1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-06 23:12:20

雑感:仕事における「勲章」ということ

テーマ:ブログ

まあ、人というものは、ある程度の教育/訓練期間を経たのちに、「仕事」なるものに従事するのですよね。生活の糧を得るためという大目的がありますが、仕事を通じて社会とかかわるという人の生き方の根幹を実現することになります。


仕事をしていれば「なかなか、ない」というファインプレーをすることがあるかもしれない。周囲から称賛される。ただ、それほど目立たない、というか他人はほとんど記憶にもとどめない「自分だけが知るファインプレー」もあると思うのですよ。


本日はなんか、ぼやぁっと考えていて、思い出したことがあります。大昔になりますが、私が音楽関係の仕事を、それなりにしていた時期のことです。


中国人のソプラノ歌手が、日本のレコード会社でCDを制作することになった。私も呼ばれて、録音現場にいた。もとの楽譜では、中国の民族楽器のアンサンブルの伴奏でしたが、その録音ではピアノ伴奏にアレンジされていた。


スタジオの調整室にいて、ガラス越しに演奏の様子を見ながら、スピーカーから流れる音を聞いていた。と、ピアノが妙な音を出した。あれれ? と思いました。


とりあえず、その曲の演奏終了を待って、ピアノのところに駆け寄って、楽譜を確認しました。ピアノ奏者のミスではない。楽譜の通りに演奏していた。


でも、この音で本当か、と思いました。そこで、プロデューサーに対して、楽譜の確認を申し出ました。要するに原譜として渡されている、アンサンブルの楽譜と、アレンジしたピアノ伴奏譜の照合です。調べた結果、アレンジのミスが分かった。


ト音記号とヘ音記号の勘違いでした。音程にして3度の違いですから、まあ、大丈夫と言えば大丈夫。協和音が不協和音になったりはしません。ただ、和音の感覚が強い人は「あれ?」と思うかもしれない。


私は、中国音楽を勉強していましたし、中国伝統音楽だけでなく、それを現代的にアレンジする流儀についても調べていた。だから、「あれや? 伝統音楽を西洋音楽の方法を取り入れて編曲したとしても、この和音を使うわけないだろ」と直感した。


まあ、自画自賛になってしまいますが、リスクを承知で録音ストップを中断したことで、分かる人には分かってしまう、みっともないCDを世に出すことを食い止めることはできた。まあ、仕事における自分自身が誇りに思う勲章とは、こういうことなんでしょうねえ。

 

わずかではありますけど、私も経験があるということです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 22:08:08

日本に経済制裁? 中国にそんなことができる能力はない=中国報道

テーマ:ブログ

日本に経済制裁? 中国にそんなことができる能力はない=中国報道

 

中国については、おどろいてしまうほど「極端な愛国論調」が出ることもあるのですが、

一方では、こういう冷静な分析意見も発表される。このあたりが、中国の「懐の深さ」と言えるかもしれない(逆に言えば、中国が「懐の深さ」を示せない分野はなにか、と分析することは、極めて興味深い)。

 

中国の「懐の深さ」の理由は、「歴史的に裏付けられている(と彼らが信じる)、中国のスゴさ」だと思っています。要するに、心の余裕が残っているから、自らの弱点を直視しやすいということです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-12-05 22:13:12

今日のトランプ君:中国問題で吠える「奴らの思い通りにはさせねえ!」

テーマ:政治・軍事

https://matome.naver.jp/odai/2147869783009577601

中国を批判:通貨問題でも貿易でも南シナ海問題でも、OKは出してやらない!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。