探してました


兄さんより、良い男


思い立って、ネットから出て


部屋のポスター剥がし


携帯の待ち受け変えて


兄さんのブログも読まなかった



とりあえず


どうせなら体の出来た男がいいと

毎朝顔を合わせる外人さんとトーク


「グッ、モ―ニン、マッスル」

「ダカラー、ワタシノナマエハ、マッスルジャナイヨー」

「ねぇ、マッスル、どっかにウェズリー・スナイブスみたいな男、いない?アンタの友達とかさ」

「ハリウッド、イケバイルヨー」

「いや、本人じゃなくてさ、そんくらい良い男、いないの??」

「アナタ、ママサンデショウ?ウェズリーは子育テ二ムカナイネ、パパサン二ムクオトコハ、チョウナイカイ二イルヨー」

「何が悲しくてアンタと町内会の話ししなきゃならんのよ、外人だよ、アメリカン!」

「ニホン二イル、アメリカンハ、イイカゲンナ人が多イネ、ヨクナイヨー」

「アンタもその一人だろうがっ!!」

「ワタシハ、チャント結婚シタヨー、チョウナイカイニモハイッテルシネ」

「町内会の話は、もう良いよ。マッスルに聞いた私が馬鹿だった」

「ダカラー、マッスルジャナイッテバ―!!」



朝の貴重な時間を無駄にした



それなら

望みは薄いが、会社で探そうと出社


どっかに良い男いないかなー

と見ていたら


見掛けない顔を発見!!

なんせ会社がひとつの街みたいに広いもんで

知らない同僚がわんさといるのさ


その人・・・・・とてもニシヤマ団長に似ていた


に、似てる・・・見れば見る程・・・・出来ることなら写真をUPしたいくらいに!!!


休憩所でひとり、ポツンと座っている

ここは、声を掛けるべきか?!


ちょい待て

まずは声の確認を・・・


そこへ4、5人の女性がぞろぞろとやって来て、ニシヤマ団長もどきの周りに座った!


結構モテるんだな、ニシヤマ団長もどき!!


何でだ??

そのメガネか?

ちょいインテリな感じが、良いのか???


思い巡らせている私の耳に、皆と談笑している彼の声


「でも私はー」


は??


私???




ニシヤマ団長もどきは・・・女性だった!!!!!




あー、話し掛けなくて、良かったぁ


って言うか、どっからどう見ても男性なんですけど!!!


無駄にドキドキさせんな、コラ!!

髪にリボンでも巻いとけ!!



あー、脱力

最近一番の衝撃だった・・・



そこへ

同僚の男の子がドカッと隣に座ってきた


「冴子さん、煙草ちょーだい」


私がこの会社で一番の美声だと評価している斉藤くんだ


「ねぇ、あの人知ってる?あの眼鏡の・・・」

「ああ、先週F塔から来た人だよ、あの人が何?」

「私、男の人だと思って危うく声掛けるとこだったよ」

「あははははー」


ああ、良い声で笑いやがる


「何?ああいうのが好みなの?冴子さんはもっとマッチョが好きじゃなかったっけ?」

「あ、そうなんだけど、知ってる人に似てたから、さ」

「ふーん、良い声なら、ここにいるのにぃ~」


斉藤くんは、私がその声を評価してから随分と自信がついたようで言うこともデカい


「妻と子を投げ出した男に興味ない」

「相変わらずキツいなぁ~」


時々口説くようなことを言って来る彼だけど

それに乗るつもりは、ない


いくら声が良くたって、譲れないものもあるんだ




ご近所もダメ

職場もダメ


だったら、やっぱ・・・横浜か



腹心呼んで、深夜のハマへ


遊び仲間がいつも屯するバーへ行けば

懐かしいマスターが迎えてくれた


「久しぶりだねぇ、冴子!!まだボトルあるんだよ!」

「お久しぶりです、マスター」

「またワンステージやってよ!!ギャラ払うからさ」

「いや、今日は歌いに来たんじゃないんで」



私は金に困ると時々ここで小遣い稼ぎをするから

またそうだと思われたらしい



マスターがスウェーデンの人で

店の会話はほぼ英語なので

客はアメリカ人が7割で、私のような風来坊が残りの3割を占めている


この風来坊の中に、時折紳士が混じることも知っている

店内を見回せば

カウンターでひとり、ウォッカを飲っている男性


が体も良く、ダンディー

見るところ40代の日本人



「こんばんわ」


軽く挨拶をして、隣に座れば



「私、アナタのステージ見たことあるわよ!」



私???


「昔のステージはホント、可愛かったわよねぇ、あ、今も勿論セクシーでいいけど!!!!英語は下手だけど、ね」


あ・・・・

さいですか



そっちの人か



ここには時々、集まるアメリカン目当てのゲイが来ることを思い出した



だったら、もっと分かり易い格好をしてくれ


普通にダンディなオジサマに見えるじゃねぇか!!!




また深く脱力・・・・



いや、ネット絡みならいくらでも

それなりの人もいるんだけど、ね


劇的な出会いを体験したかっただけ


だけど、そんなの簡単に転がっている訳もなく


もうその日は自棄になって

酔っ払いになることを決めた



ゲイのオジサマと肩組んで乾杯して

結局歌うつもりはなかったのに、ステージに上がり

昔懐かしいジャズを何曲か披露して

相変わらず英語が下手だと詰られ

「うるせぇ」とクダを撒いて

明け方までのどんちゃん騒ぎ



「マスター、私はね、今日良い男を探しに、ここへ来たのよ」


酔い潰れた声で、切願を唱えれば


「良い男??だったら、もういるだろう?お前さんの隣に」


そう言って笑った



そんなことは分かってるよ


分かってるけど、それじゃ嫌だから地団太踏んでるじゃないかっ!!!



私の隣に座るのは、ここまでの運転手


私のバンドメンバーで

いつでも私の腹心だった


「冴子、そろそろ帰らないと明日の仕事が辛くなるよ」


ほらね


こんなモラリスト


面白くない



「私はね、もっとドキドキ出来る相手が欲しいのー!!!恋がしたいのよ、ただの恋が!!!」


身の程知らずの我儘を言う私に

マスターの答えは明確だった


「昔のようにはいかないよ。色々知ってしまった女は簡単には恋に落ちない。だけどそれだけ本物の恋を見定める目が出来たってことだ」



私が覚えているのは、そこまで


気が付いたら朝


私は自宅のベッドの上で

ちゃんと布団を掛けて寝ていた



運転手の彼が、私を運び、部屋に入れ、ベッドに寝かせ、布団を掛けたのだと知る


ご丁寧に家の鍵までしっかりと掛けて



また、やっちまった



そういう思いで、電話すれば


「冷蔵庫にサンドウィッチを作った。それ食べて、仕事頑張ってね」とくる



有難い


今すぐに抱き締めたい程



だけど


彼にドキドキが発動しない場合



私は一体


誰に恋すれば、いい???




















AD

 I am really sick of sick sick me.

テーマ:

地団太踏んでるの


逃れたいのに、逃れられない


だって、それを切り捨てたら


私は本当の、ひとりぼっち、だから



先日の「冴子当番」は、以前恋人のように良くしてもらった紳士

今も変わらず、温かい


だけど私はその優しさが、野暮ったくて逃げ出した


もっと熱烈な、強烈なものが欲しいと、我がままを言って



だけど


私が求めるものは

いつだって実際には手に入らないものばかりで

時々苛立っては、お相手に刃も向ける


まるで、子供

おもちゃを欲して地団太を踏む

子供のように


そんなことではダメだと、諭す優しさも

それよりも愛せるという、情熱も


頭の悪い私には、どうしても心から理解出来ないの


いや

理解出来ないと言うよりも


私はいつも自分の気持ちを最優先していて

自分の欲しいものしか受け入れない


だけど

孤立するのが怖いから

曖昧な態度で、繋ぎ止める術を覚えた


体だけでもいいから

私を求めて欲しいと


そうやって、増えていったの

40前後の紳士が、わんさと


こうも増えて

時間が経過すると


体の関係ばかりではなく

心の繋がりも出来てきて


本当に私を心配して

メールをしてきたりする人がいるのが


この頃、痛い



誰も私を本当の意味で、叱ってはくれないの



優しくない私に

皆、優し過ぎるよ



皆、本当は嗤っているんでしょう?

リアルから目を逸らして、声優なんて追い掛けてる私を


本当は馬鹿にしてるんでしょう?

いい歳して、何やってんだって


そういう風に、心がささくれ立つのを

抑え込むのも決まって彼らで



この微妙なバランス


壊れるのが怖いが


壊してしまいたい気持ち


分かるかなぁ?



それを失くしたら、一番困るのは私なのに


切り捨ててしまいたい





一番欲しいのは


兄さんよりも夢中になれる人






AD

しばらく忙しかったの。遅れて、ごめん


久々にたけちゃんと東がトークしてたから面白くて、いつまでもTVを見てた




昨日は、ここで知り合った友人リョウ とデートだったのよ


いずれは絶対に会いたい人だと思ってたから


実現出来て嬉しかった


リョウはやたら緊張してたけど


私は女友達と会う感覚でいたから(笑)


それにしても・・・


リョウが初めて私を発見した時の(  ゚ ▽ ゚ ;)←本当にこんな顔だったのが忘れられないわ


何にそんなに驚いたのかしら??納得いかないわぁ。。(笑)




実際に会って、色々と分かったことがたくさん、ある


一番はやっぱり


私はいつも彼を心配ばかりしていたんだけど


本当はもう、そんな心配などいらないのだということ


いつもは「文字」しか見ていないからね


私の中で彼は、繊細で、弱く、傷付きやすい


もうホント、手の掛かる


どうしようもない人に見えたんだけど


そんなことはないのだと分かった



私の目の前でカキフライに齧りつく人は


ちゃんとした男の人で、大人で、常識人で


しっかりと、生きていて


私の今までの心配は、取り越し苦労だったのではないかとさえ、思う


それに


男とデートした時にいつも感じるギラギラ感がないのも有難く(笑)


「この人とだったら、お風呂にも一緒に入れるわね」


そう思った




また増えちゃった


一生モンの、友達



楽しかったよ、リョウ。。


今度は酒、飲もう




AD

年末の過ごし方

テーマ:

蕎麦・・・うまそ。


割りばしにある店名・・・「あずみの」?かしら??


大丈夫、ですよぉ~

張り込んだりしませんからぁ~(笑)



さてと


概ねやるべきことは済ませました


返信メールと、電話


あ。そう言えばガス会社から来る筈だった電話がまだ来てないなぁ・・・


うち、温水がでなくなってね、困ってたんだよねぇ


いや、シャワーは温かいんだけど、皿洗うのに冷たいから・・・



ちゃんと、お風呂には入りましたよ


明日はリョウに会うんですから


「もしも」なんてないって分かってるのに、全身綺麗に洗ってしまった


この乙女心、どうしてくれる?!(笑)


私の方こそ、レポートしてやるっ!!




もうすぐ師走、ですね


1年て、早いわぁ。。


大掃除、そろそろ始めないとヤバいかも



この時期になると悩むのがクリスマスの過ごし方


私はひとりでも全然平気


だけど「俺と過ごしてくれるよね」的なアプローチがあると


何ともお断りしずらい


結局、皆まとめてパーティーみたいな?

毎年そういう感じに落ち着くんだけど


本音言うと、静かに過ごしたい


クリスマスはあれだよ?

恋人達がいちゃつく日じゃないからね!!


イエスの生誕祭なんだからね!!!


この日ばかりはロザリオ下げて、跪いてもいいんじゃね??


この1年の自分の罪を懺悔して・・・




師走って言うくらいだから

師じゃない私も忙しい


以前兄さんの為にやってのけた

イベント→幕張ということを


今度は某声優さんの為にしないとならないみたいだ


あっち声優さんのファンの方々・・・

行かれます?ジャンフェス


私は優先席が当選したら行こうかなぁ・・・と思っているのですが

前日の朗読会には出席の予定です


見掛けたら、声掛けてくださいや

なぁ・・・静とか(笑)


ガク、当日はミニスカートでお願い


そして青い鳥

ここも見てるんかい?


当日、会場で会おう



幕張、遠いんだよなぁーホント!!!


あれ??

どなたかジャンフェスに行かれるようなこと

ブログに書いてた方、いらしたよね??


私は終日おそらく脱色アニメのブースにいます


毎年決めていること


年末の最後のイベントで、彼にご挨拶をすることを


果たす為に・・・




良い声は高くつく

テーマ:

何や「革ジャン購入」までの道のりは長いようですな、兄さん


やっぱり崇矢兄さんより、黒田兄さんの方が立場が上なんやなぁ。。


私は崇矢兄さんの方が好き、ですが。。(笑)



それにしても「メンタル」の記事のお写真にクラクラします


ああいう体勢の兄さんがお傍にいたら


間違いなく跪き、ズボンを・・・(自主規制)



そして

いつの間にか今までのお写真がスライドショーされてる・・・


あれが一番好き


上半身裸な、夏の・・・鎖骨が美味しそう。。


それと、その左の写真


今の私の携帯待ち受けです。。



いっそ、写真集出しちゃいましょーよ!!


買うからっ!!!(笑)


んで、抱き枕にしてください!!


毎晩抱いて寝るからっ!!



それとか、アイドルが良くやる

等身大バスタオルとか・・・



ああ。

兄さんなら、目覚ましボイス入り時計とかも良いですね



何なら、うちに来て迷惑電話を撃退してください

桐生チャンボイスで

(最近多いの)



あ、それより私の友人の結婚式の司会進行してください

(そんなことは事務所経由で頼めって?)



で、

これ・・・総額ギャランティーは・・・お幾ら?(笑)