大人かわいいモテ服作家・中尾亜由美「衣更月きさらぎ」

富田林のアトリエで、天然素材を使った大人かわいい服を作っています、服作家『衣更月キサラギ』です。
ハンドメイド服を販売しています。(S ~3L )
2月に『売れるハンドメイド作家の教科書』出版5刷り目


テーマ:
中尾亜由美です。


昨日は、歌舞伎鑑賞&お茶会でした。

左から、西田かおりさん、長谷川由紀子さん、古川亜希子さん、藤本衣津美さん。



紅茶の専門店なので、紅茶に散々迷いました。

限定ランチを食べる方もいましたし、



私と衣津美さんは、チョコケーキ。チョコレートクリームにアーモンドが入っていて美味しかった〜。




食べるものを食べたら、衣津美さんの歌舞伎講座。


ええ!レジュメがーー!



な、なんと、素晴らしい〜〜家系図も!

しかもカラーです。



いや〜〜すごい中身でした。

衣津美さん、お忙しいのにありがとうございます。歌舞伎愛に溢れています。

衣津美さんからのお話で、知らなかったことがたくさんあったな〜と気がつき、また違った視点で歌舞伎を鑑賞できることが嬉しいです。





さてさて、


歌舞伎座に到着ーー!すんごい人!



さー入るよ〜カナヘイハート




おお〜緞帳に名前が。



しかも、席が花道の真横!!!



ええー!


これは、衣津美さんのおかげなんです。

ご贔屓さんがいて後援会に入ってらっしゃるので、番頭さんがいい席を用意してくださったんです。



ああ、衣津美さんに頼んだらいいわ〜と気軽に頼まれないように。
(見ず知らずの方がメッセージしたりとか、いらっしゃるので念のため)



歌舞伎は、花道に立ち止まって演技をされたり、見得を切ったりされるので、いい場所なんです。


しかもね、劇場に向かって花道の右側を向いて演技をされます。


左側は、役者さんの後ろ側なんです。


なので、右側の花道沿いは特等席です。


7列目(役者さんが少ないと5列目くらいがいいそう)なんて、ちょうど目の前です。


今回は、襲名披露公演なので、芝翫さんを襲名された橋之助さんがメインな感じになっていました。


弁慶がとっても様になっていましたね〜。




もう、目が合う距離!流れる汗、触れそうな足の先までも間近で見れました。


見得切りは目が合うと、運気が上がるとか、健康でいられるとか言われていますので、


「合ったんじゃない!?」


なんて、、カナヘイうさぎ



あ、そうそう見得切りの時にかけるかけ声ってありますよね。


中村屋!


成駒屋!


屋号っちゅうやつです。





私は、緞帳の柄から、



山本山!


永谷園!





とかもつい思ってしまう、不真面目な歌舞伎ファンですあんぐりうさぎ


緞帳がお茶漬け海苔の柄に似てますもんで…



芝翫さんは、成駒屋!です。


あのかけ声って、誰がしてもいいって知ってました?


縄張りも資格も協会もありません。


でも、大事なのはタイミング。


今や!ってところでかけないと、俳優さんがやりにくいそうです。


やりたいとは全く思いませんが。




歌舞伎は、2軸の歩き方や、呼吸、タメがあるところが、生き方に活かせるな〜と思います。




タメは、見得を切る前や、花道に帰る前に一旦引いて勢いを付けます。





う〜〜



……




帰らんのか〜〜い!!て思う時もあります(笑)







吉本の、上着を脱いでまた着る…




着るんか〜〜い!! みたいな?ちゃう?






一旦引くと、勢いづいて見えるという効果もありますね〜。


見得を切るとき、ドシッと構えて色んなところを見てから、1点を睨みます。(客観的に周りを見渡して、ここやなと思う感じ)


花道を歩いて帰るときは、ツーステップです。片方ずつの足に体重を乗せる。


バレエやダンスの1軸とは違います。1軸なら押したら倒れます。


2軸なら、両足でドシッと構えてるので倒れません。左右に揺れても大丈夫。



これからは、2軸の時代で、足元はしっかり構えながら、ゆらゆら揺れるしなやかさが大事。


軸はあっても、軸の太さに余裕が欲しいですね。その間をゆらゆらです。


まさに歌舞伎ですね〜。


セリフの合間の呼吸も面白いですよ。


本当に近い席でしたので、吸う息が聞こえました。


歌舞伎って、チケット代も結構します。


私たちが観た一等席が、18,000円。


高価な芸術鑑賞かもしれませんが、色んな見方ができます。(私みたいに不真面目だったり)


敷居が高いように感じられるかもしれませんが、1度行ってみると楽しさがわかります。



私は、中村座をお勧めします。


前回の記事。
久しぶりの歌舞伎へ平成中村座


ご一緒してくださったみなさまありがとうございました。


衣津美さん、またご一緒してください〜。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大人かわいいモテ服作家「衣更月」中尾亜由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります