久々にゲームにハマる

テーマ:

押し入れ整理してたら、懐かしいゲームが出てきた

あんじぇりーくな感じのトロワ


ちなみに私は速水さんのファンだが

クラヴィスが物凄く好きだ


一体どこまでクリアしたのだろう?と見てみれば

肝心なジュリアス様が手つかずじゃないか

一体、私何やってたの?と

過去の自分を責めるように

やり始めたら・・・・止まらず

朝までやってしまった

良い歳してても


ドキドキするんだな、あれって



昔やってた時はそうでもなかったけど

今やるとあれなんだよ

中身の人の顔がチラつくんだよ



まだ冷たいジュリアス様を温めて行くのは困難で

執務室に入るのが、怖い

だからついついクラ様のお部屋へ行ってしまう

ああ、癒される

そしてオリヴィエの部屋でお話を



そしていつの間にか街は闇と夢の建物でいっぱいになり

夜のデートに誘われる

私は何故かいつも、このお二人に好かれる

多分星座と血液型のせいだとは思うが

実際、性格が合うのも事実

あのゲームって凄い



その後発売されたエトワールでの

セイランの冷たい態度ですっかりトラウマになり

私は今でもてっちゃんを見るとビビるようになってしまった


そんなにのめり込まなくても良いのに・・・


って言うか

この分だとまた速水さんの甘い声は聞けそうに、ない


思えばこのゲームのせいで

こんな声優バカになってしまったのだと思うと

何だか、複雑だ





でも

そこから流れに流れて

兄さんに辿り着いたのだから

・・・・ま、いっか




あ。

ちなみに龍4予約しました





AD

寒い

テーマ:

えっと

松ケンの一番新しい映画を観た

うーん・・・感想は特に、ない

可愛かった

ただファンだから一応、演技観ておこうと思って



ちょっと精神不安定

明日、横浜、行こう



書いては消して

もう2時間になる


良いこと書けない


皆が笑ってくれて

コメントし易いようなこと

書けそうに、ないよ



そうやってきっと私は

読んでいる人が引くようなブログしか書けないんだろうな



だけど私は

いつも兄さんに対して書いているので


くだらないつぶやきを

今日も、書く




兄さん

お元気?


この深夜

あなたはまた裸足の脚を布団から出して寝ているのだろうか?


こんなに寒いのに、あなたの脚は温かいのですね


冷え性の私の手足は冷たく

時折握りしめて温めないと痛みを感じる程です


その脚の間に、そっと私の脚を忍ばせたい


そんな夢を見ても、良いですか?


了解得なくても妄想しちゃうもんね

妄想は害にはならないでしょう?




あとは

声を下さい



では

兄さんの名で検索かけましょうか


どれを開いても恋人に対する言葉とは違うと知りつつ

あなたの声が聞きたいから




ねぇ、恋しい人には

一体、どんなことを言うの?




AD

真実を見よう

テーマ:

辛いの分かってても、やっぱりその笑顔を見れれば嬉しい

身勝手なモンだな、私って


思ったよりもお元気に

高らかに笑っていらしたので

少し、安心しました




今日は予約してあったキング・オブ・ポップのDVDを取りに行きまして

今まで観ていた


泣くかなぁ?と思ってたけど、やっぱり泣いた


小学生の頃、初めて彼を見た時の衝撃から

その後のサクセスぶりと

マスコミで面白いように叩かれていたこと

来日コンサートと、ドキュメンタリー


そんな色々を思い出して

改めて、偉大な物を失ったのだと感じて

泣けてきた


DVDは少ない映像を駆使して、まとまり良く作られていて

まさに彼の素顔が垣間見れる内容になっていた


仲間と冗談を言い合ったり

大きな声で爆笑していたり

スタッフに指示を出す、その声も


私が思っていた通りの彼、だった

って言うか、長いこと彼は自分のことを

そんな人だと言い続けていたので

私はそれを信じていたから

なんら驚かなかった


特典映像を見ると、スタッフが皆彼を絶賛していて

DVDとしての全体の仕上がりも

尊いエンターテイナーを損失した、みたいな仕上がりなんだけど


ちょっと綺麗に出来過ぎてる感も否めない


いや、出演している人達が悪い訳じゃないんだけど

むしろ、制作側ではなく

マスコミに言いたいんだけど


お前らあれだけ彼を怪物扱いしておいて

死んだ途端、神呼ばわりかよ

ちょっと、それって都合良くないかな?


奇人変人だの、少年趣味だの

言いたい放題言って

彼の才能や努力に対する敬意も持たなかった


あの人は20年以上前から言っていた

「僕は変人じゃないよ、普通の人だよ。世界と子供達を愛している」って


それを何故、そのままの意味で聞かなかったのか

可哀想


死んでから敬意を払っても、もう遅い

生きているうちに彼に最大の栄光と賛辞を送るべきだった


裁判とゴシップに悩まされていたことが

とても、辛い


今は、彼の子供達に幸あれと願うばかりだ




亡くなることで、美化されるなんてたまらない



だから


私は言い続けるからね

兄さん


兄さんが見てくれに反して、とても紳士だと言うことも


路上の花を「お花」と呼んじゃうこととか

お風呂にアヒルのおもちゃと一緒に入浴していることや

お母様に対する言葉が、とても優しいということも


意外に涙もろいということだって


そのヤ○ザ風な出で立ちの中にしまっている胸のうちが

とても温かく、優しいことも


声を大にして

言い続けていく

知らない人達が、少しでも真実を知るように



ええ、非力は非力なりに

頑張らないと、ね



「あの人は良い人だった」なんて


私は兄さんの事を、そんな風に言いたくはないんです





AD

巡り巡る、恋心

テーマ:

兄さん、お帰り

お辛いのに、告知しにいらしたのね


明日

観ますよ、あなたの雄姿




兄さんが、こっそり語ってくれた以前のイベントでのお話を思い出し

そこから思い巡って

少し、彷徨ってみました

どうしても、許せないこと


どうしても許せないけど

そこで自分の歩を止めてはいけないと

あなたは言いましたね

私だけに


しっかりと受け止めました

私の日常は大丈夫

ちゃんと、前を向いて生きてます

あなたのアドバイス通りに



だけど

その闇を探ろうと

この数日

過去の凶悪犯罪者の記録を読み漁っていました


いえ

兄さんが、どうというのではなく

私は人の心理を知りたくなったのです


愛おしい恋人や、家族や、仲の良かった人を殺害する人の心理

そこまでの経緯

それまでの心理

以後の気持ち


それを追い掛ければ

一日なんてあっという間に行き過ぎる


寝不足で、思考回路もよく動かなくなった私の脳が

辿り着いたのは、あの有名な安部定事件


その公判調書を読んで

泣きました

ええ

今日も目が腫れるほど


愛が深まると

時にそれが狂気になり

周りからどうあっても理解出来ぬ世界に到達する


その生い立ちと、心情と

それまでの経緯が加味して


普通の女郎に、刃物を振わせる狂時が起きる


愛してしまったから




たくさんいる凶悪犯罪者のことを

ある学者は言いました


「凶悪犯罪者を作ろうと思えば、幼少期に強い精神的ショックを受け、親の愛を与えず、孤立して成長すれば良い」


ああ

そうですか



ねぇ、兄さん

途中までは

あなたも私も同じ、ですね


だから

それを嗅ぎ分けて

あなたはあんなアドバイスを?



だけど

母親に愛された

私も

あなたも



どんなに好きでも

あなたのいちもつを切り、持ち歩いたりしないので

ご安心あれ



ただ


あなたを想う気持ちは

今や狂気にも似て


そんなに苦しいなら

殺して食べてしまいたい



そう思うファンがいることを

どうかご承知あれ



ほーら

怖いファンの出来上がり


アニメでロシア語喋ってる場合じゃないよ


兄さん


殺そうとしたって、一旦その口を開けば

その声に私は言いなり


意味なんて、全然ないんですけど



あなたがあまりにもご自分の体を酷使なさるから

馬鹿野郎っ!!って

一言、言いたかっただけなんです