聖輝和尚の知らぬがほっとけ

アハハと笑えて気軽にさくさく読めるブログです。



テーマ:

先週末のこと。

 

バイエルン・ミュンヘン vs ボルシア・ドルトムントの試合が深夜1:30から

 

放送していて、どうしても見たかったので、雨の降る中、

 

同級生のゆきちゃんのマンションにお邪魔してきました。

 

彼はスカパー!と契約してるので、どうしても見たいサッカーの試合がある時は

 

彼の自宅にお邪魔して見せてもらっています。

 

 

居間にて、俺がみやげ代わりに持っていったシングルモルトウイスキー山崎を

 

二人でチビチビやりながら試合を見ていました。

 

とはいっても、ゆきちゃんは昔からサッカーなんか全く分からないんだけど…。

 

「今のレヴァンドフスキの裏を取ったプレーはすごい良かったね」なんて言っても、

 

「それってどういうことなの?」とか聞いてくるぐらいだし。

 

 

観戦中、我々は刺身の盛り合わせをつまみながら飲んでたのですが、

 

彼がテーブルの端にある醤油を取ろうとして立ち上がったんです。

 

その瞬間、彼の体からふと変なニオイが漂ってきました。

 

「……お前、なんか臭い」

 

思わず言ってしまった俺。

 

「え?臭いって口?」

 

「いや口じゃない。

 

なんか首の辺りから臭ってきたよ」

 

「えーーー俺さっき風呂入ったけどな…。

 

どんなニオイだった?」

 

自分のニオイが気になるのか、こと細かく聞いてくるゆきちゃん。

 

彼から漂ってきたニオイは、俺もよく説明が出来ないんだけど、

 

ひと言でいうなら「おじさん特有のあの臭い」でした。

 

西武池袋線のラッシュアワー時、おじさんたちが密集してる辺りから必ず漂ってくるあの臭い…。

 

それを彼に話すと、

 

「ああ、それは自分でも薄々感じてたよ。

 

俺の枕さ、だんだんうちの親父の枕のニオイになってきてるんだよね」

 

などと言いました。

 

 

----親父の枕のニオイ?

 

どんなニオイなのかしら…。

 

ついつい気になる俺。

 

「どれ、お前の枕のニオイちょっと嗅がせてみろ」

 

俺とゆきちゃんは2DKの居間の隣にある寝室に向かいました。

 

サッカーの試合もちょうど前半戦が終わってハーフタイムだったので。

 

 

若い女性の髪の香りなら嫌いな男はまずいないだろう。

 

そうではなく、43歳のオッサンの枕のニオイを嗅ごうとしてるのだ。

 

酔っ払ってたとはいえ、俺もどうかしてる 笑。

 

 

寝室(和室)のど真ん中には既に布団が綺麗に敷かれていました。

 

彼はベッドよりも布団派で、毎日寝しなになるとせっせと布団を敷いています。

 

んで、肝心な枕にはトムとジェリーのタオルが巻かれている。

 

何故にトムとジェリー? 笑。

 

 

----早速、息を止めながら枕に顔を近づけ、おそるおそるニオイを嗅いでみる。

 

「…………」

 

「で、どうなの聖輝?」

 

しばしの沈黙、俺は言いました。

 

「……お前、サバ読んだろ?」

 

「どういうことだよ?」

 

不安そうに尋ねてくるゆきちゃん。

 

「これじいさんのニオイだろ!

 

おじさん通り越してじいさんだよ!」

 

そう、彼の枕から漂ってきたのは、じいさん特有のニオイ。

 

 

昔、埼玉の田舎にある遠い親戚の家に行った際、そこのじいさんの

 

寝室に入るとこのようなニオイがしたものです。

 

鳥が出てくるでっかい柱時計と、孔雀の立派なはく製が置いてあったじいさんの寝室…。

 

だから決して臭いというわけではなく、どちらかといえばノスタルジー溢れる懐かしいニオイ。

 

 

ゆきちゃんは自分の枕を「おじさんっぽいニオイ」だと主張したが、それは違う。

 

俺が嗅いだとこ、それは紛れもなくじいさんのニオイだ。

 

つまり彼はサバを読んだということ。

 

グラビアアイドルやAV女優で、本当は26歳なのに「18歳ですっドキドキなんて

 

サバを読むのがいるが、それと同じ 笑。

 

 

俺はついでに寝室の押し入れをガーーーッと開けてみたら、やはりそこもじいさんのニオイがしました。

 

もしこの部屋に女性が泊まりにきたら彼は敷くのだろうか?

 

じいさんのニオイのする西川羽毛布団を 笑。

 

パッと枕を見ると、何故かトムとジェリーが悲しい表情をしているように俺には見えました 笑。

 

 

----それにしても驚きでしたね。

 

もともと彼は神経質で、中学の頃は学校にこっそりコロンを持ってきていました。

 

とはいってもコンビニで売ってるようなギャツビーの安物コロンでしたけど。

 

体育の授業が終わった後なんかも、ニューエイト・フォーでシューーッとやってたし…。

 

それぐらい彼は昔から自分のニオイには気を使ってました。

 

 

あと小学校の時も、俺は低学年の頃までは身体が小さかったため、

 

ゆきちゃんの着れなくなった衣類をよくもらってたんです。

 

お下がりってやつ。

 

我々は同い年ですけど、当時、身体の大きさは顕著だったので…。

 

彼のお母さんが、着れなくなった衣類を紙袋に詰めて俺んちに持って来てました。

 

その際、彼のお母さんは、

 

「洗濯しないでそのまま持ってきちゃったから洗ってから着てね」

 

なんて言ってたけど、どの衣類も綺麗で洗剤のいい香りがしたのを覚えてます。

 

じいさんのニオイなんか一切しなかったですよ。

 

 

----サッカーの試合が終わった後、酔いも回ってきたこともあり、

 

そのまま彼の自宅に泊まってきました。

 

んで、翌日のお昼前ぐらいに起きて、お暇してきました。

 

 

帰り際、彼は何気なく俺に聞いてきたんです。

 

「……俺さ、そんなにおじさんの臭いするかな?」

 

だからおじさんじゃなくてじいさんでしょうが 笑。

 

俺は彼に耳の後ろをよく洗うよう提案してみました。

 

加齢臭というのは、耳の後ろから漂ってくるとどこかで聞いたことがある。

 

だから入浴時に耳の後ろをキレイキレイ・ボディソープで万遍なく洗えば、

 

ニオイもある程度は抑えることが出来るんじゃないかと…。

 

それとファブリーズを買ってきて、寝室の押し入れ、ならびに枕や布団に

 

マメにシュッシュした方が良いかも…とサジェスチョンしました。

 

 

んで、更に彼は俺に聞いてきました。

 

「聖輝さ、お前の枕もじいさんの臭いするだろ?

 

怒らないから正直に言ってみ?」

 

「…………」

 

 

こら!一緒にするな! 笑。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。