魅了する者

テーマ:

まつけんの初舞台を観て来た



赤坂サカスも初めて!!と思っていたが


以前兄さんに会いにあの付近に行っていたことを思い出した

バーガーキングでコーヒー飲んでたら金髪美女に「ライター貸して」と言われてプレゼントしたのだっけ

久々の英語に緊張したんだった


赤坂なんて、普段降りないからね




明日が千秋楽なら明日行けば良かったんじゃんって

今となっては思うけど


酔ってて訳分かんなくなって

深夜やってたチケット販売の番組に電話して

そのまま買ったから、こうなった



「まつけん?!」「初舞台??」「それは行かないと!!」てなノリだ



私はビスタチオのことも良く知らないし

西田さんのこともあまり知らずに出向いた


いつものように「予習」することもしなかったし

気楽に、白い気持ちで出向いた


だって

まつけんを生で見たかっただけなんだもの



今回、観ていて

演出や色々な舞台装置の技法や

素材の使い方なんかに感心したりもしたけれど


私の一番の関心事は、そこではなく


あのTVドラマや映画で神掛かる演技をする人が

舞台でどこまで通用するかということだ



自分でやってみて良く知っている


舞台で演じるのと、カメラの前で演じるのは全く違う



舞台の方が遥かに恐ろしく、怖く、難しいものなのだと

私は思っているから

あの彼がそのステージで

どんな演技をするのか

金を払ってでも観たかったのだ




賛否あるかとは思うが

私は成功だったと思っている

面白かった


童話チックなストーリーや設定は

リョウが描きそうな内容だ

可愛らしくて切ない

キャラの懸命さや、どうにもならない生物の摂理など

冷静に描いているのもいい



何より単純にまつけんが必死なのが良い



必死な役なのだ

だからそれで、良い


生き生きと舞台の上で生き、必死に過ごした

愛の為に



彼はまさに劇中

「ゴッホ」として、そこにいた



ラストシーンで

私の座席からは彼の涙までは見えなかったが

その涙声に誘われて

涙した


銭ゲバやカムイの時と同じだ


魅了されたのだ



遠くから見ているこちらを

ぐいっと引き込み自分のものにしてしまう


あの演技力が恨めしい



最後の挨拶の時

少し照れたような彼を見て

「ああ、戻った」と思ったくらいだ



舞台の上でも充分に彼の演技力は私の座席にまで届いた



素晴らしいし、

羨ましい




また

ここまで稽古を積んだであろう

その苦労を考えると


支払った代金以上のものは受けたと感じた



素晴らしいお仕事でした




彼がまた舞台に立つことがあれば


また足を運びたいと思った

















あ。


ちなみに

まつけんの声は私好みではありませんが


共演していらした細貝さんは舞台向きの良い声をしていらしたなぁ・・・


















AD

今更、警察が来た






以前私が仲良くしていた女性が

私が寝ている同室で自殺をしたことから

取り調べは以前も一応全て済ませ

遺書などがあったことから

私に嫌疑が掛かることもなく終わっていたのだが



その彼女が薬物に関与があったのではないのかと

再調べが始まって

私のところにも私服警察が来た訳だ



そもそも、そんなこと

はなから感付いていた筈なのだ

解剖報告を聞いていないので

当日の彼女がどうだったかまでは知らないが



それを今更動くということは

その販売元や組織に動きがあったということだ



全く面倒臭い





私は「彼女」と親しくはしていたが

彼女がどんなルートでそれを仕入れ

どんな仲間と共有していたかなど知らない


第一、彼女は私に「それ」の存在など話したことはなかったし

私も見掛けたこともない


ただ

私が彼女の雰囲気で

「やっているんだろうなぁ」と思っていただけで


私といる時の彼女は

お酒以外に「酔う」ものを服用してはいなかった



「販売元に心当たりは?」

「どんな種類の薬物でした?」と聞かれても困る



「見ていませんから分かりません」と

答えるだけ



第一発見者の私にまず聞き込みに来るのは

捜査のセオリーなのかも知れないが



あまりにも

「友人を眠っている間に失った者に対しての配慮」に

欠けていませんかね?





「今日は付き合ってよ」と言われたんです


時々顔を合わせるお姉さんに


彼女は私にとても親切で

時に叱りながら

時に愚痴りながら

私に色んな話をしてくれたんです


その日、彼女の自宅に行っても

この化粧品が良いだとか

最近あのブランドは高くて手が出ないとか

そういう何でもない話をしていたんです


「お酒なら腐る程あるの」と

彼女がどんどん飲むから

私も付き合って飲みました


高級マンションの彼女の部屋からは

都心が一望出来

「素敵ですね」と私は言ったけど

「彼と過ごす為に借りたのよ」と

笑っていた



自殺の原因は

その彼とうまくいかないことにあった



私はもしかしたら知らないうちに

自分が起動スイッチを押してしまったのではないかと

かなり思い悩んだが


彼女の方は

「その日」を選んでいたのだ


何かの記念日だったのか

その日に対するこだわりがあったのか

とにかく彼女は

その日に宛てて遺書を書いていた

そして

私に対する詫びも



つまり


私は「最後に過ごす相手」に選ばれた訳だ







捜査がどう進むかなんて知ったこっちゃない



私は大切な友人を亡くしたんだ


助けることも

その袖を掴むことも出来ずに


一番傍にいたのに



もしかしたら

私があの時何か言えば

彼女は思い留まったかも知れない


私が何かしたら

それどころではなくなったかも知れない


私が、私が

何かしていたら!!!!!








警察ってのは

正しいことをするのを名目に

結構横柄だ




人の心なんか考えやしない








だから言えるんだ



「彼女から薬物の使用を勧められたことは?」


なんて質問













私は

警察が大嫌い


















AD

前回書いたブログ記事に出たドラマに

やくしまるひろこさんがご出演なさっているのを思い出した


私は「女優」としての彼女がとても好きだった


若くして角川からデビューした女優さんは

その頃二人いた


男性はわりと、もうお一人の方がお好みのようだが

私は彼女が好きだった


何しろ演技が素晴らしい


稽古した芝居、というよりは

天性のものを感じさせる

彼女はまさに「選ばれた人」なのだ


野生の証明から始まって

彼女主演のものはほぽ映画館に観に行った


ねらわれた学園

セーラー服と機関銃

探偵物語

里見八犬伝

メイン・テーマ

Wの悲劇

これについては、あの劇中劇の台詞を今も覚えている

「私、おじい様を殺してしまった!!」というやつだ

その頃、角川は脚本も発売していたからだ


野蛮人のように

紳士同盟

病院へ行こう

きらきらひかる

この辺りでドラマの方に移行して

何故か彼女を追わなくなってしまった


その頃

トレンディードラマが流行していたのにも関わらず

あくまでも映画女優で居続けた彼女は

私の目にも高貴で特別な存在に映った




その当時彼女が歌った

数々の楽曲も

私のライヴ練習曲にはもってこいだった


あの透明感を生かし、長く発声するものが多く

表現力を必要とされる曲ばかりだったからだ



そんなことを考えていたら

仕事中「あなたを・もっと・知りたくて」を気持ち良く口ずさんで

「私、誰だか分かる?」というセリフのところで

同僚に「はい、分かります」と返事をされて

慌てて歌うのをやめる



その中で今でもよく思い出すのは

野蛮人のように

あのラストシーンと流れる曲は

今も私を捕えて離さない


ステキな恋の忘れ方


少し大人ぶった恋

相手のペースに巻き込まれ

思い通りにいかない


年上の男性に翻弄されるあの映画と歌詞は

まさにその時、同じような恋をしていた私を

納得させてくれた





あなたに聞いてみたいのは

ステキな恋の忘れ方


それとも愛はこの胸に刻まれたの?





恋の忘れ方を聞いているのに

愛が刻まれたとは


何とも矛盾している




劇中の彼女の役は若い作家だったと記憶している


文字に残すものには留め切れない




生身の愛が、そこにある





そんな感情で

傷だらけだった私には



よく、沁みた






邦画のスクリーンヒロインを挙げるなら


私は感謝を込めて真っ先に彼女の名前を語るだろう















AD

着脱可能高性能甲冑

テーマ:

腰が痛いです

そろそろ持病のヘルニアがヤバい




まだまだ突然雪が降り出したりしますね


財布も心も空も、寒い




毎週土曜にやっているドラマを

何となく観ている


特別素晴らしくもないのだけれど

ただ夕食後に笑って観るのには丁度良い

そんな感じのドラマだ


内気でハッキリものを言えないヒロインが

職場での鬱憤を夜、自作の漫画を描いて憂さ晴らし

自分が言えなかったことをキャラに叫ばせたりしている


それがある時、そのキャラが実写版になってヒロインの前に現れた

この世界のことなど、まるで知らない彼は

初めての出来事、そしてヒロインへの恋心に奔走する


演技は分かり易く大味だ

主演の彼は度々こういったキャラもの、と言うか

コメディドラマに多く出演する

(顔は好きなタイプなのに実に惜しい)


くだらない、とは言い過ぎだが

別にいつまでも心に残る感じのドラマでは、ない



だけども

だけども



ちょっと、何故か

うるっときちゃう、時が、、ある



これは多分・・・あれだ

岡田さんの本の、せいだ





何も分からない状態でする恋は


つまり

誰もが経験した「初恋」というものだ


何も分からないから、むやみに飛び込んだり

逆に何の根拠もないものに怯えたり

とにかく、自分が思い付く最善を尽くすしかない


あまりに無防備で心もとなく

捨て身で相手のことを考える

だからこそ美しい


打算や勘ぐりを含まない一直線な感情は

日常に追われて走るように生きる人の胸を突く



私はこのドラマを見終わる度に

いつも「自分には色んなものが付いたなぁ」と感じる



彼が無垢な裸の状態だとするなら


私は重い甲冑に身を包んでいる

おまけに自分の胸の辺りには黒くくすんだシミや

背中には何やら黒い羽まで生えかけているように見える


それらは勿論

私を守ってくれる為のものだ


攻撃を受けてもダメージを少なくしてくれる

それに

経験や知恵によって更に重く、黒くなり

こうなったら、こうするべき処世術や

良い訳や駆け引きを上手くしてくれた






何だか、つまらない





苦労してカスタマイズした甲冑なのに



私はふと

「これでは、つまらない」と思ってしまうのだ





若い頃は良かった、などと結論には至らない


別に昔を懐かしんでいる訳じゃ、ない



あの頃は

それしかなかった



懸命にやるしか

選択肢がなく


だから仕方なく

手探り



だけど

今は、そうじゃ、ない




身に付けることが出来るなら


脱ぐことだって出来る筈だ




防御法を捨てて

先を見越せる目を捨てて

相手を取り込んだり、誘導するのもやめて




勇気だけ持って






スイッチひとつで裸になれる



そんな心を持つことは







不可能では、ない筈だ