なんかね


あの例の規制法の影響で

こっちに来るお悩み相談も

それに悩んでるのがあるんだけど


その相談相手って、私じゃなくなくない??



どうしたらいいか?

これから、どうなっちゃうのか?

ということは


私なんかよりももっと丁寧に説明してくれている人が

ネット上にはたくさんいる


そっちへ行っては如何かな?



気持ちはわからんくも、ないよ


私も結構ぐろい漫画とか読んでるし

明日のがんつも楽しみだ


ちっちゃい子に惚れちゃうやつとか

むりくり致しちゃうやーつーとか

男同士とか

そんなんもあって良いと思うし

それだけが犯罪の引き金になっているとも思わない


だけど確かに

よろしくないものも、あるのは事実だとも思うんだ


私も相談された手前、色々勉強したけど


詳しく書くと熱い人来て怖いから

さらっと書くけど





あれはね

あれ、なんだよ


反対してる人達はね

なんちゃらきょうかいの人とかじゃない?


そっちの人はね、官僚と繋がっててね

だからお巡りさんたちも流されちゃうし

ほら、お仕事だから、それに出世掛かってるから

大変なのよ、キャリアは


「そんなことで私達の楽しみを!!」ってのは

よく分かるけど

怒ったり、嘆いたりしてても

現状は変わらないぞ


とにかく

バタバタすんな

それに

やたら悲観的になるな


悲しいニュースも知ってるよ

しんでも法は動かないぞ


やれること探して、やったら良いじゃないか


だから、その方法は私に聞かないでね


私は別に反対運動者じゃ、ない




って言うか

ぶっちゃけちゃえば


なくならないと思ってるんだ、私は


なんの根拠もないけど

君よりだいぶ長いこと生きてる女の意見だよ


だって考えてご覧よ

あの経済効果、半端ないんだよ

我が国のオ○クパワーは凄いんだから


それをごっそり取り上げるなんて、そんなこと

出来ないとお姉さんは思うなぁ・・・


ちょっと見にくくなっちゃうかも知れないけど、ね




私に相談なら

出来れば恋愛事にして下さい


そっちが専門なんで。。









この騒動

別に怒りはしなかったものの


唯一、イラッときたものがあった



あっち方面の方が「音声」についても批判した


音声?・・・・・声、だよね


おいおいおい、ちょっと待てと

この声フェチには引っ掛かった


大人の女性声優が、少女の声を出すのは如何か?などと言いやがった


何、言ってんの??


それが才能であり個性であり、第一、仕事なんだよっ、あの人達は


学校や劇団で実力を磨き

今まさに活躍している人を責めるとは

仕事取り上げる気か?!


声を否定するとは

卑怯者め


めっ!


良い声を否定したらダメ!!





AD

大人は恋をするのも難しい

テーマ:

昨夜クロガネを観て


兄さんの言ったことにまた

色々と考えあぐね


ここに

つらつらと長い文章を書いたのだけど


それより前に飲みながら小説書いてたから

だんだん酔ってきて

自分でも何書いてるのか

訳わかんなくなってきたから

UPするのをやめた





で、今日

ずっと観たかった「告白」という映画を借りて来て


それ観たらまた色々考えちゃって



またつらつらと長い文章を書いたのだけど


すげー長いから、またやめた




私の経験を交え

こうなって、こうだったから、こうなった

で、今ではこう思う、的な内容だったものの




書きながら内心

「何偉そうなこと言ってんだ?」と

自分で思った



間違いを懺悔したいなら

今は言葉で、なんて都合良過ぎる



態度で示せよ、と

兄さんなら笑いそうだ



そんなん語るのはあと20年ぐらい生きてからに、しよう

それまで生きてりゃ、の話だけど








だから今夜も酒を飲み

(ホントに懺悔する気あんのか?)

私らしい記事を書こう





あの映画がそんなに観たいなら

あの作者さんみたいに今からでも筆を取って

オリジナル書けばいいのに



あくせく声優話書いてる私は

随分と寄り道が長い、ってか

これが本線になってる、ような・・・








今日友人に

「彼氏、作らないの?」と聞かれ

「だんだん欲しくなってきた」と答えつつ



だったら、どんな人が現れたら

私は恋に堕ちるのか?

それを考えたら





・・・・・キャラと声優しか、出て来なかった





終わってる・・・私・・・・・終わってるよ





「じゃあ、声優と付き合っちゃえばいいじゃん」と言われ

「お前、そんな簡単に言うなよ・・・」と答えたが



そう言えば、声優の友人がひとりいたことを思い出した



時代劇で有名な会社に所属する彼は

以前兄さんとも現場を共にしたことのある役者さんだ



「あの人は背が高いから、合う袴がなくて衣装さんが困ってた」

なんてエピソードに私は食い付き

「それで?それで??」なんて聞いていたが

彼自身に興味があったのかというと

そうでも、ない



今は仕事の大半が大人向けPCゲームのアフレコだという



「ブースの中でさ、昼間っからあんあん女の声聞かされるんだぜ、酷な仕事だよ、ホント」

「まさか口説いちゃう訳にもいかないからさ、家帰ってから自分でしちゃうんだけど」

「虚しいよね、やっぱ。あー彼女欲しいー!!」



こんなん聞いてたら

惚れる訳ないじゃん



いや、でもね

演技力がもっとこう

何て言うの?

ビックリしちゃうような感じだったら・・・惚れた、かも

・・・・知れない、けど



クリエイディヴな業界って

よく出来ていて

メディアによく出る人達はやはり

それなりの実力があるからよく呼ばれる訳で・・・



故に、遠い存在な訳で・・・



ちょっくら呼び出したら

デートの叶っちゃう彼はやはり

私が欲しい恋人とは・・・違う





あれ?

また「何様?」みたいになってる




違うの

実力ある演者じゃないと嫌!!って思ってる訳じゃないの




何かひとつ

何かひとつでいいから


ずば抜けて、私が跪きたくなるくらいの何か、を

持っていてくれたりすれば、それで惚れちゃうの




簡単なことなのに




あ。

でも、会社の社長だって

どこかの会長さんだって

別に肩書きで、そうは思わないよ



それに

コーラ飲んで山の手線全部言えるとか

国旗見て、全ての国名言えます、みたいなのも

大して凄いとは思わない






つまり・・・・生き様ね





カリスマ性、ともいう






もしも兄さんみたいな説得力のある言葉を

兄さんみたいな瞳の色で語る人が現れたら



私は多分

相手がどんな容姿でも

どんな立場でも




恋に堕ちると、思う













































あ、


でもやっぱ


あの声が、いいなぁ

(ダメじゃん)





















AD

花の命は結構長い

テーマ:

職場で起きた色々に


少しイライラして

ムカムカして

PC開いたのだけど


なうで兄さんが喋ってるの見たら


もう、どうでもよくなった





私もくだらないこと、書こう


うん、そうしよう




ずっと以前書いた

同じ職場の女性の恋が

大変なことになっている



一回り年下の男性に振られた

私よりも年上のお姉様は


彼に恋人が出来てもなお

彼の自宅に通うことをやめない


これを、押し掛け女房と言うのだろうか


店長もマネージャーも私も勿論止めたのに

そんな外野の声は

恋をしている彼女の耳には入らない


月曜から金曜まで通い

土曜の夜だけ泊らない


土曜は恋人の子が泊る日だからだ


おまけに日曜はキャパやら、その・・・

大人の遊園地へ出向くらしい

相当タフな彼だ

(感心している場合じゃない)


正月を挟み、もう数カ月

いよいよ、相談に乗っていた男性陣は匙を投げた

「そのまま都合の良い女でいれば?」

「言っても、無駄」などと冷たい言葉で閉ざす


そりゃ、そうだと私も思うが

人生経験豊富な40女が

何も考えなしにそんなこと、続けているとは思えない


そしたら案の定

彼女は私にだけ言ったのだ


「私は我儘を言わないし、何でもしてあげる。今はフラフラしていても、若い子に疲れれば戻って来ると思うの。てかそう思わないとやってられない。だって、私には後がないんだもん」




ああ・・・・・・腹、括ってた訳だ


何だか、怖いな



確かに世間でそんな話を聞いたこともあるけど

アンタはどんどん枯れてくが

彼はこれから男盛り

その可能性って・・・凄く低いと思うんだけど・・・

そもそも何十年待つ気だよ?



なんてこと、言えるかーっ!!



大人の女が覚悟決めてんだ


挟む言葉などありゃしない


惨めなのも、醜いのも

彼女は充分分かっている

それでも良いってんなら


行って来い、てなモンだ




女のプライド守るのは他人じゃ、ない

自分自身、だ







そうかと思えば


某ブロガーさんが告白記事書いた


私はこれをとても楽しみにしていて

どんな風に彼女が答えを出したのか

自分と向き合うのか見たかった



だけど、彼女はそれをただの告白記事とせず

「皆への感謝を込めて」とUPした


おいおい

天使みたいな顔してると思ってたけど

書くことまでまるで天使みたいだな


私と似たような結婚しやがって

しないでも良い苦労

私が親なら泣いてるね



だけど

読んでて分かる

彼女はもう乗り越えた

踏ん切りを付けたんだ



私は未だ傷付いて、悩んで、恨んで

眠れなくて、呪いたくて

ハゲる思いで毎晩を過ごしているというのに


いや、恋愛のことだけじゃなくてさ


こう、人生全般?

環境とか、生い立ちなんかにも



そんな私を遙かに飛び越して

彼女は皆に感謝しちゃうんだな


凄いなぁ、と思う


人間が出来てる




いや

でもね


彼女の中にも、ある筈なんだ

もっと

書かない

色々なものが


だけど彼女はそれを表に出さないことを選んだ


泣くことよりも、笑うことを

怨むよりも、感謝することを


方向は違うけど

私も同じだよ

前へ進む為に下した決断だ



お互いに

きっかけは、同じ人の手によって


何か、気持ち悪い縁だけど


これも何かの縁だ


君の今後をこそっと見守りたい




私は

吐き出していくよ


恨み辛みも、憤りも


「憎んでも、いいじゃねぇか」

あの人がそう言ったから


それが

人を攻撃する為のものじゃなく


私の書くものや、今度いつ歌うか分からない歌や

誰かへのアドバイスに役立つなら


死ぬほど悔しい負のエネルギーだって

絶対に私の糧になると知っているから





ほーら、兄さん


女は女でも

色んな女がいるね



何か、怖いね




だけど

どの女も


自分を咲かす為に生きている






















AD

映画は心を和ませる

テーマ:

兄さんがあちらにいるから

私もよくつぶやくようになった


だけど

読まれたくない人もいるから

非公開



ああ。

もしかして的に、私のこと書いて下さったのかしら?

某ブロガー様。。


大丈夫なの

あなたもあなたも、あなたも大好き


ただね

色々ね

変な男とかがね

「読んでるよ」ってメールしてくるのがウザいの



もうおひと方のブロガー様も

何だか、ホントすみません・・・泣けてくる・・・・




季節がら、私生活でも色々あって

仕事励んでも思った収入なくて

兄さん体調悪くても、手ぇ届かないし

ピアス失くすし

(後半、愚痴だけど)


ほら

結構弱い人間なんで


ひとつ考え始めると

ネガティヴに思考が倒れ始めて


こりゃ、いかんと思い

レンタルショップへゴー


色々借りて来た





えくそしすと・ディレクターズカットから始まって

あうとれいじ

ひっしけん・とりさし

だーりんは外国人



やみ鍋みたいなチョイスだけど、いいの


目的は自分にない視点と思考を入れること

そんで

笑って、泣くこと


どれか観た人、いる?


ひとつは懐かしくて

ひとつは監督が好きだから

ひとつは主演が好きで

もうひとつはストーリーに興味があって


あうとれいじはやはり、劇場で観るべきだった



だーりんは外国人は、日本人の女の子とアメリカ人の男性が

結婚まで漕ぎ着けるラブストーリーなんだけど


凄く思い当たる節があって

相当笑えた



ええ、私

昔は色んな国の方とお付き合いがあったので

周りの友人は、絶対私が国際結婚すると思っていたようです


私も思ってたけどね

思った通りに人生ってのは進まないモンなのさ


映画のシーンにもあったけど

日本人はよく、家族のことを愚妻、愚息などと

蔑むような言い方をする


それが本国独特の控えめな美徳なのだけど

外国人にはそれが理解出来ない


「つまらない物ですが・・・」

「不束者ですが・・・」も同様


「つまらない物なら、いらないよ」と

マイダーリンも言っていた

(私が書くとキモいな、マイダーリン)


日本人の男性が同僚などに恋人のことを尋ねられても

大抵は謙遜して答えるんだろう


だけどアメリカ人は違う

いかに自分のステディが素晴らしいかを自慢する


恋することに夢中だった私は

そのことが単純に嬉しかったし

私も臆面なく彼を褒めた


いわゆる、色惚けカップルだ


私の恋は、恋で終わってしまったので

その後の成り行きを見ることが叶わなかったが


私達のように恋をして

愛を育み

結婚まで至った友人の家に遊びに行った時


二人の会話を聞いてしまったんだ


「もっと愛し合っているようにしてくれないと、格好悪いじゃないか!」

「あなただって、皆の前でキスしてくれなかったじゃないの!」



なるほど


そういうことか

と思った


国民性の違いと言いますか

とにかく

「面倒臭ぇな」と思った私は

国際結婚をしなくて正解だったのやも知れん


そればかりじゃないけどね


勿論、愛には国境などないと

書き残しておこう

(取って付けたように・・・)

(ほら、一応恋愛小説書いてるから)





そうそう、あとね


唯一の時代劇は

勿論主演の彼が見たかっただけなんだけど


ラスト15分の彼の目は久々にゾクゾクする程素晴らしかった


それにね

入浴シーンがあって

ほら、長年ファンやってると

半裸程度なら画面で観てたんだけど


その体が、ね

やっぱり年齢を重ねててね


普通なら、若い時の方がいいと

大半の方は思われるのでしょうけど


何か

無闇に色っぽかった、なぁ・・・



分かるかなぁ?

分かんないだろうなぁ・・・

(これがもう、分かんねぇよ)




だけどさ


主演とよかわさんで

対決相手がきっかわさんなんだけど


あの2人、どちらも身長180超えよね


これさ

時代劇としては、どうなのよ?


お互いでこが鴨居に当たりそうなんだけど


あれで刃構えたら

天井当たっちゃうじゃん


昔のお侍さんはね

そんなに背デカくないっての!


それでも日本家屋での無理矢理撮影


「大きな男だな」というセリフに

「お前もな」と思わず突っ込む






ああ


そういや兄さんの時代劇の時も


こんなこと思ったな、と


しばし笑えた






あの・・・

色々ごめんなさい

煩わせて、すんません



ゆもっちゃん、もう寝てると思うから

昼間にメールする



グルっぽの写真

何か兄さん寒そうで

気の毒になったので

無断で変えました

明日、謝ります




あっちは何か凄いね。。


兄さん追ってキャナヤさん見て

そこからほずみっきーを見付け

もしかしたらあっちら声優さんもいるのでは??と思い

あくせくアクセスしたらすぎたに繋がった


そしたらくぼっちまで出て来て

あら、有名脚本家さんまでいた


嬉しいけど

別に追おうとは思わない



って、言うか

兄さん

この時間までお仕事だったのね


お疲れさまでした

飲んだ暮れててごめんなさい




小説更新して、メールにお返事して

グルっぽ更新して写真も勝手に変えて

あちら兄さんにコメントした



もう、酔っ払っても、いい??





あのね


色々ね

地域の何たら委員だとか


PTA的な?役員だとか


そういうものがこの時期

決める時期なのね


ほら

私なんて、物凄い世捨て人

世間の喧騒なんてモンとは全く別のところで生きてるんだけど


一応、社会人なんで

やらなとならないことは

やらないとならないのよ


引き受ける気がない訳じゃないのよ

やる気はあるって!

自由になる暇がないだけで



今夜、お隣さんから電話が来て

その役員ってのを「うちかお宅か、どちらかが」的なお話を受けた


いや、なんも?

やりますけど?それが何か?


私的にはそうなんですけど

早朝の業務がある


あらら

それだと無理、ですね

私は朝6時には出勤していますので・・・


そう言うと

お相手は途端に態度を変えた

「私はね、校外委員もしていますので・・・」


うーん、それは

この空気を察して私に引き受けるよう促している・・・のですね?


だから、良いですって

別にやりたくない訳じゃないですって!!


ただね

軽はずみに「やります!」なんて言ってね

実際出来なかったら皆様にご迷惑なので

こちらの事情をあらかじめお話しているだけで


「ですがね、私も最近体調が良くなくて・・・」

ゴホッ、ゴホッ




おいおいおい

そう来たか


お前、仮病使ってまで

引き受けたくないのかい?この仕事


「恒例で言えばね、お宅が引き受けるのが順番じゃないかと・・・」


ああ

いいよ

引き受けても


だけど私は仕事を最優先するからね?


だってそれが家族の為だもん

地域よりPTAより、私はまず家族を守らないとならない


お前らみたいに三食昼寝付きの主婦とは違うんだよ


朝から晩まで働いてんだよ


「他の方々がどう思うか・・・」


他の方々って、誰だよ?

私の耳に入らない私の悪口など、ないも同じだ


そもそも、アンタ達の目線で私は生きてない


暇な奥様達の主婦トークに私を敵視されても

何も痛くない

ランチに1000円以上掛ける余裕があるなら

旦那の小遣いもうちょっと上げたらどうだい?


そんなことだから浮気されるんじゃないのかね?


しまいには

「ごめんなさいね、こんなお電話。お忙しいのに・・・」とくる


分かってるよ

アンタが明日井戸端会議で私を題材にするのは



大人って、ホント



えげつないな



気に食わないなら、気に食わないと

言えばいいじゃないか


私が間違っていると思うなら、そう言えばいいじゃないか


歩み寄るよ、いくらでも

そちらに聞く気があるのなら



向き合うことさえしない大人は

今の子供達の最も悪い見本だと思う



ぶつからないように

そつなくこなして

それはそれでいいかも知れないけど




そんな姿を

子供達に見られているのかと思うと





私には我慢ならない




イラつくことはイラつくんだ


だけどやらなきゃならないことは、やらなきゃならない


辛いし苦しくて、だけど必要



そういうことだって

教えるべきだろ?



何カッコ付けてんだよ?









世の中の大人って


凄く


格好悪い