友人

テーマ:

古い友人がやって来て

他愛もない食事をして

他愛もない話しの中で


もしも自分が今と逆の性なら

どんな人間になっているか、と

提案した


目の前に座る

強面つるっパゲな40男は

「俺ならきっと、可愛い女になるね」と

打ち明けた


実に、キモい


「分かっているのに駄々をこねたり、知ったかぶりをしたりして相手の様子を見る」

それで冷たくされたら泣いたり喚いたりして

男心をくすぐりたい


うーん。

んー何かを間違えているような気がする・・・


「そういう女に男は弱いんだって!!」


それはお前だけだろ?!


そういう女に今までハマってきたのか??

知らなかったよ


「可愛いじゃん」

そういう友人に言って諭す

「もしも私がそうしても可愛いと思うか?」


「思わね」

即答で返って来た

全く腹立たしい


こいつ絶対頭の中で制服来た女子を連想してた

手前ぇの歳いくつだと思ってんだ?

キモいんだよっ!!



「じゃあ、お前がもしも男なら、どんなになるんだよ?」



それにはひとつ

思い当たる節が、ある


怒涛な中学生活を卒業し

高校に入学した時


私は決めていた

中学で難儀だったグループというものには入らない

私は私の欲しい友人を選んで

それを生涯の友とする


そう期待して入学した私の前の席

ラッキーなことに校内一の美人が座っていた


私は美女が好きだ

性格の悪さは必ず顔に出る


だから

美女が好きだ


私はその子を生涯の友にすると決めた

他のブスなんていらない


だから声を掛けた

「あなた、綺麗だね」って


当時の事を彼女は時々言う

「あの時は本当に驚いたよ、変な人に声掛けられたって思った」と


だけど

私達はすぐに仲良くなった

当たり前だ

私はクラスの他の誰も見ていなく

彼女の友にあるべく行動しかしなかったから


其れほどまでに彼女は美しく

高校で開催されるミスにも選ばれた

だけど

その美しさに見合わず

無知で純粋だった


その美しさにいち早く目を付けたのは

3年の野球部のキャプテンだった

彼女を口説き倒し、恋人にしてしまった


どんな服着ていけばいいの?

控えめな方がいい?

やっぱり我儘だって思われるかなぁ?


彼女のそんな悩みを

一手に引き受けるのは私だった



彼女とキャプテンの付き合いはその後3年続き

友人達も「結婚」を囁いた頃

キャプテンの浮気で全てがなかったことになった


彼女は私の元を訪れて泣くので

私はいつも彼女の肩を抱いた

そして

私の吸う煙草を彼女が嫌がると思い

彼女の前で煙草を吸うことをやめた


「アンタは昔からあいつにだけは過保護だね」


同窓会でそんなことを言われ

こう答えたのは必然だった


「あの子だけは、私が守るから。それを私より言う男が現れるまではね」


女が

女性を愛した瞬間だ


私は

彼女を、愛していた



エスコートをして、椅子を引いた

彼女を送ると車のドアを開け

その為に好きな酒さえ我慢した

美しい彼女が送り狼に出会ったら困る


守りたいと思った





だけど

時は経ち



彼女は運命の相手に出会った

そう本人が言っていたのだから、そうなのだろう


私の自宅には幸せそうなドレス姿の彼女と旦那が写っているハガキが届いた



君、本当に幸せ?


私はいつも問うていた

貴女に

貴女に


愛していたから

分かるんだよ

彼が君を幸せにはしないって



案の定

離婚して

子供もなくて

君はまた私に涙を見せたね


大好きだよ

私の前で

そんな風に泣いてくれるんだね


知り合った当時は、私のこと

おかしな人だと思ってた癖に

今は私を頼りに泣いてくれる

ありがとうね

君の為なら

何でもする




君は私が選んだ唯一の友人




ネットとか勢いじゃないんだ



貴女の美しさが私達を結びつけた


君は今も変わらず美しいよ


だから


今も愛している


君の為なら

何でも、するよ








AD

わんだふるわーるど

テーマ:

なみかわさんがリリース情報を公開していて

どうにも我慢出来なくなり

行ってしまったあにめいと。


だって祥ちゃんにりっきーに小山さんだよ?

その上やまちゃんにすぎたにともかずだよ?

さらに内海さんときたら、買わない訳ないじゃない


声優さん顔出しのドラマは

今までも色々あった


だけど

TVドラマの俳優さんがアニメに声を当てると

実につまらなく、技量不足に思えるのと同じく

逆も然り

声に特化した方々が実写のドラマを演じると

些かわざとらしく見えることがあるのは承知の上で


昔のものはホント酷かった

声が良いだけでお金も掛かってなかったし

とりあえず人気声優集めて何とか作っちまえ的な

安易な考えが手に取る程だった


だけど

今は随分と違うんだね

なみかわくんのお手柄ということか

使うキャストも舞台やTV経験者を選べば

違和感はなくなるし

声優独特の「匂い」もあまり感じない


そりゃ

TVドラマのようにはいかないけれど


他の方はどういう見方か知らないけれど


私は普段お声だけは頻繁に聞くのに

なかなかその喋っているお姿を拝見出来ない方々が

生き生きと演技し、そこに映り体で演じていること


走って表情を作り

振り向いて、目を伏せる

そういう普段はやらぬ演技を披露していることに

この上ない喜びを感じる


そんな表情するんだ

そんな風に言うんだ

そんなに背高かったっけ?


見えなかったことが

見えてくるから


マニアックな私は

内海さんの髭を観察したり

すぎたの当時の剥げ頭のてっぺんに凝視したり

なみかわくんの手にあるホクロを数えたりした


素敵

素敵です


声が良いというだけで

私のフラグは立つのに


更にそれを鍛錬して

演技力やら表現力を学んだ人達が

実写で演技するなんて


こんな幸せ、他にない


俳優なんて全部いらない

世の中の男が全て

声優になってしまえばいいのに




また

スピンオフも堪能しました


特典映像でのもりかわさんは素晴らしく良い男だった

地声がもう素敵!!

みっちゃんも!!



世の中の評価はどうか分かりませんが


私にとってはとても楽しく有難い作品でした


やまちゃんと内海さん、啓治さんの演技はお見事でした

鳥肌立ちました


演じる技量って、素晴らしいですね


また

なみかわさんの声掛けで

これだけ多くの実力者を集められたこと

その人脈に嫉妬します




有難う御座いました

次回作に、また期待します
















AD

気心知れた女達とのガールズトークは

息抜きにはもってこいだが

やや、悲壮感漂うのが不満、だ



「でさ。どうしたのよ、この間の彼は?」

「どうもこうもないよ。ベッドまで行ったらさ、これを着てくれって変な下着出したわけ」

「うわっ、そりゃ酷いわ。変態だね」

「そうでしょ?長く付き合いがあるってんなら考えるわよ、私も。だけど初ベッドでそれってアリな訳?」

「いや、ないね」

「無理だわ」

「でさ。最終的には甘えたいって言う訳よ。甘えるって精神的な意味じゃないわよ?そういうプレイよ!」

「あらら。赤ちゃんプレイに当たったか」

「当たったか。じゃないわよ、彼紹介したのアンタでしょう?」

「してあげれば良いのに。赤ちゃんプレイ。彼、紳士だし、外見イケメンで金もあるじゃん」

「そういう問題じゃないのよ、それをこの先もずっと付き合って行く気なんて私にはない訳!!」

「何言ってんのよ、男選べる立場だと思ってんの?オムツくらい代えてやんなさいよ。そんでおっぱいしゃぶらせとけば良い訳でしょ?高いフレンチご馳走になって馬鹿高いワイン飲んだんなら、それくらいしてもパチ当たんないわよ」

「何でこの歳になって、そんな厄介な男抱えなきゃならない訳?おかしいでしょ?それって」

「贅沢言ってるよ、この女。彼の性癖ぐらい受け止めろって言ってんの!」

「悪いけど私、そこまで彼を愛してませんから!!そんなに付き合いも長くないし!!」



気心知れた女達の会話は

聞いていて、とても楽しいし

実に馬鹿馬鹿しい


馬鹿女共がっ!!


「何、涼しい顔して聞いてんのよ、まさか自分は私達とは違う、なん思ってるんじゃないでしょーね?」

あれ?

火の粉が振って来た


「私は・・・」


本当に愛したら、何でもアリだよ

どんなプレイもどんな性癖も受け入れる


掛けますから


「はぁー、ここに未だ乙女、いたよ」

「ホントだよ。そんなことばっかり言うけど、結構当たり引いてるじゃん」


当たりって、なんですか?


「この間紹介したのは一流企業の営業マンだったよね?その前は土木の社長。その後、どうなった?」


「お断りした」

「何でよ?!」

「声に感じなかったから」

「出たよ・・・」

「またこれか・・・」


女って

独身のまま歳取ると

どんどん下世話になるのね


私の友人達がまさにそうだ


条件や顔で判断するように、なる


金を持っていること

第一条件

イケメンであること

第二条件

あとはフィーリング


そんな男

本当にいると信じているのだろうか


可愛い人達だ


生涯独身でいるがいい


私がいつまでも友でいちゃるよ


君達は「女友達」としてはサイコーだ

だけど「妻」にはなるな

男性を幸せにしないだろう


優れたキャリアウーマン

優れたスタイリスト

優れたクリエイタ―


それで良いじゃないか


多過ぎるものを持っているじゃないか

可愛い部下。信頼出来る上司

やりがいのある仕事

相応な報酬

愚痴を聞く友人

時々寝る男


それ以上に

何を欲する?

贅沢が過ぎるぞ



「だけどさ、冴子が一番当たってるのに上手くいかないなんて、ままならないわね」


大きなお世話だ

君達の基準で選んで連れてくるからままならないのだ


私は別に金のない人でも構わない

ハゲでもデブでも、どうでもいい


とにかく

私に未来を想像させる声を持って来い


それだけでいいのに




ままならないわね、人生って




だから楽しい






AD

愛してるから食べたいの

テーマ:

智くんが45のお誕生日ですね

勿論、記憶していた


なのにインフルとはまぁ、御気の毒な・・・

結構お体ガタガタ


智くんという歳でもないけど

検索避けです


ギックリ社長

今年もイベントでお会いしたいです

中野で!!





友人がカニバリズムのことを書いていた


私にも少なからずその衝動があることを

今夜、振り返ろうと思う


ことの発端は子供の頃に知ったニュース

海外で人気のあったロックバンドのアーティストが

出待ちをしていたグルーピーと一夜を共にした


ロックスターにとっては一夜の情事

だけどファンの子にとってはそうではなかった


このままでは彼を手離すことになる

そう思った彼女は情事の後眠っている彼を殺害し

切り刻み、食した

数日にわたって


生で食したり、焼いてみたり

色々と試したようで

骨はジューサーで砕いて飲んだ

食べ切れないものはしっかり冷蔵庫に保存されていた


彼女は愛した彼の全身を食べようと考えていたのだ


このニュースが有名だったかどうかは分からないが

私はそれを聞いた時

「気持ち悪いっ!!」と言う友人とは裏腹に

理解出来る、と思った


切羽詰まっていたのだ


この切羽詰まるというのが

結構キーワードだと思う


彼女はその夜のうちに何とかしなければ

彼を永遠に失う状況にいた




それに

友が挙げていた「ひとめあなたに」も

同じく、世界が終わると考え

切羽詰まっていたのだ


可哀想にユ-ミンの曲はあれによって

猟奇的な谷山的なもののように言われたが

描写は女性的で素晴らしい


私は学生結婚をした女性の方に共感するが・・・



話しを戻そう



大好きな人とひとつになりたいという欲求は

憧れているものが、絶対的に普通では手に入らない時に爆発する


恋人のいる男

自分は妻なのに愛人の所に行く旦那

憧れのスター


何が欲しいって

体や精子じゃ、ない


全て、が欲しいのだ


勿論、体の全ても





また

ずっと昔

すずきほなみさんが主演で演じたドラマの中に


不倫でありながら体の関係のない純愛を描いたものがあった

二人はそれぞれ家族同士で仲良くしていたのだが

心の底では自分の夫よりも、自分の妻よりも

相手が幸せになることを祈ってた


そんな中、ヒロインであるほなみさんは病気で亡くなってしまうのだが

生前、彼が彼女の手の小指にだけくちづけていたことで

こんな遺書を残した


「あなたの唯一知っている私の部分を、あの場所へ。あなたなら出来るでしょう?」


彼女は旦那にも言えなかったことを愛した彼に託します


彼は棺の中の彼女の小指を切り取り

思い出の場所にそれを埋めます




これには酷く共感しました


それを食したいくらい


食したいのは彼も山々だと私は勝手に思っているのですが

小指を埋めた野原には翌年から花が咲き乱れるという

ドラマらしい綺麗な結末だった



「あなたの唯一知っている私の部分」という言葉も

また素敵


キスをしたから知ったのです

他のキスをしていない部分は結局知らぬまま死んだというのが

とてもロマンティックで

唇さえ知らなかったのが背徳感を退いている




こういうことを考えると

私は自分もゆくゆくは誰かに食されたい、という

欲求を持っているのを自覚する


十代の頃から言って来た

「最終的にはアフリカに移住して、井戸を掘ったり農業をしたい。そして最期はライオンに食われてその一部になりたい」


これは19の頃から言ってきた私の夢だ


何か愛情の倒錯とは外れて来てるけど


日本で死ねば焼かれて灰になる

実に、つまらない

何の役にも立たない


だったら

猛獣の糧になり、その血になりたい

そうやって自然の摂理に組み込まれたい


それなら私の死は無駄ではなく

その者を生かし、またその他の者の糧になる





もしも

私のことが大好きで

食したいと思ってくれる人がいるとしたら


それは有難いことだ


そんな狂気なら

是非、見てみたい


噛み付かれるのもやぶさかでない









いないだろうから

私はやっぱりアフリカで食われようと思うよ


生きてると痛いから

やっぱ死んだ後にして欲しい



あ。

ちょっと待って

臓器提供を希望してるから

それを取った後にお願い



時間経っちゃうと鮮度落ちるから

その辺、早めにお願いね!!














読んでるんだろ?


我が息子
















和は結構女心を掴む

テーマ:

友人が面白い動画が見付かったとメールしてきた


京サマのステージ映像だ

ああ、懐かしい


今ではちょっとテンション高いおかしな人みたいに

時々旅番組などに登場したりする京本政樹さんだ



元から辿れば

私は小学生の頃、時代劇の大好きな子供だった


自分の部屋ではR&Bを聞きながら

毎週8時頃にやる時代劇を楽しみにしていたのだ


最初に夢中になったのは流し目で有名な杉良太郎様だ

遠山の金さん

「この桜吹雪が目に入らねぇか!」

これにヤラれた


あの流し目、あの顎から首にかけてのライン

そして、あの声

色っぽいの何のって!!


だけど

そんな魅力に気付いてしまったことを

母に知られるのが嫌で

勉強机の隣にはカモフラージュの為にトシちゃんのポスターを貼り

密かに寝床にしていた押し入れの壁に

杉様のポスターを張って

お小遣いはたいて買った「すきま風」というカセットテープ

B面は「君は人の為に死ねるか」という名曲だった

これをこっそり毎日押し入れで聞いていた


遠山の金さんを観ていたのだから

勿論、銭形平次も観ていて

そこに美しい少年がいたのは知っていた

大御所、大川橋蔵さんの愛弟子だった京本さんが

しばらくしたら金を受け取れば何でもやる仕事人

組み紐屋の竜に抜擢されたのだ


その美しさといったら!!!!

衝撃的だった

それに、その声

透明感のある繊細な声


時代はなんちゃらなんちゃらという賞を

マイケル・ジャクソンが総なめした年だった

私はスリラーのPVに怯えながらアメリカ放送を黒人の友人と観ていて

家に帰ればかき集めた雑誌で京サマのことを調べ尽くした


その後、彼は角川映画の里見八犬伝にご出演し

浜路という妹を愛する信乃という剣士を演じた

浜路は結局死んでしまうのだが

彼が劇中で何度も叫んだ「浜路ー!!!」が

「あまじー!!」に聞こえ

私のクラスでのあだ名は「あまじ」になった


あまじは洋楽も聞いてるけど、時代劇にやたら詳しい

ビジュアル系が好きみたいだけど、校門の外にいつも白いソアラが迎えに来ている

あまじって、先生と仲が良いのに、時々ヤンキーの集会にも行ってるんだって

私服見た?凄い高そうな服着てた


私の中学生活は、噂まみれだった


洋楽を聞いていたのは、アメリカの歴史に興味があったからで

校門に迎えに来ていたのは同時の彼氏だ

ヤンキーの集会は呼ばれた時だけ行っていただけで

私服が高価なのは、当時から金を稼げていたからだ


バンドを組み、その収益があった

DJ紛いなことをしてカセットテープ30分を当時500円で販売していた

そこに何故か京本さんの楽曲ばかりセレクトすることを

きっと聞いていた人達は謎に感じていただろう


私はその頃、京本さんのファンクラブ会員だった

まだレコードだったアルバムを全て買い

ビクターから出たものは今も全て歌える


コンサートも欠かさず行って

握手もサインもして頂いた

何とかデパートの屋上でイベント、なんてものにも欠かさず駆け付けた

私が送ったシャツをTVご出演の際に着て頂けた時には

眠れない程歓喜した


今の兄さんに対するものと、変わりない、な



だけど

呆気なく熱は冷めてしまった


もっと良い声の人が次々と現れたのも、ある


勿論

声だけが好きだった訳じゃない


彼が美大を出て画家を目指していたことや

時代劇で学んだこと、そのお人柄、ユーモアのセンス

何よりその美貌、殺陣の見事さ

踏ん張る足元に見えるふんどしと、内もも

前髪が目に掛かる美剣士は、まるで少女漫画のようだった


だけど

女性問題で少し色々とあり

結局、ご結婚なされたことで

私の熱は冷めてしまった


お幸せになるなら、何より

そういう「送りだした感」が強く

それ以降追う気にはなれなかった


今なら

何様だよ?と思うが

当時は中学生だったのだ

失恋と同じ痛みを感じた




それを今

当時の映像を見せられると


思い出す

どんな風にときめいて

どんな風に感じていたのかを


彼は着物を脱いでポップスを歌っても

とても素敵だった

また作曲や作詞も自分でしたので

その当時の彼の心境が見える気がして

彼の楽曲に心を寄せたことも少なくない



今、見れば

男が派手な化粧したおかしなPVだ


だけどそれが、とても素敵な刻ってのがあったんだ


それを経たから

子安さんや速水さんが化粧し出しても受け入れたろう?


雄二さんは微妙だったけど




悔しいのは

そんなに時代劇を観ていたのに

何故、兄さんを見出せなかったかと言うことだ



まぁ、

無理もないか

今ようやく昔の兄さんの映像集めていますが

当時の私の好みでは、ない



歳を取ったから、分かるのです

歳を取ったから、気付くのです




顔だけで、ない


声だけで、ない





本当の漢の魅力に






もっと早くお会いしたかった、です