悩めよ、私

テーマ:

兄さん、旨そうな寿司ですな

何から食べました??



それにしても気になる森川さんの新バンド

何?あの人、アーティストになってしまったのか??

文ちゃんはどうなる?!



それと潤くんのブログが面白い

ハウスマヌカン(死語)との攻防が素晴らしい

あの人、何か書かせたら面白いものが出来そうだ

凄い。。



少し体力的に疲れてきますと、やはり癒されたいのが女の我儘

携帯の電話帳から選んだのは

燻銀のオジサマ


ああ。

ホント私って、年上好き


彼は仲間内では有名な女たらしで

百戦錬磨と噂される人

女と見れば見境ない

だけど、それ故に

女心をよく分かっていらっしゃる


「何?疲れた顔しちゃって」

そう笑う、その笑顔の素敵なこと

使い古しのその笑顔でも

欲しいと思う私は、相当疲れている


「癒されたいからあなたを呼んだのよ」

そう私が言えば

「分かった」

答えた彼がハンドルを切った


絶景と呼ばれる夜景や

高級料亭や

彼の自室などに招待されたりしたら

「ふんっ」と鼻で笑えた


だけど

辿り着いた先は、私の母校

忘れる程前に卒業した高校の前だった


「高校生の時、好きだった男が自分の友達と帰るのを見て驚いたって言ってたな?それって、ここ?」


癒されたいって言ってるのに

どうして過去の痛みを思い出させるのか、全く


「あそこだよ、あのバス停。あそこで彼と彼女はいつも待ち合わせてた」

「それでお前の恋は散った訳だ」


そうですが・・・何か?!

何や、この男

喧嘩売ってんのか??


「それから、幾つ恋をした?」

「知らんよ、数えてない」

「じゃあ、それから出会った男のどれ位が今、そばにいる?」


言われてふと考えた

高校の時の男なんて、同窓会ぐらいしか会わないけれど

それ以降の男達は、気の合う者は結局今も傍にいる


「呼べば来る男がいるのは幸せなことだと思わない?」


ああ。

確かにそうですが

あなたの場合、誰でも良いのでは??


「後から知り合った奴らは、お前の過去に嫉妬したりするんだよ」


なのに何ですか

その正論


「今までやってきたことの全てが、今の冴を作っているんだろう?

駄々を捏ねても抜け出せないよ。俺らと一緒に悩みなさい」


その言葉に

不覚にも感動しちゃって


危うく既婚者である彼に「結婚して!!」と言うところだった(笑)


ここまで「女」続けてると

簡単な安息では続かない

最も欲しいのは恋する相手ではなく

分かり合える友人なのではないかとも思える



だけどやはり強い腕の欲しい私は

兄さんを仰ぎ見るのだけど・・・



恋、が

少しばかり刹那なものに見えた




AD

接吻

テーマ:

クロガネ見て思った


・・・兄さん、結婚する気ないやろ??




さて

ペリカン便のオッサンは今日は「接吻」を届けてくれた

ホント、1度に頼まんですんません

って言うかね、発売日が微妙にズレてるもんで

明日は「龍が如く3」をお願いします、ね


こう細かく注文している私は

すっかり運送会社のオッサンと仲良くなり

「今回は何?これ」と聞かれる始末

「DVDだよ、映画!豊川悦司知ってる?私、ファンなのよ」

「ああ、知ってるよ。トヨエツだろ?ああいうのが好きなの?」

余計なお世話だよ、オッサン

アンタの仕事は運ぶことだろぉが


でも、ゴメン

多分明日も会うことになるね



何を隠そう、彼の作品は全て観ているの

そして今回はDVDまで買ってしまった

ちょっと脚本が面白かったので

それをどんな風に演じるのか、とても興味があったんだもの


あまりメディアに取り上げられなくても

私は見逃さないのよ

いくら養育費の為のやっつけ仕事だと言われても

演じるからには、見せてくれるんでしょう?

また別の顔

そう思って見ている


面白かった

感想から言えば

私はこの手の作品が好きだし

感情の重構想も面白いし

セリフもいい


だけど脚本家と監督が、ね

奥様と旦那様なんだけど

男と女で作ったってことが、いただけないかな


本を書いた女視点は、監督を務めた旦那様には完璧には分かるまい

これは、女でなければ理解出来ない映画だと思う


私は映像のことが分からないので

どうしても本を中心に考えてしまうが

これを書いた時の気持ちと

そこに息づくヒロインの気持ちは

本当に女性ならではの、切ないものであったと思う


男性は狂気に走っても、根本的な良心は手離さない

温かいものを得られる環境にあれば

必ず、それを思い出す


だけど

女性は一旦愛に走り出れば

一切を反故に出来る

それが熱の高いものである程

常識や理性を簡単に打ち破る


男と女の違いが、ハッキリとする

そのすれ違う瞬間が悲しい

決して理解し合えない壁のようなものを感じる


それでも愛し合うのが男と女

悲しいかな美しい


だけど怖いのはラストシーン

この映画のタイトルが「接吻」であった意味がようやく分かる


興味が湧きましたら是非

レンタルでもして見て下さいよ


私はね、

ぶっちゃけ怖かったよ


男性はホント純粋だが

女性はホント怖い

だけど多分、私がヒロインでも同じことをしたと思うあたり

・・・私も怖い女、なんか、なぁ・・・


カマキリだね、まるで


知ってた?

カマキリって交尾の後メスがオスを食べちゃうのよ


・・・つまりそんなことを思い出した映画、でした(笑)


根本的な本能なのよ

メスはね、どんな時も生きていこうとするの


そのセリフにはならない女性の生き様のひとつだと思えば

実に感慨深い


今回のヒロインを務めた小池栄子さんは、とても素晴らしかったよ

彼女があんなに出来るなんて思わなかった


中でも劇中報道陣に向ける笑顔は圧巻だ

ゾクッとした

素晴らしい


だけどほら

私がこれを購入したのは豊川くんの演技を観たかったからだから!


一番良かったのはヒロインとの面会後の泣きのシーン

派手でなく、ただ泣くあのシーンは

まさに彼の心が動いた証

美しいカットだった


セリフの極端に少ない役柄を

上手く演じるには表情が全て

それを上手くこなしていたと思う


個人的には、彼が泣けば私も泣く(笑)


犯罪者だろうと殺人犯だろうと知ったことか

愛はそれとは別のところに、ある


ああ。

こう思う私もきっとあのヒロインと同じ人種なのだろう






AD

明日はクロガネ!!

テーマ:

兄さん吸収されたんや・・・(何の話??)


兄さんも団長も書いていたから、勝手にコラボってみる


だけど今回のお題は「結婚」やて


私にこれを聞くと暗くなっちゃうよぉ。。

ハンカチ無しでは聞けない話になっちゃうよーっ!!!

だからメールはしません

どうせ面白いこと書けそうにないので


未だ未婚の夢見る方達には悪いけど

私が見た「結婚」ってのは、苦難の方が多かった


あれよ

結局「忍耐」よ

どこまで耐えられるかが問題なのよ

何だか試されているようなものだと思う


恋愛して盛り上がって、上手い具合に結婚まで進んでも

何年か経てば、それってただの「生活」よ

しかも他人との生活

我慢ばかりよ、現実は


多分・・・その相手に合わせるってことに

幸せを見出せたなら、続くはず


一緒にいることの不具合や面倒事よりも

一緒にいることで得られる安心感や充足感が勝っていたら

きっと幸せなのだと思う


肝心なのは「謙虚さ」と「いたわり」・・・だと思うなぁ・・・

ああ、どちらも私には欠けているものだ

だから幸せになれないのかなぁ?



最近特に、この社会情勢で会社の雇用条件も厳しくなってきて

色んな意味で立場が危うくなると

私みたいな女はよくこう言われる

「早く結婚しちゃえば良いのに」

「いるんでしょう?良い人」


いや・・・誰でも良いって訳じゃないじゃないですか

それに・・・生活が困難だから結婚しちゃえってのは

あまりにも他力本願的な・・・

そんな気持ちで結婚しても長くは続かんやろ?


「欲しい、欲しい」では絶対に上手くはいかない

「与えたい」と思う結婚でなければダメなんだ


こんなことを考えて、益々未婚女性よりも窓口を狭くしているような気もする私・・・


ああ

歳取ると頭固くて、ね(笑)


怯えなくてもいいよ

若い君


愛情が本物なら、おのずと上手くいく

結婚生活が10年続いたら

このお姉さんに教えてくれないかな?

その秘訣(笑)



AD

日下から届いたDVDを観ていました

それにしてもどんどん収録時間が長くなっているような気がするのは気のせいだろうか


本日はコアな記事で、すんません

日々足しげく通って下さる、私の小説の読者様と

あちら声優さんのファンの方達に宛てて書いています


皆さまの元にも届いたか?


肝心の主催者様は、インフルエンザとのことで

最近ようやく快方に向かわれたようで

何より・・・


今回は松本さんは欠席だったのね。。寂しい

おまけにバウムも・・・


DVDでお姿を拝見し、CDでその声を聞き

こちらアメブロでブログを読み

結局毎日私は潤くんを見ている気がする

そう大ファンって訳でもないのに・・・


ああ。だけど「Please Rain」あれ大好きです

出だし、音程難しいですよね

潤くんですから・・・毎回ドキドキします


森川さんはやっぱり本調子ではなかったね

勿体ない

折角の美声が少々曇っておられた

ですがあの歌唱力ですから・・・素敵


黒髪がやはりイイ!!!

イケ面だし、喋る声と歌声のギャップにヤラれる


千葉っちが18kgも減量したって、ご存知でした??

私は初めて知った

痩せたとは思ってたけど、18kgって凄くね??


森川さんの影響か、千葉っちが前髪伸ばすことを覚えた

そんなことしないで欲しいなぁ・・・事務長なんだから


ブラディは、いい

語ることなし(笑)

大好きです、賢雄さん


問題は森田だよ

いや、森田さん、ね

分かった

色んな方が当日森田くんの詳細を私にメールして下さったが

ホント、テンパってるねぇ

あの人、Dr.の前だとどうしても静かになっちゃうのよね

いつもは煩いくらいなのに

きっと根の真面目な方なので緊張してしまわれるのだろう

もっとはじけても、彼は怒ったりしないのに、ねぇ


あれだけの美声面子が揃っても

やはり私は檜山さんに釘付け

彼が大好きだ

舞台でもどうしても目で追う


あんな人と結婚したら幸せなんだろうなぁ

声デカいけど

城マニアだけど!

今度結婚する時は、ああいう人を選ぼう。。


そしてDr.

大笑いをしながら自ら編集したというDVDは

確かに腹筋が痛む程笑えた

時々発言が古過ぎて、密かに突っ込んでいましたが

それを分かっちゃう私も相当の歳なのだろう


まさにおもちゃ箱のような脳内だ

その発想力に毎度、脱帽です

白衣を脱いだオフショットの素敵なこと!!!

公務員でもイケそうだ


その手を見る度に

あの体温を思い出します

皆さんも、そうなんじゃないかなぁ?



静?会場にいたか??


楽、ホテルの件はまた詰めよう


ちーちゃん?6月が楽しみやねぇ。。


それでは

あちらで私が一番好きな曲を貼り付けておこう

href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm1326658 ">【ニコニコ動画】森川智之(ミヒャエル・シューマイヤー) 『Devil Smile & Angel Tears』</a></iframe>



ブログペット

テーマ:

自宅にペットが飼えない為

ブログ内にペットを飼ってみた


多分PCでしか見れないと思うが

ブログ右に、いるでしょ?

白ネコ


白いから、ハク、です


アヤ様のところでブログペットを見掛けてから

ずっとそのペットのおかしな言動が気になってたんだよね(笑)

何でも、私が書いた言葉を学習していくものらしく

なもんで、さっき呼んだら「桐生?」って言われた

偉い

私のペット、桐生を覚えた

もう一回呼んだら「兄さん?」だって

何か既に可愛くなってきた親バカですが・・・何か?


暇でどうしようもない人はクリックしてみてくださいな



ああ。

こんなことやってる場合じゃないのに

やることいっぱいあるのに何やってんだ?!



リョウ。。

また私のこと書いてくれて有難う

そんなに褒めても何も出んぞ