大好きな仕事と二人の育児を楽しむストレスなしの生活を模索中。

おいしいレシピと産後ダイエットのためのジョギングとヨガに夢中。

世界各国からのホストファミリーにもチャレンジ。

  • 16 Jun
    • 宿を目的に旅行したくなる宿 (北海道)

      旅行といえば行きたい観光地があって→そこにある宿を決める(前日とか当日)、という順番だったのが、旅行を重ねると、 行きたい宿があって→その周辺にある観光地や体験を探す、という順番になってきた。   まずはざっくり行先を決めて(東北、とか、秋田とか) そのあとに、どんな宿があるのか見て(一休とかで) 交通アクセスとか温泉とか調べて まず宿を決める。   家族も宿はいいところがいい、と主張。   なので、なるべく一休などで検索して予約しちゃいます。   今まで泊まった宿で良かったところをメモ。    ・北海道  札幌 メルキュール札幌 4ベッド。家族5名(子供は小学生2名と未就学児1名)      京王プラザホテル 駅から徒歩5分の大型ホテル。はずれなし。  トマム リゾナーレトマム 110平米のスイート。部屋が3つくらいとジャグシーバス!2泊  十勝 十勝川温泉第一ホテル バイキングがおいしい  網走 鶴雅 言わずと知れた鶴雅グループはバイキング、ファシリティ、温泉などはずれなし  釧路 ラビスタ釧路川 和洋室があり夜鳴きラーメンあり大浴場あり。ホテルのコンパクトさの割にいい。  富良野 プリンスホテル 昼夜散歩できるニングルテラス。部屋は正直イマイチでも富良野にきたらやはりここに泊まっておきたい   →トマムは夏、冬ともに行ったけど子供たちも大好きで最高。気持ちいい。  建物に古さを感じる面もあるけど、内装はリニューアルしているし、ごはんおいしい。   →鶴雅グループは網走以外も色々行ってみたい。     そのほか、行ったことないけど行ってみたいホテルも多数あり。   ・札幌グランドホテル、札幌全日空ホテル  立地ときれいさ。   ・定山渓の第一ホテル、知床第一ホテル などバイキングに定評あり。   ・登別温泉の野口観光グループ 花ゆらとか。 家族におすすめのプールあり。    ・函館の朝食がおいしいで有名なラビスタ函館。函館行くなら絶対ここ。    次回行くときは、必ず登別行きたいなー。    

      3
      テーマ:
    • 夏の旅行の予約、3か月予防接種

      金曜日で予定は午後の予防接種のみ。   6時50分起床で遅め。 長女のお弁当作り、朝ごはんはグルテンフリーのパンケーキ。 1歳の長男のみご飯と鮭。   中学生の長女、小学生の次女と3女を見送り、夫を見送りまだ8時前。 朝食の片づけして、洗濯もの回して、自分の身支度して、次男にミルクと授乳して 9時に1歳の長男を保育園へ。   9時半すぎに帰宅。片づけと洗濯と布団干す。 読書とPC。 昼前に夫が忘れ物して帰宅。お昼ご飯買ってきてくれる。   夏、夫のお友達との旅行のため宿探して予約。 白浜温泉に1泊3家族だけど、お高め+もう部屋がないところもあり。   じゃらんで、むさし JTBで古賀の井 Bookingでコテージ四季。 の3か所を抑えておく。   むさしは大型旅館で中心地にあり利便性よく和室10畳、バイキング。 新館でリニューアル済みなので、値段は1家族4~5万。 古賀の井はやや中心地から離れているけどきれいでプールがいい感じ。 オーシャンビューだし、バイキングもおいしそう。 しかし、ツイン45平米が3室。添い寝でよければいいけど、赤ちゃんいるしどうかな、という感じ。 値段はむさしと同じくらい。 コテージ四季は、山の上にあり、交通はよくないけど アドベンチャーワールドに近い。 部屋はツイン+和室でひろいし1室26000円で安い。   どれも2食付き。 宿はいいところに泊まりたい!という我が家的には白良荘グランドホテルがよかったけど もうすでに満室でした。しかもお盆なので1名3万円で高いし。   あとはお友達家族に決めていただく。   3女が15時に帰宅してから、次男を予防接種へ。 本日は4種類の注射と1種類のワクチン。   帰りに夕飯の買い物して、16時に長男を保育園へお迎え。 帰宅したらちょうど塾にいく次女とすれ違い。   今日の夕飯はエビマヨにジャガイモを追加。 ねぎとろ丼、味噌汁。    

      1
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 本の感想 「生き方」稲盛和夫

      4人目出産後、育休中に読んだ本。 子供に向き合うためにどのような心でいるのか、 自身の仕事の在り方、人としての生き方など 何か心の迷いがあった時の気持ちの持ち方の参考にしたくて手に取った。   印象に残ったことは・・   人生の意味とは、魂を磨くための修養の場。 ということは、Goalなどなく常に磨き続け魂をまた返却する、ということ。 自己鍛錬と考えれば前向き、かつ客観的に自己を見つめることになる。 哲学的でもあるこの考え方に親しみを覚えた。   ”労働”を通して磨かれること、人生は考え方次第であること、 強烈に思い続けること、やり通せば手に入ること、 努力の積み重ねが非凡に変わること、 人生も経営もシンプルに。   そうそう、私もそう思っている!と勝手に同意。 心にしみる言葉がたくさんあるのだけど、つい忘れてしまいそうになるので 常に手元において読み返したい一冊。   特に心に留めていたい言葉は以下でした。 誰にもまけない努力 謙虚にしておごらず 反省ある日々 生きていることに感謝 善行、利他行を積む 感性的な悩みをしない  

      4
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 産休中に気づく家事のコツと作り置きレシピ

      産休中の生活。45日目くらい。 赤ちゃんもまとまって2-3時間寝てくれるようになったし授乳時間も40分→20分くらいになってきた。   ところで、長女は抹茶味が大好き。 四月のこの季節はいろんなお菓子やアイスのフレーバーで抹茶を見つけると 私も夫もついつい購入。   抹茶ケーキなど作ってあげたいけどスーパーに抹茶粉を見かけない。 昨日、ママお友達が来訪したとき、抹茶小豆ケーキを焼いてきてくれて! 聞いてみると抹茶オレの素を使用したとか。 早速作ってみたいと思います。 3女が小学生になってから午前中に掃除+買い物+授乳をして 午後は保護者会や3女の公園遊びの付き添いなどしていた。   昨日はお友達が遊びにきていたし 今日は久しぶりに午前中は在宅。 食材も昨日、3女が公園で遊んでいる間に少しだけ買い物行かせてもらい 今日はネットスーパーにお願いしたし。 作り置きレシピしよーと思って仕込んだものたち。 ■すぐ食べられるもの ・ひじき煮 (にんじん、油揚げ、切り干し大根) ・切り干し大根 (にんじん、油揚げ、切り干し大根) ・ポテトサラダ (新じゃが、きゅうり、ハム、アンチョビ、マヨネーズ) ・味付き卵 ・ほうれん草ともやしのナムル (ごま油、醤油、にんにく)   ■下ごしらえ ・きゅうりスティック (切っただけ。塚田農場のツボ味噌を添えて!) ・茹でブロッコリー (切ってルクエでスチーム) ・小松菜 (切っただけ) ・サニーレタス (タッパーに詰め替えただけ) ・油揚げ (半分に切って冷凍庫へ) ・かぼちゃ (一口にきってルクエでスチーム) ・にんじん (千切りと細切りの種類。千切りは炒め物、煮物。細切りはそのままサラダなど。)   12通り完成♪ 中学生の長女のお弁当と、1歳の長男の食事に合うことがテーマ。   作り置きレシピ+野菜などの下準備しておくと 毎日の食事作りが楽になるし、得した気分。 新しくタッパーも購入したし~♪ やる気があるうちにメモっておかないと。     作りながら、   洗濯2回、トイレ掃除、押し入れ片づけ、授乳とミルク、掃除機がけ、お風呂掃除などもしていました。 所要時間は2時間くらい。   40歳にして、産休育休5回目でようやく家事のコツと工夫をつかんできた。 遅っ!って感じ。   家事を手間だと考えていたから、なるべく手をかけずに 手抜きしたいと思っていたけど 7人家族となると、日常の家事が多いので 仕事をこなす感覚で、私の仕事のテーマでもある以下を心がけていきたいところ。   「常に改善 常に前進」 料理レシピ、お弁当レシピにおいて 「プロの徹底」 手抜き優先ではなく、掃除のときに洗剤使うとか、ささっと拭き掃除するとか。 「仮説 検証 実行 仕組化」 →これはできていないかも 「顧客満足度の最大化」 → 家族に対して、食べ物や買い物、遊びのリクエストを聞くとか「スピード!」 → これは細切れ時間では難しいけど、やらないことを決めるなど。   三木谷さんからの引用ですが 心がけていきたいところ。  

      1
      テーマ:
  • 27 Mar
  • 14 Mar
    • 出産後のネットスーパー利用

      5人目の子供出産後、退院してしばらくは家でのんびり。 3人目と4人目の保育園の朝の送りは、パパ。 帰りのお迎えは友人のサポートセンターにお願いしています。   子供が複数になると、出産した際の考慮事項として、「上の子のお世話」が含まれます。 1人目、2人目は里帰り出産。 3人目から自宅近くの病院で出産し、その時は実家の母が3週間来てくれて、2人目(保育園の年中)の送迎を担当してくれました。 (1人目は、小学校1年生だったので送迎いらず)   4人目出産のときは、私が帝王切開で10日間入院なので 5日ずつ、実家の母と、お姑さんが来てくれて、私が退院するとすぐ帰られたので 家事は退院と同時に開始。 外出は控えていたので、ネットスーパーとして「おうちコープ」を初めて利用。   おうちコープのいいところ ・留守でも家の前においておいてくれる ・子育て中だから配達料が0円   これくらいでしょうか。 特に安いわけでもない。 注文は金曜日締め切りで、翌週の水曜日に配達。 週1回のみ。   どんな客層が利用しているのだろう??とずっと思っていたけど 近所でよく見かけるし、たいていママ友も利用しているので たまにしか買い物に行けない、時間がない、重いものだけ頼みたい、などかしら。   これ、1年半くらい続けていましたが 初めて、今回の出産でイトーヨーカドーのネットスーパー利用してみました。   イトーヨーカドーのいいところ   ・種類が多い ・見やすい ・4時間前締め切り(枠があいていれば)で、当日配送可能   ただし、不在時はNGのようなので、家にいる必要あり。 とはいえ、20-22時配達もOKなので、仕事していたとしても有効~~。   配達料は通常300円だけど子育て中は100円。 6000円以上だと無料。   日常的にイトーヨーカドーに買い物いくし、一回で6000円はざらに使う。 車か自転車でいって、重い荷物を1階から運んで・・としていたけど 玄関先までもってきてくれるので、めっちゃいいじゃん!   と思い、3月からはもっぱらヨーカドーのネットスーパー利用になっています。  

      1
      テーマ:
  • 01 Oct
  • 19 Oct
  • 01 Jun
    • リピーターをしてくれるホームステイゲスト

      アメリカ出身のアリが1年ぶりに来日し、5月から1ヶ月間にホームステイしました。彼は、1年前は横浜の日本語学校に通うために来日。ホームステイWebを通じて連絡があり、すでに日本に来ていて他の家庭にホームステイしているのだけど若いご夫婦お二人でとても仕事が忙しく食事は一緒にはとらない、普段は会話をする機会がないからホテルと同じ状態で会話や生活ができる家庭で過ごしたいとのことで我が家に来てくれました。昨年は彼が学校に通っていたし、日本語の話やアメリカの話をたくさんしました。彼はユダヤ教を信仰していて義父が日本人。異父兄弟、異母兄弟含めて9人兄弟がいて。。とかだったかな。とにかく、漢字が大好き、旅行は嫌い、ちょっとひねくれていてきどった感じだけど子供には優しかったりフェアだったり。アメリカのGiftedの教育の話がとっても興味深かったのを覚えています。そんな彼は1年前にコロンビア、UCLAバークレー校の法科大学院?のようなものの試験に合格したタイミングに我が家にいました。両方とも奨学金をもらえることになり迷ってバークレーを選択。1年たった今はもう大学院生で、日本で日英法律事務所のインターンをするために来日しました。特にこの1年間、連絡をとっていたわけではないけどリピータをしてくれてとっても嬉しかったです。そのためか、とってもとっても忙しい毎日。アリは同僚と外食することも多くなり、あまり話をするチャンスはなく。でも最終日に近くの居酒屋でご飯を食べにいくとき、3女を肩車をして連れていってくれました。思えば、1年ぶりに会ったアリのことを娘たち3人はしっかり覚えていて到着して早々にUNOをしよう!と誘って遊んでいたからなあ。子供の記憶力と年数に感覚とかちょっと不思議。久しぶりって感覚よりも知っている人が来て遊び相手になる、っていう判断があるよう。特に次女だけど。2014年の今年はアリが1か月、 そのあと、アメリカから高校生のニッキが7月から3週間弱。 7月下旬からボルトガルからマリアナが2週間。 彼女たちもインターンシップ。ニッキは建築事務所、マリアナは大学の獣医学科なので動物病院で。海外でインターンシップするって発想、私の頃にはなかったな~。皆、私と話をすることに加えて、子供たちのお世話役も率先してしてくれます。特に3歳の3女。 小2の次女は積極的によく話すしよく絡みます。小5の長女はあまり興味ないのか普段通りの生活で自然体。ゲストよりも自分の話を私に聞いてほしいという感じ。そのあたりは、ゲストも同じかな。年齢を重ねるほど話したい欲求が高いかも。

      4
      テーマ:
  • 19 Feb
    • フランス パリからホームステイ

      全然、日常のこと書いてないし。反省。 ああ、こんなこと記録しておこう、と思いつつ次の瞬間には別のこと考えていること多し。 仕事でも言ったそばから忘れていること多し。。(それも反省) さて、水曜日からのホームステイもあっと言う間に週末がすぎました。 我が家にステイ中のフランス人ヘンリクは、朝9時から17時くらいまで日本語の授業とアクティビティ。 お茶の水の明治大学まで通うので毎朝7時半に家を出ます。 朝は7時過ぎに一緒に朝食を食べて 夜は19時に一緒に夕飯を食べるので基本的に生活のリズムが同じペース。 こんな時は、特にハウスルールを説明する必要もない、と判断して 一切説明しません。(信頼の元に。。と言いつつ手間を省いてます) 初日、お迎えにいったときはなぜか渋谷から15分の東横線には乗らず JRで遠回りして40分かかってたどりつき大幅遅刻。 にもかかわらず、初対面でいいやつ!何なら電話越し、メール越しでいいやつ! と直感的に判断し、全然イライラしなかった。 時間にルーズなゲストは困る~とぶーぶー言ってた時期もあったけど 最近は、ルーズだから遅れるのか、どうしようもなく(迷ってしまって)遅れるのかは もはやすぐわかるようになってきた。 初対面で挨拶したあとに、すぐ子どもたちの目をまっすぐ見て挨拶。 そして、お名前は何ですか?とか何歳ですか? とか親しみを込めた笑顔で聞く20歳男子。えらいなあ。 小1の次女は隣の位置を確保し、並んで歩いたり、遊んだり。 子どもたちも直感で仲良くなれそうかどうかがわかるらしい。 彼からは大量のおみやげまでいただいた。 彼のご両親からのフランスワイン、家族皆へチョコレートとクッキー。 長女にはマグカップ、次女と3女にパリのTシャツ。 いただいたクッキーとチョコは「ラデュレ」のもので、 今パリでは日本人の女性にとっても人気のあるスイーツらしい。 パッケージがすごくおしゃれで可愛くて、もちろん美味しい! 子どもたちもたくさん食べてあっという間になくなりました。食べ損ねるとこだった。。 http://allabout.co.jp/gm/gc/377737/ 彼は日本食大好きらしく、焼き鳥、カレーライス、カツ丼などが好物。 だけど毎日19時すぎに私が帰宅するので、なかなかリクエストにおこたえできず 本日やっと朝のうちにカレーライスを準備して夕飯に出すと 「一番すきな日本の料理です」といって、2杯おかわりしていました。 それに便乗して、夫も2杯、長女は4杯おかわりしていましたが。。 夕飯後は、少しチョコを出して(フランス風にデザートはチョコです) そのあと、ヘンリクはパリにいるお姉さんとSkypeしていたので 挨拶させてもらいました。お姉さんも日本が大好きで今回の留学にも ついていきたい!と言っていたとか。 我が家に来る子たちで特徴的なのはよく家族とSkypeで話をしていること。 これって、海外に留学中だから特別なのかな? 日本人は、独身だとなかなか自分から親には電話しないし(少なくとも私は) 今でこそ子どもがいるので週1回は電話やSkypeで話をするけど 海外で1カ月ホームステイしたときも親が1,2回電話してきたくらいで 兄弟姉妹と連絡は皆無。仲は良いけどわざわざ電話して近況聞いたりはしないというか。 ともあれ、仲良しなのはほほえましいです。 娘たちもそんな風に連絡とりあってくれるといいな。。

      テーマ:
  • 14 Feb
    • ホームステイに対する家族の反応

      昨日からホームステイ開始。明治大学の日本語プログラムで二週間滞在するフランス パリ在住の20歳の男子です。ホームステイの斡旋はインターネットからの直接と、エージェント通しての両方受けていたけど、この三月でエージェントであるJTBホームステイが事業撤退するらしい。ホストファミリー探しで苦戦していたようです。五年間お疲れさまでした~。さて、そんなJTBホームステイからの最後の紹介となるのが今回の学生。我が家も次女が今年の四月から小学生になるし、長女も塾に通いはじめてるし、子ども部屋を留学生に貸している場合ではないかも。これを機にホストファミリーは長期休業しようと考えています。二月下旬からインターネットで直接連絡があったドイツの方を一ヶ月受け入れ予定なので、それが最後になりそう。そんな話を子どもたちにしていたら、「えー、続ければいいのに。」「部屋は大丈夫だよ。」とか言う。いつもは、ホームステイの学生がくるよ、と言うと「えー、またあー?!」とか言ってたくせに、いざ辞めるとなると残念らしい。特に昨年は留学生や旅行者がたくさんきて楽しかったよう。やはり大学との交換留学やら日本語プログラムの学生は礼義正しくスマートな子が多くて受け入れ側も楽しかった。日本語が少しだけ通じるのも嬉しいみたい。昨年夏に北京から来た萩ちゃんとはまた会いたいな、とかまだ大学学部留学中のフランスのトマと一緒にご飯食べたいな、とか言ってて、子どもたちもホストファミリーを楽しんでたことに安心。家族の理解あってのホストファミリーであるだけに、開始した2005年はここまで長く続けていけるとは思わなかった。そして、自分の興味と趣味でしていたのが子どもたちが異文化を受け入れ楽しむ気持ちが自然にできたのが嬉しい。子供たちは英会話は全くしないけど、いざ英語を勉強する時期になったときにその必要性について親が言わなくても感じてくれているのではと期待してます。日常の中で、私も子どもたちも感じることの多いホームステイ。最近あまりレポートを書いてなかったので、継続的にまとめておきます。

      2
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 中学受験-4年生12月

      長女のN塾通いはそろそろ1年。1年前の3年生2月から4年生前期くらいまでは半年間は続けるという予定で、塾と同じく週2回あるチアリーディングとの両立を懸念し、どちらかを、夏には辞めなきゃね。と話していた。しかし、夏の時点ではどちらも楽しく辞めたくない、両方できる、と長女。チアは選抜チームの補欠から繰り上がりでレギュラーメンバーになり、塾もクラス内で上位のときにもらえるノートをいただく、という体験もでき、モチベーションがあがっていた時期。週2回ずつで合計4回で忙しいかなと思いきや子供はどちらも好きなことなので楽しそう。お友達もいるし、頑張った成果が目に見えるようになっている。塾を開始した当初の半年くらい(小4の前期)こそ宿題のチェックやわからないところを教えるなど、親の関与がやや必要だったけど、半年もすると、自分でスケジュール組んでこなせるようになってきた。ということで、中学受験を考えずにはじめた塾だったけど1年続けて調子が出てきた最中に、新五年生の塾のカリキュラムが発表。曜日がチアと重なるのでどちらかを選択せざるをえなくなった。1ヶ月考えた結果、長女は塾に決めた。チアを続けたいのであれば、曜日が重ならない別のチームに入るという選択肢もあったが、そうすると徒歩5分の場所から電車で2駅くらいの場所に通うことになり、友達もいないし、など環境が変わるのでそこまでしてチアのみを続けたいわけではないらしく。また、塾も曜日が重ならない別の塾へ転塾という選択肢も、ムリという。ただ、チアや塾をする、というだけではなく今のチアのチーム、今の塾のクラス(と先生や友達)が良いらしい。そのうえで、2年後の6年生卒業時点でどうなっていたいか。をしっかり選ぶようにと言った。 チアは私立中学に行けばできること。中学受験は学校を選ばなければ、地元の公立にいく。という選択肢もある。だけど、6年間通う中高を選びたい、今は選べる環境にある、という事実からチャレンジしたいと感じたらしい。塾の勉強は深い。私は中学受験をしなかったので高校受験でヒーヒーしてたけど中学で勉強するような内容を塾で習っている。それを楽しいと感じられることは塾の先生にはありがたや~という思い。また、自ら勉強していることに対して自分自身にも自信が芽生えているし同じように勉強を頑張っている周りにも影響を受けている様子。学校ではあまりしないような時事ニュースなどの話題や勉強の点数、順位、良かった、悪かったなどをざっくばらんに話せる塾の環境にも刺激を受けているよう。やはり噂にたがわず、中学受験塾の引力は強力で、興味がなかった私のような親でさえ惹かれるものがある。あと二年かあ。。そろそろ親も本腰いれて体制整える時がきたな。と感じています。

      テーマ:
  • 11 Dec
    • フランス トゥルーズからホームステイ中

      ただいま、中国の南京出身でフランスのトゥルーズの大学生 ルイを受け入れ中。以前からホームステイWeb経由でオファーありつつ、9月に予定していたものの、私の仕事で週末出勤やら旅行やら子供の行事やらで忙しく、延期してくれ!と申してで快くオッケーしてくれた。申し訳なし。慶応ビジネススクールに通う留学生で9月から日吉の寮に滞在。12月から約2週間、日本家庭を体験したいとのことで、寮からお引越し。寮まで車でお迎えに行き、お友達の男子学生も荷物運びを手伝ってくれました。ちなみに11月はアメリカから空軍出身の黒人ルイスが滞在し、巨漢のおっさん33歳だったもんで、今回のルイは若くて可愛くてそのギャップに家族で少しビックリ。見た目がAKBの松井珠理奈に似ている、と長女と次女はいう。優しくてキャピってて可愛いので、子供たちにも大人気。ほとんど日本語は話せないけど、そんなこと一向に関係ない。子供が仲良くなるには言葉が通じるかどうかは無関係とわかっていたけど改めて実感しました。料理のお手伝いで、唐揚げをあげてくれたり、お茶を入れてくれたり、よく気が利くし働く。子供とも臆せず話をしたり、あまり英語が通じない夫にも英語で質問したり。忙しくて殺伐としていた(私だけ?)我が家にホンワカした空気が漂っています。今年の受け入れはメンズが続いていたので、やはり女の子は良いですな。可愛くて。私まで癒されています。

      テーマ:
  • 07 Feb
    • 中学受験-3年生2月

      3年生の12月から一人でお留守番するのが怖いと言い出した長女。それまでもしばしば言っていたけれど、学童もあったしめったに一人になることはなかった。 小3にもなると学童にいっても低学年ばかりでつまらないらしく、学童には行きたくない、かといって家で一人でお留守番するのは怖い。。どうすればいいの~と困っていた。その結果、毎日お友達を家に呼んで遊ぶことに。お友達がいてくれるときは良いが、お友達も平日習い事している子が多く いよいよ学童のかわりに何か平日の習い事を探すことになった。 公文は週2回あるが今更だし。。英語は週1回30分程度しかないしスイミングはすでに土曜日に通っていて平日に変えたとしても、そろそろやめる時期だし。。それで、友達が何人か受けていた塾の無料テストを受けてみたら 意外と成績よくて、ちょっとその気になってしまった。 学校のテストとはまったく異なるテスト形式。 小学校のテストは授業でやったこと、教科書に書いてあること、中心だけど 塾は初見で問題を解く形。それが、けっこう楽しめたらしい。 ちょうど、水金の週2回クラス、かつ16時50分から19時20分ということで 放課後の時間を効率的に使える。19時前に次女と3女を保育園にお迎えに行き、そのまま駅前の塾にお迎えにいけるというスケジュールもちょうどよい。ということで、1月中旬に試験を受けてから1週間たらずで塾通いが決定。 月 チアリーディング 火 友達と遊ぶ 水 塾 木 友達と遊ぶ 金 塾 というバランスのよい生活にできそう。 ちなみに、土曜日は体操とプールをしているけど 体操もプールも一通りできるようになったし、3年生で卒業予。金銭的にもね。。 そんなこんなで軽い気持ちで通うことに決めたのだけど 電話で申し込みすませてから週末の説明会と教科書受け取りにいってびっくり。 4教科の教科書が大きい。たんまりある。重すぎる。 説明会でも、中学受験のことを説明されたり 家庭学習のことも指導された。 小学校の塾は、中学受験なんだな、ということをあまり認識してなかった。。 ちょっと習い事のつもりではじめたけど位置づけは「受験」。 中学受験については考えてなかっただけに焦って首都圏の学校を 調べてみたりして。 (今更。。)水金の週2回と思いきや 月に2回程度、土曜日に模試や復習テストがあったりする。 ついでに春講習も必須。5日間通うことになる。 そして、そんなにみっちりと分厚い教科書するためには きちんとスケジュール管理を親がする必要があるのだ。 むむ。全然自信ない。 さっそく今日から塾だったのだけど 塾用のノートを準備するのを忘れていたり。 雪の予報だったので塾の開講についてはお友達のママさんが心配して連絡をくれたり。 などなど、初日からまったく何もフォローできず。 ただ、初日の授業はとても楽しかったらしい。よかった。 各教科のプロの先生が教えているようで、楽しく面白い授業だったと。 同じ学校のお友達も何人かいるらしく、安心。 長女の頑張りを支えられるように私も頑張らないとな。

      テーマ:
  • 14 May
    • 旅の力

      カンブリア宮殿の書籍「そして 消費者 だけが残った」 村上龍より。 JTBの田川社長の言葉。 「旅には5つの力があると思うん出す。「交流する力」「文化を創り出す力」「癒されたり健康を増進したりする力」 そして、「教育」、これは「人とのふれあいの中で新しい体験をして学習するという力」 最後は、「経済」。地域に人がたくさん来て、長く滞在すると、たくさん消費します。それによって経済が活性化するという力です。」 旅は非日常だから好き、パワーをもらえるから好き、新しい価値観があり、いつでも発見と驚きがあるから好き。 旅好きの理由はたくさんあって、自分でも整理できていなかったけど この旅の5つの力を読んで、ひかれる理由がわかった。 また、旅は自分が見て、自分も見られる行為、という点もストンときた。 子連れではなかなか自由に旅に出かけることができないが、ホストファミリーをすることで 旅している方との「交流」「文化に触れる」「健康増進のパワー」をもらうことができる。 また、子どもが小学生に入り、「教育」的な面についても少し意識をし始めている。 これまでは自分のためにホストファミリーをしてきたが、最近は子どもにとっても 良い影響があるかもしれないと、やっと思えるようになった。 これは、新しい人と触れ合うことが日常の中に存在すること、まったく異なった文化や背景を持つ方と 交流し、理解しあい、リスペクトしあうことで関係が深まること、などを大人である親が身近に見せることによって より異文化交流のお手本を少しでも感じることができるかな、と期待している。 ホストファミリーをしていると、新しい体験がたくさんある。 同じ国でも1人1人違うので、毎回その方とたくさん話して、自分もたくさんさらけ出る。 肉体的にも精神的にもすごくパワーがいるけど、その分楽しい発見も驚きもあって面白い。 学習する力、ただ学校で教えてもらうことだけではなく、そういうことだと思う。

      2
      テーマ:
  • 26 Feb
    • ホームステイでのトラブル

      ホームステイ歴は2005年から。かれこれ丸6年、もう7年になろうとしている。 我が家のこれまでのゲスト受け入れは30人くらい。 ホームステイでのトラブルで最も多いのは 1.時間 2.食事 3.音 と言われている。(ネット調べ。。) 時間はお風呂の時間、食事の時間、門限など。 食事は、食事が少ない、合わない、朝はヨーグルトしかない(アメリカなどのケース)、家族と違う。 音はドアを閉める音やSkypeの話声を注意される、ホストファミリーのTVの音がでかすぎて勉強できない。など。 通常、ネットに掲載されているのはホームステイしている学生側の相談がほとんど。 その場合、答える側は、 ホストファミリーには当たり外れがあるからしょうがない。 食事はアメリカだと朝はヨーグルトだけ、などもあるからしょうがない。 まずはファミリーに相談して、希望を伝えた方がよい。 それでもいやだったらホストチェンジをしたほうがよい。 などなどでした。 このような相談、トラブルは、お互いに理由があるので コミュニケーション不足によって引き起こされることも多々あり(通常の人間関係と同じですね) 話し合うことで解決されることも多い。 そう、ホストファミリー側にも言い分があるってこと。 だけど、日本でのホストファミリーをしているケースは少ないし どんな家庭でもなろうと思えばすることができるので、ルールとか、決まりは特になくて 自分たちで考えながら自分の家庭なりのルールを作っていくことになる。 我が家も初めてのときは、やっぱり色々相談されて色々協力した。 友人だったこともあるけど 相撲がみたい → 場所をやっていなかったので、相撲部屋に電話して朝稽古を見学 野球がみたい → 東京ドームの当日券を購入し、1時間程度雰囲気を体験 日本科学未来館へいってみたい → 初めていってみる。車でお台場へ。 歌舞伎がみたい → 歌舞伎の当日券を購入し、1幕のみ鑑賞。 富士山に登りたい → 6月だったのでまだ山開き前。富士山の見える山中湖に泊まり、5合目まで車でドライブ。 などなど。色々やったな~。ほとんど夫がアテンドしてくれたのだけど。。 しかも、それらは全部私たちにとっても初体験で、すごく楽しかった。 それから、ホストファミリーって楽しい!となって 友人の紹介ベースに受け入れを始めていったのでした。 時間にルーズなのは本当にたくさんいるから比較的慣れた。 ハウスルールは2,3年前から作成。 初日に説明する内容はみんな同じなので、手間が省けるようになった。 お風呂、食事の時間は決まってる。 お風呂は、私たちが洗面所やお風呂を使用する夜1時間半と、朝1時間半以外ならいつでもOK。 洗濯、掃除は自分でしてもらう。 私は仕事でも家庭でもあまり怒ったりしないけど ホストファミリーをしている間は、怒ることがある。 外国人相手だから、はっきり伝えなきゃいけない、という点と 怒ったところで、その後の関係に響く(ぎくしゃくする)という日本人同士にありがちな点が あまりないので気楽に怒れる(注意する)ということがある。 今までに注意したケースは 1.夕食の時間に連絡なしで遅れる。 2.Wifiがつながらず、無断でLAN線をぬいて、自分のPCにつなぐ  (このケースがあったので、無線LANをひくことにした) 3.手伝いが下手。またはやったことがないからやり方を知らない。  なんでも教えてくれ、など聞きにきて自分で考えない。  または、何度も同じことを聞く。 それくらいです。 上記以外に怒られる人は過去に30名中、2名。 もう、相性が悪かった、というしかない。 2人とも要領が悪くて、お手伝いが下手。 ついうっかり、トイレの水を出しっぱなしにする。それも3回くらい。 ついうっかり、リビングのドアをあけっぱなしにする。何度も。何度も。 手伝いをしているつもりが、邪魔になっている。(子どものほうがマシ) 指示されないと、お手伝いのやり方がわからない。お箸やお皿を並べたり、などを これまでやったことがないから、何が正解なのかわからず、すべて教えなければいけない。 などなど。 でした。 これ、今受け入れ中なんですが どうしよーか考え中。

      15
      テーマ:
  • 28 Dec
    • ホームステイとホームビジット

      2004年から続いているホストファミリー。 今年は3月に震災があったこともあり、そして子供が3人に増えて部屋が手狭になったこともあり 受け入れは3組でした。 1組目は震災前の2月。ベルギー人カップル2週間。 2組目は9月。友人家族3名。ロシア人と日本人と、赤ちゃん。 3組目は10月。初めてカウチサーフィン経由で無料で2週間。シンガポール人。時々彼のポーランド人も。 たった3組ですが皆とってもいい人(2組目の友人はもう常連ですが)で やっぱり楽しかったし、印象に残っていることたくさんあります。 ベルギー人夫婦は来日3回目。1回目でかなり気に入り、2回目は新婚旅行で日本を選んでくれてしかも1カ月周遊。 そして今回は3回目で彼の誕生日に彼女がプレゼントしてくれたとかー。 そして初のホームステイだとか。もっと色々おもてなししてあげればよかったなーとも思います。 一緒に誕生日はお祝いし、ヒレかつを作りケーキを焼いて、プレゼントにビールカップをあげました。 ニュースでやっていたビールサーバをほしがっていましたが販売は3ヶ月後。 がっくり~って感じだったので、販売後に購入して空輸でプレゼントしました。 おもちゃみたいなタカラトミーのビールサーバですが、とっても喜んでくれて私もうれしかったっす。 3組目のシンガポールの女の子は日本好き。もともとポーランド人の彼がこっちに企業研修できているので 追っかけてきて、アパートを探すまでの間に無償で泊めてあげました。 無償なのでご飯もなし。自由。ってのがなかなか良かった。夫は位置づけがよくわからん、と最後まで反対モードだったけど。それでも毎日洗濯ものをたたんでくれたり、掃除してくれたりととっても助かりました。 めっちゃアンジェラアキやら日本の歌が好きで、子供たちと一緒にYOUTUBE見ながら 大音量で歌ってて、カラオケか?!ってつっこみたくなったけど。 楽しそうに過ごしてくれてよかった。 最後はディナーを家で食べて、ポーランド料理のカツレツも作ってくれました。 他に、ホームビジットプログラムに参加してみたり HomestayBooking(まだ未登録)の仕組みをチェックしたり。 どんな感じでホームステイしていこうか、まだ決めてはいないけど 引き続き、来年も受け入れはおこなっていきたいです。 部屋がないけどねー。あは。2段ベッドのある子供部屋でなんとか頑張ってもらいます。

      1
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 働く母に必要な道具類

      勝間和代さんの3ルールってのがあります。 1.余計な仕事はしない  ・ゼロに勝るスピードはない  ・どこまでの完成度を求めているか 2.得意技をやる  ・専門外は思い切って任せる  ・すぐ動く人の周りにはすぐ動く人を集める 3.道具に金をおしむな  ・人間の能力のスピードと機械の能力のスピードは違う 仕事をする上でも、働きながら家事育児をする上でも、時間の節約と効率化は常に求められています。 なんでもかんでも効率化!とはいいません。家事を効率化した分、効率化が不可能な子育ての時間を捻出することができるのです。 ということで、我が家には7年前に食洗機、3年前に洗濯乾燥機を購入。 これで、食事の後片付けと、洗濯物干しの時間がかなり短縮。 さらに、今年の4月、ロボット掃除機のルンバを購入しました。 会社のママ友 二人から1年前から勧められていたのですが、うちには七年ものの掃除機があるし、高いしと二の足を踏んでいました。 仕事復帰に備えて、家事のストレスが一つ減るよ、と友人に言われ夫に相談し口コミなどもチェックし即決。 3つタイプがあり 1.ただ掃除してくれ、終わったらその場で力尽きるタイプ。5万円。 2.掃除がすんだら自分で充電器まで戻り、部屋を覚え効率的に掃除する学習タイプ。7万円。 3.ボタンを押さなくてもスケジュールにそって決まった時間に毎日掃除してくれる計画性もあるタイプ。8万円。 1番安いので十分だったのですが、ベッドの下で力尽きたらやっかいなので、2の中くらいのタイプにしました。 早速掃除していただくためにお部屋を片付け、部屋中掃除開始。 結構同じ場所を何回も回ったり、ガンガン家具にぶつかったりもする強引さもあるのですが、一心不乱に1時間掃除しまくります。 キッチンにいると何時の間にか潜入してきて、どいて。と言わんばかりに床掃除。 薄いキッチンマットはめくってくしゃっとしちゃいますが、まあご愛嬌。絨毯はめくらず乗り越えて掃除できます。 廊下やベッド下もしてくれ、1時間。 終わったら床がピカピカになってました! ホコリや細かいじゃりじゃりも隅から隅まできれ~いにしてくれました! これは自分で掃除機かけてもこうはなりません。 そもそも1時間もかけないし。 電気代も通常の掃除機より安く一回一円。 期待以上の働きをしてくれたルンバくん。 年中裸足の夫と子どもたちには、すこぶる快適なようです。 これからはルンバが掃除しやすいように、片付けとこうね、と夫と約束。 常に片付けようと思えるのもいい効果かもしれません。

      テーマ:
    • 読売こども新聞

      幼いころ短い期間ですが朝日小学生新聞をとっていた時期がありました。 記事を読んでた記憶はないけど、料理コーナーやみんなの投稿が好きでした。 たまに夕飯の手伝いで一品作り、親が喜んでくれたのを覚えています。 いま、孫に新聞を届けよう!というコンセプトで売ってるのが、 読売こども新聞。 小学四年生の甥に、うちの母が申し込むというのでついでに琴にも送ってくれることになりました。 週一回、月四回。月約500円。 カラー紙面で内容もニュースやロボット、ファッション、漢検、英語など盛りだくさん。 早速昨日とどきました。ビニールにはいって、○○さんへ。△さんから。と、祖父母から孫へのプレゼント感がでています。 一面はウナギの生産量が落ちている、という話。土用の丑の日が近いからでしょう。日本でうまれ、台湾で育ち。。とウナギの一生が説明されていました。 琴は最初1人で読んでいましたが、やっぱりわからないところが多く、何かと質問してきました。 内容も科学関連が結構ある。 理科は三年生からなので、まだピンとこなかったり、興味がなさそうな記事も。 祖父母からなので、赤ちゃんがぐしゃぐしゃにしようとすると、ダメだよー、と即座に片付けていました。 新聞を読んでみる習慣はできそうですが、内容がまだまだ早すぎるので四年生くらいからがよさそうです。 六ヶ月契約をしてしまったので、当分は私も一緒に読むことになりそうです。

      テーマ:

プロフィール

tomo

自己紹介:
Web関連・旅行関連で働く現在5児の母。第1子が1歳のときからホストファミリーもしていますが、家族が...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 7

読者になる

お気に入りブログ

旧ランキング

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。