凜として生きること

テーマ:

日頃からDVDレンタルは日常だったけれども

ここ最近は自粛していた


なんせ借りる本数によれば

相当な金額になるからだ


しばらくなんちゃら放送が無料視聴をサービスしていたのに乗っかって

多くを録画して撮り貯めていたのを観ていた




そうだ。

兄さん、お誕生日おめでとう御座いました

併せ

キャラクターボイス賞受賞もおめでとう御座います


今年の贈り物は、お手紙に書いた通り


出来ましたら、着用しているお姿を拝見しとう御座います

いえいえ

お礼記事の催促ではなくて

これからのイベント等が楽しみで御座います。。





話を戻す


久々に出向いたレンタルショップで

私はだんみつさんのDVDを探していたのですが

流石人気絶頂の方は勢いが凄い

全て貸出し中



ならば、何か面白い掘り出し物はないかと物色していると


コアなDVDを発見しました



私は東京で生まれましたが

神奈川に住んでいた期間の方が長く

中でも横浜は、私の拠点であり

故郷でもあると思っています


ええ。

でらっくすな方が毛嫌いする

浜っ子であることに頑ななプライドを持った人間なので御座います



その浜っ子なら知らない人はいないであろう女性がいます

横浜の街を顔を白く塗り、白いドレスで闊歩する

あの美しい人



私は2度程、彼女をお見掛けしたことがあります

最初は10代の時

高島屋のエスカレーターで

「あの人、何??」と友人に聞いたら

「知らないの??」と訝しがられ、そこから色々と聞いて知った

あまりにも目立ち過ぎる恰好の女性でした


彼女がその伝説で世間を圧倒していた頃から

私の世代は既にほど遠く

私と同世代の人間にとっては

奇異にしか映らなかったし

馬鹿にしている者も、いた


だけど

私より年上の殿方にとって彼女は

憧れの女性であり、その話しぶりからは

高嶺の花に対する敬愛の念まで感じ取れた



2度目にお見掛けしたのは20代の時

桜木町の地下へ続く入口に立っていらした

私の当時の自宅から1分のところだった


携帯電話のない私は

男との連絡をそこからほど近い公衆電話でしていて

10円玉を入れながら、ずっと彼女を観察していた


誰かを待っているのか

約束があるのか


そんな素振りはまるでないのに

何故かそう思ったのは

彼女の職業故ではなくて


その表情が

決して悲しげではなく

どこか嬉しそうな、待ちわびているような表情に見えたからだ


美しい人だった



10円玉を詰め込んで

男を待っている私も

もしかしたら彼女と何か同じものを共有しているのかも


そう思ったら、少し嬉しく


電話ボックスを出た時に

目の合った彼女に

軽く会釈した




伝説の数々は尾ひれを付けて飛び交っていたから

どれが本当の彼女かなんてことは、私には分からない


戦後アメリカ兵相手の娼婦になった彼女は

その美しさで売れっ子になり

相当な高値が付いたと


その後、その話を聞き付けた日本人が

彼女を買おうとしても

粗暴な態度の男性には口も利かなかったプライド高い人だということ


その振る舞いや言葉遣いから

相当高貴な出自の人ではないかと


実は唯一忘れられない

アメリカの将校さんを今も待っているとか




まさに

横浜の生ける伝説は


その夜

図々しくも突然会釈した私に


深々と

会釈を返してくれた


丸い背をさらに丸め



そのお姿は


頼りなげなひとりの可愛らしいおばあさんにも見えたし


お顔を上げた口元は凜と引き締まり

世の中を生き抜く覚悟を決めた

逞しいお姉さんにも見えた



そのお声も拝聴したかったが

こんな深夜の桜木町で

女が声を掛けるなんて野暮なこと


私には出来なかった


お仕事の邪魔をしてはならない





私はその後も

いわゆる、自分の体を売り物に商売をする女性をたくさん見て来たし

友人にも少なくないが


一部の世間が彼女達を馬鹿にしているのが

理解出来ない


違法、なのでしょうけれど

誰を傷付けている違法だというのでしょう?



そりゃ、

若い子がお小遣い欲しさや、家出の為に

軽くそれを選ぶのは愚かだし

止めるべきなのかも知れない


また

その裏で男達が牛耳って利益を上げるようなことは

社会的にも確かに良くない



この現代では何を言っても無駄なのでしょうけれど


戦後、生きる為にそれを始めた人達がいたことは事実で


差別や好奇の眼差しがあっても生きる為に仕方の無かった人達はいる


それは現代も同様で

福祉が色んなことを提案しても

それに漏れる人達は実際大勢いる


そして

その職業にプライドを持っている人達も



人はプライドがなくては生きられない

生かされている、のではなく

生きようと思ったら

プライドは不可欠だ


人が後ろ指を指して笑うようなことにも

プライドがあれば凜として生きることが出来る




あのメリーさんは、どうかまでは知らないが



私の知る姉さん達は

凜と生き、しかもいつも名言を私に聞かせる



「本当に良い男ってのはね、金を持ってるとか思いやりがあるとか、そういうことじゃないの。自分の夢を追うことで女に夢を見せてくれる男のことよ」


「良い女ってのはね、辛い時ほど笑ってるモンよ。もしも男が戻って来なくても、心には残ることが出来る」


「アンタさ、アンタはこんな女になっちゃダメ。世の中の男はね、一度値段の付いた女に二度と価値を見たりしないのよ」



私の生きる心構えから言えば

然程遠くないと自分では思っている




今夜観たDVDは

そんな生ける伝説の彼女と知り合いだった人々


そのインタビューと

彼女と親しくしていた人の人生


そして

現在の彼女の行方


当時の横浜の映像や

彼女の映像を見て


私もうっかり20年前に戻った




ようやく見ることの叶った彼女の素顔は

故郷の養老院で過ごす普通のお婆様だった


もう白塗りをしない

可愛らしいお顔をした

何の変哲もないお婆様だ




でも、

そのお心の中に

お強く横浜の街で生き抜いた情熱があるのだと思うと


敬意を表さずにはいられない



ブレずに貫き通したその行いは

世間の全てが理解しなくとも

私のような変わり者は

心痛む程お察しします




お元気そうで、何よりです


そのお姿を拝見出来、嬉しかった



それから数年経っている今では

どうかは知るよしもないが



あなたの凜とした美しさを

当時、目の当たりに出来たことを

幸運に思います




そのDVDに出会えて良かった





























AD

時々彼の声を欲しがる耳の為に

今夜はOff the wallから聞いていこう




仲間内では一番モテるであろう紳士が

ふらりとやって来た


彼は半年に一度くらいのペースで私を口説きに来る


私は絶対に彼には落ちないと決めている



この心理戦を楽しむことを

もう10年近く続けている



別に

いつ寝たっていいのだ


そんなことに戸惑う程

子供じゃ、ない



彼の方だって

何が何でもという程若くはないし

困ってもいない



ただ

彼は腹が立つほど良くモテる

30代の頃は相当だと聞いたが

50を過ぎた今でも狙った獲物は外さない


若い売れないモデルと一緒にいたと思ったら

次にはセレブな人妻を腕に抱いている


まぁ、あっぱれな性欲

いや、違う

バイタリティと言うべきか


とにかく

女性がいないと生きていけない人なのだ



だけど決して下品ではなく

媚びたりもしない

女性を崇め、尊重して

その声と話術、容姿と人懐っこい性格で

あっという間に女性の心に入り込んでしまうのだ



初めて出会った時の衝撃は忘れられない

「可愛い人だね。今までもここに来てた?何で僕は君に気付かなかったんだろう?」


知るか。てなモンだ


だけど

言葉というものは恐ろしく

それを扱う人によって効力を変えるのだ


引き締まった筋肉

浅黒い肌

なのに子供のような瞳

いたずらっ子の微笑

指先の使い方

視線のやり方

そのさりげない触れ方


百戦錬磨だ


来た。と私は身構えた



彼の背景は最初から手に取るように理解出来た


乗るか、反るか


つまり

それに酔って身を任すのか

拒絶か


選ぶ権利は、いつも女性にあるから




面白いでしょ、第一こんな人

あんまりいないし


私は彼がいつも連れて歩くような美女とは違うけど

私だけ落ちなかったら

この人、どう思う?


適当に去って行くかな?

それとも挑戦するのかな?


小さな、好奇心だった



それが功を奏して10年近くも続いているという訳だ



まぁ、きっと彼にとっては

コンプリート出来なかったアイテムを取りに来るような感覚なのでしょうけれど



ここまで来たら絶対拒否でしょ、勿論

ここで落ちたら終わりでしょ?

私の「女」としての価値が量られている




「あのさ、最近あいつと仲良いんだって?彼とも食事に行ったって聞いたけど」


以前どこかに書いたが

私の男友達はそれぞれ繋がっていて

私が誰と会っていたなんてことが

何となく、バレている


「彼が好きなの。別に良いでしょ?」

「僕とは酒を飲む店にも行かないじゃない」

「それは酔って間違いを起こすのが嫌だから」

「間違いって、何?」


うっかり気が緩んで

寝たその朝に

私がどう思うのか、想像出来るから


彼のしたり顔も

見たくないし


「僕は酒の力を借りたりしないよ」


分かってるけど

酔ったらしたくなるのはこっちなの!!



「じゃあ。朝デートってのはどう?起き抜けの冴の顔、見たいなぁ」

「見せない」

「何で?」


惚れちゃうからだ

無防備な状態では

彼に太刀打ち出来ない



「相変わらず、つれないなぁ」


それでいいんだよ


「一体何年君を口説いてると思ってるの?僕の気持ちも汲んでよ」


分かってるんだよ

寝た途端

私は彼のコンプリートリストの中の一人になって

まるでキャラカードを集める子供のように

収まるケースに収まって

二度と登場の出番は、ない



「相変わらず、しつこい、あなた」

「しつこい、なんて女性に言われたの初めてだよ!」


そうでしょうね

なんせ瞬殺なんだから


私も毎回クラクラしとります



あなたに抱かれたいです

多分、楽しいでしょうね


だけど

それって

永劫続くものじゃないですよね?



なら

いらないのです











私は


私しかいらないと言ってくれる人が欲しいのです









AD

ええい、ままよ!

テーマ:

仕事中、とびきりグッドルッキングな殿方を発見

「あんな人、うちにいたっけ?」


見れば制服を着ていない

派遣の人なのだ



太い眉毛にしっかりとした顎

広い肩幅に作業をして暑くなったのか捲り上げた腕の逞しいこと

そして周りから頭ひとつ分飛び出るその身長

遠目で見ていた私は

その喉仏を視界に捉えた

まず「声」を聞きに行かなくてはっ!!


つかつかと近づき

「お疲れ様ー」と通り過ぎる

「あ、お疲れ様です」


キターー!!!!


来たよ、やっと来たよ

私は手のひらに爪が食い込む程後ろ手にガッツポーズをした



別に大それたことなんて望んでいない



ただ

普段「ああ、まだ4時間もあるよ・・・」と何度も時計を見る毎日から

職場に行くのが楽しみになるような毎日になれば、と思うだけだ


そういう付加価値が、そろそろ欲しくなっていたところなのだ


近づいて見れば、彫りの深い顔立ち

笑うと口元による皺

浅黒い肌



素敵



私は忙しいのをいいことに

彼の隣で仕事をすることに決めた


すると流石繁忙期

どんどん仕事が溜まっていき

しかも慣れない派遣さんの隣ですから

余計に私の負担量は増えていき

結局走り回るハメに


ゼイゼイ息をする私を同僚がからかう

「笑ってるなら手伝って」

そういう私を見兼ねたのか、彼が声を掛けてきた

「これは、こっちでいいですか?」

「こっから向こうは俺、行きますから」


あら。性格も良いみたい


「誰かに似てる」と指を指せば

「そうですか?」と笑って見せた

口元に素敵な皺をよせて


あ。えくぼ

可愛い



あの日程、あの会社での仕事が楽しかった日はなかった


どの会社も故意にイケメンを数人配置すれば

女子社員の就業意欲は間違いなく上がると思う




私の職場は繁忙期にはよく足りない人材を派遣で埋める

派遣から入った私のように、気に入られたりするとお誘いを受ける


だけど殆どの派遣さんは掛け持ちか学生か

やる気のない人だったりする

それにこちら側も忙しい時しか呼ばないので

そこで安定した収入を見込めることは少ない


毎日来る派遣さんなど稀、なのだ



次の日

やはり彼は来なかった

ほんのアルバイトだったのだろう


落胆は大きかったが

思い出し笑いはしばらく続いた



小さな恋が

一週間を乗り切る元気をくれた



次に会うことがあったら

お名前ぐらいは聞いてみよう






友人に

「覚悟を決めて行動するのは、開き直りに近い」と言われた

つまり臆病なのに覚悟を決めるのは、開き直りだと


「ええい、ままよ!」と


言った本人は、私が気を悪くするのではないかと心配しているのかも知れないが

私はそれを受けて

「え?覚悟って、それ以外にあるの?」てな感じだった



私の生活は「覚悟」の連続だ


本当なら家に籠って、何もしたくない

出来ることなら食事もしないで酒を飲み

一日中ペンを握って、物書きをしていたい

白い紙を広げて

何を書こうかとワクワクするあの感覚を

死ぬまで味わっていたい



だけど

生きなくてはならないから

生活があるから

動き出す


朝、家を出るにも小さな覚悟がいる


自分が動くということや

人と関わるということは

良くも悪くも何かに影響を及ぼして

もしかしたら知らないうちに人を傷付けたりしているかも知れない


自分の言った一言が

自分の行ったことや、行わなかったことが

誰かを不快にさせているかも知れない


良かれと思ったことでさえ

必ずプラスに働くとは言い切れないのだ



そういうことを毎日考えていると

追い詰められて

自分の許されるスペースはつまり家の中だけになる


だけど

仕事をしないとならないのが現状で

それをして得られるものは賃金だけでは、ない


どうにもやらなくてはならないものならば

「覚悟」を持たなければ出られない


「ええい、ままよ!」とドアを開ける


私、誰かを傷付けるかも知れません

だけど気付けば謝ります

その責任を果たせるように努力します

だけど

あなたも私を傷付けるかも知れませんから

お互い様ですよね?

仲良くいきましょう


そんな風に自分の中で折り合いをつける



自分を上等な人間だと思ってはならんが

下等な人間だとも思ってはいけない




上に書いたイケメンを見付けた時も、そうだ


歩み寄って声を掛けるのは実は私にはとても勇気のいることで

本来なら関わらなくてもいい相手

する必要のない会話をしている


ただ魅力的な人の声を聞きたい私の欲望の為に


私は彼の声が聞けた

楽しい時間も過ごせた

だから走り回り彼の仕事も手伝う

馴れない職場に気を使う彼を和ませる

対価は等価交換でなくてはならない



私が彼の隣に行ったことが

彼にとって「迷惑なこと」ではなく「良かったこと」になるように

最善を尽くすぐらいのことは

覚悟をしています




彼が当日帰宅してから

「あの人ウザかったなぁ」と思ったら

全部無意味な安い覚悟なのかも知れませんが



そういう方向で考えたらキリがないので

そこはスルーします

精神衛生上



自己満足かも知れませんね







ところで






「責任」って




そんなに怖いですか?


AD