都合のいい女

テーマ:

鳥のペットの困ったところは

トイレの躾が出来ないことだ


ああ、また

肩に糞が・・・





最近再婚を果たした男友達と話していた


「何か色々疲れちゃって、ちょっと避難させて」と

彼は言った




表向き

厄介な家庭問題から解放されて

気ままな独身生活を謳歌していたと思ったら

とんでもなく若いかみさん捕まえて

夢のような新婚生活を始めたクセに



「疲れたなんて、今のあなたが言っちゃダメ」

私がそう言うと


「そうだろうね。皆、そう言う」と答えた



乾いた笑顔のその人は

私の友人の中でも特別声の良い

私にとっては大切な友人だ


私は彼と恋愛関係になったことがないので

恋する彼がどんなかは知らないが

それはもう仕事熱心で

タフでありながら繊細な心を持つ素敵な人だ


そもそも私達は頻繁に会うことはなかったし

知り合いの店に行ったらたまたま会った

そういうことが多い間柄だ




そんな関係の女友達のところに

彼は「避難」して来たのだ


一体、何から逃げて来たのだろう?




「どれもこれも上手くいってる。仕事も順調だし、家庭も結婚式の色々から落ち着いて余裕も出てきた。かみさんとも、関係は悪くない」



じゃあ、何だよ

何か独り身の私としては少しイラつくんですけど



「だから、言葉通り避難だよ。冴と話してると、何か気が楽だから」



あー

出た。

良く言われます、これ

一見、嬉しいようで

喜んでいられるのは若いうちだけ

そもそもね

気が楽な相手とは、恋しないから!!



「仕事仲間と話せば、仕事の話しかしないじゃない。それか若い嫁さんとどうよ?とか、そんなことばっかりで」

「第一、男と話して牽制球の投げ合いみたいなのも疲れるし」

「奥さんと話すのはもっと辛いよ。まだ甘えていい状況じゃないんだよね」



何それ?



「冴なら聞いてくれんだろ?聞いてないような顔で。ふんふんとか、曖昧な返事して」



あなた、それね

「都合のいい女」って言うのよ?

知らなかった?



「あ。やっぱそう?ごめんね」



ごめんね、じゃないよ!

自覚あるなら自制しろよ



「だけど他にいないんだよね、そういう相手」



また出た。

これも良く言われます

この言葉についついほだされます





良く言う人の大半は

奥様とは別の「ぬくもり」を求める


私はそういう無い物ねだりが大嫌い


そんな贅沢言うなら

格別な声を持って来い




だけど

彼は「ぬくもり」が欲しい訳ではなくて

話を「聞いてくれる」相手が欲しいと言う



そのくらい

お安い御用だ


その良い声なら

何時間でも聞きましょう


そして

話の大半は、聞いたらすぐに忘れて欲しいような

答えを求めないものなのでしょう


私に、というより

吐き出したいのなら

いくらでも、どうぞ



彼の話す内容は突っ込み所満載の

まさに男の身勝手、我儘だった


だけど彼はそれを実行する人じゃないから

誰にも言えずにいたんだ



周りからは真面目で誠実

繊細で、温厚


そう見られている

いや、私もそう思っていた彼の

内なる叫びは

私の耳にだけ入り

それを知る者は他に誰もいない



分かっていて言う事は


とても大人、だ




完璧な人なんて、いないんだな


もしいるとしたなら

こういうガス抜きがなければ成立しない



「迷惑?」


ひとしきり話した後で彼が言った



「迷惑かも知れない相手に、よくここまで語ったね。それ最初にする質問じゃない?」

私が問えば



「笑ってるじゃん、冴。嫌な顔しなかった。だから多分大丈夫」

「大丈夫ってあんたが決めるなー!!」



はなから彼は

私なら大丈夫だと嗅ぎ分けて来たのだ




有難いことだ




彼の知り合いなら

相当な人数いるでしょうに


その中から

私を選んでくれたんだ



嬉しいことだ



有難う





人から相談されることは

学生の頃から多かったけれど


この「答えを求めない相談」をされるのは

少し心痛く、切なく


受けた私の心も少なからず

彼に寄り添う



大人の友達






もう少し時間が経って


彼の奥様がそれを引き受け入れるようになればいい




それを今は

切に祈っている














AD

Where did you come from?

テーマ:

何やらTVでは

嘘吐き研究者の話で持ちきりだ


妄想しちゃったんだろうか?

お気の毒なことだ





集団和太鼓のパフォーマンスを見ていた

動画サイトで

何故か血の騒ぐこの感じは

やはり私が日本人だという証なのだろうか?



特に愛国心もなく

米も味噌汁も湯船も苦手な非国民みたいな女ですが


時々、こういうことを経験する



例えば

津軽三味線

じょんがら節などを聞くと、胸が燃えるように熱い


それに

南中ソーラン

あの踊りを見ると泣けるのは何故だろう?



歌舞伎も雅楽も、落語も概ね好きだし

能はいつも舞台を見に行きたいと思いつつ

機会のないまま持ち越している私の課題だ



日本の古くからの音楽は潔くて良い


覚悟。つまり

腹の座ったその感じ

何にも流されない頑なさが伝わってくるから




そこまで鍛錬するのに、どんな努力が必要だったのか

それを継承するのに、どんなに重いバックボーンがあるのか

それを全て呑み込んで立つ表現者達の美しいことといったら!




日本人は実にそれが得意だ


その心のキビが

伝わるから感動するのかも知れない






だけど


ふと思っちゃったんだ




私は過去のまいけるじゃくそんが

MTVかなんかのアワードでした

集団パフォーマンス


ピタリと合った一糸乱れぬダンス

乱れぬ筈なのに光るまいける


大勢の中にいながら

その秩序の中で精密に繊細に表現していく


彼がソロでパフォーマンスをする時よりも

全員で揃った時の方が歓声が多いのは

きっと私と同じような理由で

皆が感動しているからなのだろう



前出と同じことだ

彼が主役でありながら

その立場に浮かれることなく

厳しい鍛錬を長いこと続けてきた結果


その巨大ステージ

世界を相手に表現するというプレッシャー


そういうことを全て呑み込んだ彼のパフォーマンスには

覚悟があり

愛がある

そのストイックさはアスリートと呼んでもいい



そこに感動するのだろう






ああ。


和太鼓や三味線に感動して


やっぱり私も日本人。

血には抗えないのね、なんて

ちょっと悦に入ってたのに


どうやら、そういうことではないみたい








子供の頃、


遠くから盆踊りの太鼓の音が聞こえると

妙にテンション上がったりしませんでしたか?



それは日本の音楽が好きだった訳ではなくて


ただ単に出店のものを食べられるとか

楽しいことがありそう、という

いい加減なものだったのかしら?



パブロフかよ





何だか自分が


安っい人間に思えてきました










私は一体、どの国の人?



どんなルーツ?




その魂、持ってる?











それに答えが欲しいだけなのかも





























AD

深夜にやっていたTVを見てから

一夫多妻制について考えていた



日本にも本妻と養女という形で

事実上の多妻制の生活をしている男性がいるという



それって、女性からしたらどうなの?

とまず考える



同居だよ、同居

昨日は私の部屋に来たけど、今夜はあっちなのね

なんてことがあからさまに分かるんだよ?


しかも

その本人と朝には顔を合わすって

一体、どういう状況??



日本人の頭では上手く呑み込めない




だけど世界の観点から言ったら

そんな民族も多い


優れた男性が多くの女性を養うことは

一種のステータスでもあり

若く美しい女性に貰い手が付かないよりも

経済力のある男性に嫁いだ方が

親としても本人にしても有難いことには違いない


また色んな遺伝子を組み合わせて

多くの子孫を残すことは

一族の繁栄を意味していて素晴らしいことだ



昔、アフリカ出身の男の子に家族の写真を見せてもらったことがある


やけにたくさん写っているので

「この人は?この人は?」と聞いていくと

「この人はママ、この人もママ。あ、この人は2番目のママの子」

そんな答えが返ってきて驚いた


「あなたを産んだママはどの人?」と聞くと

「この人。だけど、この人もこの人もママ。皆とっても優しかった」と答えた


彼はいわゆる日本で言うボンボンで

家族全員に愛されて裕福な幼少時代を過ごした

汚れなき男性だった



そういうふうに育った人を目の当たりにすると

そんな制度も悪くない

そう思う



日本のように

一夫一婦に縛られて、夜な夜な夫婦喧嘩をして

たったひとりの子育てにイラつき、ピリピリと過ごし

お受験がどうだとか、ご近所の子と比べたり

果ては「あんたなんて産まなきゃ良かった」

そんなことを言うくらいなら


どの子もあの人の子

皆で育てようという家庭の方が

生まれてきた子は幸せだし

どれほど愛あることか




つまり

一番のネックになるのは

女の嫉妬の問題だけなのだ



日本人でありながら

3人の奥様を抱える男性はこう言っていた

「誰かひとりを特別扱いすれば女性は必ず反乱を起こす。だけど皆平等にしてあげれば関係も上手くいく」



そんな簡単なことなのだろうか?



私は自分が第3夫人になったことを想像してみた


嫁いだ時にはもう既に2人の奥様がいて

自分は3番目


私は誰よりもあなたを愛しているのだから

あなたも私だけを愛して


これは良く聞く日本女性の言葉であり

私も少なからずそう思っている



特に私は男性に経済力や地位を求めない分

溢れる愛情を求める


貧乏でも平社員でもデブでもハゲでも何でもいい

誰よりも私を愛していると示して欲しい



結局、言うよね?

「私は3番目なんでしょう?あなたにとって」



これが最も日本女性らしく

日本女性の持つ、独特の固定観念

そして、独占欲だ



だけど

よくよく考えれば

独占欲は「愛」とは違う


こんなに愛しているから独り占めしたいの


これは「愛」とは呼べない

自己の欲求であって、相手の為では、ない



「愛」と呼ぶものは無償のものに限られる




そうやってシンプルに考えていけば

愛した男性に与えて欲しいものは

然程多くない


永遠の愛と子供を産む権利

その子に対する愛情

そして、いつまでも幸せなあなたの傍にいたい



さぁ、他の女なんて関係なくなりました


今夜、彼が別の女を抱いていても

私の寝室に来た時の態度次第で

感じるものは大きく変わると思う


特別なものを与えられていると感じられるなら

この国の女性も

受け入れられる人は多いと思う



この妻とは、こう

この妻とは、こう

全ての妻の性格や、癖

気持ちの流れや、性癖や

心の有り処を掴めるのなら


何人女を抱えても

あっぱれだと私は思う


その上、自由に産ませた子供達を全て平等に愛し

成人するまでの養育費を賄えるなら


こんなに理想的な男性はいない



うん。

第3夫人でもいいかも




この国にいて

多妻なんて

世の男性はハーレムのようなものを想像し

羨ましいと思うかも知れないが



その裏の苦労と言ったら

半端ないと思う



経済力は勿論のこと

精力、気遣い、相手を労わる優しさ

サービス精神、時にはサプライズ


たったひとりの奥様に手を焼いている男性が多いというのに


それをやってのけるなら

そんなのも、あり



かなぁ?





そんなに望まれてみたいものだ



























AD

今日はすぎたの誕生日だ

私の記憶が正しければ



ぎんたま復活おめでとう

私も嬉しい






向かい合ったおやじの口が臭いからと言って

大してイラつかない

私は他人だから


彼が家に帰った時

それを指摘してあげる人がいればいいな、と思うだけだ




横断歩道を渡る老人が

まごついていたからといって

邪魔だと思ったりしない

私に出来ることなら何でもするから


彼女が家に帰った時

その疲れを労わってくれる人がいればいいな、と思うだけだ




見えないものを「見える」と言う子が

周りの子達にあれこれ言われても

可愛そうだとは思わない


それはほんの入り口で奥にはもっと困難が待っている

だけど

「見える」と言い続けるべきだ

それを理解してくれる人は少ないが必ず、いる




体の不自由な子が体育を休むのを

特別気の毒だとは思わない

見学して見えたものがある筈だ

それは他の子には得られないものだ


対価は必ず等価交換で支払われる

学べ

そして、生かせ





「君は強い人だから、僕がいなくても大丈夫」と言われた女を

可哀想だとは思わない

私も言われた


強さは素敵なことだ

弱くあれば自分を保てない

たったひとりに晒す弱い自分を

心待ちにする男性がきっといる、きっと、いや、多分・・・





「あんたなんか産まなきゃ良かった」と言われた子を

私は心から気の毒に思う

私も言われた


だけど



今、生きて

ここに存在しているのは「自分」だ


自分の人生は自分のもの

どうにでも、なる



難しいトラウマは

いつまでも追って来る



だから

それに打ち勝つ強さを持たなければならない



自分を守る為に

自分の周りの人の為に


妬むのはやめよう

僻むのもやめよう

恨むことも、もう、やめよう

自分の為にならない



別の世界を築こう

自分の思う幸福な世界


自分の信念と

自分の理念を信じて


誰が非難しても

「私はこうだ」と言えるものを築こう



受けた不幸の数を上回る

幸福を発信しよう


自分だけは

あんな人達とは違うのだと証明しよう







そして笑おう





一緒に








笑おう