っていう面もあるし、ドレスだとショールが落ちてきちゃったり、何せカメラ係なのでそんなこと構ってる暇ないし。もちろん姉ですから、かわいいパーティードレスよりシックなドレスとなると、着たいものもないので。





これ、フランス人デザイナー(?)のモレシャンがデザインしたものだそうです。


画像だとよくわからないですが、生地もちりめんみたいになってるし、地色がとても淡いピンクっぽいです。かもめが至るところにいますが、その周りにはラメが入ってます。
モレシャンの着物が流行ったのが70~80年代だそうですから、たぶんこれもその時代のものだと思います。最近の振袖って袖が床につくぐらい長めなのに対し、これは短め。暑苦しい印象がないので季節的にもぴったりです。


帯はこんな感じで。着付けの先生によって感性の違いや上手い下手ってあるけど、イメージと違う締め方されても困ります、帯だけでも全然違うので。これは簡単にできる締め方だそうで、「これならきっとできるから、写真見せてやってもらってね」ってことでしてもらいました。あー、髪型どうするかも考えなきゃ。


で、今度は妹たちと一緒にミラコスタに行きます。
ヘアメイクのリハーサルがあるということで。妹はほとんど化粧っけないので、そのままだとドレス負けしてしまいます。ということでついていってあれこれ注文をつける、というのがあたしの役目です。自分の顔だけでも考えまとまってないのに。でも母親にも任せられないので仕方ないです。あたしと違って地黒な妹。肌がくすんで見えてしまうので細かいラメの入ったパウダーを買いました。顔用だけど見えるところには全部はたきます。あたしも使うけど。
あとはその日が最終打ち合わせになるということだったので、どういう風に式が進んでいくかを聞いて、カメラ係としてはちゃんとタイミングを考えてみます。

今年のGW

テーマ:

田舎ってほんっとにやることない。
しかも街はお祭りの真っ只中で、人が多すぎて身動きできないので買い物に行くこともできません。しかも両親が旅行に行っていて、6日まで帰ってこないので犬3匹と祖父母と留守番組です。


ほんとにほんっとに暇なので、昨日はDVDを借りに行き、図書館まで行ってしまいました。これで4日間、潰せます。安上がりだなー。ってか、洗濯と散歩以外はひきこもっています。


朝は犬に8時半くらいに起こされ、ご飯をあげて、洗濯と掃除をし、お昼ご飯をつくって午前中は終了。午後になったら化粧とか身支度をし、ご飯を食べて食器を片付け、やっと自分の時間が持てるんだけど、部屋が2階にあるので、当然2階に上がると犬たちが鳴きます。3匹もいるのに、人間が一緒にいないとダメらしくって。。。かわいいけど困ります。ほんとにお守りですー。まあ、昼寝してくれれば夕方までDVDも観れるし本も読めるのでいいけど。あと寝るのも犬がいつもは両親の部屋で寝てるので必然的にあたしも両親の部屋で犬と一緒に寝ます。3匹とも一緒の布団で寝るので、あたしの寝る場所がなかったりします。かわいいけど、一人にさせてほしい。。。一人大好き人間としては一人の時間は大事なのです。


ということで昨日一日でDVD2本観て、本1冊読みました。
借りたDVDは
嫌われ松子の一生
ヴァージン・スーサイズ
プロデューサーズ
精霊流し
リトル・マーメイドⅡ
シンデレラⅢ


田舎って娯楽がないからみんなついついDVD借りたり、映画観に行ったりするんだろうか。

この間誰かが借りてきたらしく、DVDを観ました。ずっと観たかったんだけど、なんとなく避けてたような。そういう映画ってないですか?


内容は思ってたのとちょっと違っていて、ごくごく一部分しか描かれてない。もっとドキュメンタリーな感じのほうがよかったかなと思ったんだけど、恐ろしい場面が多くて、そのたびに鳥肌がたちました。泣けるというよりは、ずっと怖かった。


色々考えさせられる部分が多いです。テロの残酷さとか、被害者の方たちのこととかもそうだけど、政治的なことだったりもそうだけど、人間としてってことが一番考えさせられます。



パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション (HD-DVD)