Midnight De'Ja'Vu

テーマ:
疲れたらEGO-WRAPPIN'を聞くの


楽しいこと考えたいと思っているんだけど

それよりも私は

色々な真実が知りたい



あの人の声を聞いていると

特にジャズやブルースを聞いていると


体が揺れて
自由に思考が飛ぶ気がして

酒を飲んで、煙草片手に
ゆらゆら揺れながら
好きな方へ、行ける





例えば円山町で死んだ女性のこと
彼女を殺したのは誰かしら?
その夜、一体本当は何があったのかしら?

最も容疑者に近い男は
もう本国へ帰ってしまったけれど
多分彼女の魂は
いつまでも
そこに、いる


他人事では、ない
もしかしたらすれ違ったかも知れない人
もしかしたら、分かり合えたかも知れない彼女




例えば極悪な男に洗脳されて
自分の父親を殺して刻んだ女性のこと
彼女はもう執行台に立ったのかしら?
その時、一体何を想うのだろう?
幼い日のことを思い出したりするのかしら?


他人事では、ない
冷静でいれば抗えるものを
迷い込んだ人
本来の幸せから逸れたと
告げる友人になりたかった




覚悟を決めて私を呼び出したあの美しい人は
私に何を求めたのかしら?
自分の死体を私に見せて
何と言って欲しかったのかしら?
憐れんで欲しかったのか
何かを教えたかったのか


他人事では、ない
何度も言葉を交わしたのに
肝心なことを聞けなかった
それこそが、もしかしたら彼女が触れて欲しかったものかも知れないのに






明日は、我が身




暗い事でも、遠いことでもない


私には日常的なこと

皆がTVのニュースでしか観ないようなことが
私の周りでは良く起きる


人の死が近いと
普段からそれを良く考える

近いところにある物は
別に怖いことではなく
なるべくして、なるもの

だけどそれには必ず事情があるから
私はいつも、それを考えている

亡くなった人達は決して打ち明け話をしないから
ズルい


答えのない難題を
出題されたみたいだ




EGO-WRAPPIN'の「 Midnight De'Ja'Vu」は特に良い

泣きそうな想いを彼女達に届けてくれるような気がする

水際の同じラインにいる私と彼女

波に攫われるか、留まるかは

神の気分次第



それ程にしか、差は、ない





未だ留まる私は



私のすべきことを、しよう




彼女達の為にも









AD

欲望は正直に

テーマ:
久々に龍サイトに行ってみたら
もりかわさんだけじゃなく
先日書いたほりうちさんもキャスティングされていた

ブログ書いてよ、そういうことはー
賢雄さんっ!!


もうホント
龍のキャンティングって毎回素敵

いや、舘さんには驚いたけどね当時




先日、急に時間が出来て
やっぱりあの映画、観に行っちゃった
へるたーすけるたー

CMでもう洗脳されちゃうんだよね

喉が渇くみたいに
観ないとならない気がして

奇しくも金谷さんも同じ日に観ただなんて
少し嬉しい

でも同じ劇場でなくて良かった
あの人に会うと物凄く緊張しちゃうから!!




内容は、何ともハードでジェットコースタームービーなんだけれども


それよりも気になったのは

偶然お見掛けした男性同士のカップルだ


私は午前中に友人と電話をしていて
これから映画に行くんだーと告げた

「一人で?」と聞くので
「勿論」と答えると
「寂しいわね」と言われた


別に寂しくは、ない
焼肉屋だって牛丼屋だって、居酒屋だって
ひとりでも全然平気
なのに

「周りから見れば痛々しいから、やめなさい」と言われた
余計なお世話だ
「だったら暇人見繕って、よこして」と言って電話を切った



前回ゲイの友人と映画観賞をして
妙に切なくなったので
今回ばかりはゲイは勘弁して欲しい
同じくビアンもやめて

別にこの後・・・何て考えてないけど
やっぱりデートは女好きとするに限る



チケットを買ったものの
映画館の中には、落ち付いて座れるソファーは数える程しかなくて
ひとりで、しかも開演まで時間を持て余している私は
空いているソファーまで近づいた

すると
長椅子に何故か2人しか座っていない席がある
何故、皆座らないのかしらと
そこに座っている人達を見て
すぐに男性同士のカップルだと分かった

手を繋いでいる

学校はどうしたのか女子高生のグループが
彼らを見てヒソヒソ話をしている

馬鹿みたい

気持ち悪いって、思ってるの?
アンタ達だって、彼氏と来たらイチャイチャする癖に


だから私はそこにある今後上演予定の冊子を取りながら
彼らの隣に座った


私は気持ち悪いなんて思わないよ
寧ろ、興味深いじゃないか


だけど
しばらくすると隣のお二人が何やら私のことについて話し始めた

「ひとりかしら?」
「そうみたいですね」
「ごによごにょごにょ」
「むはひひ、むは」
「あははははー」


おい、お前ら
失礼じゃないのかい?


友人が電話で言ってた
「周りから見れば痛々しい」という声が蘇る

何、私
憐れまれてるの??



そこへ見慣れた男が駆け込んできた

「ああー、間にあった。冴ひとりで映画って聞いたからさ」

あー。
あいつが呼んだんだ
寄りによってこの男?!



息を切らせて来た人は
良い男というよりも、いつまで経ってもクラスメイトみたいな会話しか出来ない
可愛い人だ

歳も幾分、私より若く
アクティブで・・・
つまり、お調子者だ

年下の癖に私を呼び捨てにするのは気に食わないが
それでもいいや、と思える
人懐っこい人でもある


「あ。待ち合わせだったみたい」
「そうですねぇ」
そんな会話が隣から聞こえてきたけれど

とにかく私は彼らにとって
「痛々しい存在」ではなくなったのかしら?


相手がいりゃ、いいってモンでもないでしょうが



上映開始のアナウンスが流れると
私と同様、彼らも立ち上がった

あら
観る映画まで同じだったのね・・・



年下の可愛い人は
「俺、ポップコーン買うから!冴、なんかいる??」と
財布を開いている
いらないから
別にデートじゃないから、アンタとは


劇場に入っても、まだ続く


あのカップルは私の後ろの列
その視線が刺さるようだ


平日で館内はスカスカで
他に数組のカップルとご夫婦らしい人達
それから若い女性しかいなくて
別の席でチケットを取ったであろう友人も
大量のポップコーンや飲み物を持って
空いている私の隣に座った


「私もポップコーン食べたかったかも」
「あ、そうでしたか?今から買ってきましょうか?」

そんな会話が上から降って来る

さっきから聞いていると
どうもその関係が微妙

ひとりは完全にオネェ言葉なのに
もう一人は敬語
一体どういう関係なんだろう??


そんなことを考えつつ
映画観賞は始まった


えりか様の体当たりの濡れ場のシーンで
私の脚を触って来た手を叩き
その女の生き様
貪欲な美と幸せに対する欲望に
しばし魅入る

素晴らしい演技力だ

勿体ない


また
くぼづかくんって
色々あって大変だったけど
やっぱり実力あるなぁ・・・なんて
これまた勿体ないと感じる


あの監督なのだから
映像美は完璧だ
さくらんを思い出す


ひとコマひとコマが写真のような美しさ


もしも私が監督をしたなら
きっと似たようなものを目指すだろうと思えた


あの監督、大好き


「映像が綺麗なだけでつまらない」
そんなコメントを読んだことがあるが
女の子の目には、ああ写っているのだ
男には解らない
あれが現実なんだと思う




ポップコーンをたらふく食べた彼が
上演後言った
「これから食事行く?」
行くか!!
「帰る」と言うと
「送って行くよ」と私の腰に手を添えた


そしたら上の方からまた声が聞こえた
「あー、何だかお腹空いちゃった」
「じゃあ、どこか食べに行きましょう」
「うん」


見上げれば、またしっかりと手を繋いでいる



映画の中にいた貪欲な女

それは別に特別なものじゃなくて

愛する者や物を抱えた女には
当たり前のことだって


いや、
女に限らず
それを手に入れたいと思う者にとっては
何としてでも手に入れたいもの

色んな欲望が
実は世の中に溢れている





醜いわね






だけど
それが、いい













「送って行くだけで本当にいいの?」


彼にはまだ早かったかな?


こんなこと問うの















AD

堀内賢雄とは

テーマ:
暗い暗い言われるので

私が好きな声優さんのこと書きます


本日もあっちら声優さんと生ラジオでお疲れ様です

堀内賢雄様



私の小説からのブログで
皆様のプロフィールなど軽くご紹介させて頂いたら
とても反応の良かった

今の若い方達が、声は知っているが
ご本人はよく知らない
素敵オジサマ声優だ


もうすぐ54歳のお誕生日を迎えようとしている
芸歴30年以上のベテランです


あの若手美人人気声優
みずきななさんに「理想の声」と言われる


高校生の時は野球に明け暮れ
特たいせい(この場合のたいせいって、どう書くの?)
プロ野球選手になると本人も、周りも思ってた

だけど肩を壊したことからプロの道を諦め

しばしヤケになる

高校の同級生には
これまた声優の小杉十郎太がいて親友だったが

卒業後は小杉は松竹
堀内はしがないクラブのDJなどをして
覇気のない状態だった


それが
あの、ジャイアン
たてかべさんに目を付けられたところから
声優人生が始まった


面白い事に同じく声優稼業に付いた
親友とは、今も不定期にイベントを行ったりもしている


賢雄さんと言えば
その面白い「遅刻の理由」は余りも有名だ

「蜘蛛の巣に引っ掛かっていた女性を助けていた」
「玄関の外にあるペットボトルが怖くて家を出られなかった」
など

とても可愛い

一度目の奥様は声優だったが
今は元アナウンサーの女性とご結婚して
2児を儲けている


最初の奥様のことも
彼は悪く言うことはなく
「理想の女性は?」などと聞かれると
度々彼女の名前を挙げたりしている


今の奥様は実に凛々しく慎ましやかな女性で
彼のエッセイに同じ写真ばかりを使われることを
軽く突っ込んだりもする

イベントの際はお嬢様方と現れる



演技としては
初めは「笑う」演技に悩み
挫折したとエッセイ本には書いたが

たてかべさんや、諸先輩方のお陰で脱した

歌はとても苦手で
自分でボイストレーナーを探して練習したものの

それでも未だよく掴めず
SSDSのステージでは速水さんが出だしのカウントを舞台の袖でしている

これは聖地でも同じで
「奨ちゃん、よろしくね」などと厄介になっている

周りが声優学校やら、舞台出身者であることから
ひどくプレッシャーを持っていた為
独学で全ての努力をした


なので
ご自分の会社を設立した今でも
奢らず、変わらず謙虚
っと言うか、自尊心なさ過ぎな

可愛いオジサマ



人間大好き
「誰とでも仲良くなれる」とはエッセイから
人の気持ちを鑑みて
自分の感情に取り込む程
情の厚い人


私が彼を好きになったのは
勿論、そのお人柄


ある聖地のイベントの帰り
関さんとした会話がある

「こんなに応援してくれる人がいるなんて、ちゃんとやらないとならないね」
「うん、そうだね」




こちらが「大切」と思うと同じに
あちらも「大切」と思ってくれる


素敵な人です








AD

なくなったら、困るよ

テーマ:

ブログを読んでいてくれる方に

「いつも人の死や生き様や、いじめや悩みとか、暗い事書いていますよね?」

と言われた



あのね

それを「暗い事」と言えるのは

あなたの生活がとても恵まれていて、充実しているからなんですよ



世の中には、あなたの想像もつかないような環境の中で

懸命に生きている人がいるんですよ?



知らない、とは

幸せな半面

とても、恐ろしいことだ





劇場で観ることが叶わなかった

「ひみず」をようやくレンタルした


内容は・・・

また「暗い」と言われそうなので書きたくない


だけど主演の男の子

染谷くんの演技は本当に素晴らしかった


あれが演技とは思えない

本当にその苦悩を目の当たりにした人に見える

何も語らない無表情の視線は神掛かっている


精神的に、とても辛かったんじゃないかな

その辺のお話を聞いてみたいくらいだ



出て来た頃に驚いた未来くんを見た時の衝撃に似ている


ドラマでは収まりきれない

舞台で御活躍を観たい役者さんだ




物語の中で

彼は「普通の人」に憧れている


普通に過ごす、普通の人生を


つまり

ブラマイゼロの人生を


それが

抑制された怒りの爆発で

殺人を犯してしまってから


それがマイナスだと感じ

プラスになる要素を探す


立派な大人になりたい

そう思っていたから



全ての根源は、親なのだ



いつも、いつも

そうなんだ



本当に悪い子なんて、いない



まっさらな赤ん坊に

人の情や温かみや、思いやり

何より、愛情を教えるのは

子を産み落とした親の必須だ



これを教わらなければ

子は生き方に迷う

自分の存在意義に疑問を持つ



確かな愛情の後ろ盾のない者は

時に愚かな判断で自己主張しようとする


だって

皆が迷っているのだもの


大人にになった私達でさえ



上手くすり抜けて大人になった私達でも

欠陥しているものはたくさんある



それを他者との繋がりの中で覚えていける人はラッキーで

取り残される人はアンラッキー



アンラッキーでも、自力でどうにかする術はある

そこまで精神が持つならば



つまり


生きる意志が全て



立ち上がる、その図太い神経が全て



弱いものは淘汰される







今朝

私が仕事を終え、車を走らせていると

反対車線の車が中央線超えて

こっちへはみ出して来た


ぶつかる!!と思って

私はハンドルを左に切った


相手は酔っていたのか

いねむりをしていたのか

それは分からない


だけど

あのまま突っ込んでいたら

確実に正面衝突な訳で

だとしたら、私は死んでいたかも知れない訳で


そこで初めて考えた



PCの中にあるデータ全て、それから私が今まで書いたもの

綺麗に仕舞っていない衣服や、明日の仕事

洗い掛けのシューズや、明日の晩ご飯の具材

背の伸びた子の為のズボンの裾降ろし

シャツの洗濯

明日のお弁当

それから

あいつにも、あいつにも

言わなきゃならないことがある



もしも

私が死んだなら

たくさんの不具合と

困る人達




そういうこと

ひみずの映画は思わせてくれた




誰かが続くと思うなら



自分の人生は

続けるべきだ




誰かに期待されてるなんて



凄いことだと

思わない??












何だかマスコミがこぞって取り上げて大騒ぎになってますね
中2少年のこと


だけどあれ
もうかなり前の事件なんですけれどね


その時点で何か
大人の事情、感じますね




色んなことが明るみに出て来て
お偉い方々が意見をひっくり返したり

美人なシチョーさんが「和解」とか言っちゃってるけど
大丈夫??



さて
いよいよきな臭くなってきましたね

これで全ての膿が出るとは思えないが
ポリポリ掘り返せば
過去の色んなことも明るみに出るかも知れないよ?



そもそもね
今に始まったことじゃ、ない

政治家や宗教や、色んな力のある団体が絡んでいること
そのせいで警察さえ動けないこと
(全く誰の為の警察なのか)

遺族の訴えに国民が耳を傾けるのは
せいぜい数週間
すぐに忘れて、また同じことは繰り返される

マスコミはいつも「どうしたら防げるか」なんて特集を組むけれど
だから今に始まったことじゃないのに
何度も繰り返しているのは
それでは全くダメなんだって
理解して方向転換しないといけないんじゃないの?


もう問題はね
教室内のものではないと思う




まるで
もぐら叩き


あっちが悪い
こっちが悪いと叩いても

ピョコっと隠くれれば
もう分からない



あのセレブ夫人が
今回思わぬ大声を上げた
素敵なことだと思うけど
彼女は純粋過ぎるあまり前のめった



私はいつもこの手のニュースを見ていて
こう、思う



あまり口がお上品ではない為
過激だったら、ごめんなさい





そもそも
教育のこととは言わず
全ての政治家、全ての権力者
なんちゃら団体だとか
このアメバさんの後ろにいる宗教団体や
強く力を持つものの上に立てる
正しい絶対権力者、もしくは管理者が必要だ

もうこの際
コンピューターでも構わない
人為的ミスがない分、クールでいい


「何かこれ出しちゃうと、面倒なことになりそうですねぇ」
「これを公けにしちゃうと、こっちにも火の粉飛んできて大変ですよ。見なかったことにしましょう」
「あまり騒がれると、あれも嗅ぎつけられちゃうから別のものちょっと出してうやむやにしちゃいましょう。時間が経てばそのうち静まりますよ」


こういう
「ことなかれ主義」をまず一掃しなければ




そして環境面


親になる予定の者
つまり女性が妊娠したカップルには
「親認定試験」導入
(私が落ちるかも知れないけど)


もっと言えば
正しい人格を持った者でなければ
セックスも出来ない「セックス許可証」も可

婚姻前に試験を受けるのが望ましい
国家試験だ


「ところでアナタ許可証持ってる?」
そんな会話が出会った二人の間でされれば面白い


ああ
快楽だけを求めてのものならば
「私はそれでもいいです」という意思表示をした女性
つまり妊娠の可能性を捨てた者
またはそれを理解した者と付き合えば良い

同性同士の恋愛には介入なし





そして
教育者への人格試験

昨今よく見る
教育者の不埒な行為
これを防ぐためにも

脳内監査も必要かも知れない

教育者なんだ
普通の仕事とは違う
それくらいやってもいいでしょう
人の人生預かってんだから




そして
義務教育を受けている全ての生徒への
徹底的な思考管理

操ろうというものでは、ない
これはもう失敗している

道徳的なビデオを見せたり
命の尊さを解いても、このザマだ

分かる子には分かるが
分からない子には全く響かない


上に挙げた
権力者と親と教師をどうにかすれば
殆どなくなるとは思うのだけれど

悩み多き思春期には
心の中で何が起きるか分からない

心が弱く優しい子も
我が強く反抗的な子も
どちらもこの国の将来には必要な素晴らしい人材だ

どちらの芽も摘んではならない

それが
いじめ、などというものに発展するのには必ず
それぞれの「理由」がある

その心の動きをいち早く察知出来たなら
それぞれの逃げ場
発散出来るいい道を示してあげられる筈


「仲間は大切」
「皆と仲良く」
なんて言葉では
彼らはもう、理解出来ない


それは
自分が穏やかな環境にいて
健やかに育ち
余裕があって初めて
築いていける人間関係だ


自分が大変な状況にあれば
中には人に鬱憤を吐き出すのも
それがさらに色んな感情のはけ口になって
若い思慮では止められなくなるのも
必然と言えば必然



抑え込むだけでは、もう止まらない
ひとりひとりの感情の動きを
定期的に把握する必要がある


アンケートなんて
馬鹿薄いものではもう足りない
何とでも、書ける

脳内を計るのだ
そういう検査を定期的に行う


教員の数を増やし
ひとりひとりの生徒に心を砕くことも効果的だとも思う

その際
おめでたい大学を出た人よりも
色々な経歴を持った人格者を採用するといい

悩める彼らの
良き理解者になれる




偉そうなことを書いても
これが実行されることは、ないだろう


そんなに世の中は単純に出来ていない



だけど
ずっと以前

例えば「江戸時時代」には

これ程問題は深刻ではなかった筈だ


いじめたり、いじめられたりは
それなりにあったであろうけれど


今のように「死」を意識することなど
なかった筈だ


それは皆が貧しく
だけど大らかで
つつましく、思いやりを持って過ごしていたからだ

また
そうしないと生きていけない環境にあった


農民の親は田畑を耕すことに精一杯で
子供は自然と兄弟の面倒を見た

疲れている親を見て
それを労わることを覚える

与えらるものは少ないが
日々の生活の中で
笑い合うことや、たまの贅沢を心から喜ぶ

親にも規制が厳しい為
限られた中でのささやかな幸福を
家族で喜んだり
思いやって、助け合う


助け合う


家族間でも、ご近所でも
友達同士でも
これが当たり前にあった筈なんだ


助け合わなければならないと
日々の生活から学んでいたから



だけど今は
助け合わずとも
親は結構な額のお小遣いをくれるし

人が何をしていようと
自分の知ったことでは、ない

ネットもゲームも自由自在

何不自由ないということが
彼らの心をより乾かした



人は人と関わって
初めて潤うもの

人と関わって
理解して、妥協して、認めて、受け入れるもの



便利を追及して我が国が色々と開発してきたもの
利便性だけで金額に変えたもの


それはちょっと
子供達には酷なことだったのかも


開発だとか日本の推移だとか
そういうモンの前に


我が国が抱える
可愛い子供達のことを考えなければならなかったのかもね




今いる政治家達なんかはさ
いずれいなくなっちゃう人達でしょ?

その後
その席に付くのは
今、まさに学んでる子達なんだから、さ







頭の良い子なら

この今までの体制に
復讐するかも知れないよ?