マクレーンが那智さんじゃなかった


何気に、不愉快だ


「あー、那智さんで聞きたかった」と何度も言っていたら

家族に「聞こえないから静かにして」言われた


分かってないな、君達


ブルースは、どうしたって那智さんだろ?

私はそれを聞いて育ったんだからさ


セガールは明夫さんだろ?

トムは森川さんだろ?

次元は小林さんだろ?

桐生ちゃんは、絶対的に兄さんなんだからさ


そういう法則なのは

私だけなの??







今日、店に元カレが来た


偶然に


これだから接客って、怖いよね



凄い混んでて

朝の出勤ラッシュで


お客さんの顔、見る暇もなく

バタバタと仕事をこなしていたら


会計金額を告げたところで

「Edyで」と言った、その声


それで気付いた



流石、声フェチだと思わない?


慌てて顔を見る


う・・・う、?

あれ、名前何だっけ?


・・・・・ああ、ヒロユキだ


思い出した


その細面

背の高さ

綺麗な顎のライン


変わってないね


だけど

髪っ、ど、どうした?!


真っ白じゃないか!!


確か同い年だったよね?

そんなに苦労したんかい??


そういや、頬・・・こけた、ね



ほんの数秒で私は色々と思い巡らせたというのに

彼はEdyの為に携帯を取り出し、私の顔は見ず気付かなかった



声を掛けるべきか


否か




いや、否・・・だろう



釣銭を渡した時に触れた手が

変わらず温かかったことが

鮮明に、昔を思い出させた



「冴子の手はいつも冷たいな」

そう言って握ると、自分のコートのポケットへ入れてくれた


「ゴメン、我慢出来なかった」と

初めてのキスを詫びた


「俺より良い男なら、仕方ない」

そう言って、別れを受け入れた




8年前のことだ



彼には奥様がいたから

初めから私達に未来などなかった


私には奥様から彼を奪う気など

全くなかったし


彼もそうだったはずなのに

「出会うのがもっと早ければ良かった」

なんて言う彼を見ているのが辛かった


都合の良い話、だ


だけど

都合の良い想いではなかったから


私は彼に応じた



私を「好き」だと言うのに

結局、帰って行く彼に

私が限界を感じるのは早かった


私は、不倫向きではないから



だから言った

「好きな人が出来た」と


男を試す

馬鹿な女のノリで


出て来る答えは、分かっていたのに






店を出た彼が


見慣れた社用車にまだ乗っているのだと知り


きっと生活も、変わってはいないのだと思った



「今日、あなたを見たよ」

そうメールしようとして、やめた




時折

年に1回ほどのペースで彼が

「今日、車でスライドしたよ。髪、切ったんだね」


みたいなメールを読めるだけで


私は充分だ










AD

ようやくオンデマンドを見る時間が取れた


観てきましたよ、クロガネ


あの12月を思い出すような、歌のお兄さんのオンデマンド用真顔に

久々にドキドキしたのに

すぐにNGな感じの三兄弟に切り替わった


あの・・・さあさん?

どうせ聞かせるなら、最後まで聞かせてくれませんかね?

夜を・・・行きそこなった・・・





私は先々日


大切な人と飲んでいたのだけど


そこで話した色々を

24時間、再び思い巡らし

(いや、半分は寝てたけど)


また

私の中に存在する彼を

再構築、した



助けなければならない、と始めた関係なのに

今や、教わるのは私の方ばかり


人はやはり多面体なのだ


ああ

彼と知り合えて良かった

友になれて良かった

財産だと思う感情は

上手く彼に伝わっているだろうか



君を愛している

やっぱ



だけど

自分に自信のない私は

色んな危惧をする


何か、やらかしてないかなぁ?


ガッカリさせて、ないかなぁ?


なーんだ、こんな女だったのかよ?と

思わせてはいないかなぁ?




あれ?

普段は物凄いダンディーに会った時にか思わないことを


君に感じるのは

些か




不愉快、だ



それだけ

君の「男」としての魅力も

捨てたものではないと

認識してくれると、嬉しい


だから

どうだって話なんだけど


私はどうあっても「女」だから

こんな評価しか出来なくて、ごめんね



勿論

人としての君を


一番に評価している



今度は私が新宿まで行くよ


君の友人にも会いたい




あ。

だけど

私用の男を用意しといてね


ひとりで帰る躾、受けてないから










AD

ポークビッツに人生相談

テーマ:

夜のイタズラ・・・されたいねぇ・・・



何だか本日はムシャクシャしとります


ジャズ聞きながら、こんばんわ

薬か酒がないと眠れない冴子ですよ




齢60って親っさんに

色々言われて


流石、歳のこう

確かに正論なんだけど


ほら

女も人生長くやってっと

それだけじゃないこともある訳で


そりゃ、そうなんだけど

そうそう上手く行かないこともある訳で


気持ちは分かる、気持ちは痛い程分かるが

私は、そういう人間ではない訳で



なんて言うか

こう・・・・




アンタは私の父親かよ?!


と、言いたくなった




いや

父親なんですけど



つまり

私の母を貰ってくれた

義父なんですけど


すっごい真面目で、度量の深い

温かいパパンなんですけど


大好きなんだけど




失礼を承知で言う



私の見てる世界

目標としてるもの

手に入れたいものは


あなたが「常識」と考える範疇には、ない


そんな娘があなたには

酷く奇っ怪に、風来坊に見えるかも知れないが


大丈夫

頭がおかしい訳でも

現実逃避している訳でも、ない


あなたは、私に母のように歩めと言うが


それは無理だ


私は母のクローンでは、ない


彼女は日本の母、そのものに

家庭的で、陽気な肝っ玉母さんだ


だけど私は文学を愛し

酒や音楽を愛し

刹那を大切にする


未来ではなく、刹那を



そうして築いた私の世界に

仲間も多く、友もいる

親の賛同がなくても

もう、孤独ではない



あなたに出会う前

母は随分とひとりきりで頑張り

その結果

私には孤独が訪れた


そこから抜け出すために選んだ

この道を

私の親と言うなら否定しないで欲しい



大丈夫

やるべきことはちゃんと、やる


だから

そろそろ、私そのものを認めてはくれないか?



責めるつもりなど毛頭、ない


産んでくれたこと

育ててくれたこと

この歳になっても気に掛けてくれることに

本当に感謝しているから



私は今日も

「はい」と言って、実家を出るが


本心を言えぬことが

自分の弱さなのではないかと


深夜になっても考えあぐねる始末




分かってもらえないのは、悲しいことだ


だけど

分かってもらおうとすれば

相手を傷付けると思った場合




どうすりゃ、良いんですかね?



兄さん?














AD

ひとりごと

テーマ:

チョメチョメ中の冴子、ですよ


チョメチョメって何だよ?

おい、懐かしいなぁ・・・


名言だよな、あれ



ニャンニャンてのもあったけど

あれは、あんま好きじゃない



新しい小説、出しました

良かったら、読んでください

寝る前のお供に・・・・


変な夢見ると思うけど



裸族にゃ、厳しい季節になってきましたね


・・・・・寒い




明日は仕事がない為


浴びるように飲んでいますが

思い切って浴びちまいたい

そして、着火したいくらい、寒いです

(だったら服着れば良いのに)





何だか、良い出会いがあったのですが

どうにも恋愛モードにならない私


恋愛って・・・・



どうやるんだっけ??




ええっと

お食事して

ドライブして


そんで

そんで


夜景とか見ちゃったりして


「綺麗だね」

「うん、綺麗だね」


何て

言ったりしちゃって



ああ

でもきっと兄さんは


「人が暮らしてるんだから当たり前」なんて

言うんだろう


なーんて


何でデートの最中に兄さん?!



ほーら

恋愛どころじゃなくなってきました


目の前の男見てるより

兄さん見てる方が楽しいから


心が引き戻る



痛い

痛いねぇ




書けば書く程痛いから



おーい、リョウ?


君とのデートは火曜で良いんだよな?


連絡ないけどー??










愛は出し惜しみせずに

テーマ:

動画サイトでケツ振ってる韓国女性の振り付け覚えようとしてる場合じゃないよ!


アメバさん来たら

何か皆盛り上がってるじゃないかっ!

何ですと?

隊長のブログ?!


兄さんなぁんも告知しないから

出遅れたじゃないか


さあさんも何も言ってくれないし・・・


やっとブログパーツ貼れた



しっかし頭からあの韓国発ものっそキャッチ―な曲が離れない・・・


ケツ振って可愛いのは今のうちだけだぞ

あれ、兄さん的にはどうなんだろう?

機会があったら聞いてみよう





TVで再びカイジを観たことから

そういや何か新作出てたんじゃないかと

レンタルショップに赴き

マツケン的なサンバを口ずさみながら

新作を探し当てたが借りられ中


しょうがないから

最近観てない良い男が観たいと思い

更に探せば、いいのがあった


「今度は愛妻家」

彼の主演のものは全作観たい程ファンなので

勿論借りて来た


観た人、いる?


ファンでありながら私は

彼の演技力をあまり評価していない


こう、何ていうの?

ビジュアルと声と、そして彼の意外に関西的な性格が好きだったりする

時々、スクリーンで観れればそれでいい

引力は兄さんの方が高い


だけど「今度は愛妻家」には泣かされた

周りの共演者が良かったというのも、ある


私には夫婦を語る資格などないが

長らく暮らす男女が、どんな風に慣れ合っていくのかは知ってる


どういう訳か

男は女に安心すると子供のようになり

女はお節介な母に、なる


最早

恋愛ではなく、慣れ合いになる


それこそが「家族」になったということなのだろうけれど

愛を持て余す女は、それを寂しいと思う



失くして初めて分かる大切さなど

相手の役には立たない


だから

やっぱ


愛は大放出に限る


感謝の念も、謝罪も同じく



愛してる、と


今日のうちに伝えよう


君にも、君にも、あなたにも

お前にもな

ついでにアンタにも





明日も言えるとは限らないから