1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-27 12:01:33

地下鉄建設現場近くの地面が大陥没 開業予定は6月30日=吉林省長春

テーマ:爆発・それっ

吉林省長春市で26日午前1時ごろ、道路の大規模な陥没が発生した。現場は6月30日開業予定の同市地下鉄1号線の駅近く。同市市政設備維護センター道路部などが状況や原因の調査を始めた。

陥没部分は約350平方メートルで深さは2メートルほど。地下にはガス管、電力ケーブル、通信ケーブルなどが通っているが、同日午前7時半までにはすべて遮断されたのでガス爆発などの恐れはなくなったという。

同市で地下鉄などの建設や運営を行う軌道交通集団も調査に着手した。地下鉄1号線が予定通り6月30日に開業できるかどうかは不明。

同陥没で死傷者は出なかった。(編集担当:如月隼人)


【関連】
地下鉄建設、トンネル掘っていたら地面陥没・建物倒壊  工事開始以来7回目=広東
深センで「絶え間なく」続く陥没事故、市政府ある福田区だけでも今年になってから100回超

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-27 11:20:48

大陸で身柄拘束された台湾人・李明哲さん、「国家政権転覆罪」で逮捕と判明 最高刑は死刑

テーマ:台湾・香港・マカオ

中国政府で台湾関連業務を行う国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は26日、3月19日に大陸を訪れて以来、行方不明になっていた台湾人の李明哲さんについて、「転覆国家政権罪(国家政権転覆罪)」の疑いで湖南省の安全機関が逮捕したと発表した。

安報道官は事件の経緯について「李明哲は2012年以来、頻繁に大陸に入って活動した。大陸の関連人員と結託し行動綱領を制定し、非合法組織を設立し、わが国家政権を転覆する活動を画策・実行した。国家安全機関は3月19日、大陸に入り活動した李明哲に対して強制措置をとった。訊問の結果、李明哲らは国家の安全に危害をもたらす活動に従事していたと自供したため、司法機関が法に基づいて処理することになる」と述べた。

国家政権転覆罪は中華人民共和国刑法第105条に定めがある。対象となるのは「国家政権の転覆を組織・画策・実施し社会主義制度を覆そうとする行為」だ。「転覆」については「違法な手段で国家の現政権を覆すまたは簒奪すること」であり「国家の現政権」とは「各級権力機関、司法機関、軍事機関、中央政府と地方政府」などすべてを指すと解釈されている。

処罰について刑法第105条としては「主要者または罪の大きい者は無期懲役または10年以上の有期懲役」などと定めているが、刑法第113条では刑法第105条を含む国家安全に関連するいくつかの条文に該当する犯罪行為について改めて「国家と人民に対する危害が特別に厳重であり状況が特別に悪劣な場合には死刑判決が認められる」と定めている。

李明哲さんは台湾・民進党の元職員で人権問題を扱う非政府組織(NGO)スタッフ。3月19日にマカオ経由で中国大陸に行ったが、行方が分からなくなっていた。国台弁は3月29日時点で李さんについて「国家の安全に危害を加える活動をした疑いが持たれている」と説明していた。

李明哲さんは台北市生まれ。戦後になり中国大陸から台湾に来た親を持つ「外省人第二代」に属するとされる。台湾政界では中国大陸との統一派に分類される新党に参加して政治活動をしたこともある。独立志向の民進党には「党職員」の立場でかかわった。

中国大陸における人権問題や民主化に関心を持ち、大陸部における組織や活動家を支援。人権や政治史にを扱う書籍を寄贈する活動も続けていた。

中国当局は26日の国台弁・安峰山報道官が李明哲さんの逮捕と容疑について明らかにしたが、李さんと接触した大陸側の「関連人員」については明らかにしていない。逮捕などの処置を取ったかどうかも不明。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
中国当局が入国した台湾・民進党の元職員の身柄を拘束
台湾チームの呼称を「中華台北」から「中国台北」に変更、中国政府「原則を適用したまで」

AD
2017-05-26 18:10:41

内モンゴルの元警察トップに死刑を執行 愛人女性を射殺、背景に汚職問題

テーマ:社会

新華社は26日、故意殺人や収賄、銃砲弾薬不法所持、爆発物違法所持などで死刑が確定した内モンゴル自治区公安庁の趙黎平元庁長に対する死刑が同日午前に執行されたと報じた。公安庁庁長は同自治区警察のトップ。

趙死刑囚は1970年代以来、内モンゴル自治区で警察畑を歩み2005年3月から12年まで自治区公安庁庁長を務めた。同自治区では草原地帯に点在して暮らす牧畜民が犯罪に巻き込まれた場合、警察の対応が遅い問題があったが、趙死刑囚は「難度が低い犯罪は1週間内、中程度なら2週間内、難しい犯罪でも4週間内に解決」との数値目標を掲げて成果を上げた。牧畜民家庭に専用無線機を配布し、24時間体制で警察が対応する「草原110」のシステムを構築するなどの功績もあった。

しかし一方では、つながりを持つ犯罪集団の活動を許したり、事件解決のスピードアップのキャンペーン中に、強姦殺人事件の遺体の第一発見者を犯人と誤認する問題も起こした。同は冤罪による死刑が執行された後に、別の殺人で逮捕された容疑者が自分の犯行と供述したことがきっかけで全容が判明した。

趙死刑囚は公安庁庁長退任後、内モンゴル自治区政府副主席や自治区政治協商会議副主席を務め、2013年11月に定年退職した。

趙死刑囚は2015年3月午後9時半ごろ、自治区赤峰市(モンゴル語地名はオラーン・ハダー)で愛人女性を人通りの少ない住宅地に呼び、射殺した。最初の銃撃で女性は負傷したが逃げ、警察に通報した。その後、趙死刑囚が女性を見つけ、頭部を銃撃して殺害した。

被害者が通報していたこともあり、趙死刑囚は犯行後約26時間で警察に身柄を拘束された。自らが力を入れた捜査のスピード化が事件の早期解決に役立つ皮肉な結果になった。

取り調べや裁判の過程で、趙死刑囚が公安庁庁長に在職中の2008年から2010年の間に、自らの地位を利用して他者の企業経営や幹部選抜に便宜を図り、2368万元(約〓円)相当の利益を得ていたことが分かった。

一審の山西省太原市人民法院(地裁)は故意殺人に対しては死刑、収賄については懲役15年の判決を言い渡した。趙死刑囚は太原市中級人民法院(高裁)に控訴したが、同法院も一審を支持した。中国は二審制で判決は確定したが、死刑執行は最高人民法院(最高裁)の許可を必要とする。最高人民法院が裁判などの過程を検査し最近になって死刑執行を許可したという。
-----------------------
◆解説◆
中国の汚職官僚は、仕事面でも大きな業績を上げると同時に臆面なく悪事に邁進する場合が多い。愛人を持つ場合も多い。評価された仕事で地位を向上させ、地位を利用して汚職に励み、不正にえた莫大な金で場合によっては複数の愛人を持つというパターンだ。

これまでに、愛人が自分の処遇に不満を持つようになり当局に汚職を告発するケースがしばしば発生している。趙死刑囚も愛人との関係が悪化し、愛人が当局に告発すると言い出したために殺害したとの見方がある。(編集担当:如月隼人)


【関連】
警察に証明取りに行ったら「あなたは有罪確定で死刑執行済です」と言われる、身に覚えのない男性が困惑
詐欺集団を大量検挙、被害者の官僚も「汚職していた」と分かり逮捕=中国

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。