サンドアート・kisatoの砂世界

サンドアートパフォーマーのkisatoです。
下から光を当てたガラス板の上の砂で
道具を使わず、指・爪だけで絵や物語描いてます。
kisatoのサンドアート教室主宰/河口湖オルゴールの森サンドアート監修/三喜産業㈱で絵硝子装飾


テーマ:

 

Twitterでも地味にフォロワーさんが増えてるのと、

先日のデザフェスではピノキオの砂物語が思った以上に反応があったので、

ちょっと自分のサンドアートについて書きたいと思います。

配布していた自己紹介チラシに書いてることとなるべく被らないように書きます(笑)

 

サンドアート、知ってもらうだけじゃなくて、やる人の人口も増やしたいんです。

「え?ライバル増えちゃうじゃん!」と思った人は多分自分がよければいいタイプ。

人口を増やすことでいい意味で競争社会になります。追いかけて、追いかけられたほうが結果としてレベルの底上げにつながります。サンドパフォーマンスの価値作りにも繋がる。後世のサンドパフォーマーが食えるように後押しができる。そうすればサンドアートパフォーマンスはきっと繁栄していく。

 

日本でプロのサンドアートパフォーマーが出始めたのは2012年からです。

その前からサンドパフォーマンスをしてる人は僅かにいたけど、表立った活動はしていないのでノーカン。私が知る限りでは現在、ソロのプロのサンドパフォーマーは日本では10人もいないし、グループでやってるところを含めても20人いない(過去にやっていて今やってない人はノーカン)

 

すごく少ないでしょう?しかもその中で一般の人に教えてるパフォーマーはごくわずか・・・

(そして教えてる実績が一番あるのは間違いなく私(笑)あ、ワークショップだったら飯面さんかな~)

 

そういうわけで今現役でやっている私たちがサンドアートパフォーマンスの礎を作らなきゃいけないと、私が勝手に思ってます。ほかのパフォーマーの考えは知らないけど・・・

 

人生に悲観的だった私がサンドアートパフォーマンスに出会い、生き方を教えられた。

砂で表現することを通して時間と命の尊さを学んだ。

なので後世の人にも「サンドパフォーマー」という生き方、選択肢を築いて残してあげたいんですよ。

 

私が砂で描く上で目指しているのは、「見た人の心に残る作品」です。

作品自体は、残らないから。

 

私が砂描画で表現したいのは、尊いと思った一瞬や、景色や、思い出といったノスタルジックなものです。作品を見てくれた人に何か大切なことを思い出してもらえたら光栄です。

そして私がこだわっている描き方は、道具に頼らず、素手のみで描くこと。

どんなに細やかな絵も、指と爪だけを駆使して描く。

「道具を使わなくても人の手だけでここまで表現できるんだよ!」と、

砂表現の可能性を自分のパフォーマンスで証明していきたい。

(念のため言っておきますが、ピックなどの道具を使う人を否定しているわけではありません。あくまで自分流の話をしています。)

 

 

私が砂物語で心がけているのは、「わかりやすい表現」です。

砂物語はナレーションありきでパフォーマンスしません。描く順番、描くもの、あえて描かないもの全ての表現に意味合いを持たせて構成しています。なるべくわかりやすい展開や絵にして見る人が砂物語の世界に入り込める余地を作るようにしています。

童話などに元に作った砂物語に関しては、原作に敬意をもって制作しています。

原作を知っている人には懐かしんでもらえたらいいですし、知らなかった人には砂物語を通して原作に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

私がサンドアーティストとして生きていこうと決めたのは「サンドアートを普及させたい」からです。いつも、自分が何をしたら少しでも早く多くの人に知ってもらえるか模索してます。

去年の小林舞香さんとのコラボをきっかけにそれから模写に力を入れていて、観察力と模写力を上げて幅広い表現ができるように精進しています。模写力があれば別の作家さんとのコラボができるようになるし、コラボができれば自分のファンだけでなく、一緒にコラボする作家さんのファンの方々にも知ってもらえるので、サンドアートを広めたい私にはコラボできることが一番効率がいい。なので一緒にコラボしてくれる作家さんに恥をかかせないクオリティを心がけています。

 

他の作家さんとのコラボもしたいけど、私が個人的に創作したいものもたくさんあるので、本当、体と時間が足りないっていつも思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

kisatoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。