紅韵・金駿眉

テーマ:
今日は昼前からスーツを作りに台東まで行っていました。


中国人のお友達がいてくれると細かなことや値切りの際にとても心強い♫


その後お昼に三合园で水餃子を食べ、天福で以前確か友人の付き添いで試飲していたこちらのお茶を買って帰宅。




武夷山の紅茶、海抜1000m以上の茶畑のものだということ。


醇(芳醇)かつ爽(きりり)。
甘さは控えめでお味はそれほど好みではありませんが、茶杯に残る香りがよかったです。









夜のお茶は金骏眉と言われて売られていたお茶。
値段的にまず無いのです。


先の天福のお茶は、"正山小种ある?"と聞いたら出されたもの。

缶には、そんなことひと言も書いてませんヨ。"外山?正山?"とまで聞くも"正山よ"と。

福建省のお茶だから、正山小种とか金骏眉だと名乗っちゃう。
むしろ、天福は武夷山であるけれどあえてそうは言ってないところ(そもそも茶葉を見たらすぐわかります)が、かえってよかったのに、店員さんてば。

ネットを見れば、銘柄の袋(生産許可証つき)や缶なんて、簡単にわんさと手に入るんだとわかります。

誠実に作って販売して、歴史ある中国茶に誇りを持ってその良さを世界に広めてほしいなぁ…。
まだまだまだまだ私自身勉強です。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
AD
インスタに随時記していた日曜の記録を…


浙江省の桂花龍井。
お昼ごはんに合わせました。


ただいま春休みの旅行計画中。
我が家は、チケットやホテル、どこに行くかは家族の好みに合わせて、私が計画を立てます。

中国に住んでいるせいで、あんなに憧れていた台湾ですが、調べる程に異国感が少ないため、なかなかエンジンがかかりません…^^;

絶対オシャレだし、お茶美味しいだろうことも分かつているのに。

モロッコのリヤドとか、東南アジアの熱帯雨林を一望するホテルとか、ひたすらネットサーフィン。見てるだけで、ここじゃないとこへ脳内トリップ。見るのはタダよ…。


お金と時間がいっぱいあれば、もう一度行きたいのは一年前に行ったスリランカなのですが。

先日入手したミルキーピーチなの?という香りが濃厚な金萱乌龙を淹れて、一度リセットします。



デイリーにつけている小さなネックレスが見当たらないことを発端に、午前中大掃除→全部ずれ込んで、午後のお茶は5時過ぎに…。
ネックレスも見つかり、お部屋もさっぱり綺麗になりました。


遅めのお茶は台湾の金萱乌龙。
奶香(ミルクの香り)と形容される金萱乌龙ですが、奶香かつ桃のような甘い香りが、こちらにはあります。


お茶請けは要らないほどです。

こちらを飲んだら、夕食は火鍋を食べに出かけます。


海口路の銅鍋の火鍋屋さん"東镇"。


炭なんですね。すごい火力でした。
四川よりもサラサラした油のない麻辣スープ。
さらさら食べられるし羊肉も牛肉も美味しかったです。
古い景徳鎮の陶器を模した器でした。ビールも陶器で…。


店内の銅像がつっこみどころが満載でしたよ...


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
AD

週末のお茶

テーマ:

金曜日のおやつには、崂山緑茶とならぶ山東省青島の特産、崂山紅茶。


しっかりとしたパンチのあるお味だから、チョコにも負けないかな?と娘達がスーパーで、きゃっきゃきゃっきゃ言いながら選んでいた明治THEチョコレートを。


お茶は、やっぱり心と身体を解きほぐしてくれますね。



今日の午後のおやつには、いつもの雲南野生紅茶♫
お茶菓子は今日も明治のチョコのフランボワーズ味。

 




昨日、いつもの景徳鎮のお店から新しい蓋碗が届きました。


気品のある佇まい♡とても気に入りました。





我が家の茶器と組み合わせて遊んでいました。
来週から、中国茶体験&家庭文庫も久しぶりに再開。
来月は、室内野点の茶会イベントも行います。

何かと慌ただしい年度末ですが、お茶とお茶を囲んでの皆さんとの楽しい時間に癒されチューニングしながら、ひとつひとつを大切に、と思います!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
AD