花火大会

テーマ:

近々近所で大きな花火大会があります。
そうかー、もうそんな季節かーって感じです。
もう蝉も鳴いてるし、向日葵も咲いて、枯れてたりするのに。
こんなに暑いのに何故か季節感ゼロ。。。(汗)


今のところに住みはじめてもう7年目なんですけど、
その花火大会の日はほんと、外に出るもんじゃない。
近くに見に行こうと思ったら大間違い。
車でも電車でも普通なら10分でもその日ばかりは何時間もかかってしまったりする。


ちょうどその日、休みだからいいけど、
職場が会場に近いので、その日は営業時間が5時間くらいとか。
前の道路も通行止めになるし、駐車場も立ち入られないようにするらしい。
この前は警察の人が来て、「警備しますので」みたいな話をしていった。
いつも使う駅も準備が始まっていて、既に植木にロープ張られてたり。


ほんとは買い物に行こうと思っていたけど、
沿線の駅はどこもすごいことになるので断念。
せっかくの休みなんで、浴衣でも着て近所をブラつこうかなー。
一年に一度くらい、浴衣も着てあげないとかわいそうだし。


花火大会に行かれる方、人混みには注意してください。
そして、楽しんでください。

AD

夏風邪2

テーマ:

一日で済むと思っていた夏風邪。
もう今日で休んで3日目です。ひぃぃぃ
何でこんなに長引くんでしょ。。。ほんとに風邪なんだろうか。


微熱にはなったものの、吐き気がひどくてほぼ絶食状態です。
必死でポカリとインスタントスープと冷えピタ買いに行って、
必死すぎてフラつきながら帰って。ほぼひきこもりです。
で、やせるかなーと必死で体重計に乗っても相変わらず。
やっぱり25過ぎたらなかなか減らないんですねー。はぁ


とりあえずひたすらベットにいるか、ちょっと調子よくなったら
こうしてPCいじってるか、トイレか。
明日は元々お休みの日なのでウィークデー全部休んでしまうことになる。
ほんとに凹む。休んでしまって申し訳ないっていうのと、
ほんとはこの日お客さん来るって言ってたのにーとか。


寝たきり老人みたいにひたすら横になってるんですけど、
さすがに寝すぎみたいで、腰が痛い。
で、本読んだり、ディズニーランド系のもの見たり、
ゲームしたり。。。ほんとにやってることひきこもりと変わりない。ヤバい


皆さんは風邪とかで寝込んでいるとき、何をして過ごしますか?

AD

夏風邪

テーマ:

昨日の朝、病院に行ったら、言われた。
「夏風邪ですねー、夏風邪。クーラーつけっぱなしで寝ちゃったりしませんでしたか?」
してます。っていうか、毎日つけっぱなしです。
だって途中で切ったら暑くてすぐに起きるので。
でもちゃんと毛布と布団にくるまって寝てます。
。。。なのに、何で!?


もうー、仕事も人間関係も絶好調だったのになぁ。悔しい。
体調管理、もっとしましょうってことですねー。


昨日というか、一昨日(日曜)の夜、麻雀やってて、
何だか勝っても負けてもハイテンションで、
すっごいおもしろくて、普通に2回も、自分でツモってこないと
あがれないのにロンしてるし、明らかにおかしかったらしい。
で、熱はかったら普通に熱があって。
熱なんてなかなか出ないしちょっと高めだったので、
顔以外寒いこと以外はおもしろい。


昨日は休みだったからよかったけど、今日休んじゃって暇ですー。

AD

「手が綺麗だね」

テーマ:

手は意外と人によく見られている部位。
同じくあたしも人の手はよく見る。目に入るから。
清潔にしているか、荒んでないか、見る。


今日はおばちゃんから言われた。
「手がとても綺麗ね。赤ちゃんみたい。(私なんて)孫からこれ(しみ)なぁに?と聞かれるのに。」
「いえいえ、そんなことないですよ。」と言いつつ、
次の言葉がみつからなくて困る。


自分の手を綺麗だと思ったこともなく、好きでもない。
確かに強い洗剤にも強い手。
指が太くて短いし、肉がついている。大きなペンたこもある。
でも、人は綺麗だと言う。ずっと前から。


たまに、お客さんとか、殿方に手を握られる。
それは誰も知らないことだけど、ふいに、そっと手をとられる。
ぎゅっと、そーっと。
あたしはそこではただの店員以外何者でもないのに。
一瞬女になる。
でも、そこではただの店員以外何者でもない。
作業を進め、何事もなかったかのように済ます。一人、また一人。
電話番号やメールアドレスを書いた紙切れ。
一応受け取っておく。
その人が帰った後にすぐ、他のものと一緒にシュレッダーにかける。
そこではただの店員以外何者でもないのだから。



===============================


今日聴いている音楽は、東京事変の「教育」
聴きたいCDがみつからないと、焦る。ひどく。
例えば何か、いつも持ち歩いている物を忘れたときみたいに。
それこそ息苦しくなる。
もしかして、貸出中だったか、とか、実はCDは買ってなかったか、とか
再確認。もしかして、もしかして。。。


今日はやっと見つかって、聴くことができた。
ラベンダーのマッサージオイルで足をマッサージする。
この音楽は全くリラックス効果はないけれど、
見つかって、ちゃんと聴けていること自体が大事なんだと思う。

紅茶ついでにハーブティー

テーマ:

あんまり好きじゃないんです。ハーブティー
だって、普通の紅茶のほうがおいしいし。
ミントティーとかローズヒップティーとか、味も香りも耐えられない。


ですが、この度初めて自分で購入しました。
よく紅茶好きなので人にハーブティーもらったりするんだけど、
実はハーブティー苦手なんです。。。今までくださった方、ごめんね。
お気持ちだけで十分です、どうもありがとう。
で、買ったのはどんなのか、というと、よくわかってません(笑)
ほんと、苦手なものには疎い。悪い癖です。


一緒に働いているお姉さまがたまたま淹れてくれたお茶が、
ハーブティーで、かつおいしかったということなんだけど、
全然ハーブティーっぽくない。
しかも香りもキツくなくて、色もピンクでかわいいし、
例えばお風呂上りにちょっと優雅にお茶飲みたいときとか、いいかも。


で、お姉さまが買うついでに頼んでもらったら、
普通にネットで手に入るものでしたー。なくなったら買えるからよかった。
「生活の木」っていう、自然のものとか扱ってるんですかね?
そんな感じのとこで売ってます。
ハーブティー プリンセスって名前です。
その名にふさわしく、桃の香りがして、
でも決して甘くない。ちょっと酸味がありますが、さわやかです。
そういうところも色も普通の紅茶と違うので、ちょっと特別です。


ふぅ~~
一日一回は、息抜いたりリラックスできる時間をつくりたいんだけど、
なかなか難しいものです。
とりあえずしばらくはこれで一息つきますー。
みなさんはどんなこと、もので一息ついてますか?


pinktea

うーん、これでわかるかなー?ほんとにピンクなんだけど。。。


ハーブティー プリンセス/生活の木

午後の紅茶

テーマ:

「ゴゴティー」です。
紅茶好きとしては大事な商品です。
例えば出先でどうしても紅茶が飲みたくなったときとか。頼りにしてます。


なんか、キリンの宣伝みたいになってきちゃいましたが、違いますー。
回し者ではありませんのでw


でも20年も売ってるなんてスゴいですよ。
たぶんあたしが最初にゴゴティー飲んだのも発売当初だと思うんだけど。
曽祖父と車でどっか行くときに、
「れいちゃんは紅茶が好きだからね」って言って買ってくれた。
そういえば曽祖父は紅茶好きだったから、うつってしまったっぽいな。。。
あぁ、単純。


ということで、ほんとお世話になってます、ゴゴティー。
20周年で「午後の紅茶 Special」っていうのがあって、
「茶葉2倍ミルクティー」っていうストレートなネーミング。
ミルクティーはやっぱウバだな、とか思って飲んだら、ほんとにおいしい。
口から鼻に抜ける香りがとてもいいです。ペットボトルでこういうのはすごく嬉しい。
普通のミルクティーって牛乳臭かったり、甘すぎたりして好きじゃないんだけど、
これなら大丈夫。最初は甘いけど、ちゃんとウバの香りがあって、
後味も甘ったるくない。あぁー、しばらくこれにハマりそうです。


紅茶好きな方は是非!!ゴゴティーは好きって方も是非!!


全然関係ないけど、JTから封筒が届いた。
中にはマイルドセブンの携帯灰皿が入ってたんです。
あたしマイセン吸ってないし、関係ないわーと思ってよく見たら、
「RENAULT」の文字。あ、そっか、スポンサーだもんねー。
と同時にキャーー、アロンソーとか一人興奮してしまった。
3本くらいしか入らなそうだけど、かっこいいから使おうーー。
たぶん使ってても自慢しなかったら誰も気づいてくれないけど。。


携帯灰皿

テーマ:

いつもお店に配送する荷物を収集しにきてくれる、おじさんがいる。
たまに、なにかおやつを持ってきてくれる、
ぶどう、梨、みかん、メロンパン。。。
そのときそのときで旬の、おじさんがおいしいと思うものを。


土日はいつもより1~2時間近く早く収集に来てくれるんだけど、
今日はお昼すぎに来た。ちょっと早すぎると思ったら、
入ってくるなり、「コレ」とぼんっとビニール袋を置いた。
いい匂い。桃が入っていた。


どこの桃か、とか何も聞けなかったけど、「じゃあ、あとでね~」
といつもの調子で言って、出ていってしまった。


で、今斜め右前にある、桃。
これからF1の録画放送を観るので、観ながら食べようと思っている。
桃って、なんか、「うふふ」という気分。


他の果物にはない、「うふふ」は、たぶん匂いとかイメージからなんだろうけど、
やっぱりなんだか特別な感じがする。
あ、別に桃が果物の中で一番好きなわけではないんです。
一部分、熟れて皮の外まで蜜がじっとり出ている。
産毛みたいな細かい毛は、ちょっと痛かったりする。


桃はカットして食べるものではないと思う。
無駄にジュースをこぼしてしまうから。
かぶりついて食べるから、おいしいのだ。もちろん、家の中でしか食べれないけど。
でも、指も手も、口やその周り、あごとかもベタベタになるのは、
他の食べ物だったら嫌かもしれないけど、
桃の場合、そんなに嫌じゃなかったりしませんか?
たぶん、それは桃だから。


もも

お経

テーマ:

先日またもや実家に帰って参りました。
同じく犬の戯れるため、と、今回はお盆なので。


普通、お盆って8月だと思いますが、実家近辺は一ヶ月早く、
ちょうど今の時期にあたります。
でも、やることはたぶん一緒で、
茄子を牛に、胡瓜を馬に見立て、仏壇に供えます。
盆入りは迎え火、終わりは送り火を焚きます。


で、お墓のあるお寺の和尚さんに来てもらって、お経をあげてもらうんですが、
我が家は参列する人も読みます。


今回は祖父と母と3人で。
でも全部読むわけじゃなくて、簡単なのを5,6個読みます。
例えば「般若心経」とか。もちろん誰一人覚えてません。
あたしは曽祖父が残してくれた、お経の載っている冊子というか、本を見ます。
すごくボロボロで、破れてたり穴が開いていたりしてわけのわからないところもあるんですが、
どういう順番でお経が進んでくかわかるように、それぞれの題名のところに
「①」とか「②」と書いてあって、どれが重要なのか、とかだと思うんだけど、印がついてます。
漢字にもちゃんと、全てふり仮名がふってあります。


普通に読みはじめて、この冊子を見て、
隣でよく見せてくれたな、とか思い出すと、
全然供養できてなくてごめんね、とか、
こんなんに育ってしまって期待通りじゃなくてごめんね、とか色々湧き出して、
本気で泣きそうになって焦りました。


とりあえず堪えてお経に集中してると、終わりに近づいた頃に祖母が帰宅しました。
で、一緒にお経あげてたんですけど、別の、新しいお経の冊子見てるのに、
普通に漢字読み間違いしてました。
例えば「中」という漢字、「うち」と読むのに普通に「なか」と読んだり。
他にも4箇所くらい間違えてて、笑いそうでした。


法要が終わってから、母親に祖母の間違って読んでいたことを言うと、
母親も気づいていたようで大爆笑していました。
やっぱり笑い堪えていたようで。


お経の後、和尚さんとしきりに世間話をしていた祖母。
間違っても本人的には何事もなかったみたいで、痛快。

女の目

テーマ:

今日、帰りの電車から降りて、エスカレーターに乗っていたとき、
みつけてしまった、目の前にいる小奇麗な女の人の欠点。


靴の履き方が悪いのか、一見とてもかわいらしいそのサンダル、
ヒールの一番下、地面に当たる部分のプラスチック(よくある黒いやつです)の部分が取れていて、かつ、それがくっついていた面がかなり磨り減っている。
みつけてしまった。


女の目って怖い。でもちゃんと、自分もその目を持っている。
女の人がおしゃれするのって、大切な人のためでもなく、
男の人のためでもない。
自分のため、或いはただ、街中ですれ違う人、仕事場の人、友人、
女の人と競い合うためだと思う。


あたしのほうがおしゃれ、とか、あたしはこんなの持ってるのよ、とか。
そういう小さいことから、本気でセンスや美で人を圧倒しようと思うときさえあると思う。


自分にとって、どこが武器なのか。
それを強調したり、さり気にアピールしてみたり。
女って怖いなーー。


そして、ふと、駅からいそいそと帰宅しているあたしは周りにどう見られてるのかと思う。
今日は中途半端に雨が降った後で、たった5分歩いただけで全身から汗が吹き出てきた。
あたしは仕事帰り。
いつもどおり、化粧直しする時間などなく、顔中脂ととれかけの化粧でベタベタのまま
ひたすらはや歩きをする。暗い通りに入る。


常にキレイでいるということは大変なことだ。
それにプラスして、隙を見せないようにしないといけない。
たまにいる、そういう完璧な人は、どういう生活をしているんだろうと思う。
一度でもいいから、「完璧!」と言われてみたい、女の人から。
思われてみたい、女の人から。

今記事書いてて

テーマ:

画像を入れようと思ってたら、書いた文章が全部消えて、その画像だけ表示された。


何で??もーーーーう(悔泣)


今日はずっと、昔よく聴いていた音楽を聴きたくて、
帰ってからと、その後の麻雀の最中、ずっと聴いていた。


聴いたのは、JUDY AND MARYの「FRESH」と、
同じく「POP LIFE」。


最近「JAM」というと、カリスマ(←既に死後ですが)読者モデルの
じゅんちゃん、あみちゃん、みさこちゃんのことを指しますが、
ちょっと前までは普通にJUDY AND MARYだったよね、と思い出していました。


聴いていたのは中学校から高校、大学1年くらいの、彼らが解散するまでです。
もちろんソロになったYUKIちゃんの音楽も聴いてるんですけど、
彼らの音楽は、いつも元気をくれます。


久々に聴いて、昔バンドでやってた曲もあるんだけど、
もう完璧には歌えなかった。
でも歌詞はちゃんと覚えていて、自分でもびっくりした。
その頃のことを思い出して、懐かしいのと同時に、羨ましくも思った。
今思うと、純粋だったし、色んなものがキラキラしてたのになーと。


でも、あたしは元気をもらったので、その頃に戻りたいとは思わない。
同じ音楽でも、その頃の感情と、今とでは全く違ってくる。


皆さんにとって、元気をくれる音楽はどんな音楽ですか?


JUDY AND MARY, YUKI, Tack and Yukky
FRESH
JUDY AND MARY, Tack and Yukky, TAKUYA, YUKI
POP LIFE